朝鮮民主主義人民共和国サッカー協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
朝鮮民主主義人民共和国サッカー協会
Football pictogram.svg
名称
朝鮮語表記 조선민주주의인민공화국 축구협회
略称 DPRKFA
FIFAコード PRK
歴史
設立 1945年
FIFA加盟 1954年
AFC加盟 1958年
組織
国または地域 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮
本部 平壌 万景台区域
会長 KIM Jong Su

朝鮮民主主義人民共和国サッカー協会(ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこくサッカーきょうかい、朝鮮語: 조선민주주의인민공화국 축구협회、漢字: 朝鮮民主主義人民共和國蹴球協會英語: Football Association of The Democratic People's Republic of Korea)は、朝鮮民主主義人民共和国のサッカー協会である(以下、北朝鮮協会)。略称はDPRKFA

概要[編集]

北朝鮮サッカー協会は、1945年に設立された。アジアサッカー連盟(AFC)には1954年に、国際サッカー連盟(FIFA)には1958年に加入。2002年、東アジアサッカー連盟(EAFF)を設立する為の会議に参加を呼びかけられたが、北朝鮮サッカー協会は最初は参加しなかった。その為、2002年5月28日ソウルウェスティン朝鮮ホテルに北朝鮮サッカー協会を除く東アジア地域の8協会(中国台湾グアム香港日本韓国マカオモンゴル)が集まり、東アジアサッカー連盟(EAFF)を設立し、8協会とも同時に加盟した[1]。東アジアサッカー連盟は、北朝鮮サッカー協会に引き続き、参加を呼びかけ続けた。

その後、北朝鮮サッカー協会は参加することになり、同年2002年8月13日のEAFF臨時総会で北朝鮮(正式名:朝鮮民主主義人民共和国)サッカー協会の加盟が認められた(正式加盟日は北朝鮮サッカー協会が加盟申請書を提出した日)[2]

FIFAサッカー発展プロジェクトからの資金提供[編集]

北朝鮮サッカー協会は、国際サッカー連盟(FIFA)のインフラ整備、組織体制作り、教育(指導者・審判・スポーツ医学等)、ユース育成等に対する助成制度(FIFAサッカー発展プロジェクト)であるFIFAゴールプロジェクト(1999年から2015年頃まで実施)から資金提供を受けていた。同プロジェクトから2001年から2013年までに、6回で合計200万ドルの支援を受けた[3]。 同プロジェクトは、1プロジェクトに対し、40万USドル(約 4,000万円程度)まで助成する[4]

同プロジェクトから、初めて、2001年に金日成競技場人工芝の張り替えのため、45万ドルが支援され、2004年2月には北朝鮮サッカー協会の建物と北朝鮮代表選手の合宿所補修工事のため41万ドルが支援された。また、同プロジェクトから50万ドル(4920万円)の資金提供(平壌国際サッカー学校の建設・補修費用)を受け、2013年5月31日に平壌国際サッカー学校を設立した(後述)[3]

だが、北朝鮮政府が2016年に2回の核実験を行ったことを受け、FIFAは同年3月、北朝鮮を対象のFIFAゴールプロジェクトを凍結した。結果、同プロジェクトから資金を受けていた平壌国際サッカー学校の資金繰りが苦しくなった[5]

2016年5月9日から新しいFIFAサッカー発展プロジェクトであるFIFAフォワードプログラムが開始された。同プログラムは、FIFA加盟全サッカー協会(2018年時点全211協会)及び全6地域連盟対象のステップアップ(段階的に引き上げる)財政支援プログラム。4年で1サイクルで、160万ドルから500万ドルに増額する。各サッカー協会は、年間75万ドルをピッチなどの施設の整備、女子サッカーの発展などのサッカープロジェクトに費やせる。また、各協会は、年間50万ドルの経費を受け取る。各地域連盟へは4年間の1サイクルで、2200万ドルから4000万ドルに増額させる。また、女子サッカーや各年代別代表の世界大会の旅費が必要な協会には、最高100万ドルの特別手当を支給する。男女とも年代別地域大会主催協会に、年間100万ドル払い戻す。男女リーグ、男女のユースリーグ、女子サッカーの普及及び宣伝活動、草の根サッカー推進と開発戦略、審判の推進と開発戦略等全10項目の基準を満たす協会(少なくとも2つは女子サッカーを重視すること)は、基本年間10万ドルに加え、毎年5万ドルの追加資金、最大で毎年40万ドルの追加資金を得ることができる。 (国際サッカー連盟#FIFAサッカー発展プロジェクトの項も参照のこと))

