AFCアジアカップ2007

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 AFCアジアカップ2007
2007 AFC Asian Cup
開会セレモニーの様子
開会セレモニーの様子
大会概要
開催国 インドネシアの旗 インドネシア
マレーシアの旗 マレーシア
タイ王国の旗 タイ
ベトナムの旗 ベトナム
(4か国共催)
日程 2007年7月7日 - 7月29日
チーム数 16 (AFC連盟)
開催地数 (7都市)
大会結果
優勝 イラクの旗 イラク (1回目)
準優勝 サウジアラビアの旗 サウジアラビア
3位 韓国の旗 韓国
4位 日本の旗 日本
大会統計
試合数 32試合
ゴール数 84点
(1試合平均 2.63点)
総入場者数 724,222人
(1試合平均 22,632人)
得点王 イラクの旗 ユニス・マフムード
サウジアラビアの旗 ヤセル・アル・カフタニ
日本の旗 高原直泰(4点)
最優秀選手 イラクの旗 ユニス・マフムード
 < 20042011

AFCアジアカップ2007英語: AFC Asian Cup 2007インドネシア語マレーシア語: Piala Asia 2007タイ語: เอเชียนคัพ 2007ベトナム語: Cúp bóng đá châu Á 2007)は、2007年に行われた第14回目のAFCアジアカップである。タイマレーシアベトナムインドネシアの4カ国の共同開催となり、アジアカップ史上初めて複数国の共同開催となった。2007年7月7日から7月29日まで開催され、イラクが初優勝を飾った。

大会開催の経緯と概要[編集]

  • 本大会は4カ国共催となった。このいきさつには、候補国が単独で大会を開催できるほどの経済的余力がなかったことと、候補国同士の誘致合戦が激しくなりすぎてしまった背景がある。本大会では、4カ国それぞれがグループリーグ6試合と、決勝トーナメント1~3試合を主催できるように、試合が配分された。
  • 本大会からFIFAワールドカップの翌年に開催される事となったため、その調整として前回大会から3年後の2007年に開催された。この変更の背景には、従来の開催時期では夏季オリンピックUEFA欧州選手権と開催年が重なるため注目度が低くなりがちだった事等が挙げられる。
  • AFCチャレンジカップが創設された影響で、この大会からFIFAランキング下位の予選参加国が大幅に減少した。総参加国数が前回大会は開催国なども含め43だったのに対し、今大会では28。
  • 今大会では、開催国が4カ国ある関係で、前回優勝国の本大会自動出場権がなくなり、前回優勝の日本は予選からの出場となった。また、2006年アジアサッカー連盟へ加盟したオーストラリアも予選第4シード国として初めて参戦した。
  • 開催国4カ国と、予選を勝ち抜いた12カ国を合わせた16カ国が本大会に出場。組合せ抽選は12月19日に実施(組み合わせ抽選の節を参照)。また、サウジアラビア・タイ両国間の問題から、サウジアラビアタイとは準決勝まで対戦がないように、また最後までタイに入国することがないように、抽選・スケジューリングされた。[1][出典無効]
  • 開会式及び開幕戦は2007年7月7日バンコク、決勝戦はジャカルタで開催された。

トピックス[編集]

イラク初優勝[編集]

本大会は、イラクが初の優勝を遂げた。

イラク戦争による政情不安が長く続き、代表選手はほぼ全員が海外でプレーしていた。代表の練習は欧州が拠点、ホームゲームはヨルダンで開催してきたイラクは、大会直前に代表監督が辞任し、新たにブラジル人のジョルバン・ビエイラを大会限定の短期契約で監督に迎えるなど、その厳しい環境条件から開幕前の下馬評は決して高くなかった。さらに、大会直前にチームに同行する予定だった理学療法士が死亡するなど、チームを取り巻く状況は大会開始まで好転しなかった。

