恒大集団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
恒大集団
Evergrande Group
Evergrande-group-logo.png
廣州恒大中心
廣州恒大中心
種類 公開会社
機関設計 有限責任公司
市場情報 SEHK3333
本社所在地 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
広東省深圳市南山区海德三道126号
設立 1996年6月24日
業種 不動産開発
代表者 許家印会長
主要株主 許家印(76.76%)、zh:陳凱韻(8.86%)[1]
外部リンク www.evergrande.com
テンプレートを表示
恒大集団
各種表記
繁体字 恆大集團
簡体字 恒大集团
拼音 Héngdà Jítuán
英文 Evergrande Group
テンプレートを表示

恒大集団(こうだいしゅうだん、英語: Evergrande Group)は、中華人民共和国広東省深圳市に本拠を置く(登記上の本籍地はケイマン諸島不動産開発会社[2]

概要[編集]

1996年に許家印が設立。創業者の許家印は 中国政府による住宅制度改革によって不動産需要が伸びることをにらんで、1996年・38歳の時に不動産会社「恒大」を設立した[3]。許の目論見どおり会社は飛躍的に成長を遂げ、2009年に香港証券取引所に「中国恒大」として上場し、会社の時価総額は72億200万ドルまで上昇した[4]。恒大集団の事業手法は、中国都市部の不動産価格急騰を背景に、自社の株式や不動産を担保にした多額の借入金と投資家からの資金を元に土地を素早く取得することで、購入した不動産価格の値上がりによってバランスシート上の資産額を増大させ、加えて開発による売却益により収益力が増大することで、会社の時価総額を大きくさせることで信用を勝ち取ることにあった[5]

不動産事業だけではなくM&Aによる多角化も進めており、2010年にプロサッカークラブの「広州足球倶楽部」を傘下に収め、「広州恒大足球倶楽部」として中国サッカー・スーパーリーグ7連覇とAFCチャンピオンズリーグを2度制覇するアジア屈指のビッグクラブに成長させた(現在は恒大集団とアリババグループの共同出資)。さらに「恒大冰泉」ブランドのミネラルウォーターの販売やレアル・マドリードとの提携でサッカースクールの恒大足球学校中国語版の運営といった事業を行っているほか、観光業やインターネット関連サービス、保険、ヘルスケアにも投資を行って事業の幅を広げ[6]、2018年頃からは電気自動車 (EV) 事業への進出を計画し、2020年8月3日にEV6車種を一斉に披露。同年9月1日には病院や老人ホームなどの経営を手がけていた恒大健康産業集団(恒大健康)を中国恒大新能源汽車集団(恒大汽車)に社名変更してEV事業会社とした[7]

2019年時点の評価

当社は同族経営であり、2019年時点では「グローバル・ファミリー企業500社ランキング」で25位にランクインしていた[8]

経営危機[編集]

2020年9月末から10月にかけて、中国当局(中国人民銀行)が不動産市況のバブル抑制と、それに伴う不動産会社の財務改善を念頭に、資産に対する負債の比率が高い企業に対して金融機関などによる融資を制限する動きが出たことを受け、恒大集団が債務不履行に陥る可能性があると報道された[9][10]。恒大は財務の健全化に向けて土地の在庫を3分の2まで減らすと発表し、2020年9月7日より1カ月間、すべての物件を3割引で販売した[11]

2021年[編集]

  • 6月末基準で恒大集団の負債は1兆9700億元(およそ35兆6147億円)に対し自己資本は4110億元にとどまっている[12]
  • 7月、オンショア部門の恒大地産集団などで1億3200万元(約22億3500万円)相当の銀行預金が凍結されたほか、湖南省邵陽市の当局が中国恒大による預託口座での資金の扱いが適切でないとして住宅販売の停止に一時踏み切った影響により、3010億ドル(約33兆円)相当まで膨らんだ巨額の債務を返済できないのではないかと投資家の懸念が広がり、株価と社債が急落した[13]
  • 8月
    • 17日、創業者の許家印が董事長職を辞任し、後任として趙長竜が就任した[14]
    • 31日、上半期の決算を発表するが、デフォルトリスクが指摘され、資産の売却などに失敗し流動性の問題が悪化した場合、融資契約に違反すること及び、経営に重大な悪影響を与える訴訟の恐れがあることも指摘された[15]

9月[編集]

