AFCアジアカップ2019

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 AFCアジアカップ2019
كأس آسيا 2019
優勝したカタール代表
大会概要
開催国 アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦[1]
日程 2019年1月5日 - 2月1日[2]
チーム数 24
開催地数(4都市)
大会結果
優勝  カタール (1回目)
準優勝  日本
大会統計
試合数 51試合
ゴール数 129点
(1試合平均 2.53点)
総入場者数 644,307人
(1試合平均 12,633人)
得点王 カタールの旗 アルモエズ・アリ(9点)
最優秀選手 カタールの旗 アルモエズ・アリ
 < 20152023

AFCアジアカップ2019は、2019年1月5日から同年2月1日にかけて、アラブ首長国連邦で開催された17回目のAFCアジアカップである[2]。この大会から本大会の出場枠がこれまでの16か国から24か国に拡大[3]

開催地選定[編集]

当初、開催国決定は2014年末のAFC60周年記念パーティーで予定されていたものの、2015年に延期となった[4]

その後2015年3月9日にバーレーンマナーマで行われたAFC理事会で、立候補のあったアラブ首長国連邦イランの2か国から、投票の結果アラブ首長国連邦が開催国に決定した[1]

出場国[編集]

出場国 予選戦績 出場決定日 出場回数 過去最高成績 FIFA
Rank[5]
 アラブ首長国連邦 開催国
(2次予選A組2位[† 1])
2015年3月9日[† 2] 5大会連続10回目 準優勝 (1996) 079位
 カタール 2次予選C組1位 2015年11月17日 6大会連続10回目 ベスト8 (2000, 2011) 093位
 韓国 2次予選G組1位 2016年1月13日[† 3] 7大会連続14回目 優勝 (1956, 1960) 053位
 日本 2次予選E組1位 2016年3月24日 9大会連続9回目 優勝 (1992, 2000, 2004, 2011) 050位
 タイ 2次予選F組1位 2016年3月24日 3大会ぶり7回目 3位 (1972) 118位
 サウジアラビア 2次予選A組1位 2016年3月24日 10大会連続10回目 優勝 (1984, 1988, 1996) 069位
 オーストラリア 2次予選B組1位 2016年3月29日 4大会連続4回目 優勝 (2015) 041位
 ウズベキスタン 2次予選H組1位 2016年3月29日 7大会連続7回目 4位 (2011) 095位
 シリア 2次予選E組2位 2016年3月29日 2大会ぶり6回目 グループリーグ敗退 (1980, 1984, 1988, 1996, 2011) 074位
 イラク 2次予選F組2位 2016年3月29日 6大会連続8回目 優勝 (2007) 088位
 イラン 2次予選D組1位 2016年3月29日 14大会連続14回目 優勝 (1968, 1972, 1976) 029位
 中国 2次予選C組2位 2016年3月29日 12大会連続12回目 準優勝 (1984, 2004) 076位
 インド 3次予選A組1位 2017年10月11日 2大会ぶり4回目 準優勝 (1964) 097位
 パレスチナ 3次予選D組2位 2017年10月11日 2大会連続2回目 グループリーグ敗退 (2015) 099位
 オマーン 3次予選D組1位 2017年10月11日 2大会連続4回目 グループリーグ敗退 (2004, 2007, 2015) 082位
 レバノン 3次予選B組1位 2017年11月10日 5大会ぶり2回目 グループリーグ敗退 (2000) 081位
 ヨルダン 3次予選C組1位 2017年11月14日 3大会連続4回目 ベスト8 (2004, 2011) 109位
 ベトナム 3次予選C組2位 2017年11月14日 3大会ぶり2回目[† 4] ベスト8 (2007)[† 4] 100位
 バーレーン 3次予選E組1位 2017年11月14日 5大会連続6回目 4位 (2004) 113位
 トルクメニスタン 3次予選E組2位 2017年11月14日 4大会ぶり2回目 グループリーグ敗退 (2004) 127位
 キルギス 3次予選A組2位 2018年3月22日 初出場 - 091位
 北朝鮮 3次予選B組2位 2018年3月27日 3大会連続5回目 4位 (1980) 109位
 フィリピン 3次予選F組1位 2018年3月27日 初出場 - 116位
 イエメン 3次予選F組2位 2018年3月27日 初出場[† 5] -[† 5] 135位
  1. ^ 当予選は2次予選までが2018 FIFAワールドカップアジア予選も兼ねるため、アジアカップ開催国のアラブ首長国連邦も予選に参加した。AFCアジアカップ2019 (予選)を参照。
  2. ^ 今大会の開催国決定日。
  3. ^ 国際サッカー連盟 (FIFA)はこの日、クウェートサッカー協会への資格停止処分が理由で当大会2次予選 (兼・2018 FIFAワールドカップ・アジア2次予選)のミャンマー - クウェート戦 (2015年11月17日)が実施されなかったことについて、この試合を没収試合 (クウェートの0-3での敗戦扱い)にすると発表した[6][7][8]。これにより、韓国の2次予選1位通過 (=アジアカップ出場)が確定した[7][8]
  4. ^ a b 南ベトナムとしては2度(1956年大会1960年大会)出場、最高成績は4位である。
  5. ^ a b 南イエメンとしては1度(1976年大会)出場、最高成績はグループリーグ敗退である。
  本大会出場
  予選敗退国
  予選除外処分、または出場辞退