しかし、アテネオリンピックベスト4のメンバーと前年のアジア大会準優勝のメンバーを中心としたイラクは、前線からの激しいプレッシャーと強いフィジカルコンタクトによる守備と、積極的な攻撃意識を武器にグループリーグを1位通過。決勝トーナメントでも、準決勝で韓国を下して初めて決勝戦へ進出。決勝戦では単独最多となる4度目の優勝を狙うサウジアラビアを1-0で破った。

大会中も、勝利を喜び通りに集ったイラク市民を標的にした自爆テロが発生し、イラクが決勝進出を決めた日にはバグダードの2箇所の地域で50人が死亡した。また祝砲として民間に流出していた銃器が撃ち鳴らされた際に、流れ弾に当たるなどして7名以上の死者を出し、選手の親族も何名か亡くなったが、代表はそのたびに団結し、快進撃を見せた。

強豪国の復活、オーストラリアの苦戦[編集]

前回大会で大躍進した新興国は、本大会では軒並み苦戦を強いられた。前回準優勝の中華人民共和国はイランには2-2で引き分けたものの、ウズベキスタンに0-3で完敗しグループリーグ敗退。同ベスト4のバーレーンは、韓国に2-1で勝利したが、サウジアラビアに0-4で破れ、トーナメント進出はならなかった。同ベスト8のヨルダンは予選敗退して本大会に進出できず、継続的な強さは発揮されず終わった。

一方、前回大会でグループリーグ最下位に終わったサウジアラビアは復活した堅守速攻で、大会2連覇の日本を破り準優勝の成績。韓国は決勝トーナメントへ進出して3位。なお、2連覇中の日本は4位に終わり、次回のアジアカップ予選免除権は獲得できなかった。

AFCに転籍したことにより本大会が初出場となるオーストラリアは、慣れないアジアの気候に加え、ヨーロッパのチーム所属の選手が多く選手のコンディションが悪かったこともあり[2]、最後まで強さを発揮できずにベスト8で敗退した。

開催国の健闘[編集]

大会開幕前は、近年のワールドカップ予選やアジアカップで全くふるわない開催国が、アジアの強豪が揃う本大会でどこまでやれるのかという点が疑問視されていた。しかし、3戦全敗に終わったマレーシアを除いた残り3か国は、下馬評以上の健闘を見せた。高温多湿の環境に強豪国が苦しむ中、豊富な運動量によるスペースへの進出と素早いパス回しで技術と体格の差を補い対抗したタイ、ベトナム、インドネシアの3か国は全てグループリーグで1勝を上げ、最終戦まで決勝トーナメント進出の可能性を残すとともに、各グループリーグを混戦に導いて大会の競技性を高めた。最終的に決勝トーナメントへ進出したのはベトナムのみだったが、この3か国の健闘と、見せたサッカーのクオリティの高さは、大会序盤を大いに盛り上げた。

運営面の問題[編集]

アジアカップとしては初の4か国共催として注目された大会だったが、大会運営に当たってのトラブルも相次いだ。AFCの不手際により日本がベトナムからインドネシアへ移動する際に、一度確保したはずの飛行機の座席がなぜか運営側によってキャンセルされたため、改めて飛行機を手配したが、到着時間が予定よりも丸一日遅れた。そのうえ、宿泊の手配ミスで部屋が足りず、選手は2人1部屋制を強いられ、スタッフは11人が1部屋に押し込まれることになった。また、優勝したイラクも宿泊の手配でミスが生じ、31人の選手・スタッフが8つの部屋に押し込まれた。その他、取材のマスコミも移動に難渋するなど大きな課題を残した大会となった。

予選[編集]

本戦出場16チームのうち、4枠は開催国に割り当てられ、残る12枠が予選で競われた。前大会と異なり、前回大会優勝チーム(日本)の予選免除はなされなかった。

本大会[編集]

優勝チームはFIFAコンフェデレーションズカップ2009南アフリカ大会)に出場する。

開催都市とスタジアム[編集]

Mapa de las sedes de la competición.