  • 7日、ムーディーズ社債の長期格付けを下から2番目のCaに引き下げた。フィッチ・レーティングスも同様に格付けを引き下げた[15]
  • 10日、恒大集団では、期日を迎えた全ての理財商品に関して、可能な限り、早く償還を行うことを明らかにした[16]
  • 11日から12日の週末には恒大の資産運用商品を買ったその恒大集団の社員が抗議を行ったことによって、瀋陽にいる恒大集団の社員に対して在宅勤務を行うよう指示を行った[17]
  • 12日には恒大集団の本社ビルに数百人の投資家が詰めかけ、恒大集団が販売している「理財商品」を購入していた投資家が償還するようにという抗議が行われた[17][18]。これに関しては、2021年9月13日の夜に警察が出動する事態に発展している[17]。恒大集団では、資産運用商品を保有するものに対し、返金が長期にわたって遅延する案を明らかにしたことが、猛反発となり、9月13日にこの提案について、わずかに修正をした[17]。この提案には、資産運用商品の払い戻しの案が3種類提示されていて、現金という形での分割払い、不動産としての支払いに加え、投資家が買った住宅の物件の支払いの残高からの相殺があったという[17]。しかし、個人投資家と機関投資家は、恒大集団が開発を手掛けた不動産の払い戻しを受け入れていない[17]
  • 13日に、恒大集団は「会社が前例のない困難にぶつかった。全力を尽くして経営を正常化する」と明らかにしていた[12]
  • 14日に、「資金繰り難を和らげる「実行可能な全ての解決策」」を考えるため、新たに財務アドバイザーを付けた[19]。これは、香港取引所への届け出において、資本構造の評価を行うために、財務アドバイザーを付けたもので、もし、期日通りに債務が返済できなくなった場合や、債権者に延長あるいは代替の取り決めに合意した場合は、いずれも、いわゆる「クロスデフォルト」に発展する可能性があると恒大集団は説明している[19]。また、中国恒大新能源汽車集団と恒大物業のそれぞれの持ち分の売却について、大きく進展させることができなかったため、香港に保有のオフィスビルも売却が予定内に完了することができなかったことを明らかにしている[19]
  • 15日、アメリカのS&P グローバル・レーティングはこの恒大集団とその子会社の格付けを「CC」に引き下げた[20]。理由として「恒大集団は、販売の大幅な落ち込みが発表され、現金収支が悪化し、返済で引き続き不動産を利用していることで明らかなように、流動性と資金調達能力が大幅に悪化している」とした[20]
  • 16日、本土部門である恒大地産は、16日の全社債取引を停止することを発表した[21]。これは、中国の信用格付け会社である中誠信国際信用評級が恒大地産とその恒大地産が持っていた本土債の格付けを従来の「AA」から「A」に引き下げたことによって、「公平な情報開示を確実にするため」という風に深圳証券取引所への届け出で明らかにしたもの[21]。また、この格下げをめぐり、上海上場債券の取引を1日停止を申請したうえで、取引のメカニズムを取引再開にあたって変更することも明らかにしている[22]
  • 18日、恒大集団は、2021年5月1日から9月7日までの間に、そのグループで扱っている投資商品を前倒しでの償還を受けた6人の幹部について、その償還を取り消したうえで、厳しい処分をしたことを発表した[23][24]。この6人の幹部は2021年5月1日から9月7日の間にわたって12の投資商品を前倒しで償還を受けていた[24]
    • また、2021年9月18日に、恒大集団は、「満期を過ぎた資産運用商品(理財商品)」を現金に代わって不動産の資産を大幅に値引きするという形式で、返済を行う手続きを始めた[16][25]。恒大集団の部門は、2021年9月18日付で対話アプリである「微信(ウィーチャット)」の中で、「物資産との交換による理財商品の償還に関心のある投資家に対し、投資コンサルタントに連絡するか、地元オフィスを訪れるよう案内した。」という主旨の投稿を行った[16]。また、2021年9月19日に、恒大集団の顧客サービス担当者がロイター通信の取材に対して、「具体的な支払い方法や詳細については、現地の状況に応じて決定される」と述べた[16]。中国の金融ニュースメディア・財新が2021年9月19日付で伝えたところによれば、恒大集団の理財商品の残高は、推定でおよそ60億ドルとなっていて、この理財商品に関しては、個人投資家が持っている[16]
