サッカー中華人民共和国代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サッカー中華人民共和国代表
国または地域 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
協会 中国サッカー協会
FIFAコード CHN
愛称 国足、龍之隊
最多出場選手 李瑋峰(112試合)
最多得点選手 郝海東(41得点)
ホームカラー
アウェイカラー
初の国際試合
 フィリピン 2–1 中国
(マニラ、1913年2月4日)[1]
最大差勝利試合
 中華人民共和国 19–0 グアム 
(ホーチミン、2000年1月26日)
最大差敗戦試合
 ブラジル 8–0 中華人民共和国 
(レシフェ、2012年9月10日)
FIFAワールドカップ
出場回数 1回(初出場は2002
最高成績 グループリーグ敗退(2002年
AFCアジアカップ
出場回数 13回
最高成績 準優勝(1984年2004年

サッカー中華人民共和国代表(サッカーちゅうかじんみんきょうわこくだいひょう)は、中国サッカー協会(CFA)によって構成される、中華人民共和国サッカーナショナルチームである。

アジアサッカー連盟(AFC)および東アジアサッカー連盟(EAFF)に所属。ホームスタジアムは首都北京にある北京工人体育場

歴史[編集]

黎明期[編集]

1913年に創設された極東選手権の第1回大会に参加し、フィリピン戦で初の国際試合を経験した。なお、極東選手権競技大会では10大会中9大会で優勝を果たした。FIFAワールドカップには1958年大会で初めて予選に参加したが、インドネシア代表に敗退。その後1978年大会まで不参加であり、1982年大会から再び予選に参加した。

1982年大会のアジア・オセアニア予選では、日本や北朝鮮を下した後、最終予選でニュージーランドと勝ち点・得失点差で同率2位となり、最終予選プレーオフでニュージーランドと対戦したものの1-2で敗れた。1986年大会アジア予選ではホームで香港に敗れ1次予選グループ4A2位で予選敗退。1990年大会アジア予選では、最終予選に進出したものの、カタール戦とUAE戦で共に1-0から残り数分で逆転負けするなど4位に終わり予選敗退。1994年大会アジア予選では1次予選グループA2位で予選敗退。1998年大会アジア予選でも、最終予選に進出したもののグループA3位で予選敗退。このように、ワールドカップ出場権を逃す状況が続いた。

初のW杯出場[編集]

2000年にレバノンで開催されたAFCアジアカップ2000では歴代最高タイとなる4位となり、ワールドカップ2002年大会アジア予選では、開催国として日本韓国が予選を免除され、当面のライバルは中東に絞られることになった。アジア最終予選のグループ分けではサウジアラビアイランイラクなどが全てグループAへと回り、中国はUAEウズベキスタンオマーンカタールなどと同じグループBとなった。そしてボラ・ミルティノビッチに率いられた中国代表は、アジア最終予選グループBを6勝1敗1分のトップで通過し、初の本大会出場権を獲得した。その本大会では1次リーグ・グループCに入り、ブラジルコスタリカトルコと対戦したが、3戦無得点で全敗しグループ最下位で敗退となった。

その後、自国開催となったAFCアジアカップ2004で準優勝した。しかし、2006 FIFAワールドカップアジア予選では1次予選でクウェートに総得点で僅差で及ばず敗退となった[注 1]。予選敗退後は2008年の北京オリンピックに照準を合わせ世代交代を進め、2005年の東アジア選手権では優勝した。

2010年代[編集]

2010 FIFAワールドカップ・アジア予選は、オーストラリアイラクカタールと同じ組となり、3次予選でグループ1最下位に終わり敗退した。韓国に対しては恐韓症とも称されている。なお、2010年の東アジア選手権で、初対戦から32年、28試合目にして3-0で初勝利した。

2014 FIFAワールドカップ・アジア予選も3次予選グループA3位で敗退した。2015年アジアカップ予選で苦しめられ、各組3位の最上位での出場権獲得と間一髪だった。本大会ではグループリーグを3戦全勝しベスト8に進出したが、準々決勝でオーストラリアに0-2で敗れた。

