AFCアジアカップ2000

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
AFCアジアカップ2000
大会概要
開催国 レバノンの旗 レバノン
日程 2000年10月12日 - 10月29日
チーム数 12 (AFC連盟)
開催地数(3都市)
大会結果
優勝 日本の旗 日本 (2回目)
準優勝 サウジアラビアの旗 サウジアラビア
3位 大韓民国の旗 韓国
4位 中華人民共和国の旗 中国
大会統計
試合数 26試合
ゴール数 77点
(1試合平均 2.96点)
得点王 大韓民国の旗李東国(6点)
最優秀選手 日本の旗名波浩
 < 19962004

AFCアジアカップ2000は、2000年10月12日から同年10月29日にかけて、レバノンで開催された第12回のAFCアジアカップである。

概要[編集]

開催国のレバノンおよび前回UAE大会で優勝したサウジアラビアに、予選を勝ち抜いた10チームを加えた合計12チームで争われた。当時AFCに所属していた中でこの大会 (予選を含む)に参加しなかった国はアフガニスタンのみで、アジアカップ史上最多の44の国・地域が参加した。

開催地はレバノンの首都ベイルートおよびトリポリサイダの3ヶ所であった。特に東アジア諸国から見るとレバノンは内戦の地というイメージが強かったが、競技場はよく整備され、大会期間中に大きな治安上の問題もなかった。

総括[編集]

日本が地元開催の1992年大会以来2度目の優勝を果たし、“中東の笛”などアウェイ色の濃い中東開催のアジアカップで、東アジア勢として初めて制することとなった。

日本は、本大会直前まで開催されベスト8という成績を残したシドニーオリンピックに出場したメンバーと、1998 FIFAワールドカップに出場したメンバーを融合させたチームでこの大会に臨んだ。グループリーグを2勝1分の1位で突破すると、準々決勝でイラクに、準決勝で中国にいずれも逆転勝ちを収めて2大会ぶりに決勝進出を果たし、決勝で前回王者サウジアラビアを1-0で下した。前年よりも選手層の厚くなったASローマ (イタリア)でのレギュラー争いを優先したいという中田英寿を招集辞退で欠いていたものの、グループリーグおよび決勝トーナメントの全6試合で21得点をマークする[1]など、他を圧倒する内容で勝ち進んだ日本は、アジアサッカー連盟 (AFC)の事務所に飾られている本大会優勝のレリーフに「史上最強のチャンピオン」と記されるなど、大会史上に残る屈指の好チームと呼べた。この頃のA代表が日本代表史上最強のチームだったのではないかという声も大きく[2]、準々決勝 (イラク戦)で見せた中村俊輔が真横に蹴ったFKを、名波浩がダイレクトボレーで合わせて決めたゴールは大きな印象を残した。

大会最優秀選手には日本の名波浩が選出された。韓国の李東国が得点王になった。

予選[編集]

1999年8月から2000年4月にかけて、42国と地域が参加。10組に分かれて開催され、各組1位が本大会の出場権を得た。

本大会参加国[編集]

グループリーグ[編集]

  • 参加12チームを3グループに分け、1回戦総当たり方式で行われた。グループ上位2チームと、各グループの3位のうち勝ち点上位2チームの、計8チームが決勝トーナメントに進んだ。
  • 全試合試合開始時刻は現地時間 (GMT+2)である。

グループA[編集]

国名 勝点 得点 失点 点差
イランの旗 イラン 7 3 2 1 0 6 1 +5
イラクの旗 イラク 4 3 1 1 1 4 3 +1
タイ王国の旗 タイ 2 3 0 2 1 2 4 -2
レバノンの旗 レバノン 2 3 0 2 1 3 7 -4





グループB[編集]

国名 勝点 得点 失点 点差
中華人民共和国の旗 中国 5 3 1 2 0 6 2 +4
クウェートの旗 クウェート 5 3 1 2 0 1 0 +1
大韓民国の旗 韓国 4 3 1 1 1 5 3 +2
インドネシアの旗 インドネシア 1 3 0 1 2 0 7 -7





グループC[編集]

国名 勝点 得点 失点 点差
日本の旗 日本 7 3 2 1 0 13 3 +10
サウジアラビアの旗 サウジアラビア 4 3 1 1 1 6 4 +2
カタールの旗 カタール 3 3 0 3 0 2 2 0
ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン 1 3 0 1 2 2 14 -12





決勝トーナメント[編集]

準々決勝 準決勝 決勝
                   
10月23日サイダ        
 中華人民共和国の旗 中国 3
10月26日ベイルート
 カタールの旗 カタール 1  
 中華人民共和国の旗 中国 2
10月24日ベイルート
   日本の旗 日本 3  
 日本の旗 日本 4
10月29日ベイルート
 イラクの旗 イラク 1  
 日本の旗 日本 1
10月23日トリポリ
   サウジアラビアの旗 サウジアラビア 0
 イランの旗 イラン 1
10月26日ベイルート
 大韓民国の旗 韓国 2(GG)  
 大韓民国の旗 韓国 1 3位決定戦
10月24日ベイルート
   サウジアラビアの旗 サウジアラビア 2  
 クウェートの旗 クウェート 2  中華人民共和国の旗 中国 0
 サウジアラビアの旗 サウジアラビア 3(GG)    大韓民国の旗 韓国 1
10月29日ベイルート

準々決勝[編集]




準決勝[編集]


3位決定戦[編集]

決勝[編集]

最終結果[編集]

 AFCアジアカップ2000優勝国 

日本
2大会ぶり2度目

個人表彰[編集]

MVP 得点王 最優秀DF フェアプレー賞
日本の旗 名波浩 大韓民国の旗 李東国 日本の旗 森岡隆三 中華人民共和国の旗 中国

ベスト11[編集]

GK DF MF FW

中華人民共和国の旗 江津

サウジアラビアの旗 ムハンマド・アル=ヒライウィー
大韓民国の旗 洪明甫
クウェートの旗 ジャマール・ムバーラク

日本の旗名波浩
イランの旗 カリム・バゲリ
日本の旗中村俊輔
イラクの旗 アッバース・ジャーシム
サウジアラビアの旗 ナワーフ・アッ=テミヤート

日本の旗高原直泰
大韓民国の旗 李東国

得点ランキング[編集]

6 ゴール
5 ゴール
3 ゴール

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 特に8-1で圧勝したウズベキスタン戦は、西澤明訓 (セレッソ大阪)、高原直泰 (ジュビロ磐田)が相次いでハットトリックを達成したほか、途中出場で代表デビューを果たした北嶋秀朗 (柏レイソル)も得点を挙げた
  2. ^ アジアカップを振り返る -1- 《アジアカップ2000 レバノン大会》 】史上最強だったかもしれない日本代表。破竹の勢いでアジア2度目のチャンピオンに (元川悦子) - J's GOALニュース 2007年6月25日