  • 20日に、S&Pグローバル・レーティングは、恒大集団が中国政府による直接の支援について、その公算は小さいとして、デフォルト寸前の状況にあるという分析リポートを明らかにした[26]。S&Pグローバル・レーティングは、リポートの中で「中国政府は複数の主要開発業者の破綻を引き起こしたり、経済へのシステミックリスクをもたらしたりする広範な波及がある場合にのみ、介入せざるを得ないとわれわれは考えている」とした上で「恒大だけの破綻ならそのようなシナリオにつながる公算は小さそうだ」と分析している[26]
  • 21日、恒大集団会長の許家印は、従業員に向けた書簡の中で、「あなた方の協調した努力と懸命な働きにより、恒大が最も暗い時から抜け出し、できるだけ早期に全面的に建設を再開するほか、約束通り不動産プロジェクトを遂行するという重要目標を達成すると私は固く信じている」と記した[27]。2021年9月21日に、恒大集団は、2021年9月20日に期限を迎えた利払いを行わなかった[28]
  • 22日の夜、恒大集団の会長・許家印は、社内会議で、「理財商品の投資家への償還が最優先事項だ」と訓示を行った[29]
  • 23日、恒大集団は8350万ドルに及ぶ、2本の社債の利払いの期日を迎えることになっていたが[30][31]、2021年9月22日になって、恒大集団が人民元建て債の利払いを行うことを明らかにした[32][33]。今回は、深圳市場で取引している2025年9月の償還債の利払いを行うことになっていた[33]。しかし、時事通信によれば、この2021年9月23日に期日を迎えた8350万ドル(日本円でおよそ92億円)の社債の利払いができなかった模様だと伝えていて、この社債の未払いが債務不履行と判断される30日間の猶予期間に入った[34]。その後、ロイター通信が伝えたところによれば、一部のオフショア債保有者がアメリカ時間の2021年9月23日までに、利払いを受けていないことが、その事情を分かっている2人への取材で分かった[35]
    • また、中国当局が、恒大集団の経営破たんに備えるように地方の政府に専門のチームを立ち上げて、中国各地で恒大集団が手掛けている事業の債務の状況を調べるほか、恒大集団が持っている不動産開発の事業を承継する準備を行うよう指示したことを、2021年9月23日のウォール・ストリート・ジャーナル電子版が関係者の話を基に伝えた[36][37]
  • 27日、広東省深圳市の当局が、恒大集団を調べていることをロイター通信が伝えた[38][39]。これは、深圳市の金融規制当局が投資家に対し、明らかにしたもの[39]。ロイター通信によると、恒大集団を当局が調べることが明らかになるのはこれが始めてとなる[38]。深圳市の金融規制当局では、「投資家の問い合わせに応じた書簡」の中で、「市の関係部署は恒大に対する市民の意見を集め、徹底的な調査を行っている」ことを説明している[38]。この調べは、投資家が深圳市に対して、調査を求め、実現したもの[39]
  • 29日、恒大集団は4750万ドルに及ぶ、利払いの期日を迎える[31]。そんな中で、2021年9月29日に、恒大集団が子会社が保有の盛京銀行の株式をおよそ100億元で売却することを明らかにした[40][41]。売却先は遼寧省瀋陽市にある国有企業の瀋陽盛京金控投資集団で2021年9月28日に合意している[40][41]。そして、2021年9月29日に期限を迎えたドル建て社債の利払いができなかったようだと、ロイター通信が伝えた[42][43]
    • 29日をもって、恒大集団が期限内に利払いを行わず、債務不履行とされるまでの、30日間の猶予期間となったことを受けて、格付け会社のフィッチ・レーティングスでは、恒大集団と子会社である2社の外貨建ての長期発行体デフォルト格付けを、これまでの「CC」から「C」に格下げしたことを明らかにした[44]
    • 恒大は9月30日期日の理財商品に29日に10%支払いを実施した[45]
  • 30日 - 恒大は外国債の利払いを再び見送った[46]

