中国サッカー協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中国サッカー協会
Football pictogram.svg
名称
中国語表記 中國足球協會
中国足球协会
英語表記 Chinese Football Association
略称 CFA
FIFAコード CHN
歴史
設立 1924年[1]
FIFA加盟 1931年[1](1959年~73年除く)
AFC加盟 1974年
EAFF加盟 2002年
組織
国または地域 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
本部 北京市東城区夕照寺街
会長 袁偉民[2]
公式サイト

中国サッカー協会(ちゅうごくサッカーきょうかい、中国語: 中国足球协会)は、中華人民共和国におけるサッカーの活動の振興を行う統括団体である。現在中国サッカー協会は国家体育総局サッカー運動管理センター中国語: 国家体育总局足球运动管理中心)と“一つの機構に二つの看板”の状態で、国家体育総局の下部組織となっている。

歴史[編集]

1958年中華民国サッカー協会の名称問題でFIFAを脱退。1974年AFC加盟、1979年にはFIFA再加盟を果たすが、この結果中華民国サッカー協会はOFCへ移籍した。なお名称問題は1981年より中華民国サッカー協会が対外的には“中華台北サッカー協会”の名称を使用する事で解決している(チャイニーズタイペイも参照)。

会長[編集]

中国サッカー協会初期の会長はサッカー関係者が就任しており、大概サッカー中国代表のヘッドコーチか監督経験者であった。しかし1992年より中国サッカー協会主席は中国国家体育総局(元の国家体育委員会)の責任者が兼任する事となった。現在の主席は国家体育総局局長の劉鵬であるが、実権はない名誉職である。

現在中国サッカー協会と中国サッカーの実質上の管理を行っているのはサッカー協会第一副主席、またの名は“専職副主席”で、1989年に設置され、1996年よりサッカー協会実質上の管理を一手に引き受け、同時に国家体育総局サッカー運動管理センターの主任も兼務している。しかし最初に実権を握った王俊生以降の全ての副主席はサッカー関係者では無く、ここ十年来の中国サッカー界は門外漢が管理する特殊な状況が続いている。

歴代主席及び専職副主席[編集]

任期 主席 専職副主席
1955年-1979年 黄中 -
1979年-1985年 李鳳楼 -
1985年-1989年 袁偉民 -
1989年-1992年 年維泗 孫宝栄
1992年-2000年 袁偉民(兼任) 王俊生
2000年-2004年 閻世鐸
2005年-2008年 謝亜竜
2009年 南勇
2010年 韋迪

脚注[編集]

  1. ^ a b China PR on FIFA.com”. 国際サッカー連盟. 2013年3月11日閲覧。
  2. ^ 「 国際サッカー連盟憲章」と「中国サッカー協会憲章」に基づき、サッカー協会会長はサッカー協会代表者会での選挙によって選出される。しかし中国サッカー協会では2003年から2010年まで7年間サッカー代表者会が招集されていない。このため国際サッカー連盟における中国サッカー協会会長は未だに袁偉民であって、国家体育総局局長の劉鵬ではないのである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]