AFCアジアカップ2019 (予選)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
AFCアジアカップ2019 > AFCアジアカップ2019 (予選)
状態:
  本大会出場
  予選敗退国
  予選除外処分
 AFCアジアカップ2019 (予選)
2019 AFC Asian Cup qualification
大会概要
日程 2015年3月12日2018年3月27日
チーム数 45 (1連盟)
 < 20152023

本項では、2019年アラブ首長国連邦で行われるAFCアジアカップ2019の予選について述べる。

概要[編集]

AFCアジアカップ2019本選の出場国数は、前回大会までの16チームから24チームに拡大された[1]

前回大会の上位3ヵ国およびAFCチャレンジカップ優勝国に与えられる出場枠は廃止されたため、予選通過国枠は23となる。

出場決定国[編集]

予選 本戦出場決定日 過去の出場回数1
 アラブ首長国連邦 開催国 2015年3月9日 9 (1980, 1984, 1988, 1992, 1996, 2004, 2007, 2011, 2015)
 カタール 2次予選C組1位 2015年11月17日 9 (1980, 1984, 1988, 1992, 2000, 2004, 2007, 2011, 2015)
 韓国 2次予選G組1位 2016年1月13日 13 (1956, 1960, 1964, 1972, 1980, 1984, 1988, 1996, 2000, 2004, 2007, 2011, 2015)
 日本 2次予選E組1位 2016年3月24日 8 (1988, 1992, 1996, 2000, 2004, 2007, 2011, 2015)
 タイ 2次予選F組1位 2016年3月24日 6 (1972, 1992, 1996, 2000, 2004, 2007)
 サウジアラビア 2次予選A組1位 2016年3月24日 9 (1984, 1988, 1992, 1996, 2000, 2004, 2007, 2011, 2015)
 オーストラリア 2次予選B組1位 2016年3月29日 3 (2007, 2011, 2015)
 ウズベキスタン 2次予選H組1位 2016年3月29日 6 (1996, 2000, 2004, 2007, 2011, 2015)
 シリア 2次予選E組2位 2016年3月29日 5 (1980, 1984, 1988, 1996, 2011)
 イラク 2次予選F組2位 2016年3月29日 8 (1972, 1976, 1996, 2000, 2004, 2007, 2011, 2015)
 イラン 2次予選D組1位 2016年3月29日 13 (1968, 1972, 1976, 1980, 1984, 1988, 1992, 1996, 2000, 2004, 2007, 2011, 2015)
 中国 2次予選C組2位 2016年3月29日 11 (1976, 1980, 1984, 1988, 1992, 1996, 2000, 2004, 2007, 2011, 2015)
 インド 3次予選A組1位 2017年10月11日 3 (1964, 1984, 2011)
 パレスチナ 3次予選D組2位 2017年10月11日 1 (2015)
 オマーン 3次予選D組1位 2017年10月11日 3 (2004, 2007, 2015)
 レバノン 3次予選B組1位 2017年11月10日 1 (2000)
 トルクメニスタン 3次予選E組2位 2017年11月14日 1 (2004)
 ヨルダン 3次予選C組1位 2017年11月14日 3 (2004, 2011, 2015)
 ベトナム 3次予選C組2位 2017年11月14日 1 (2007)2
 バーレーン 3次予選E組1位 2017年11月14日 5 (1988, 2004, 2007, 2011, 2015)
 キルギス 3次予選A組2位 2018年3月22日 0 (初出場)
 北朝鮮 3次予選B組2位 2018年3月27日 4 (1980, 1992, 2011, 2015)
 フィリピン 3次予選F組1位 2018年3月27日 0 (初出場)
 イエメン 3次予選F組2位 2018年3月27日 0 (初出場)3
1 太字は優勝した大会、イタリック は開催国となった大会を示す。
2 南ベトナムとしては2度(1956年大会1960年大会)出場経験がある。
3 南イエメンとしては1度(1976年大会)出場経験がある。

予選形式[編集]

本予選では、AFCアジアカップ2019予選と2018 FIFAワールドカップ・アジア予選1次予選2次予選を共有する方式が採用された[1]

予選は以下の形式で行われる[1]

  • 1次予選: 2次予選を40チームにするため、シード順で下位の12チームを2チームずつに分け、ホーム・アンド・アウェー方式で対戦を行う。各勝者が2次予選に進出する。
  • 2次予選: 40チームを8組に分け、ホーム・アンド・アウェーでの2順の総当たり戦(各チーム8試合ずつ)を行う。
  • プレーオフ: 2014年11月に開催されたAFCの会合で、予選内にプレーオフラウンドを設けることが合意された[3]。ホーム・アンド・アウェー方式のラウンドを2回行い、勝ち残った8チームが3次予選に進出する[4]
  • 3次予選: 24チームを6組に分け、ホーム・アンド・アウェーでの2順の総当たり戦(各チーム6試合ずつ)を行い、残りの12枠を争う。