開催地[編集]

アブダビ
シェイク・ザイード・スタジアム ムハンマド・ビン・ザーイド・スタジアム アール・ナヒヤーン・スタジアム
収容人数: 43,620 収容人数: 42,056 収容人数: 11,456
Abu Dhabi Zayed Sports City Stadium 2.jpg IRN-YMN 20190107 Asian Cup 4.jpg IRN-VIETNAM 20190112 Asian Cup 2.jpg
ドバイ
アール・ラーシド・スタジアム
収容人数: 12,000
Rashid Stadium.jpg
ドバイ
アール・マクトゥーム・スタジアム
収容人数: 15,000
Al Maktoum Stadium.jpg
アル・アイン シャールジャ
ハッザーア・ビン・ザーイド・スタジアム シェイク・ハリーファ国際スタジアム シャールジャ・スタジアム
収容人数: 25,053 収容人数: 16,000 収容人数: 11,073
Hazza Bin Zayed Stadium-1600x508.jpg AUS-SYR 20190116 Asian Cup 1.jpg Sharjah Stadium.jpg

賞金[編集]

前回の2015年アジアカップ本大会から賞金が出るようになった。2018年5月4日、アジアサッカー連盟会長のシャイフサルマーン・ビン・イブラーヒーム・アール=ハリーファ英語版が、今大会の賞金総額は1480万ドル(約16億4649万2600円)で、優勝が500万ドル(約5億5627万7500円)、準優勝が300万ドル(約3億3375万1500円)、ベスト4(準決勝敗者2チーム)がそれぞれ100万ドル(約1億1124万2500円)、さらに全24出場国に出場給として20万ドル(約2225万2000円)を授与すると発表した[9]

公式試合球[編集]

本大会の公式試合球はモルテン社製のボールが使用される。

組み合わせ抽選[編集]

本大会の組み合わせ抽選会は2018年5月4日に行われた (日本時間では5月5日午前0時30分)[10]。開催国のアラブ首長国連邦はポット1に入り、それ以外は2018年4月時点のFIFAランキングに基づき決定した[11][12]。カッコ内は2018年4月時点のFIFAランク。

ポット1 ポット2 ポット3 ポット4
  1.  中国 (73)
  2.  シリア (76)
  3.  ウズベキスタン (88)
  4.  イラク (88)
  5.  カタール (101)
  6.  タイ (122)

主審[編集]

2018年12月5日、AFCは本大会に出場する30名の主審と30名の副審から成る審判団を発表した[13]。審判団にはCONCACAF所属の3名 (主審1名・副審2名)も含まれる。VARは準々決勝から導入される[14]。今大会の日本の副審は三原純と山内宏志の2名となった (主審は下記の3名)。

