恒大集団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
恒大集団
Evergrande Group
種類 公開会社
市場情報 SEHK3333
本社所在地 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
広東省深セン市
設立 1996年
業種 不動産開発
代表者 許家印(董事長
外部リンク http://www.evergrande.com/
テンプレートを表示
恒大集団
各種表記
繁体字 恆大集團
簡体字 恒大集团
拼音 Héngdà Jítuán
英文 Evergrande Group
テンプレートを表示

恒大集団(こうだいしゅうだん、英語: Evergrande Group)は中華人民共和国広東省深セン市に本拠を置く(登記上の本籍地はケイマン諸島不動産開発会社

創業者で董事長許家印中国語版フォーブスによれば2019年3月時点で362億ドルの資産を有し、世界22位、中国3位の富豪とされている[1]

歴史[編集]

1996年、許家印によって広州市に設立。中国本土で不動産事業を幅広く展開する。2009年に香港証券取引所上場し、会社の時価総額は72億200万ドルまで上昇した[2]

2010年にプロサッカークラブの「広州足球倶楽部」を傘下に収め、「広州恒大足球倶楽部」として中国サッカー・スーパーリーグ7連覇とAFCチャンピオンズリーグを2度制覇するアジア屈指のビッグクラブに成長させた(現在は恒大集団と阿里巴巴集団の共同出資)。

また恒大集団は「恒大冰泉」ブランドのミネラルウォーターの販売やレアル・マドリードとの提携でサッカースクールの恒大足球学校中国語版の運営といった事業を行っている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Hui Ka Yan”. フォーブス. 2019年10月8日閲覧。
  2. ^ Evergrande Gets $722 Million”. ウォール・ストリート・ジャーナル (2009年10月30日). 2019年10月8日閲覧。

外部リンク[編集]