下田崇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
下田 崇 Football pictogram.svg
名前
愛称 シモ
カタカナ シモダ タカシ
ラテン文字 SHIMODA Takashi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1975-11-28) 1975年11月28日(41歳)
出身地 広島県広島市南区上東雲町
身長 184cm
選手情報
ポジション GK
利き足 右足
ユース
1985-1987 比治山サッカー教室 (比治山小)
1988-1990 広島市立段原中学校
1991-1993 広島県立広島皆実高等学校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1994-2010 サンフレッチェ広島 331 (0)
代表歴2
1998-2006[1] 日本の旗 日本 1 (0)
監督歴
2011- サンフレッチェ広島GKコーチ
1. 国内リーグ戦に限る。2010年12月4日現在。
2. 2007年12月24日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

下田 崇(しもだ たかし、1975年11月28日 - )は、日本の元プロサッカー選手(GK)、指導者。広島市南区上東雲町出身。広島県立広島皆実高等学校卒業。

Jリーグサンフレッチェ広島ゴールキーパーコーチ。

来歴[編集]

若年期[編集]

実家は喫茶店を経営。小さいころは野球少年で、リトルリーグ外野手キャッチャーとしてレギュラーだった[2]。サッカーをやっていた兄の影響もあり、小学4年生からサッカーに転向しフォワードやミッドフィールダーとしてプレー、中学では攻撃的なミッドフィールダーとしてプレー[2]

1991年、広島皆実高校に入学。監督の勧めで、1年時から本格的にゴールキーパーを始めた[2]。1993年3年生の時に香川・徳島国体選抜として出場したことが唯一の全国大会での成績[2]。卒業後は明治大学に進学するつもりだったが、同年の夏に地元のサンフレッチェ広島からスカウトされる[2]

現役時代[編集]

1994年、サンフレッチェ広島に入団[2]。同期入団は大西貴桑原裕義

同年に初めての年代別代表となるU-19日本代表に選ばれ本田征治の控えとしてAFCユース選手権にベンチ入り、翌1995年にはU-20日本代表に選ばれワールドユース・カタール大会に2試合出場[3]。同年にアトランタオリンピック出場を目指す五輪日本代表に選ばれ、川口能活の控えとして予選・本戦を通じて全試合にベンチ入りを果たす[3]マイアミの奇跡もベンチで体験した[3]

一方で広島では前川和也河野和正の前に、なかなか出場機会が得られなかった。Jリーグデビューは1995年7月8日対浦和レッドダイヤモンズ戦、39分河野の負傷退場により途中交代で出場を果たす。1997年に河野が名古屋グランパスエイトへ移籍、翌1998年に前川が肩の手術により長期離脱したことにより、スタメンの地位を得た。久保竜彦服部公太と共に期待の若手としてエディ・トムソン監督に高く評価され[4]、以降正ゴールキーパーとして歴代監督に信用され続けた。1998年1stステージ第1節から2001年第9節まで連続118試合フルタイム出場している[3][5]。レギュラーを奪われたくないため指を骨折した状況で試合出場したこともある[3]

この活躍によりフィリップ・トルシエ時代の日本代表に招集され、1999年3月の対ブラジル戦(国立)では先発に抜擢され初キャップを記録、この試合が唯一のA代表での出場となっている[1]。2000年にはアジアカップ・レバノン大会にA代表メンバーとして登録。

2002年、J1残留争いをしていた最終節の対コンサドーレ札幌戦(5-4)で、相川進也と接触し眼下底骨折により負傷退場(後に相川も交代で入った林卓人と接触し負傷交代している)。この試合でJ2降格が決定した[3]。その際にもチームに残留、また選手生命の危機にもさらされたが完治し、2003年のJ1昇格に貢献した。同年のJ2でPK阻止率100パーセント[6]、同年ジーコ時代のA代表に唯一J2から招集された[3]

2004年から3年間、広島の選手会長を勤めた[5]。2005年4月2日対名古屋グランパスエイト戦にてJ1リーグ戦通算200試合出場達成[7]。同年10月15日対FC東京戦にて味方DFの小村徳男と接触し右膝後十字靱帯断裂、同年のシーズンを棒にふった[8]。翌2006年2月、土肥洋一曽ヶ端準の2人がケガで代表離脱したため約3年半振りに代表招集の声がかかった[9]