なお、後日開催が発表されたAFCソリダリティーカップ2016には、1次予選敗退国とAFCアジアカップ2019予選プレーオフの敗退国が出場できる。

予選出場国[編集]

FIFAとAFC双方に加盟している45の国と地域が参加[5]

2次予選から参加 1次予選から参加
  1.  イラン (51)
  2.  日本 (54)
  3.  韓国 (69)
  4.  ウズベキスタン (71)
  5.  アラブ首長国連邦 (80)
  6.  カタール (92)
  7.  オマーン (93)
  8.  ヨルダン (93)
  9.  中国 (96)
  10.  オーストラリア (100)
  11.  サウジアラビア (102)
  12.  バーレーン (110)
  13.  イラク (114)
  14.  パレスチナ (115)
  15.  レバノン (122)
  16.  クウェート (125)
  17.  フィリピン (129)
  1.  モルディブ (131)
  2.  ベトナム (133)
  3.  タジキスタン (136)
  4.  ミャンマー (141)
  5.  アフガニスタン (142)
  6.  タイ (144)
  7.  トルクメニスタン (147)
  8.  北朝鮮 (150)
  9.  シリア (151)
  10.  キルギス (152)
  11.  マレーシア (154)
  12.  香港 (156)
  13.  シンガポール (157)
  14.  インドネシア (159)
  15.  ラオス (160)
  16.  グアム (161)
  17.  バングラデシュ (165)
  1.  インド(171)
  2.  スリランカ (172)
  3.  イエメン (176)
  4.  カンボジア (179)
  5.  チャイニーズタイペイ (182)
  6.  東ティモール (185)
  7.  ネパール (186)
  8.  マカオ (186)
  9.  パキスタン (188)
  10.  モンゴル (194)
  11.  ブルネイ (198)
  12.  ブータン (209)

注: ワールドカップ予選とアジアカップ予選を共有する方式のため、アジアカップ2019予選が免除されている アラブ首長国連邦も2次予選から参加する。

日程[編集]

予選の日程は以下のとおり[6][4]

ラウンド 日付
1次予選 01戦 2015年03月12日
02戦 2015年03月17日
2次予選 01節 2015年06月11日
02節 2015年06月16日
03節 2015年09月03日
04節 2015年09月08日
05節 2015年10月08日
06節 2015年10月13日
07節 2015年11月12日
08節 2015年11月17日
09節 2016年03月24日
第10節 2016年03月29日
ラウンド 日付
プレーオフ プレーオフI 第1戦 2016年06月02日
プレーオフI 第2戦 2016年06月07日
プレーオフII 第1戦 2016年09月06日
プレーオフII 第2戦 2016年10月11日
3次予選 第1節 2017年03月28日
第2節 2017年06月13日
第3節 2017年09月05日
第4節 2017年10月10日
第5節 2017年11月14日
第6節 2018年03月27日

1次予選[編集]

組み合わせ抽選会は、2015年2月10日にマレーシアクアラルンプールのAFC本部で行われた[7]

試合結果[編集]

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
インド  2 - 0  ネパール 2 - 0 0 - 0
イエメン  3 - 1  パキスタン 3 - 1 0 - 0
東ティモール  5 - 1  モンゴル 4 - 1 1 - 0
カンボジア  4 - 1  マカオ 3 - 0 1 - 1
チャイニーズタイペイ  2 - 1  ブルネイ 0 - 1 2 - 0
スリランカ  1 - 3  ブータン 0 - 1 1 - 2

2次予選[編集]

組み合わせ抽選会は、2015年4月14日17:00(UTC+8)よりマレーシアクアラルンプールのJWマリオットホテルで実施された[8][9]

凡例
ワールドカップ・アジア3次予選に進出、AFCアジアカップ2019本大会の出場権獲得
AFCアジアカップ2019予選3次予選に進出
AFCアジアカップ2019予選プレーオフに進出
インドネシアは2次予選敗退、AFCアジアカップ2019予選プレーオフに出場不可能

グループ[編集]

グループA[編集]

