社会主義市場経済

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

社会主義市場経済(しゃかいしゅぎしじょうけいざい、socialist market economy)とは、中華人民共和国が導入した経済体制である。市場経済を通じて社会主義を実現すると規定された、経済の活性化を図るという体制を指す。

ベトナム社会主義共和国ドイモイも類似した制度であり、またソ連型社会主義体制を色濃く残すベラルーシも社会主義市場経済を標榜している。

概要[編集]

六四天安門事件などにより中国共産党の改革派指導者が失脚し、国際社会からの風当たりも強くなる中で、1992年に、当時の最高指導者であり、改革派であった鄧小平が、改革開放路線を押し進めるために深圳などの都市を巡り、声明を発表した(「南巡講話」)。この中で、彼は社会主義の体制下でも市場経済を導入し、経済発展を進めることが可能であるとした。

彼の提唱した方針は、社会主義市場経済として、同年秋の第14回中国共産党党大会に報告された後、1993年に中華人民共和国憲法を修正する形で中国の経済政策における基本方針と位置づけられた。

政治的には社会主義、経済的には市場経済」という建前を示すものであるとされる。政治的には一党独裁を堅持しつつ、経済的には市場原理を導入する、という方針は現在に至るまで続いている。

関連用語[編集]