香港ドル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
香港ドル
港幣、港元、港圓
ISO 4217
コード
HKD
通貨当局 香港金融管理局
 ウェブサイト www.info.gov.hk/hkma
公式
使用国・地域
香港の旗 香港
非公式使用
国・地域
マカオの旗 マカオ
インフレ率 2.2%
 情報源 The World Factbook, 2006年
固定レート アメリカ合衆国ドル = HK$7.75–7.85
ペッグしている
通貨
HK$ = 1.03 マカオ・パタカ
補助単位
 1/10
 1/100 仙 / cent
通貨記号 HK$
硬貨 10¢, 20¢, 50¢, $1, $2, $5, $10
紙幣
 広く流通 $10, $20, $50, $100, $500
 流通は稀 $1000
紙幣製造 香港印鈔有限公司
 ウェブサイト www.hknpl.com.hk

香港ドル(ホンコンドル、: Hong Kong Dollar: 港元港圓)は、中華人民共和国香港特別行政区法定通貨である。ISO 4217でのコードはHKD広東語で俗に港紙ともいう。補助通貨単位セント(Cent・略符号は¢)で、1ドル=100セントである。本土(大陸と呼ばれる)特に広東省の一部(主に深圳市珠海市など)においてもしばしば通用する。さらにマカオでは、法定通貨であるマカオ・パタカの流通量を超えており香港ドルによる通貨代替が著しい。

日常の表記では、金額の前に$記号を付して「$3(3ドル)」、「$3.50(3ドル50セント)」、「$3:50(3ドル50セント)」などのように表記される。他国の通貨と特に区別する必要があるときは「HK$3:50」のように表記される。銀行や両替商の店頭などを除き、ISOで規定されている「HKD」の表記は通常ではあまり使われない。

現地での漢字表記は、ドルが「」、セントは10セントを「毫」と表記する。ただし、ドルは書面語では「元」と記す。また、広東語では「man1 マン」と呼んで漢字で「蚊」または「鈫」と表記するが、これは「」に由来する。かつて10セント以下の単位で取引が行われていたときは、セントを音訳して「仙」または「先」と表記した。

概説[編集]

1984年に中国とイギリスが香港主権移譲を期した「中英共同声明」に合意し、1997年7月1日に香港がイギリスの統治下から中国に返還された[1]。香港は中国の特別行政区となり、資本主義制度のあり方を変えない「一国ニ制度」と「香港基本法」のもとで地方自治を行っている[1]。香港ドルは、香港金融管理局によって運営され、香港は外為管理上では外国と同様の扱いになっている[1]1983年以降、アメリカ合衆国ドル(米ドル)に対するペッグ制(1US$対7.8HK$)を施行している[2]2005年5月18日から目標相場圏制度が導入されたことにより、1US$=7.75〜7.85HK$間での変動を認めた。香港ドルと人民元はまったく異なる通貨制度である。香港ドルは国際的に兌換可能かつ流通可能なハードカレンシーであるのに対し、人民元は中国国内での流通に限られるソフトカレンシーである[2]。香港の米ドルペッグ制はカレンシーボード制であり、1香港ドルの発行ごとに相当する米ドルが裏付けられるように、香港上海銀行スタンダードチャータード銀行中国銀行 (香港)の3行が香港ドルを発券する際に、相応の額の米ドルを預託する必要がある[2]

香港ドルとアジア通貨危機[編集]

1997年アジア通貨危機の際、国際投機資本の大量売りの対象になった香港ドルを防衛できた背景には、上述カレンシーボード制がある[2]。当時香港ドルは大量に売られ、結果として香港ドルが米ドルへ交換されて市場の銀行券が少なくなり、金利が急騰した[2]。一時オーバーナイト金利が300パーセントまで急騰した。このため香港ドルを借りて売っている投機筋は、借入コストの上昇に耐えられなくなり、香港ドル売りから撤退せざるを得なかった[2]

紙幣[編集]

発行元の銀行によって図柄はまったく異なるが、額面により印刷色が統一されている。それぞれの額面貨幣価値はもちろん同じであり、使用および流通において使い分ける必要はない。また10ドル紙幣は以前は他紙幣と同様に上記の銀行によって発行がなされていたが、現在では香港特別行政区政府による法定紙幣のみ発行されている。この10ドルの政府紙幣は当初は紙であったが、2007年にポリマー紙幣に変更された。現在発行されている紙幣は、10ドル(紫)、20ドル(青)、50ドル(緑)、100ドル(赤)、500ドル(茶)、1,000ドル(黄)の6種類である。英領当時の10ドル紙幣(緑)、20ドル紙幣(茶)も法的には有効である。なお、スタンダード・チャータード銀行発行の紙幣は、低額紙幣の色の変更に伴い図案も変更され、従来の鯉の10ドルの図案が20ドルに、20ドルの亀の図案が50ドルに採用されているので注意を要する。

硬貨[編集]

壹圓銀貨、1867年
壹圓銀貨、1867年
壹圓白銅貨、1994年

硬貨は、10セント、20セント、50セント、1ドル、2ドル、5ドル、10ドルの7種類が流通している。この他、現在は鋳造が行われていない5セント硬貨も法的には有効である。香港の中国への返還に伴い、それに先立つ1993年に、硬貨表面の図柄がそれまでのエリザベス2世の肖像から、香港のシンボルであるバウヒニアzh:洋紫荊)に変更された。同時に従来中国語と英文のみだった額面表示が大きなアラビア数字でも記されるようになった。現在は、図柄変更後に発行が開始された10ドル硬貨を除いて両方の図柄の硬貨が混在して流通している。2ドルと20セントは波形の縁という珍しい形状を用いる。

過去の硬貨[編集]

中国返還前の香港ドル硬貨には、エリザベス2世の肖像が使用されていた。当時のエリザベス2世の図柄には2種類あり、古いものは頭上がティアラ、新しいものは王冠になっているのが特徴である。

  • ティアラ (Girls of Great Britain and Ireland Tiara [1])をかぶった女王。アーノルド・マチン (Arnold Machin) 作。
  • ジョージ4世王冠 (George IV State Diadem [2])をかぶった女王。ラファエル・マクルーフ (Raphael Maklouf) 作。

為替レート[編集]

対ドル 対ドルレート

現在のHKDの為替レート
Yahoo!ファイナンス: AUD CAD CHF EUR GBP JPY USD
Google Finance: AUD CAD CHF EUR GBP JPY USD
OzForex: AUD CAD CHF EUR GBP JPY USD
XE.com: AUD CAD CHF EUR GBP JPY USD
OANDA.com: AUD CAD CHF EUR GBP JPY USD

出典[編集]

  1. ^ a b c 張(2012年)72ページ
  2. ^ a b c d e f 張(2012年)74ページ

参考文献[編集]

  • 張秋華著、太田康夫監修『中国の金融システムー貨幣政策、資本市場、金融セクター』(2012年)日本経済新聞出版社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]