今後は、上記のFIFAフォワードプログラムから資金提供を受ける予定である。

育成と強化[編集]

概要[編集]

1994年ごろからの飢饉と経済的困難(苦難の行軍)の時期の国家財政危機により、強化費が削られたため、強化費の多くをユースに回した[6]。結果的にユース育成は成功し、2004年から各年代のアジアユース大会で優勝や準優勝といった好成績を残すようになった。選手の実力があがったことで、海外のクラブで活躍する選手も出てきた。ユース育成や海外リーグの経験、Jリーグ等でプレーする在日コリアンの選手の受け入れなどの努力の結果、2010年南アフリカ大会アジア予選を突破し、44年ぶりの2010年南アフリカW杯出場を決めた。しかし、本大会は3連敗で終わった。

更なる育成改革として2013年からサッカー選手育成プロジェクトを開始している。2013年5月31日に、サッカーアカデミーの平壌国際サッカー学校を開校し[7][8]、2014年以降育成した選手をスペインやイタリアのクラブのサッカーアカデミーに留学させて、代表チーム強化を図っている。つまり、国内の育成年代のエリートを発掘及び育成し、欧州のクラブアカデミーで数年間に渡ってトレーニングを受けさせ、そのままヨーロッパのクラブでプロデビューさせることで強化を図るという北朝鮮のサッカー選手育成プロジェクトで、強化を図っている。プロジェクト第1期生には、北朝鮮初のセリエA選手の崔成赫(チェ・ソンヒョク)、2人目のセリエA選手の韓光成(ハン・グァンソン)らがいる[9]

平壌国際サッカー学校[編集]

上記のように、FIFAゴールプロジェクトから50万ドル(4920万円)の資金提供を受け[3]、2013年5月31日、北朝鮮首都平壌綾羅島に、仏のINFをモデルに、北朝鮮唯一のサッカーアカデミーの平壌国際サッカー学校(Pyongyang International Football School)を開校した[7]

施設[編集]

平壌国際サッカー学校の敷地面積は12,200平方メートル(m2)甲子園球場のグランド面積に近い)で、全寮制である。敷地内には校舎、寄宿舎、厚生施設の4棟が併設されている。サッカーのピッチ4面、フットサル用ピッチ4面(屋内にもある)の計8面で、天然芝人工芝両方のピッチがある[7]。2016年11月25日時点で、9歳から15歳までの生徒200人が在籍し、男女比は6:4だという[10]

学制とセレクション[編集]

学制は小学班(日本での小学校)5年間、初級中学班(日本での中学校)3年間、高級中学班(日本での高校)3年間である[7]。セレクションは、北朝鮮の全国各地の9歳の子どもたちが対象で、毎年2回、生徒を募集し、2回の選抜試験をパスして初めて入学できる。優れたサッカーセンスを持った子どもを選ぶ。そして、入学後も、試験の連続によって容赦なくふるい分けられ、毎年能力が低い10%の生徒は故郷に戻される[8]。そのため、生徒たちは真剣にトレーニングに取り組んでいる。

教育及びトレーニング内容[編集]

基礎科目の学習とサッカー実技が教育の柱である。指導する教員は、サッカーの専門家で、元北朝鮮代表選手もいる。また、海外(主に欧州)などから優秀なコーチや専門家を招いている。また、ドイツなど国外のサッカー動画も教材としている。

