シュテファン・シュレック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
シュテファン・シュレック Football pictogram.svg
Stephan Schröck.jpg
名前
本名 シュテファン・マルクス・カビサレス・シュレック
Stephan Markus Cabizares Schröck
愛称 シュレッキ
ラテン文字 Stephan SCHRÖCK
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
フィリピンの旗 フィリピン
生年月日 (1986-08-21) 1986年8月21日(31歳)
出身地 バイエルン州シュヴァインフルト
身長 169cm
選手情報
在籍チーム フィリピンの旗 セレスFC
ポジション DF / MF
背番号 11
ユース
1991-2001 ドイツの旗 シュヴァインフルト
2001-2004 ドイツの旗 グロイター・フュルト
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2012 ドイツの旗 グロイター・フュルト 183 (7)
2012-2013 ドイツの旗 ホッフェンハイム 10 (0)
2013-2014 ドイツの旗 フランクフルト 12 (0)
2014- ドイツの旗 グロイター・フュルト 42 (0)
2016- フィリピンの旗 セレス (loan) 15 (18)
代表歴2
2004 ドイツの旗 ドイツ U-18 2 (0)
2004-2005 ドイツの旗 ドイツ U-19 12 (1)
2005 ドイツの旗 ドイツ U-20 2 (0)
2011- フィリピンの旗 フィリピン 24 (4)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年8月13日現在。
2. 2015年10月5日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

シュテファン・マルクス・カビサレス・シュレックドイツ語: Stephan Markus Cabizares Schröck[1], 1986年8月21日 - )はドイツフィリピンをその出自に持つプロサッカー選手である。セレスFCに所属している。また、サッカーフィリピン代表にも選出されており、ユース年代ではドイツ代表に選出されていた。ポジションはディフェンダー(右サイドバック)、ミッドフィールダー[2]。愛称はシュレッキ。

経歴[編集]

クラブ[編集]

SpVggグロイター・フュルト[編集]

2001年にグロイター・フュルトのジュニアチームでプレーを開始し、2004-05シーズンにトップチームに昇格した。2008年4月、シュレックはグロイター・フュルトと2年間の契約延長で合意した[3]。2年後の2010年3月、シュレックは再度2年間の契約延長でグロイター・フュルトと合意した[4]。現状よりも条件の良いオファーが5つ来たと彼は明かしたが、シュレックはクラブが常日頃から彼に示してくれるものに報いる形で残留を選択した[5]。シュレックもクラブがドイツ・ブンデスリーガに昇格することを望んでおり、契約が切れるまでにこの目標が達成されると信じていた[6]。彼とクラブの契約最終年となった2011-12シーズン、彼はクラブのブンデスリーガ2部優勝と1部昇格の達成に貢献した。

TSG1899ホッフェンハイム[編集]

2012年3月下旬、シュレックはドイツ・ブンデスリーガに所属していたTSG1899ホッフェンハイムと3年契約を結んだ[7]。彼はアイントラハト・フランクフルト戦で74分から出場しブンデスリーガ1部デビューを果たしたが、チームは0-4で敗れた[8]。シュレックは2013年3月3日に行われたリーグ首位に立つバイエルン・ミュンヘンの対戦でスターティングメンバーとして出場、見事なシュートを放ったものの相手のGKシュターケにセーブされた[9]

アイントラハト・フランクフルト[編集]

2013年6月、アイントラハト・フランクフルトへ移籍[10]

SpVggグロイター・フュルト復帰[編集]

2014年7月、古巣SpVggグロイター・フュルトと4年契約を締結[11]

セレスFC[編集]

2016年1月14日、フィリピンセレスFCレンタル移籍[12][13]

代表[編集]

シュレックはドイツ人の父とフィリピン人の母を持つため、サッカードイツ代表サッカーフィリピン代表どちらを選択することもできた。彼はユース年代ではドイツ代表を選択し、U-18、U-19、U-20のドイツ代表に選出された[2]

以前のFIFAの規則によれば、シュレックは21歳の誕生日までフィリピン代表を選択することができたが彼はその選択を行わず、また代表に選出されることもなかった。2008年10月上旬、フィリピンサッカー連盟2008 AFFスズキカップの予選で彼を初めて招集した[14]。しかし、彼は既に21歳を過ぎていたため招集が不可能であった。その後FIFAは2009年6月上旬に国籍を変更する選手に関する年齢制限を撤廃したため[15]、彼は再びフィリピン代表としてプレーすることが可能になった。2010年7月、シュレックは2010 AFFスズキカップ予選のサッカーラオス代表戦においてサッカーフィリピン代表に初招集されたが[5]、申請手続きが間に合わず最終的に彼は代表のメンバーリストから漏れることとなった[16]

母の母国のためにプレーできることは大きな喜びだ。本当に誇りに思う。今の自分があるのはすべて彼女のおかげであり、私が持っているすべてのものは彼女に拠っている。フィリピンのためにプレーすることは母に感謝を述べる私なりの方法だ。
シュテファン・シュレック[17]