10月[編集]

  • 1日 - ディストレスト債投資家が恒大の社債を相次ぎ取得し始めた[47]
  • 4日
    • 香港証券取引所は恒大の要請に応じて上場する恒大株の取引を停止した[48][49]
    • 恒大は子会社である恒大物業集団の株式の過半を合生創展集団に50億ドル超で売却[50]
  • 5日 - 香港証券取引所で恒大株が2日連続で取引停止となった[51]
  • 6日
    • 香港証券取引所で恒大株が3日連続で取引停止となった[52]
    • 香港不動産仲介大手2社(美連物業と中原地産)が、仲介手数料未払いで恒大を提訴した[53][54]
    • 恒大の第2位株主である華人置業集団が株式非公開化(要するに身売り)を提案したと発表した。相手先は英領バージン諸島のソーラー・ブライト[55]
    • 同日、米国ブリンケン国務長官が中国に「責任ある行動を取ることを望む」と釘を刺した[56][57]
  • 7日、ブルームバーグが関係者の話として恒大などが保証する2億6000万ドルのドル建て社債が3日の期限を過ぎても償還されていないと報じた[58][59]
  • 9日、自社の投資商品の早期償還を受けていた幹部6人が資金を返還したと発表した[60]
  • 11日、11日の利払いを遅延した[61]
  • 12日、社債の利払いを再び見送った。過去3週間で3回目となった[62]
  • 14日、吉林省長春市当局から長春市の土地購入で取得費の残額1億8000万元(2800万ドル相当)が未払いであると報じられる[63]
  • 15日
    • 香港本社ビル売却の相手先である越秀地産が計画を撤回し、白紙にした[64]
    • 香港の規制当局は事業継続性に疑義が生じたとし、20年度と21年度上半期分の財務調査に着手したと発表した[65]
    • 19日に期日を迎える元建て社債の利払いを実施すると発表した。なお先月下旬以降3回にわたって見送っているドル建て社債の利払未払額は計2億7900万ドルに達し、期日から30日以内に利払いができなければ債務不履行となる見込み[66][67]
    • 中国人民銀行の金融市場担当幹部が会見で「不動産業界の個別の現象であり業界全体は健全である。恒大集団の負債のうち金融関連は3分の1以下で、このリスクが金融業界に与える影響はコントロールできる」と述べた[68]
    • 複数の関係筋によると夏海鈞CEOは香港で2カ月以上滞在し、リストラと資産売却の可能性について投資銀行や債権者と協議しているとした。ただし協議相手は不明。また、筋のうち1人は「CEOは国外に抱えてる簿外債務の規模を関知する必要がある。多くの簿外債務が子会社レベルで(いわゆる飛ばし)、CEOもそれを認識してない可能性がある(もし事実なら山一證券の野澤正平の立ち位置に近い)。関知しなければリストラはおろか、債権者とも協議できない」と述べた[69]
  • 17日

