デフォルト (金融)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デフォルト英語:default)は、日本語では「債務不履行」とも呼ばれ、債券の発行者が破綻等の原因によって、元本利払いの支払いを遅延したり、停止したりしたあげく、元本の償還が不能となりかねない状況。これが起きると、債務者は期限の利益を失い、債権の保全措置を講じることができる。一方、金融機関投資家貸金を取り戻せず、多額の損失を被ることがある[1][2]

金融機関のデフォルト[編集]

三洋証券[編集]

新潟中央銀行[編集]

  • 1999年10月1日、銀行間内国為替業務における為替決済取引上の債務不履行を発生。

政府のデフォルト[編集]

  • 2015年6月30日 - 返済期限である2015年6月30日[9]を過ぎても、ギリシャはIMFへの負債総額15億ユーロを返済しなかった。これによりギリシャは、IMFに対して債務不履行に陥った先進国としては最初の事例となった[10]。その3日後、ギリシャのIMFに対してのデフォルトが欧州金融安定ファシリティ(EFSF)によって正式に認定された[11] [12]。IMFのプロトコルでは、IMFへの債務不履行になった場合は30日間のつなぎ期間が与えられ、可能な限りすばやく返済するよう求められる[9]

債務不履行と財政破綻[編集]

財務省の解釈では、著しい財政状況悪化とそれに伴う財政運営困難が財政破綻の定義となっていて、これは債務不履行とは異なるものである[13]。仮に日本政府が債務不履行になり財政自主権が失われるとは、日本がIMFの管理下におかれることではなく、財政運営が極度に困難となり財政の自由度が失われる状況をさす。また財務省は日本のような自国通貨建てで国債を発行していて、かつ通貨発行権を有する国が債務不履行になることを否定している[14]

脚注[編集]

  1. ^ 金融用語大全-デフォルト
  2. ^ 金融用語集-デフォルト
  3. ^ 岩田規久男 『スッキリ!日本経済入門-現代社会を読み解く15の法則』 日本経済新聞社、2003年、58頁。
  4. ^ 大和総研 『最新版 入門の入門 経済のしくみ-見る・読む・わかる』 日本実業出版社・第4版、2002年、192頁。
  5. ^ 神樹兵輔 『面白いほどよくわかる世界経済-日本を取り巻く世界経済の現状とその問題点(学校で教えない教科書)』 日本文芸社、2010年、148頁。
  6. ^ デトロイト市破綻 負債1.8兆円、米自治体で最大日本経済新聞 2013年7月19日
  7. ^ 中国の地方債務、初のデフォルト 8億2100万元、償還できずSankeiBiz(サンケイビズ) 2014年6月26日
  8. ^ アルゼンチンが債務不履行、約12年ぶり2回目Reuters 2014年7月31日
  9. ^ a b What happens if Greece defaults on its International Monetary Fund loans?M. Khan, The Daily Telegraph, Economics, 30 June 2015
  10. ^ Greek debt crisis: Is Grexit inevitable?P. Kirby, BBC News, 1 July 2015
  11. ^ Greek crisis: European lenders scrample for response to referedum no voteI. Taylor, The Guardian, World, 6 July 2015
  12. ^ Deal in the offing: VaroufakisAFP, Business Spectator, Politics, 4 July 2015
  13. ^ 衆議院議員城内実君提出財政破綻リスクに関する質問に対する答弁書 2011年2月10日
  14. ^ 外国格付け会社宛意見書要旨