チーム







 サウジアラビア 8 6 2 0 28 4 +24 20
 アラブ首長国連邦 8 5 2 1 27 4 +23 17
 パレスチナ 8 4 2 2 24 5 +19 14
 マレーシア 8 2 0 6 7 29 −22 6
 東ティモール 8 0 0 8 0 44 −44 0
チーム AWAY
サウジアラビアの旗 アラブ首長国連邦の旗 パレスチナの旗 マレーシアの旗 東ティモールの旗
H
O
M
E
サウジアラビア  X 2 - 1 3 - 2 2 - 0 7 - 0[note 2]
アラブ首長国連邦  1 - 1 X 2 - 0 10 - 0 8 - 0
パレスチナ  0 - 0 0 - 0 X 6 - 0 7 - 0
マレーシア  0 - 3[note 3] 1 - 2 0 - 6 X 3 - 0[note 2]
東ティモール  0 - 10 0 - 3[note 2] 0 - 3[note 2] 0 - 3[note 2] X
左の数字がHOMEチームの得点

グループB[編集]

チーム







 オーストラリア 8 7 0 1 29 4 +25 21
 ヨルダン 8 5 1 2 21 7 +14 16
 キルギス 8 4 2 2 10 8 +2 14
 タジキスタン 8 1 2 5 9 20 −11 5
 バングラデシュ 8 0 1 7 2 32 −30 1
チーム AWAY
オーストラリアの旗 ヨルダンの旗 キルギスの旗 タジキスタンの旗 バングラデシュの旗
H
O
M
E
オーストラリア  X 5 - 1 3 - 0 7 - 0 5 - 0
ヨルダン  2 - 0 X 0 - 0 3 - 0 8 - 0
キルギス  1 - 2 1 - 0 X 2 - 2 2 - 0
タジキスタン  0 - 3 1 - 3 0 - 1 X 5 - 0
バングラデシュ  0 - 4 0 - 4 1 - 3 1 - 1 X
左の数字がHOMEチームの得点

グループC[編集]

チーム







 カタール 8 7 0 1 29 4 +25 21
 中国 8 5 2 1 27 1 +26 17
 香港 8 4 2 2 13 5 +8 14
 モルディブ 8 2 0 6 8 20 −12 6
 ブータン 8 0 0 8 5 52 −47 0
チーム AWAY
カタールの旗 中華人民共和国の旗 香港の旗 モルディブの旗 ブータンの旗
H
O
M
E
カタール  X 1 - 0 2 - 0 4 - 0 15 - 0
中国  2 - 0 X 0 - 0 4 - 0 12 - 0
香港  2 - 3 0 - 0 X 2 - 0 7 - 0
モルディブ  0 - 1 0 - 3 0 - 1 X 4 - 2
ブータン  0 - 3 0 - 6 0 - 1 3 - 4 X
左の数字がHOMEチームの得点

グループD[編集]

チーム







 イラン 8 6 2 0 26 3 +23 20
 オマーン 8 4 2 2 11 7 +4 14
 トルクメニスタン 8 4 1 3 10 11 −1 13
 グアム 8 2 1 5 3 16 −13 7
 インド 8 1 0 7 5 18 −13 3
チーム AWAY
イランの旗 オマーンの旗 トルクメニスタンの旗 グアムの旗 インドの旗
H
O
M
E
イラン  X 2 - 0 3 - 1 6 - 0 4 - 0
オマーン  1 - 1 X 3 - 1 1 - 0 3 - 0
トルクメニスタン  1 - 1 2 - 1 X 1 - 0 2 - 1
グアム  0 - 6 0 - 0 1 - 0 X 2 - 1
インド  0 - 3[note 4] 1 - 2 1 - 2 1 - 0 X
左の数字がHOMEチームの得点

グループE[編集]

チーム







 日本 8 7 1 0 27 0 +27 22
 シリア 8 6 0 2 26 11 +15 18
 シンガポール 8 3 1 4 9 9 0 10
 アフガニスタン 8 3 0 5 8 24 −16 9
 カンボジア 8 0 0 8 1 27 −26 0
チーム AWAY
日本の旗 シリアの旗 シンガポールの旗 アフガニスタンの旗 カンボジアの旗
H
O
M
E
日本  X 5 - 0 0 - 0 5 - 0 3 - 0
シリア  0 - 3 X 1 - 0 5 - 2 6 - 0
シンガポール  0 - 3 1 - 2 X 1 - 0 2 - 1
アフガニスタン  0 - 6 0 - 6 2 - 1 X 3 - 0
カンボジア  0 - 2 0 - 6 0 - 4 0 - 1 X
左の数字がHOMEチームの得点

グループF[編集]