EAFF E-1サッカー選手権2017では初戦で恐韓症とも称される韓国と対戦。前半9分に韋世豪英語版のゴールで先制するも、直後に逆転を許したことが響き、76分にユー・ダーバオのゴールで追いつくも2-2で引き分け。第2戦の日本戦はスコアレスで粘りを見せていたが、試合終盤に2点を奪われるなどして1-2で惜敗した。最終戦の北朝鮮戦も28分に先制するも、試合終盤の81分にセットプレーから失点して1-1で引き分けとなり、未勝利で大会を終えることとなった。

2018 FIFAワールドカップ・アジア予選では3次予選まで進出し、グループA5位で予選敗退となったものの、第6節で韓国をホームで1-0で破った。なお、中国は最終予選は4節終了時点で勝ち点1しかない状況だったが、FIFAW杯2006年大会イタリア代表を優勝に導いたマルチェロ・リッピが監督に就任してから残りの6試合は、前述の韓国撃破など3勝2分1敗と好調だった。

EAFF E-1サッカー選手権2019では初戦の日本戦は29分、70分に失点を喫し、90分にドン・シュエシェンのゴールで1点を返すも同点に追いつくことはできず1-2で惜敗した。第2戦の韓国戦も13分にキム・ミンジェにゴールを決められてそのまま0-1で敗れ、最終戦の香港戦で2点を奪ってようやく初勝利を手にして大会を終えた。

2020年代[編集]

2022 FIFAワールドカップ・アジア予選では最終予選に進出。初の国外出身選手であるブラジル出身のエウケソン(艾克森)[2]、アラン(阿兰)、アロイージオ(洛国富)、イギリス出身のブラウニング(蒋光太)イェナリス(李可)、香港出身の戴偉浚英語版らが招集され話題となったが、中国のゼロコロナ政策の影響でホームゲーム開催ができなかったこともあり、予選敗退となった。

2021年12月28日、中国国家体育総局はサッカー代表選手に対し、タトゥーの除去を勧告と新たに入れることを禁止する通達を出した。また、既にタトゥーを入れている選手に対し、「特殊な状況」下で行われる練習や試合中はタトゥーを隠すよう指示した[3]。2021年時点でブラジルなどから帰化選手も増えており[4]、その対応の一環。

中国がCOVID-19対策を理由として開催を返上、日本開催となったEAFF E-1サッカー選手権2022では、1勝1分け1敗となり3大会連続でのグループ3位という結果に終わった[5]

本来は2023年6~7月に中国で開催予定も、COVID-19対策を理由に開催を返上、2024年1~2月にカタールで開催されたAFCアジアカップ2023においてはグループステージで2分け1敗の3位、他グループとの比較で3位チームの6チーム中4位以内に入れず、グループステージで敗退した。

成績[編集]

FIFAワールドカップ[編集]

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
ウルグアイの旗 1930年 不参加
イタリアの旗 1934年
フランスの旗 1938年
ブラジルの旗 1950年
スイスの旗 1954年
スウェーデンの旗 1958年 予選敗退
チリの旗 1962年 不参加
イングランドの旗 1966年
メキシコの旗 1970年
西ドイツの旗 1974年
アルゼンチンの旗 1978年
スペインの旗 1982年 予選敗退
メキシコの旗 1986年
イタリアの旗 1990年
アメリカ合衆国の旗 1994年
フランスの旗 1998年
大韓民国の旗 日本の旗 2002年 グループリーグ敗退 3 0 0 3 0 9
ドイツの旗 2006年 予選敗退
南アフリカ共和国の旗 2010年
ブラジルの旗 2014年
ロシアの旗 2018年
カタールの旗 2022年
合計 1/22 3 0 0 3 0 9

AFCアジアカップ[編集]