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 二季報、中国恒大集団
  2. ^ 中国恒大、社債利払いへ デフォルト懸念打ち消す”. 産経ニュース (2021年9月22日). 2021年9月22日閲覧。
  3. ^ 中島恵 (2021年9月22日). “窮地に立つ中国恒大集団 元会長の許家印氏が上り詰めた「極貧から中国一の富豪」という激動の半生”. Yahoo!ニュース 個人. 2021年9月23日閲覧。
  4. ^ Evergrande Gets $722 Million”. ウォール・ストリート・ジャーナル (2009年10月30日). 2019年10月8日閲覧。
  5. ^ 古田拓也 (2021年9月17日). “リーマン以来の脅威? 中国恒大とは何者か”. ITmediaビジネスオンライン. 2021年9月23日閲覧。
  6. ^ 【解説】破綻危機 中国の不動産大手・恒大集団とは?”. AFPBB News (2021年9月20日). 2021年9月23日閲覧。
  7. ^ 中国・不動産デベロッパー発「新興EV」の野心”. 東洋経済オンライン (2020年9月29日). 2021年8月20日閲覧。
  8. ^ 2019年版「世界同族企業500社」、中国は恒大集団の25位が最高位”. AFP (2019年4月2日). 2020年10月14日閲覧。
  9. ^ “不動産の恒大、募る財務不安 人民銀の基準抵触か”. 日本経済新聞. (2020年10月2日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64571940S0A001C2FFN000/ 2021年9月23日閲覧。 
  10. ^ “中国恒大のリスク封じ込め、劉鶴副首相ら当局幹部が検討-関係者”. Bloomberg. (2020年9月29日). https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-09-29/QHF1R1T0AFB501 2021年9月23日閲覧。 
  11. ^ “中国恒大集団、すべての不動産物件を30%値引き”. ロイター. (2020年9月7日). https://jp.reuters.com/article/china-evergrande-discount-idJPKBN25Y0JE 2020年9月7日閲覧。 
  12. ^ a b 負債2兆元の恒大グループが破綻危機、中国版「リーマンショック」起きるか」『中央日報』、2021年9月16日。2021年9月16日閲覧。
  13. ^ 中国恒大の株価と社債が急落、流動性危機懸念で-巨額債務返済に不安” (日本語). Bloomberg.com. 2021年7月24日閲覧。
  14. ^ 資金難の中国恒大集団、創業者の許家印氏が本土部門会長を辞任”. ブルームバーグ (2021年8月17日). 2021年8月20日閲覧。
  15. ^ a b テレ東BIZ - 中国版"リーマンショック"の恐れ!? 不動産大手「恒大集団」はなぜ崖っぷちに?(2021年9月16日)”. 2021年9月20日閲覧。
  16. ^ a b c d e 中国恒大集団、理財商品の投資家に不動産での返済開始」『ロイター通信』、2021年9月20日。2021年9月20日閲覧。
  17. ^ a b c d e f 中国恒大の債務危機、怒る投資家の抗議活動が国内全土に広がる」『ブルームバーグ』、2021年9月14日。2021年9月16日閲覧。
  18. ^ 広州=比奈田悠佑「中国恒大、投資家の抗議殺到 理財商品償還されず」『日本経済新聞』、2021年9月14日。2021年9月16日閲覧。
  19. ^ a b c 中国恒大、資金繰り難対応でアドバイザー起用-債務再編の見方も」『ブルームバーグ』、2021年9月14日。2021年9月16日閲覧。
  20. ^ a b S&P、中国恒大集団を「CC」に引き下げ 流動性枯渇」『ロイター通信』、2021年9月15日。2021年9月16日閲覧。
  21. ^ a b 中国恒大の本土不動産部門、16日の全社債取引を停止」『ブルームバーグ』、2021年9月16日。2021年9月16日閲覧。
  22. ^ 中国恒大、上海上場債券の取引停止を申請 格下げ受け」『ロイター通信』、2021年9月16日。2021年9月16日閲覧。
  23. ^ 広州=比奈田悠佑「中国恒大が幹部処分 グループ投資商品を前倒し償還」『日本経済新聞』、2021年9月18日。2021年9月18日閲覧。
  24. ^ a b 中国恒大、幹部6人が投資商品を前倒し償還」『ロイター通信』、2021年9月20日。2021年9月20日閲覧。
  25. ^ 中国恒大、不動産の値引きによる返済手続き開始-満期過ぎた理財商品」『ブルームバーグ』、2021年9月19日。2021年9月19日閲覧。
  26. ^ a b 中国恒大はデフォルト寸前に、政府の直接支援見込み薄-S&P」『ブルームバーグ』、2021年9月21日。2021年9月21日閲覧。
  27. ^ 中国恒大主席「最も暗い時脱出へ」、従業員向け書簡で自信」『ロイター通信』、2021年9月21日。2021年9月21日閲覧。
  28. ^ 中国恒大、20日期限のローン利払い行わず-社債クーポン期日も迫る」『ブルームバーグ』、2021年9月21日。2021年9月22日閲覧。
  29. ^ 中国恒大主席、理財商品投資家への償還「最優先」 懸念払拭図る」『ロイター通信』、2021年9月23日。2021年9月23日閲覧。
  30. ^ 中国恒大の流動性危機、今週重大局面に-23日の社債利払い履行が焦点」『ブルームバーグ』、2021年9月19日。2021年9月19日閲覧。
  31. ^ a b 中国恒大の株価急落、デフォルトリスク意識」『ロイター通信』、2021年9月20日。2021年9月20日閲覧。
  32. ^ 上海=土居倫之「中国恒大、23日の元建て債利払い実施へ 39億円」『日本経済新聞』、2021年9月22日。2021年9月22日閲覧。
  33. ^ a b 中国恒大の不動産部門、23日の利払い実施へ」『ロイター通信』、2021年9月22日。2021年9月22日閲覧。
  34. ^ 社債利払い、猶予期間に 経営危機の中国恒大」『時事通信』、2021年9月24日。2021年9月24日閲覧。
  35. ^ 中国恒大の一部オフショア債保有者、米国時間23日期限までに利払い受けず=関係筋」『ロイター通信』、2021年9月24日。2021年9月24日閲覧。
  36. ^ 中国当局、恒大の破綻準備を指示 米紙報道」『日本経済新聞』、2021年9月23日。2021年9月24日閲覧。
  37. ^ 恒大破綻に備えを 中国当局、地方政府に要請―米紙」『時事通信』、2021年9月23日。2021年9月24日閲覧。
  38. ^ a b c 吉岡みゆき「経営危機の中国恒大、市当局「市民の意見集め徹底的な調査」」『読売新聞』、2021年9月28日。2021年9月28日閲覧。
  39. ^ a b c 中国当局、恒大を調査 「高利回り」の金融商品問題視」『時事通信』、2021年9月28日。2021年9月28日閲覧。