トレーニング自体は、オーソドックスなものがほとんどであるが、生徒たちが整列してコレオグラフィーを作り、音楽に合わせてボールスキルを披露するという変わった練習もある。この練習の映像は、学校のCM(宣伝)素材となる[5]。また、練習試合で実戦練習を行うが、対戦相手は北朝鮮の全国の実力ある2歳以上年上の青少年サッカーチームである。この練習試合では互角以上の試合を繰り返しているという[7]。さらに、欧州や中東地域への留学(後述)や短期トレーニングも行っている。

卒業後の進路[編集]

北朝鮮サッカーを担う選手として、主に北朝鮮のサッカーリーグ1部最上級蹴球連盟戦の各体育団及びサッカーチーム等に配置される。海外リーグに移籍する選手はほとんどいない(現在、北朝鮮国内出身で海外クラブでプレーする選手は、U-15の頃から海外留学して、そのまま海外クラブと契約した選手のみである)。北朝鮮代表に入るのは、更に限られた人数になる。

海外留学及び海外クラブ入団[編集]

平壌国際サッカー学校やFCチョビョン(直轄のエリート育成クラブ)そして年代別北朝鮮代表等で、北朝鮮国内で発掘されたU-15(15歳以下)世代の優秀な選手たちを欧州や中東地域のサッカーアカデミー等に留学させている。欧州の場合は、2013年10月末からスペインバルセロナのフンダシオン・マルセ、2013年12月11日からはイタリアペルージャのインターナショナル・サッカー・マネジメント(ISM)に選手を送っている。フンダシオン・マルセには、2013年10月31日に、後に2人目の北朝鮮のセリエA選手となる韓光成(ハン・グァンソン)も含む、当時10~11歳の14人の選手が1年間留学した。午前中、現地の学校に通い、午後からスペイン人選手たちと1日約3時間の練習を行っていたという[11]。2013年12月11日からは、ISMに、当時10~12歳の20人が留学した[11]。ISMは世界各国からプロを目指すサッカー選手を集めたサッカーアカデミーで(大体18歳前後まで。2~3年前後在籍できる。イタリア国内の選手であれば、在籍中に移籍することも可能)、トレーニングだけでなく学校教育も提供している。2014年から韓光成(ハン・グァンソン)は、ISMに移った。ISMでの生活は、韓光成(ハン・グァンソン)によると、毎朝6時に起きて1時間ほどストレッチ、午前中は学校に通って、午後ISMで練習し、早めに就寝する生活だったという。2017年7月13日時点で、20名~30名前後の北朝鮮の選手がISMに在籍している[12]

2014年にFIFAが未成年(18歳未満:FIFA定義)の国際移籍を禁じた移籍規程19条の適用の厳正化により、ISMに在籍している北朝鮮の選手たちは、語学学校に登録して学生ビザを取得し、学生の身分でアマチュアプレーヤーとしてアカデミーに参加している[12]

18歳の誕生日以降、ISM在籍の北朝鮮の選手たちは、国際移籍解禁となり(実際の移籍内定は18歳の誕生日の1か月前頃から可能)、ISMに各クラブのスカウトや代理人が訪れ、海外クラブと契約する(海外クラブの下部組織に行くこともある)。なお、セリエAの規程による初回プロ契約の最低年俸は税込みで3万ユーロ強(約360万円)、手取りでは2万1000ユーロ(約270万円)ほどで、サラリーマンの年収とほとんど変わらない水準である。リーグの規程によって給料は必ず選手名義の口座に振り込まれる[12]

代表をクラブ化し強化[編集]

北朝鮮国内組の代表の選手たちは、平日は、代表監督の下で、1日2回練習を行っている。テクニック、フィジカル、戦術を徹底的に鍛えている。週末は、北朝鮮のサッカーリーグ1部最上級蹴球連盟戦の自分たちのクラブに戻って試合を行う[13]。つまり、代表選手たちは、代表で日常のトレーニングを積んでおり、その結果、連係が取れ、北朝鮮代表は一つのクラブチームのようになっている。世界では、日常のトレーニングは、所属クラブで行い、国際Aマッチデー等の短期間に代表のトレーニングを行うのが一般的である。

課題[編集]