アジアカップ2019審判員リスト[15]

チーム編成[編集]

各国は18人から23人の選手を登録しなければならず、内3人はGK登録でなければならない[16]

グループステージ[編集]

日時はすべてアラブ首長国連邦の現地時間 (UTC+4)[17]

順位決定方法[編集]

各グループ内で2チーム以上が総勝点で並んだ場合、以下の順番で順位が決定される[16]

  1. 当該チーム間の対戦における勝点
  2. 当該チーム間の対戦における得失点差
  3. 当該チーム間の対戦における得点数
  4. グループステージ全試合における得失点差
  5. グループステージ全試合における総得点
  6. 当該チームが同会場にいる場合はPK戦 (2チームが同勝点の場合のみ)
  7. カードの数をポイント化し少ない順 (1点:イエロー1枚、3点:イエロー2枚による退場、一発レッドによる退場、4点:イエロー後、2枚目のカードがイエローではなくレッドによる退場)
  8. 抽選

グループA[編集]

チーム 出場権
1  アラブ首長国連邦 (H, A) 3 1 2 0 4 2 +2 5 決勝トーナメントに進出
2  タイ (A) 3 1 1 1 3 5 −2 4[注 1]
3  バーレーン (A) 3 1 1 1 2 2 0 4[注 1]
4  インド (E) 3 1 0 2 4 4 0 3
出典: AFC
順位の決定基準: グループステージ 順位決定方法
(A) 上位ラウンド進出; (E) 敗退; (H) 開催地.
注釈:
  1. ^ a b 順位は当該チーム間の対戦における勝点(タイ3点、バーレーン0点)による

2019年1月6日
17:30
タイ  1 - 4  インド
ティーラシン 33分にゴール 33分 レポート チェトリ 27分にゴール 27分 (pen.)46分
タパ 68分にゴール 68分
ラルペクラ 80分にゴール 80分


グループB[編集]

チーム 出場権
1  ヨルダン (A) 3 2 1 0 3 0 +3 7 決勝トーナメントに進出
2  オーストラリア (A) 3 2 0 1 6 3 +3 6
3  パレスチナ (E) 3 0 2 1 0 3 −3 2
4  シリア (E) 3 0 1 2 2 5 −3 1
出典: AFC
順位の決定基準: グループステージ 順位決定方法
(A) 上位ラウンド進出; (E) 敗退.



グループC[編集]

チーム 出場権
1  韓国 (A) 3 3 0 0 4 0 +4 9 決勝トーナメントに進出
2  中国 (A) 3 2 0 1 5 3 +2 6
3  キルギス (A) 3 1 0 2 4 4 0 3
4  フィリピン (E) 3 0 0 3 1 7 −6 0
出典: AFC
順位の決定基準: グループステージ 順位決定方法
(A) 上位ラウンド進出; (E) 敗退.



グループD[編集]

チーム 出場権
1  イラン (A) 3 2 1 0 7 0 +7 7 決勝トーナメントに進出
2  イラク (A) 3 2 1 0 6 2 +4 7
3  ベトナム (A) 3 1 0 2 4 5 −1 3
4  イエメン (E) 3 0 0 3 0 10 −10 0
出典: AFC
順位の決定基準: グループステージ 順位決定方法
(A) 上位ラウンド進出; (E) 敗退.


2019年1月12日
17:30
イエメン  0 - 3  イラク
レポート アリ 11分にゴール 11分
ラサン 20分にゴール 20分
アッバース 90+1分にゴール 90+1分

グループE[編集]

チーム 出場権
1  カタール (A) 3 3 0 0 10 0 +10 9 決勝トーナメントに進出
2  サウジアラビア (A) 3 2 0 1 6 2 +4 6
3  レバノン (E) 3 1 0 2 4 5 −1 3
4  北朝鮮 (E) 3 0 0 3 1 14 −13 0
出典: AFC
順位の決定基準: グループステージ 順位決定方法
(A) 上位ラウンド進出; (E) 敗退.