チーム







 タイ 6 4 2 0 14 6 +8 14
 イラク 6 3 3 0 13 6 +7 12
 ベトナム 6 2 1 3 7 8 −1 7
 チャイニーズタイペイ 6 0 0 6 5 19 −14 0
 インドネシア[note 5] 0 0 0 0 0 0 0 0
チーム AWAY
タイ王国の旗 イラクの旗 ベトナムの旗 チャイニーズタイペイの旗 インドネシアの旗
H
O
M
E
タイ  X 2 - 2 1 - 0 4 - 2
イラク  2 - 2 X 1 - 0 5 - 1
ベトナム  0 - 3 1 - 1 X 4 - 1
チャイニーズタイペイ  0 - 2 0 - 2 1 - 2 X
インドネシア  X
左の数字がHOMEチームの得点

グループG[編集]

チーム







 韓国 8 8 0 0 27 0 +27 24
 レバノン 8 3 2 3 12 6 +6 11
 クウェート[note 6] 8 3 1 4 12 10 +2 10
 ミャンマー 8 2 2 4 9 21 −12 8
 ラオス 8 1 1 6 6 29 −23 4
チーム AWAY
大韓民国の旗 レバノンの旗 クウェートの旗 ミャンマーの旗 ラオスの旗
H
O
M
E
韓国  X 1 - 0 3 - 0[note 7] 4 - 0 8 - 0
レバノン  0 - 3 X 0 - 1 1 - 1 7 - 0
クウェート  0 - 1 0 - 0 X 9 - 0 0 - 3[note 7]
ミャンマー  0 - 2 0 - 2 3 - 0[note 9] X 3 - 1
ラオス  0 - 5 0 - 2 0 - 2 2 - 2 X
左の数字がHOMEチームの得点

グループH[編集]

チーム







 ウズベキスタン 8 7 0 1 20 7 +13 21
 北朝鮮 8 5 1 2 14 8 +6 16
 フィリピン 8 3 1 4 8 12 −4 10
 バーレーン 8 3 0 5 10 10 0 9
 イエメン 8 1 0 7 2 17 −15 3
チーム AWAY
ウズベキスタンの旗 朝鮮民主主義人民共和国の旗 フィリピンの旗 バーレーンの旗 イエメンの旗
H
O
M
E
ウズベキスタン  X 3 - 1 1 - 0 1 - 0 1 - 0
北朝鮮  4 - 2 X 0 - 0 2 - 0 1 - 0
フィリピン  1 - 5 3 - 2 X 2 - 1 0 - 1
バーレーン  0 - 4 0 - 1 2 - 0 X 3 - 0
イエメン  1 - 3 0 - 3[note 10] 0 - 2 0 - 4 X
左の数字がHOMEチームの得点

各組2位チーム[編集]

2位の8か国・地域のうち成績上位4チームは2次予選を通過。下位4チームはAFCアジアカップ2019予選3次予選に進出。

また、各グループで勝ち点が同点のチームが2つ以上ある場合は、以下の順に比較して順位を決定する。

なお、インドネシアを除外することでグループFは4チームになるため、他のグループの2位チームは対5位チームの成績を除外して2位チーム同士の順位を決定する。

  1. 得失点差
  2. ゴール数の多少
  3. 中立地での一発勝負
チーム グループ5位
(対戦成績,合計得点-合計失点)
F  イラク 6 3 3 0 13 6 +7 12 -
E  シリア 6 4 0 2 14 11 +3 12  カンボジア(2勝,12-0)
A  アラブ首長国連邦 6 3 2 1 16 4 +12 11  東ティモール(2勝,9-0)
C  中国 6 3 2 1 9 1 +8 11  ブータン(2勝,18-0)
H  北朝鮮 6 3 1 2 10 8 +2 10  イエメン(2勝,4-0)
B  ヨルダン 6 3 1 2 9 7 +2 10  バングラデシュ(2勝,12-0)
D  オマーン 6 2 2 2 6 6 0 8  インド(2勝,5-1)
G  レバノン 6 1 2 3 3 6 −3 5  ラオス(2勝,9-0)

各組4位チーム[編集]