  40. ^ a b 中国恒大、保有株を1700億円で売却 資金繰り難、ひとまず軽減か」『時事通信』、2021年9月29日。2021年9月29日閲覧。
  41. ^ a b 上海=土居倫之「中国恒大、盛京銀行株を1700億円で売却」『日本経済新聞』、2021年9月29日。2021年9月29日閲覧。
  42. ^ 社債利払い、再びできず 経営危機の中国恒大」『時事通信』、2021年9月30日。2021年9月30日閲覧。
  43. ^ 中国恒大、ドル建て債の利払い再び遅延=関係筋」『ロイター通信』、2021年9月30日。2021年9月30日閲覧。
  44. ^ フィッチ、中国恒大と子会社2社を「C」に格下げ」『ロイター通信』、2021年9月29日。2021年9月29日閲覧。
  45. ^ 中国恒大、9月30日期日の理財商品に10%支払い実施(ロイター)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年10月17日閲覧。
  46. ^ 中国恒大集団、外国債の利払いを再び見送り=報道(BBC News)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年10月17日閲覧。
  47. ^ 中国恒大の社債、ディストレスト債投資家が相次ぎ取得=FTなど(ロイター)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年10月17日閲覧。
  48. ^ 中国不動産会社、社債償還できず 恒大は取引停止続く(時事通信)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年10月17日閲覧。
  49. ^ 中国恒大の株式売買停止、「重大な取引に関する情報」待ち(Bloomberg)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年10月17日閲覧。
  50. ^ 中国恒大が子会社株を約5500億円で売却か、生き残りかけ短期資金を確保(ロイター)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年10月17日閲覧。
  51. ^ 中国恒大株、5日も取引停止続く(産経新聞)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年10月17日閲覧。
  52. ^ 恒大株、3日連続取引停止 中国不動産業界の不安増(共同通信)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年10月17日閲覧。
  53. ^ 香港不動産2社、恒大を提訴 仲介手数料未払いで(時事通信)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年10月17日閲覧。
  54. ^ 中国恒大を提訴、香港の不動産仲介大手2社が手数料支払い求め(ロイター)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年10月17日閲覧。
  55. ^ 中国恒大の第2位株主の華人置業、非公開化を計画(ロイター)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年10月17日閲覧。
  56. ^ 中国の「責任ある行動」に期待、中国恒大巡り─米国務長官=報道(ロイター)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年10月17日閲覧。
  57. ^ ブリンケン国務長官、中国は責任持って行動を-恒大の危機対処で要望(Bloomberg)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年10月17日閲覧。
  58. ^ 中国恒大保証のドル建て債、償還期限過ぎる=ブルームバーグ(ロイター)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年10月17日閲覧。
  59. ^ 中国恒大保証のドル建て債、償還まだと関係者-3日が期限(Bloomberg)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年10月17日閲覧。
  60. ^ 中国恒大の幹部6人、自社投資商品の早期償還で得た資金を返還(ロイター)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年10月17日閲覧。
  61. ^ 中国恒大、11日の利払い遅延 同業の新力も2.5億ドル支払い不能(ロイター)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年10月17日閲覧。
  62. ^ 経営危機の中国恒大、社債利払い見送り 過去3週間で3度目(ロイター)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年10月17日閲覧。
  63. ^ 中国恒大、長春市の土地購入で2800万ドル未払い(ロイター)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年10月17日閲覧。
  64. ^ 中国恒大、香港本社ビル売却が白紙に 買い手が計画撤回=関係筋(ロイター)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年10月16日閲覧。
  65. ^ 中国恒大の財務調査に着手 事業継続性に問題 香港当局(時事通信)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年10月18日閲覧。
  66. ^ 中国恒大、元建て社債の利払い実施へ 国内優先鮮明に(時事通信)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年10月18日閲覧。
  67. ^ 中国恒大の傘下部門、社債クーポン支払い履行へ-19日の期日到来分(Bloomberg)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年10月18日閲覧。
  68. ^ 中国人民銀行「恒大の影響はコントロールできる」(テレビ朝日系(ANN))” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年10月18日閲覧。
  69. ^ 中国恒大CEO、香港でリストラなど巡り債権者と協議=関係筋(ロイター)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年10月18日閲覧。
  70. ^ 中国指導部 恒大集団の経営危機で軍・警察に「第1級厳戒態勢」を発令(NEWSポストセブン)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年10月18日閲覧。

外部リンク[編集]