グループF[編集]

チーム 出場権
1  日本 (A) 3 3 0 0 6 3 +3 9 決勝トーナメントに進出
2  ウズベキスタン (A) 3 2 0 1 7 3 +4 6
3  オマーン (A) 3 1 0 2 4 4 0 3
4  トルクメニスタン (E) 3 0 0 3 3 10 −7 0
出典: AFC
順位の決定基準: グループステージ 順位決定方法
(A) 上位ラウンド進出; (E) 敗退.



各組3位チーム[編集]

チーム 出場権
1 A  バーレーン (A) 3 1 1 1 2 2 0 4 決勝トーナメントに進出
2 C  キルギス (A) 3 1 0 2 4 4 0 3[注 1]
3 F  オマーン (A) 3 1 0 2 4 4 0 3[注 1]
4 D  ベトナム (A) 3 1 0 2 4 5 −1 3[注 2]
5 E  レバノン (E) 3 1 0 2 4 5 −1 3[注 2]
6 B  パレスチナ (E) 3 0 2 1 0 3 −3 2
出典: AFC
順位の決定基準: 1) 勝点; 2) 得失点差; 3) 総得点; 4) 反則ポイント; 5) 抽選;[16]
(A) 上位ラウンド進出; (E) 敗退.
注釈:
  1. ^ a b 反則ポイント: キルギス5点 (レッドカードなし、イエローカード5枚)、オマーン6点 (レッドカードなし、イエローカード6枚)
  2. ^ a b 反則ポイント: ベトナム5点 (レッドカードなし、イエローカード5枚)、レバノン7点 (レッドカードなし、イエローカード7枚)
決勝トーナメントでの対戦相手
3位の組合せ A組1位 B組1位 C組1位 D組1位
A B C D C D A B
A B C E C A B E
A B C F C A B F
A B D E D A B E
A B D F D A B F
A B E F E A B F
A C D E C D A E
A C D F C D A F
A C E F C A F E
A D E F D A F E
B C D E C D B E
B C D F C D B F
B C E F E C B F
B D E F E D B F
C D E F C D F E
  確定した組み合わせ

決勝トーナメント[編集]

決勝トーナメントでは、45分ハーフの試合で決着が付かない場合は、15分ハーフの延長戦が行われる。この延長戦でも決着がつかない場合は引き分けとなり、PK戦で勝ち進むチームを決める[16]。なお今大会から、1972年大会以来行なわれている決勝トーナメントで、3位決定戦が開催されない。また今大会から決勝トーナメント以降、公式戦交代枠3人に加え、延長戦に入った場合に限り4人目の交代を認められる[18]

組み合わせ[編集]

ラウンド16 準々決勝 準決勝 決勝
                           
1月20日 – ハッザーア・ビン・ザーイド            
  タイ 1
1月24日 – ムハンマド・ビン・ザーイド
  中国 2  
  中国 0
1月20日 – ムハンマド・ビン・ザーイド
    イラン 3  
  イラン 2
1月28日 – ハッザーア・ビン・ザーイド
  オマーン 0  
  イラン 0
1月20日 – アール・マクトゥーム
    日本 3  
  ヨルダン 1 (2)
1月24日 – アール・マクトゥーム
  ベトナム (p) 1 (4)  
  ベトナム 0
1月21日 – シャールジャ
    日本 1  
  日本 1
2月1日 – シェイク・ザイード
  サウジアラビア 0  
  日本 1
1月22日 – アール・ラーシド・スタジアム
    カタール 3
  韓国 (延長) 2
1月25日 – シェイク・ザイード
  バーレーン 1  
  韓国 0
1月22日 – アール・ナヒヤーン
    カタール 1  
  カタール 1
1月29日 – ムハンマド・ビン・ザーイド
  イラク 0  
  カタール 4
1月21日 – シェイク・ザイード
    アラブ首長国連邦 0  
  アラブ首長国連邦 (延長) 3
1月25日 – ハッザーア・ビン・ザーイド
  キルギス 2  
  アラブ首長国連邦 1
1月21日 – シェイク・ハリーファ
    オーストラリア 0  
  オーストラリア (p) 0 (4)
  ウズベキスタン 0 (2)  