4位の8か国・地域のうち成績上位4チームはAFCアジアカップ2019予選3次予選に進出。下位4チームはAFCアジアカップ2019予選プレーオフに進出。

また、各グループで勝ち点が同点のチームが2つ以上ある場合は、以下の順に比較して順位を決定する。

なお、インドネシアを除外することでグループFは4チームになるため、他のグループの4位チームは対5位チームの成績を除外して4位チーム同士の順位を決定する。

  1. 得失点差
  2. ゴール数の多少
  3. 中立地での一発勝負
チーム グループ5位
(対戦成績,合計得点-合計失点)
D  グアム 6 1 1 4 1 14 −13 4  インド(1勝1敗,2-2)
G  ミャンマー 6 1 1 4 4 18 −14 4  ラオス(1勝1分,5-3)
H  バーレーン 6 1 0 5 3 10 −7 3  イエメン(2勝,7-0)
E  アフガニスタン 6 1 0 5 4 24 −20 3  カンボジア(2勝,4-0)
B  タジキスタン 6 0 1 5 3 19 −16 1  バングラデシュ(1勝1分,6-1)
F  チャイニーズタイペイ 6 0 0 6 5 19 −14 0 -
C  モルディブ 6 0 0 6 0 15 −15 0  ブータン(2勝,8-5)
A  マレーシア 6 0 0 6 1 29 −28 0  東ティモール(1勝1分,2-1)

プレーオフ[編集]

2014年11月のAFCの会合で、プレーオフラウンドを導入することが決定された[3]ホーム・アンド・アウェー方式のラウンドを2回行い、勝ち残った8チームが3次予選に進出する[27]

組み合わせ抽選会は、2016年4月7日15:00(UTC+8)よりマレーシアクアラルンプールのAFC本部で行われた[28]

シード順[編集]

シード順は、2次予選の結果に基づきランク付けされた[27]

プレーオフIから参加 プレーオフII
から参加
ポット1 ポット2
  1.  タジキスタン
  2.  チャイニーズタイペイ
  3.  モルディブ
  4.  マレーシア
  5.  ラオス
  1.  インド
  2.  イエメン
  3.  東ティモール
  4.  バングラデシュ
  5.  カンボジア
  1.  ブータン

プレーオフI[編集]

シード順上位10チームが参加する。ポット1とポット2からそれぞれ1チームずつ取り出し、2チームずつ5組に分けてホーム・アンド・アウェーでの試合を行う。勝利した5チームが3次予選に進出。敗北した5チームはプレーオフIIに進出する。第1戦は2016年6月2日に、第2戦は2016年6月6日・6月7日に実施された[28]

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
チャイニーズタイペイ  2 - 4  カンボジア 2 - 2 0 - 2
モルディブ  0 - 4  イエメン 0 - 2 0 - 2
タジキスタン  6 - 0  バングラデシュ 5 - 0 1 - 0
マレーシア  6 - 0  東ティモール 3 - 0 3 - 0
ラオス  1 - 7  インド 0 - 1 1 - 6

プレーオフII[編集]

プレーオフIの敗者にランキング最下位を加えた6チームを2チームずつ3組に分けてホーム・アンド・アウェーでの試合を行う。勝利した3チームが3次予選に進出する。第1戦を2016年9月6日に、第2戦を2016年10月11日に実施された[28]

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
モルディブ  5 - 1  ラオス 4 - 0 1 - 1
バングラデシュ  1 - 3  ブータン 0 - 0 1 - 3
東ティモール  2 - 4  チャイニーズタイペイ 1 - 2 1 - 2

3次予選[編集]

24チームを6組に分け、ホーム・アンド・アウェーでの2順の総当たり戦(各チーム6試合ずつ)を行い、残りの12枠を争う。

組み合わせ抽選は2017年1月23日にアラブ首長国連邦アブダビで実施される予定である[29](当初は1月18日に行われる予定であった[30]ものの1月23日に変更された[31])。

グループ[編集]

グループA[編集]

チーム
1  インド 6 4 1 1 11 5 +6 13
2  キルギス 6 4 1 1 14 8 +6 13
3  ミャンマー 6 2 2 2 10 10 0 8
4  マカオ 6 0 0 6 4 16 −12 0
チーム AWAY
インドの旗 キルギスの旗 ミャンマーの旗 マカオの旗
H
O
M
E
インド  X 1 - 0 2 - 2 4 - 1
キルギス  2 - 1 X 5 - 1 1 - 0
ミャンマー  0 - 1 2 - 2 X 1 - 0
マカオ  0 - 2 3 - 4 0 - 4 X
左の数字がHOMEチームの得点

グループB[編集]

チーム
1  レバノン 6 5 1 0 14 4 +10 16
2  北朝鮮 6 3 2 1 13 10 +3 11
3  香港 6 1 2 3 4 7 −3 5
4  マレーシア 6 0 1 5 5 15 −10 1
チーム AWAY
レバノンの旗 朝鮮民主主義人民共和国の旗 香港の旗 マレーシアの旗
H
O
M
E
レバノン  X 5 - 0 2 - 0 2 - 1
北朝鮮  2 - 2 X 2 - 0 4 - 1
香港  0 - 1 1 - 1 X 2 - 0
マレーシア  1 - 2 1 - 4 1 - 1 X
左の数字がHOMEチームの得点

