中国サッカー・乙級リーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中国サッカー・乙級リーグ
加盟国 中華人民共和国の旗 中国
大陸連盟 AFC
開始年 2004年
ディビジョン 3
参加クラブ 15
リーグレベル 第3部
上位リーグ 甲級リーグ
国内大会 中国FAカップ
最新優勝クラブ 青島海牛 (2013)
公式サイト http://www.fa.org.cn/zy
2014
中国サッカー・乙級リーグ
各種表記
繁体字 中國足球協會乙級聯賽
簡体字 中国足球协会乙级联赛
拼音 Zhōngguó Zúqiú Xiéhuì Yǐjí Liánsài
発音: チョングオ ズーチュウ シェフイ
イージー リェンサイ
英文 China League Two
テンプレートを表示

中国サッカー・乙級リーグ中華人民共和国の国内プロサッカーリーグにおけるサードディビジョンの名称である。

概略[編集]

2003年まで1部(甲A級)は15クラブ、2部(甲B級)は12クラブだったが、更なる試合質の向上を目指して2004年度からそれぞれクラブ数を12と15に変更。1部を「中国超級」(中国スーパーリーグ)、2部を「中国甲級」と改めて再スタートした。これに伴い、2004年度より甲級リーグより下部の、降級のないリーグとして乙級リーグが開始された。初年度は基本的に自由参加だった。但し、中国サッカー協会によりスタジアム規模及びクラブ規模の基準が設けられた。

2013年のリーグ形式は以下の通りである。リーグに所属するクラブは北部と南部の2つの地域に分かれ、それぞれリーグ戦を戦う。試合はホーム・アンド・アウェーの2回総当りで、4月から9月まで開催される[1]。それぞれのリーグの上位4クラブは昇格プレーオフに進む。プレーオフはノックアウト方式で、上位2チームが翌年の甲級リーグに昇格する[2]。また、中国の各地方リーグを勝ち上がった10チームが新たに乙級リーグに参加する。現在のところ、降格制度はない。2009年までは中国全国大学サッカーリーグ優勝及び準優勝チームが甲級リーグ昇格プレーオフに参加できていたが、2010年より参加は不可能になった。

参加クラブ(2013シーズン)[編集]

北区
クラブ名 ホームタウン スタジアム
甘粛奧鑫 蘭州 七里河体育場
河北中基 石家荘 裕彤国際体育中心
呼和浩特東進 フフホト 呼和浩特体育場
遼寧青年足球隊 本渓 本渓体育場
青島海牛 青島 弘誠体育場
青海森科 西寧 西寧西門体育場
山東滕鼎 滕州 滕州奥体中心体育場
天津火車頭 天津 天津火車頭体育場
南区
クラブ名 ホームタウン スタジアム
大理鋭龍 大理 大理州体育場
江西聯盛 南昌 江西奥体中心
麗江嘉雲昊 麗江 麗江市体育中心体育場
梅県客家 梅州 梅県曽憲梓体育場
梅州客家 梅州 梅県曽憲梓体育場
陝西老城根 西安 陝西省体育場
深圳風鵬 深圳 深圳大運体育中心

歴代優勝クラブ[編集]

優勝クラブ 2位 3位
2004 上海九城 延辺世紀集団 雲南麗江
2005 南昌八一 北京宏登 東莞南城
2006 北京理工大学 哈爾濱毅騰 安徽九方
2007 上海東亜 四川足球俱楽部 安徽九華山
2008 瀋陽東進 広東日之泉 三峽大学
2009 湖南湘濤 湖北緑菌 北京八喜
2010 大連阿爾濱 天津松江 貴州智誠
2011 哈爾濱毅騰 重慶足球倶楽部 福建駿豪
2012 貴州智誠 湖北華凱爾 深圳風鵬
2013 青島海牛 河北中基 深圳風鵬

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2012年中国足球协会乙级联赛规程 fa.org.cn(中国語)、2012年5月2日閲覧。
  2. ^ 2012年中国足球协会乙级联赛规程第十五条升级与降级 fa.org.cn(中国語)、2012年5月2日閲覧。

外部リンク[編集]