日時はすべてアラブ首長国連邦の現地時間 (UTC+4)[17]

ラウンド16[編集]









準々決勝[編集]





準決勝[編集]



決勝[編集]


日本
カタール
GK 12 権田修一
RB 19 酒井宏樹 警告 86分
CB 16 冨安健洋
CB 22 吉田麻也 キャプテン 警告 82分
LB 5 長友佑都
RM 8 原口元気 62分に交代退場 62分
CM 7 柴崎岳 警告 20分
CM 18 塩谷司 84分に交代退場 84分
LM 21 堂安律
CF 15 大迫勇也
CF 9 南野拓実 89分に交代退場 89分
選手交代
FW 13 武藤嘉紀 62分に交代出場 62分
MF 14 伊東純也 84分に交代出場 84分
MF 10 乾貴士 89分に交代出場 89分
監督
日本の旗 森保一
JPN-QAT 2019-02-01.svg
GK 1 サアド・アッ=シーブ
CB 15 バッサーム・アッ=ラーウィー
CB 16 ブーアッラーム・フーヒー 61分に交代退場 61分
CB 4 ターレク・サルマーン
RWB 2 ペドロ・コヘイア 警告 90+3分
LWB 3 アブドゥルカリーム・ハサン
CM 10 ハサン・アル=ハイドゥース キャプテン 74分に交代退場 74分
CM 6 アブドゥルアズィーズ・ハーティム
CM 23 アッシム・マディボ
CF 11 アクラム・アフィーフ 警告 84分
CF 19 アルモエズ・アリ 90+6分に交代退場 90+6分
選手交代
MF 14 サーレム・アル=ハージリー 61分に交代出場 61分
MF 12 カリム・ブディアフ 74分に交代出場 74分
FW 7 アフマド・アラーッディーン 90+6分に交代出場 90+6分
監督
スペインの旗 フェリックス・サンチェス・バス

優勝国[編集]

 AFCアジアカップ2019優勝国 

カタール
初優勝


得点ランキング[編集]

順位 選手 代表 得点
1 アルモエズ・アリ  カタール 9
T2 大迫勇也  日本 4
サルダル・アズムン  イラン
アリー・マブフート  アラブ首長国連邦
エルドル・ショムロドフ  ウズベキスタン
T6 ヴィタリ・ルクス  キルギス 3
メフディ・タレミ  イラン

表彰[編集]

受賞選手・チーム 備考
大会MVP カタールの旗 アルモエズ・アリ 9得点
得点王
ベストゴールキーパー カタールの旗 サアド・アッ=シーブ 1失点
フェアプレー賞  日本 2回目

テレビ放映局[編集]

Territory Channel Ref
アラブ連盟の旗 アラブ連盟 beIN Sports [19]
アジア太平洋 FOXインターナショナル・チャンネル [19]
オーストラリアの旗 オーストラリア ABC (FTA), FOXスポーツ (有料放送) [19]
中華人民共和国の旗 中国 CCTV [19]
香港の旗 香港 ナウTV [19]
インドの旗 インド スター・スポーツ [19]
 インドネシア MNCメディア [19]
イランの旗 イラン IRIB [19]
日本の旗 日本 テレビ朝日, NHK BS1 [19][20]
マレーシアの旗 マレーシア TV3 [19]
大韓民国の旗 韓国 JTBC [19]
タイ王国の旗 タイ チャンネル7 [19]
フィリピンの旗 フィリピン ABS-CBNスポーツ&アクション [19]
 ウズベキスタン SPORT-UZ [19]
 ベトナム VTV [21]

出来事[編集]