グループC[編集]

チーム
1  ヨルダン 6 3 3 0 16 5 +11 12
2  ベトナム 6 2 4 0 9 3 +6 10
3  アフガニスタン 6 1 3 2 7 10 −3 6
4  カンボジア 6 1 0 5 3 17 −14 3
チーム AWAY
ヨルダンの旗 ベトナムの旗 アフガニスタンの旗 カンボジアの旗
H
O
M
E
ヨルダン  X 1 - 1 4 - 1 7 - 0
ベトナム  0 - 0 X 0 - 0 5 - 0
アフガニスタン  3 - 3 1 - 1 X 2 - 1
カンボジア  0 - 1 1 - 2 1 - 0 X
左の数字がHOMEチームの得点

グループD[編集]

チーム
1  オマーン 6 5 0 1 28 5 +23 15
2  パレスチナ 6 5 0 1 25 3 +22 15
3  モルディブ 6 2 0 4 11 19 −8 6
4  ブータン 6 0 0 6 2 39 −37 0
チーム AWAY
オマーンの旗 パレスチナの旗 モルディブの旗 ブータンの旗
H
O
M
E
オマーン  X 1 - 0 5 - 0 14 - 0
パレスチナ  2 - 1 X 8 - 1 10 - 0
モルディブ  1 - 3 0 - 3 X 7 - 0
ブータン  2 - 4 0 - 2 0 - 2 X
左の数字がHOMEチームの得点

グループE[編集]

チーム
1  バーレーン 6 4 1 1 15 3 +12 13
2  トルクメニスタン 6 3 1 2 9 10 −1 10
3  チャイニーズタイペイ 6 3 0 3 7 12 −5 9
4  シンガポール 6 0 2 4 3 9 −6 2
チーム AWAY
バーレーンの旗 トルクメニスタンの旗 チャイニーズタイペイの旗 シンガポールの旗
H
O
M
E
バーレーン  X 4 - 0 5 - 0 0 - 0
トルクメニスタン  1 - 2 X 2 - 1 2 - 1
チャイニーズタイペイ  2 - 1 1 - 3 X 1 - 0
シンガポール  0 - 3 1 - 1 1 - 2 X
左の数字がHOMEチームの得点

グループF[編集]

チーム
1  フィリピン 6 3 3 0 13 8 +5 12
2  イエメン 6 2 4 0 7 5 +2 10
3  タジキスタン 6 2 1 3 10 9 +1 7
4  ネパール 6 0 2 4 3 11 −8 2
チーム AWAY
フィリピンの旗 イエメンの旗 タジキスタンの旗 ネパールの旗
H
O
M
E
フィリピン  X 2 - 2 2 - 1 4 - 1
イエメン  1 - 1 X 2 - 1 2 - 1
タジキスタン  3 - 4 0 - 0 X 3 - 0
ネパール  0 - 0 0 - 0 1 - 2 X
左の数字がHOMEチームの得点

出来事[編集]

東ティモール代表の国籍違反
プレーオフ1回戦に出場した東ティモール代表の選手の出場資格を調査したところ、同国において代表選手として登録されたブラジル生まれの12選手が、偽造の出生証明書を用いていたと判明した。これらの選手が出場していた試合は合計で36試合(AFCで処分を決定できる29試合、FIFAによる処分の決定を待つ7試合)。AFCは、同チームを次回大会(AFCアジアカップ2023)から除外する処分を科した。[32][33]またFIFAも、2018 FIFAワールドカップ・アジア予選を兼ねて行われた試合のうち7試合を東ティモールの敗戦扱い(没収試合)とした[34]

脚注[編集]