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
香港の旗 1956年 不参加
大韓民国の旗 1960年
イスラエルの旗 1964年
イランの旗 1968年
タイ王国の旗 1972年
イランの旗 1976年 3位 4 1 1 2 2 4
クウェートの旗 1980年 グループリーグ敗退 4 1 1 2 9 5
シンガポールの旗 1984年 準優勝 6 4 0 2 11 4
カタールの旗 1988年 4位 6 2 2 2 7 5
日本の旗 1992年 3位 5 1 3 1 6 6
アラブ首長国連邦の旗 1996年 ベスト8 4 1 0 3 6 7
レバノンの旗 2000年 4位 6 2 2 2 11 7
中華人民共和国の旗 2004年 準優勝 6 3 2 1 13 6
インドネシアの旗 マレーシアの旗 タイ王国の旗 ベトナムの旗 2007年 グループリーグ敗退 3 1 1 1 7 6
カタールの旗 2011年 グループリーグ敗退 3 1 1 1 4 4
オーストラリアの旗 2015年 ベスト8 4 3 0 1 5 4
アラブ首長国連邦の旗 2019年 ベスト8 5 3 0 2 7 7
カタールの旗 2023年 グループステージ敗退 3 0 2 1 0 1
合計 13/18 59 23 15 21 88 66

AFCソリダリティーカップ[編集]

極東選手権競技大会[編集]

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
フィリピンの旗 1913年 準優勝 2 1 0 1 2 2
中華民国の旗 1915年 優勝 3 1 2 0 2 1
日本の旗 1917年 優勝 2 2 0 0 8 0
フィリピンの旗 1919年 優勝 3 2 0 1 5 3
中華民国の旗 1921年 優勝 2 2 0 0 5 1
日本の旗 1923年 優勝 2 2 0 0 8 1
フィリピンの旗 1925年 優勝 2 2 0 0 7 1
中華民国の旗 1927年 優勝 2 2 0 0 8 2
日本の旗 1930年 優勝 2 1 1 0 8 3
フィリピンの旗 1934年 優勝 3 3 0 0 7 3
合計 10/10 23 18 3 2 60 17

アジア競技大会[編集]

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
インドの旗 1951年 不参加
フィリピンの旗 1954年
日本の旗 1958年
インドネシアの旗 1962年
タイ王国の旗 1966年
タイ王国の旗 1970年
イランの旗 1974年 グループリーグ敗退 3 1 0 2 7 4
タイ王国の旗 1978年 3位 7 5 0 2 16 5
インドの旗 1982年 ベスト8 4 2 1 1 4 3
大韓民国の旗 1986年 ベスト8 4 2 1 1 10 7
中華人民共和国の旗 1990年 ベスト8 4 2 0 2 8 4
日本の旗 1994年 準優勝 7 5 1 1 16 8
タイ王国の旗 1998年 3位 8 6 0 2 24 7
合計 7/13 49 31 4 14 107 50

EAFF E-1サッカー選手権[編集]

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
日本の旗 2003年 3位 3 1 0 2 3 4
大韓民国の旗 2005年 優勝 3 1 2 0 5 3
中華人民共和国の旗 2008年 3位 3 1 0 2 5 5
日本の旗 2010年 優勝 3 2 1 0 5 0
大韓民国の旗 2013年 準優勝 3 1 2 0 7 6
中華人民共和国の旗 2015年 準優勝 3 1 1 1 3 3
日本の旗 2017年 3位 3 0 2 1 4 5
大韓民国の旗 2019年 3位 3 1 0 2 3 3
日本の旗 2022年 3位 3 1 1 1 1 3
合計 9/9 27 9 9 9 36 32

歴代監督[編集]

歴代選手[編集]

W杯の大会メンバー[編集]

主な代表選手[編集]

歴代記録[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 勝点、当該国同士の対戦成績、得失点差は同点。総得点でクウェートが1点多かった。

出典[編集]

  1. ^ China matches, ratings and points exchanged”. World Football Elo Ratings: China. 2014年11月18日閲覧。
  2. ^ サッカー中国代表がエウケソン招集、完全な国外出身選手では初”. www.afpbb.com (2019年8月21日). 2021年12月15日閲覧。
  3. ^ 中国、サッカー代表選手にタトゥー除去勧告”. AFP (2021年12月30日). 2021年12月30日閲覧。
  4. ^ 中国代表、4人の帰化選手は何者? ブラジルとイングランド出身、日本代表の脅威に【W杯アジア最終予選】”. フットボールチャンネル (2021年9月7日). 2021年12月29日閲覧。
  5. ^ 東アジア選手権、日本開催に サッカー”. 時事ドットコム. 時事通信社 (2022年4月19日). 2022年4月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]