一番目の課題で最大の課題は、北朝鮮国内の選手の実戦不足である。国内のクラブはACL等のアジアサッカー連盟(AFC)主催の大会に参加していない。代表戦以外で、実戦経験できる場は、国内リーグ1部の最上級蹴球連盟戦のみだが、わずか11チームの構成で、試合数は少ない。また、観客もわずか200~300人ほどしか集まらないため、熱気のある応援で、選手がより成長するということもない[14]。海外クラブに移籍する選手はほとんどいない(現在、北朝鮮国内出身で海外クラブでプレーする選手は、元からU-15の頃から海外留学して、そのまま海外クラブと契約した選手のみである)。

二番目の課題は、国際社会の制裁の為、結果、資金難となり育成プロジェクトの継続や国際移籍(海外移籍)に支障をきたしたりしていることである。北朝鮮が2016年に2回の核実験を行ったことを受け、スイスが北朝鮮に対して制裁を行うと、スイスに本部を置くFIFAも同年3月、北朝鮮を対象としたFIFAゴールプロジェクト[3]を凍結した。結果、同プロジェクトから資金を受けていた平壌国際サッカー学校の資金繰りが苦しくなった[5]。また、同年5月にはISMからフィオレンティーナのユースチームに移籍し、北朝鮮初のイタリアのセリエA選手となった崔成赫(チェ・ソンヒョク)の給料の大半を北朝鮮政府が搾取しているとして、イタリア政府が憂慮の意を表明している。同年7月、同選手は、この「政治的な問題」でクラブを退団した[5]。また、北朝鮮の2人目のセリエA選手の韓光成(ハン・グァンソン)カリアリ現所属)は、ユヴェントスから移籍のオファーを受けながら、実現しなかった。これらのことは、契約に伴っての「政治的な問題」を海外クラブが懸念を示したためだという[12]

主な組織チーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 東アジアニュースリリース 東アジアサッカー連盟発足 初代会長に岡野JFA会長-東アジアサッカー連盟公式HP-2002年5月30日
  2. ^ 東アジアニュースリリース 東アジアサッカー連盟臨時総会 決定事項について-東アジアサッカー連盟公式HP-2002年8月13日
  3. ^ a b c d FIFA 北朝鮮の国際サッカー学校建設費を支援、ソウル聯合ニュース、2013年10月31日配信
  4. ^ (協議)資料№6、日本サッカー協会公式HP、2007年12月7日配信
  5. ^ a b c d 「メッシ以上の選手育成」が目標、北朝鮮唯一のサッカーアカデミーP3、AFPBB News、2016年11月25日配信
  6. ^ 北朝鮮「44年前の奇跡をもう一度」、スポーツ・グラフィック ナンバー742号本誌記事P.71。なお、web上では記事全文は閲覧不可。
  7. ^ a b c d e 北朝鮮サッカー、その脅威の背景、アジア・ウオッチ・ネットワーク、2015年12月9日配信
  8. ^ a b 北朝鮮サッカー代表の強さの背景・・・育成施設と国家選抜制について中国メディアが特集、searchina、2015年12月21日配信
  9. ^ 北朝鮮の知られざる「エリート育成法」とは? セリエAで初ゴールを奪うFWも!P3、soccerdigestweb、2017年12月11日配信
  10. ^ 「メッシ以上の選手育成」が目標、北朝鮮唯一のサッカーアカデミーP1、AFPBB News、2016年11月25日配信
  11. ^ a b サッカー熱上がる北朝鮮の大変革 国家を挙げてジュニア年代育成を実行、スポーツナビ、2013年12月20日配信
  12. ^ a b c d 北朝鮮の俊英ハン・クァンソン。国籍に翻弄されるカルチョの新星、footballista、2017年7月13日配信
  13. ^ 北朝鮮サッカーの“衝撃の練習環境”!「平日は代表、週末はクラブ…」P2、soccerdigestweb、2017年12月11日配信
  14. ^ 「メッシ以上の選手育成」が目標、北朝鮮唯一のサッカーアカデミーP2、AFPBB News、2016年11月25日配信

関連項目[編集]

外部リンク[編集]