  1. ^ インドネシアサッカー協会FIFAより資格停止処分を受けたことにより当予選から除外されているため、インドネシアが振り分けられた2次予選・グループFからの5位チームの参加はない。
  2. ^ a b c d e 東ティモールは、代表資格のない選手を多数出場させたことへの処分として、後日2018 FIFAワールドカップ・アジア予選の合計7試合を没収試合(0-3での敗戦扱い。ただし、当初のスコアがそれ以上の敗戦であった場合はスコアは変更せず)とされた[11]
  3. ^ マレーシア対サウジアラビアは、87分を経過したところで観客がピッチ内に物を投げ込んだため、試合は中断し延期となった (中断時点ではサウジアラビアが2-1でリードしていた)[12]。2015年10月5日にFIFAは、この試合を0-3でマレーシアの敗戦とし、さらにマレーシアに対して、ホームゲーム1試合 (2015年11月17日開催のアラブ首長国連邦戦)を無観客試合で行う旨の決定を下した[13]
  4. ^ インドが出場停止処分中の選手 (エウゲネソン・リンドー)を出場させたため、没収試合 (イランの3-0での勝利扱い)とされた[14][15]。なお、当初のスコアも3-0でイランが勝利していた。
  5. ^ インドネシアサッカー協会は2015年5月30日に、国内リーグの運営に政府が介入しているとして、FIFAより資格停止処分を受けた[16]。これを受けてAFCは2015年6月3日、インドネシアを当予選より除外することを決定し、インドネシアに関係する試合は全て中止となった[17]。よって、AFCアジアカップ2019も出場できなくなった。
  6. ^ クウェートサッカー協会は2015年10月16日に、政府の干渉によって独立性が損なわれているとして、FIFAより資格停止処分を受けた[18]。処分後の試合は全て没収試合(クウェートの0-3での敗戦扱い)となった。
  7. ^ a b クウェート対ラオスは2016年3月24日18:35 (UTC+3)よりアル・クウェート・スポーツ・クラブ・スタジアム (クウェート市)で、、韓国対クウェートは2016年3月29日20:00 (UTC+9)から大邱スタジアム (大邱)でそれぞれ実施の予定であったが、クウェートが国際サッカー連盟 (FIFA)から資格停止処分を受けていることから、FIFAはこの予定での試合実施を中止すると発表した[19]。その後FIFAは、これら2試合を実施せずに没収試合 (クウェートの0-3での敗戦扱い[20][21])にすると発表した[22]
  8. ^ ミャンマーは、前大会の予選で観客が暴動を起こしたことへの処分として、今大会の予選におけるホームゲームの国内開催を禁止されている (2014 FIFAワールドカップ・アジア2次予選#ミャンマー対オマーン戦の途中打ち切りについてを参照)。そのため、ホームゲームを全試合タイで開催する。
  9. ^ 2015年11月17日 19:00 (UTC+7)からタイバンコクラジャマンガラ・スタジアムで実施[note 8]の予定であったものの、クウェートが国際サッカー連盟 (FIFA)から資格停止処分を受けていることから、FIFAはこの予定での試合実施を中止すると発表した[23][24]。その後、FIFAはこの試合を行わずに没収試合 (クウェートの0-3での敗戦扱い[21])にすると発表した[25]
  10. ^ 当初のスコアは1-0で北朝鮮の勝利であったものの、イエメンが出場停止処分中の選手 (ムディール・アル・ラダイー、1次予選の2試合においてそれぞれ警告を受けていた)を出場させたため、没収試合 (北朝鮮の3-0での勝利扱い)とされた[26]

出典[編集]