アラブ首長国連邦サポーターによるトラブル
準決勝のアラブ首長国連邦-カタール戦で、カタールがゴールを決めた際にアラブ首長国連邦サポーターがピッチに物を投げ入れるトラブルがあった。AFCはアラブ首長国連邦サッカー協会に対し、15万米ドルの罰金、ならびに次回大会の予選の1試合を無観客試合とする処分を科した[22]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b United Arab Emirates to host 2019 AFC Asian Cup”. the-afc.com. 2015年3月10日閲覧。
  2. ^ a b AFC Asian Cup UAE 2019 stadiums and match dates confirmed”. アジアサッカー連盟 (2017年1月23日). 2017年2月5日閲覧。
  3. ^ ExCo approves expanded AFC Asian Cup finals”. AFC (2014年4月16日). 2014年8月25日閲覧。
  4. ^ Decision on next Asian Cup hosts unlikely before mid-2015”. Yahoo! Eurosport UK (2014年11月29日). 2015年1月21日閲覧。
  5. ^ Men's Ranking 20 December 2018 (AFC)”. FIFA (2018年12月20日). 2018年12月20日閲覧。
  6. ^ Kuwait sanctioned after unplayed FIFA World Cup™ qualifier”. 国際サッカー連盟 (2016年1月13日). 2016年1月16日閲覧。
  7. ^ a b 韓国、棚ぼたでW杯2次予選1位通過が決定。FIFA、クウェートを没収試合に”. フットボールチャンネル (2016年1月14日). 2016年1月16日閲覧。
  8. ^ a b サッカー:クウェート没収試合で韓国G組1位通過=W杯2次予選”. 朝鮮日報 (2016年1月15日). 2016年1月16日閲覧。
  9. ^ Prize money to increase stakes at AFC Asian Cup UAE 2019”. AFC.com (2018年5月4日). 2018年8月6日閲覧。
  10. ^ Final Draw sets the stage for thrilling contests in UAE 2019”. AFC.com (2018年5月4日). 2018年11月29日閲覧。
  11. ^ FIFA/Coca-Cola World Ranking - 12 April 2018”. FIFA.com (2018年4月12日). 2018年11月28日閲覧。
  12. ^ 2019年アジアカップ、ポット分けが発表…組み合わせ抽選会は5月4日”. サッカーキング (2018年4月13日). 2018年4月14日閲覧。
  13. ^ Largest-ever cast of match officials appointed for UAE 2019” (英語). AFC.com (2018年12月5日). 2018年12月6日閲覧。
  14. ^ VAR to come into play from QF stage” (英語). AFC.com (2018年11月15日). 2018年12月6日閲覧。
  15. ^ AFC Asian Cup UAE 2019™ List of match officials (PDF)” (英語). FIFA.com. 2018年12月5日閲覧。
  16. ^ a b c d COMPETITION REGULATIONS AFC ASIAN CUP UAE 2019™ (PDF)”. AFC.com. 2018年11月28日閲覧。
  17. ^ a b 2019 Asian Cup UAE™ - Match Schedule (PDF)”. AFC.com. 2018年11月30日閲覧。
  18. ^ Fourth substitution to be introduced at UAE 2019”. AFC.com (2018年10月12日). 2018年11月29日閲覧。
  19. ^ a b c d e f g h i j k l m n 2019 AFC Asian Cup Broadcasting TV Channel List”. afcasiancup2019live.com/ (2018年4月27日). 2018年11月29日閲覧。
  20. ^ AFCアジアカップ2019 ー テレビ朝日”. テレビ朝日. 2018年11月29日閲覧。
  21. ^ AFC Asian Cup 2019: Schedule, live stream, where to watch, teams, scores, updates”. FOX Sports Asia (2018年12月21日). 2018年12月25日閲覧。
  22. ^ AFC Asian Cup 2019: UAE handed heavy fines for fans' unruly behaviour during semifinal against Qatar”. FOX Sports Asia (2019年3月11日). 2019年3月16日閲覧。

外部リンク[編集]