2007年終盤から左膝の調子が思わしくなく、2008年になるとさらに悪化して木寺浩一に定位置を明け渡した。7月には左膝軟骨損傷により手術を行った[5]。そのため同シーズンはルーキーイヤー以来14年ぶりの出場ゼロに終わる。その後リハビリを続け、翌2009年7月に全体練習に復帰した[10]。2008年以降試合出場が叶わず、佐藤昭大中林洋次西川周作原裕太郎の控えに回りチームを影から支えた。

2010年末に戦力外通告およびコーチ転進の打診を受け、同年限りで現役を引退[5][11]。一見派手なスーパーセーブこそ少ないが、的確な判断とミスの少ない安定したプレーが特徴の堅実な選手であった。また、素早く正確なスローによるフィードも特徴のひとつであった。

指導者時代[編集]

2011年より、広島のトップチームゴールキーパーコーチに就任。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1994 広島 - J 0 0 0 0 0 0 0 0
1995 5 0 - 0 0 5 0
1996 1 0 0 0 0 0 1 0
1997 16 9 0 0 0 2 0 11 0
1998 34 0 4 0 3 0 41 0
1999 J1 30 0 2 0 5 0 37 0
2000 1 30 0 4 0 2 0 36 0
2001 29 0 6 0 2 0 37 0
2002 29 0 6 0 0 0 35 0
2003 J2 43 0 - 4 0 47 0
2004 J1 30 0 5 0 1 0 36 0
2005 27 0 6 0 0 0 33 0
2006 33 0 5 0 2 0 40 0
2007 31 0 8 0 5 0 44 0
2008 J2 0 0 - 0 0 0 0
2009 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2010 0 0 0 0 0 0 0 0
通算 日本 J1 288 0 46 0 22 0 356 0
日本 J2 43 0 - 4 0 47 0
総通算 331 0 46 0 26 0 403 0
その他の公式戦
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2010 広島 1 0 0
通算 AFC 0 0

出場歴・タイトル[編集]

個人タイトル
  • Jリーグアウォーズフェアプレー個人賞 (2004年)
  • オールスター出場 (2001年)
高校
クラブチーム

代表歴[編集]

アンダーカテゴリー
A代表
試合数
  • 国際Aマッチ 1試合 0得点(1999)[1]


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
1999 1 0
通算 1 0

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c “下田 崇”. サッカー日本代表データベース. http://www.japannationalfootballteam.com/players_sa/takashi_shimoda.html 
  2. ^ a b c d e f 「あのころ、僕は 下田崇物語」『assist』2007年夏号
  3. ^ a b c d e f g 「孤高の人 下田崇インタビュー」『紫熊倶楽部』2005年10月号
  4. ^ 中野和也 『サンフレッチェ情熱史』 ソル・メディア、2013年12月、106頁。ISBN 4905349141
  5. ^ a b c d GK下田が引退 元日本代表”. 中国新聞 (2010 -12-17). 2014年1月27日閲覧。
  6. ^ 下田崇インタビュー”. ハイブリッドターフ公式. 2014年1月27日閲覧。
  7. ^ 下田崇選手 J1リーグ戦通算200試合出場達成”. J's GOAL (2005年4月4日). 2014年1月27日閲覧。
  8. ^ 日本代表に代替招集された下田崇選手の記者会見”. 広島サッカー向上委員会 (2006年2月4日). 2014年1月27日閲覧。
  9. ^ 日本代表アメリカ遠征メンバーに下田崇選手 追加招集のお知らせ”. J'sGOAL (2006年2月3日). 2014年1月27日閲覧。
  10. ^ 下田フル練習、1年ぶり笑顔 元日本代表GK”. 中国新聞 (2009年7月1日). 2014年1月27日閲覧。
  11. ^ 下田、ベンチで有終”. 中国新聞 (2010年11月27日). 2014年1月27日閲覧。

参考資料[編集]

関連情報[編集]

CM

関連項目[編集]

外部リンク[編集]