オウンゴール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

オウンゴール: own goal)は、サッカーなどの競技スポーツにおいて、自分の能動的な行動によって自陣のゴールに誤って失点してしまうこと[1]

解説[編集]

当項目においては、サッカーのオウンゴールについて述べる。

サッカーの場合は相手のシュートを守備側の選手が体に当ててブロックしようとして向きを変えてしまいゴールとなるケースがよくあるが、このような場合はオウンゴールとはせず相手選手の得点となる。このように、最後に触れた選手が自陣のゴールに入れたとしても、その状況によっては相手選手のゴールと記録される場合がある。

一方、ゴールの枠内へ向けてキックしていない、たとえばセンタリングなどの攻撃側選手のパスに守備側選手が触れてしまい、ゴールとなった場合はオウンゴールとなる。

シュートがゴールポストに当たって一度跳ね返り、再度キーパーに当たってゴールに入った場合、シュート自体は外れているもののオウンゴールとはならず、相手選手の得点が認められる場合がある。

日本では公式記録上は「オウンゴール」とのみ表記し、どの選手によるものかは表記しない[2]

日本語における名称[編集]

かつての日本では長らく「自殺点」と呼ばれていたが、1994年平成6年)に日本サッカー協会が、英語の「 own goal 」に準じて「オウンゴール」とすると発表し、以降はこの名称が使われている。

1994 FIFAワールドカップでオウンゴールをしたコロンビア代表アンドレス・エスコバルが、帰国後の7月2日射殺される事件があった。日本サッカー協会はこの事件を期に、それまで使われていた「自殺点」という表現をやめ[3]、「オウンゴール」に改めることを、9月16日に発表した[4]。同年には、それまで「サドンデス」(「突然死」の意)と呼ばれていたゴールデンゴールを「Vゴール」と改める同様の名称変更もなされていた[4]

比較文学者の井上健は、イギリス英語俗語では「 own goal 」が「自殺(者)」を意味する場合もあると指摘し、「「自殺点」は案外由緒正しき訳語なのである」と述べている[5]

エピソード[編集]

  • カリビアンカップ1994の予選として開催されたバルバドス代表グレナダ代表の試合では、ゴールデンゴールを2点に換算するルールとなっていたことから、2点差で勝たないと出場権を得られないバルバドスが、後半終盤に1点差へ追いつかれたところから意図的なオウンゴールで試合を振り出しに戻し延長戦のゴールデンゴールに懸ける一方、対するグレナダは1点差で試合を終わらせようと後半終了まで両ゴールを攻める、という展開となってしまった。
  • 1試合でのオウンゴールの最多記録は、2002年10月31日に行われたマダガスカル・サッカーリーグのASアデマ対SOレミルヌの試合で記録された149点である。この試合は消化試合であったが、SOレミルヌは前節の試合で不可解な判定でたびたび反則をとられて引き分けに終わり、優勝の可能性がなくなっていた。こうした判定への抗議の意志を示すために、SOレミルヌ側が試合開始からオウンゴールを積み重ねたのである。この事件によってSOレミルヌの監督・選手に出場停止スタジアムでの観戦禁止などの処分が下された[6]
  • アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト - 1989年大会の『オクトパスフットボール』では、自陣のゴールにボールを入れて敵のゴールを防ぎ試合をドローとした(競技規定にオウンゴールの場合の規定がなかったため。)。

競技別の扱い[編集]

ゴールインなどの得点が敵味方で異なるものを特記事項として主に明記する。

オウンゴールのない競技[編集]

  • ラグビー - オウンゴールの概念がない。自陣ゴールエリアにボールを接地(グラウンディング)しても両サイド共に得点は入らず、「キャリーバック」となって自陣ゴールラインから5メートルの所で相手側ボールのスクラムにより試合が再開される。また、自陣のゴールにキックする事態はまず考えられないが、その場合でも両サイド共に得点は入らない。
  • ゴールが無い競技 - 野球など、攻撃と守備が完全に交互に行われ、確実に攻撃チームのみに得点する方法が与えられている競技にはオウンゴールは存在しない(守備側の選手は打席に立ち、進塁する手段が完全に無い)。[テニス]、[バレーボール]など相手チームのミスにより得点する競技にはオウンゴールは無い。

オウンゴールについて特殊なルールが存在する競技[編集]

  • アメリカンフットボール - オウンゴールに類するものとして、守備側チームが攻撃側チームのゴールラインより後方でプレイを終了させる「セイフティ」がある。この場合守備側チームに2点が与えられる。
  • オーストラリアンフットボール - 内側の柱の間をボールが通過すると通常はゴール(6点)であるが、自陣の選手が入れた場合はビハインド(1点)となる。ゴールによる6失点を避けるため、故意に行う場合がある。
  • ハンドボール - ゴールキーパースローでのオウンゴールは認められず、ゴールキーパースローが直接自陣ゴールに入った場合はスローのやり直しとなる。これ以外はオウンゴールのある競技と同様である。相手選手の個人得点は記録されず、オウンゴールとして別記される。

オウンゴールのある競技[編集]

敵味方、ポジションに関わらず同一の得点判定が行われる競技ではほとんどオウンゴールがある。

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「観戦必携/すぐわかる スポーツ用語辞典」1998年平成10年)1月20日発行、発行人・中山俊介、54頁。
  2. ^ サッカーの話をしよう 大住良之オフィシャルアーカイブサイト (1995年8月1日). “No.112 オウンゴールは不名誉ではない”. 2021年2月6日閲覧。 (日本語)
  3. ^ “(1994年(平成6年)のきょう)オウンゴール悲惨”. 朝日新聞夕刊: p. 1. (2013年(平成25年)7月2日). "事件を機に、日本サッカー協会は当時使われていた「自殺点」という表現をやめた。"  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  4. ^ a b “「自殺点」はダメ、「オウンゴール」に 日本サッカー協会”. 朝日新聞・朝刊: p. 23. (1994年(平成6年)9月17日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  5. ^ 井上健 (2010年(平成22年)6月26日). “(わかるカナ)オウンゴール own goal”. 朝日新聞・夕刊: p. 3  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  6. ^ Team repeatedly scores own goals to protest refs”. ESPN.com (2002年11月2日). 2021年2月6日閲覧。 (英語)