都市 スタジアム 収容人員
インドネシア ジャカルタ ゲロラ・ブン・カルノ・スタジアム 100,000
パレンバン ゲロラ・シュリーヴィジャヤ・スタジアム 40,000
マレーシア クアラルンプール ブキット・ジャリル国立競技場 100,000
シャー・アラム(スランゴール州) シャー・アラム・スタジアム 80,000
タイ バンコク ラジャマンガラ・スタジアム 65,000
スパチャラサイ国立競技場 35,000
ベトナム ハノイ ミーディン国立競技場 40,000
ホーチミン アーミー・スタジアム 25,000

出場国[編集]

組み合わせ抽選[編集]

本大会の組み合わせ抽選は、2006年12月19日マレーシアクアラルンプールで行われた。強豪国がグループリーグで集中するのを防ぐため、出場チームのポット分けは2006年10月のFIFAランキングに基づいて行われた[3]。開催国の4チームをポット1とし、それ以外の12チームをランキング下位から順にポット2・ポット3・ポット4とした。

かっこ内の数字はポット分けに用いられた(2006年10月の)FIFAランキング。

グループリーグ[編集]

4チームずつの4グループにわかれ、各グループ上位2チームが決勝トーナメントに進出。

グループA[編集]

国名 勝点 得点 失点 点差
イラクの旗 イラク 5 3 1 2 0 4 2 +2
オーストラリアの旗 オーストラリア 4 3 1 1 1 6 4 +2
タイ王国の旗 タイ 4 3 1 1 1 3 5 -2
オマーンの旗 オマーン 2 3 0 2 1 1 3 -2



オーストラリア オーストラリアの旗 1 - 1 オマーンの旗 オマーン
ティム・ケーヒル 90+2分にゴール 90+2分 バダル・アル=マイマニー 32分にゴール 32分

オマーン オマーンの旗 0 - 2 タイ王国の旗 タイ
ピパット・トンカンヤー 70分にゴール 70分78分

イラク イラクの旗 3 - 1 オーストラリアの旗 オーストラリア
ナシャト・アクラム 23分にゴール 23分
ハワル・ムラ・モハメド 60分にゴール 60分
カッラール・ジャーシム 86分にゴール 86分
マーク・ヴィドゥカ 47分にゴール 47分


オマーン オマーンの旗 0 - 0 イラクの旗 イラク

グループB[編集]

国名 勝点 得点 失点 点差
日本の旗 日本 7 3 2 1 0 8 3 +5
ベトナムの旗 ベトナム 4 3 1 1 1 4 5 -1
アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦 3 3 1 0 2 3 6 -3
カタールの旗 カタール 2 3 0 2 1 3 4 -1


ベトナム ベトナムの旗 2 - 0 アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦
フイン・クアン・タイン 63分にゴール 63分
レ・コン・ビン 73分にゴール 73分


カタール カタールの旗 1 - 1 ベトナムの旗 ベトナム
セバスティアン・キンタナ 79分にゴール 79分 ファン・タイン・ビン 32分にゴール 32分

アラブ首長国連邦 アラブ首長国連邦の旗 1 - 3 日本の旗 日本
アル=カース 66分にゴール 66分 高原直泰 22分にゴール 22分27分
中村俊輔 42分にゴール 42分 (pen.)


ベトナム ベトナムの旗 1 - 4 日本の旗 日本
鈴木啓太 8分にゴール 8分 (o.g.) 巻誠一郎 12分にゴール 12分59分
遠藤保仁 32分にゴール 32分
中村俊輔 53分にゴール 53分

グループC[編集]

国名 勝点 得点 失点 点差
イランの旗 イラン 7 3 2 1 0 6 3 +3
ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン 6 3 2 0 1 9 2 +7
中華人民共和国の旗 中国 4 3 1 1 1 7 6 +1
マレーシアの旗 マレーシア 0 3 0 0 3 1 12 -11


マレーシア マレーシアの旗 1 - 5 中華人民共和国の旗 中国
インドラ・プトラ・マハユディン 74分にゴール 74分 韓鵬 15分にゴール 15分55分
邵佳一 36分にゴール 36分
王棟 51分にゴール 51分90+3分