  1. ^ a b c ExCo approves expanded AFC Asian Cup finals” (英語). AFC (2014年4月16日). 2015年3月25日閲覧。
  2. ^ World Cup draw looms large in Asia” (英語). FIFA (2015年4月13日). 2015年4月14日閲覧。
  3. ^ a b AFC COMPETITIONS COMMITTEE MEETING” (英語). AFC (2014年11月28日). 2015年4月14日閲覧。
  4. ^ a b AFC Calendar of Competitions 2016 - 2018 (PDF)”. AFC. 2016年6月14日閲覧。
  5. ^ Road to Russia with new milestone” (英語). FIFA.com (2015年1月15日). 2015年1月24日閲覧。
  6. ^ AFC Calendar of Competitions 2015 (PDF)”. AFC. 2015年6月14日閲覧。
  7. ^ INDIA V NEPAL HEADLINES 2018 WORLD CUP, 2019 ASIAN CUP QUALIFIERS DRAW” (英語). AFC (2015年2月10日). 2015年6月14日閲覧。
  8. ^ Draw date set for Round 2 of 2018 World Cup, 2019 Asian Cup qualifiers” (英語). AFC (2015年3月5日). 2015年6月14日閲覧。
  9. ^ Draw: 2018 FIFA World Cup Russia Preliminary Qualification Round 2” (英語). AFC (2015年4月15日). 2015年6月14日閲覧。
  10. ^ Regulations – 2018 FIFA World Cup Russia (PDF)” (英語). FIFA.com. 2015年8月2日閲覧。
  11. ^ Latest decisions of the FIFA Disciplinary Committee”. 国際サッカー連盟 (2017年12月12日). 2018年4月9日閲覧。
  12. ^ RUSSIA 2018/UAE 2019 QUALIFIERS: MALAYSIA V SAUDI ARABIA ABANDONED” (英語). AFC (2015年9月8日). 2015年9月9日閲覧。
  13. ^ Malaysian FA sanctioned after abandonment of FIFA World Cup qualifier” (英語). FIFA (2015年10月5日). 2015年10月6日閲覧。
  14. ^ “DISCIPLINARY OVERVIEW – 2018 FIFA WORLD CUP RUSSIA™ QUALIFIERS” (英語) (PDF). FIFA. http://resources.fifa.com/mm/document/tournament/competition/02/75/53/57/disciplinary_overview_fwc_final_feb2016_neutral.pdf 2016年3月29日閲覧。 
  15. ^ “Fifa punish India for fielding ineligible player” (英語). Time of India. (2015年12月16日). http://timesofindia.indiatimes.com/city/goa/Fifa-punish-India-for-fielding-ineligible-player/articleshow/51318518.cms 2016年3月29日閲覧。 
  16. ^ Current allocation of FIFA World Cup™ confederation slots maintained” (英語). FIFA.com (2015年5月30日). 2015年6月6日閲覧。
  17. ^ “IMPACT OF FOOTBALL ASSOCIATION OF INDONESIA SUSPENSION” (英語). AFC. (2015年6月3日). http://www.the-afc.com/media-releases/impact-of-football-association-of-indonesia-suspension 2015年6月6日閲覧。 
  18. ^ Suspension of the Kuwait Football Association” (英語). FIFA.com (2015年10月16日). 2015年10月18日閲覧。
  19. ^ FIFA statement on Kuwait qualifiers”. 国際サッカー連盟 (2016年3月14日). 2016年3月15日閲覧。
  20. ^ اعتماد منتخب الكويت ضمن المنتخبات المصنفه من ١٣ - ٢٨” (アラビア語). クウェートサッカー協会 (2016年3月31日). 2016年4月7日閲覧。
  21. ^ a b DISCIPLINARY OVERVIEW – 2018 FIFA WORLD CUP RUSSIA(TM) QUALIFIERS”. 国際サッカー連盟. 2017年8月7日閲覧。
  22. ^ Kuwait's matches against Laos and Korea Republic forfeited”. 国際サッカー連盟 (2016年4月6日). 2016年4月7日閲覧。
  23. ^ فيفا يؤكد عدم اقامة مباراة مينمار” (アラビア語). クウェートサッカー協会 (2015年11月9日). 2015年11月13日閲覧。
  24. ^ FIFA statement on Myanmar-Kuwait qualifier”. 国際サッカー連盟 (2015年11月17日). 2015年11月18日閲覧。
  25. ^ Kuwait sanctioned after unplayed FIFA World Cup™ qualifier”. 国際サッカー連盟 (2016年1月13日). 2016年1月15日閲覧。
  26. ^ “Yemen sanctioned for fielding ineligible player” (英語). FIFA. (2015年7月6日). http://www.fifa.com/worldcup/news/y=2015/m=7/news=yemen-sanctioned-for-fielding-ineligible-player-2661455.html 2015年7月19日閲覧。 
  27. ^ a b STAGE SET FOR UAE 2019 QUALIFIERS PLAY-OFF DRAW” (英語). AFC (2016年4月5日). 2016年4月5日閲覧。
  28. ^ a b c UAE 2019 QUALIFIERS PLAY-OFF DRAW CONCLUDED” (英語). AFC (2016年4月7日). 2016年4月7日閲覧。
  29. ^ Teams for final round of AFC Asian Cup UAE 2019 Qualifiers confirmed”. アジアサッカー連盟 (2017年1月13日). 2017年1月13日閲覧。
  30. ^ AFC Competitions Committee recommends new AFC Cup format”. アジアサッカー連盟 (2016年11月25日). 2016年12月6日閲覧。
  31. ^ Жеребьевка отборочного турнира Кубка Азии-2019 перенесена на 23 января — Федерация Футбола Таджикистана” (ロシア語). タジキスタンサッカー連盟 (2016年12月13日). 2017年1月6日閲覧。
  32. ^ Federacao Futebol Timor-Leste expelled from AFC Asian Cup 2023”. アジアサッカー連盟 (2017年1月20日). 2017年1月27日閲覧。
  33. ^ 東ティモールに大規模な国籍違反発覚…アジア杯追放処分”. ゲキサカ. 講談社 (2017年1月21日). 2017年1月27日閲覧。
  34. ^ Latest decisions of the FIFA Disciplinary Committee”. 国際サッカー連盟 (2017年12月12日). 2018年4月9日閲覧。

外部リンク[編集]