グループD[編集]

国名 勝点 得点 失点 点差
サウジアラビアの旗 サウジアラビア 7 3 2 1 0 7 2 +5
韓国の旗 韓国 4 3 1 1 1 3 3 0
インドネシアの旗 インドネシア 3 3 1 0 2 3 4 -1
バーレーンの旗 バーレーン 3 3 1 0 2 3 7 -4







決勝トーナメント[編集]

ノックアウト方式で行われ、90分間の試合で勝敗が決しない場合は30分の(ゴールデンゴール方式やシルバーゴール方式でない)延長戦が行われ、さらに勝敗が決しない場合はPK戦によって勝者を決した。

トーナメント[編集]

準々決勝 準決勝 決勝
                   
7月21日 - バンコク        
 イラクの旗 イラク 2
7月25日 - クアラルンプール
 ベトナムの旗 ベトナム 0  
 イラクの旗 イラク 0(PK4)
7月22日 - クアラルンプール
   韓国の旗 韓国 0(PK3)  
 イランの旗 イラン 0(PK2)
7月29日 - ジャカルタ
 韓国の旗 韓国 0(PK4)  
 イラクの旗 イラク 1
7月21日 - ハノイ
   サウジアラビアの旗 サウジアラビア 0
 日本の旗 日本 1(PK4)
7月25日 - ハノイ
 オーストラリアの旗 オーストラリア 1(PK3)  
 日本の旗 日本 2 3位決定戦
7月22日 - ジャカルタ
   サウジアラビアの旗 サウジアラビア 3  
 サウジアラビアの旗 サウジアラビア 2  韓国の旗 韓国 0(PK6)
 ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン 1    日本の旗 日本 0(PK5)
7月28日 - パレンバン

準々決勝[編集]


    PK戦  
中村俊輔 成功
遠藤保仁 成功
駒野友一 成功
高原直泰 ミス
中澤佑二 成功
4 – 3 ミス ハリー・キューウェル
ミス ルーカス・ニール
成功 ティム・ケーヒル
成功 ニック・カール
成功 デヴィッド・カーニー
 

    PK戦  
フェリドーン・ツァンディ 成功
メフディ・マハダヴィキア ミス
レザ・エナヤティ 成功
ラスール・ハティビ ミス
2 – 4 成功 李天秀
成功 金相植
ミス 金斗炫
成功 曹宰榛
成功 金正友
 

準決勝[編集]

    PK戦  
ハワル・ムラ・モハメド 成功
クサイ・ムニル 成功
ハイダル・アブドゥル-アミル 成功
アハマド 成功
4 – 3 成功 李天秀
成功 李東国
成功 曹宰榛
ミス 廉基勲
ミス 金正友
 

3位決定戦[編集]

    PK戦  
曹宰榛 成功
呉範錫 成功
李根鎬 成功
李浩 成功
金珍圭 成功
金致佑 成功
6 – 5 成功 中村俊輔
成功 遠藤保仁
成功 阿部勇樹
成功 駒野友一
成功 中澤佑二
ミス 羽生直剛
 

決勝[編集]

最終結果[編集]

 AFCアジアカップ2007優勝国 

イラク
初優勝

表彰[編集]

MVP 得点王 フェアプレー賞
イラクの旗 ユニス・マフムード イラクの旗 ユニス・マフムード
サウジアラビアの旗 ヤセル・アル・カフタニ
日本の旗 高原直泰
日本の旗 日本

得点ランキング[編集]

4 ゴール
3 ゴール

脚注[編集]

  1. ^ サウジの話 サウジ王室宝石盗難事件
  2. ^ Nour Abuzant (2008年1月11日). “Qatar and Iran in goalless draw”. Gulf Times. 2011年4月27日閲覧。
  3. ^ AFC Asian Cup 2007 Organising Committee approves team classification for Final Draw”. アジアサッカー連盟 (2006年12月21日). 2011年8月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]