申請手続きが完了した2011年3月、シュレックは2014 FIFAワールドカップ・アジア予選1次予選に出場可能となった[18]。その後彼は2011年6月29日に行われた1次予選のスリランカ代表戦においてフィリピン代表デビューを果たして90分フル出場したが、チームは1-1の引き分けに終わり、彼自身もイエローカードを受けた[19]。1次予選第2戦は2011年7月3日に行われ、シュレックは90フル出場、チームも4-0で勝利した[20]。しかし、彼はこの試合でも警告を受けたため、チームキャプテンのアレクサンダー・ボロメーオ英語版とともに2次予選第1戦のクウェート戦には出場できなくなってしまった[21]。フィリピンサッカー連盟は彼の警告を取り消すようFIFAにアピールしたが失敗に終わった[22]

シュレック不在の中行われた2次予選第1戦、フィリピン代表はクウェート代表に0-3で敗れた[23]。彼は第2戦での逆転を信じ、クラブの制止を振り切って第2戦の招集に応じ、フィリピン代表に加わった[24]。彼は前半のアディショナルタイムに約23mのミドルシュートを決めてフィリピン代表の先制に貢献したが、その後逆転されて1-2で敗れた[25]

シュレックは2013年3月に行われたAFCチャレンジカップ2014予選カンボジア戦でミドルシュートを決めて代表2ゴール目を記録した。また、試合もフィリピン代表が8-0で勝利した[26]

代表戦のゴール[編集]

フィリピン代表で挙げたゴールの一覧。

# 日時 場所 スタジアム 対戦相手 スコア 結果 大会
1. 2011年7月28日 フィリピンの旗 マニラ リサール・メモリアル・スタジアム クウェートの旗 クウェート 1-0 1-2 2014 FIFAワールドカップ・アジア予選
2. 2013年3月24日 フィリピンの旗 マニラ リサール・メモリアル・スタジアム カンボジアの旗 カンボジア 5-0 8-0 AFCチャレンジカップ2014 (予選)
3. 2013年10月15日 フィリピンの旗 バコロド パナード・スタジアム パキスタンの旗 パキスタン 3-1 3-1 フィリピンピースカップ2013
4. 2015年9月8日 フィリピンの旗 ボカウー フィリピン・スポーツ・スタジアム ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン 1-4 1-5 2018 FIFAワールドカップ・アジア2次予選

タイトル[編集]

SpVggグロイター・フュルト

プライベート[編集]

2011年5月28日、シュレックはドイツで幼馴染のピナと結婚式を挙げた[27]

脚注[編集]

  1. ^ Press Advisory: Provisional team list for Group B”. AseanFootball.org. ASEAN Football Federation (2010年11月30日). 2013年5月18日閲覧。
  2. ^ a b Stephan Schröck profile”. Transfer Markt. 2013年5月18日閲覧。
  3. ^ Schröck weiter für "Kleeblätter" auf dem Rasen” (German). Focus.de. FOCUS Magazine (2008年4月25日). 2013年5月18日閲覧。
  4. ^ Schröck bleibt Greuther Fürth treu” (ドイツ語). Focus.de. FOCUS Magazine (2010年3月16日). 2013年5月18日閲覧。
  5. ^ a b Funk, Martin (2010年7月29日). “Schröck wird Nationalspieler...” (ドイツ語). Bild.de (Bild). http://www.bild.de/BILD/sport/fussball/zweite-liga/2010/07/30/greuther-fuerth/schroeck-wird-nationalspieler.html 2013年5月18日閲覧。 
  6. ^ Funk, Martin (2010年8月23日). “So wird Schröck der nächster Millionen-Deal” (German). Bild.de (Bild). http://www.bild.de/BILD/sport/fussball/zweite-liga/2010/08/24/greuther-fuerth/so-wird-stephan-schroeck-der-naechste-millionen-deal.html 2013年5月18日閲覧。 
  7. ^ Schröck to join Hoffenheim”. Bundesliga.de. Fußball-Bundesliga (2012年3月28日). 2013年5月18日閲覧。
  8. ^ Hoffenheim vs. Entracht Frankfurt 0 - 4”. Soccer Way. Global Sports Media. 2013年5月18日閲覧。
  9. ^ 1899 performance raises hopes”. Hoffenheim 0 - 1 Bayern Munich. 2013年5月18日閲覧。
  10. ^ Eintracht Frankfurt verpflichtet Stephan Schröck”. Eintracht Frankfurt. 2013年6月27日閲覧。
  11. ^ SpVgg Greuther Fürth holt Stephan Schröck zurück” (2014年7月3日). 2016年10月23日閲覧。
  12. ^ Azkals star Stephan Schrock joins UFL champ Ceres FC”. InterAksyon (2016年1月14日). 2016年10月23日閲覧。
  13. ^ Schrock shocks with lucrative move to Ceres”. INQUIRER.NET (2016年1月14日). 2016年10月23日閲覧。
  14. ^ Tupas, Cedelf P. (2008年10月17日). “RP booters encounter more player woes”. Philippine Daily Inquirer (Philippine Daily Inquirer). http://newsinfo.inquirer.net/inquirerheadlines/nation/view/20081017-166850/RP_booters_encounter_more_player_woes 2013年5月18日閲覧。 
  15. ^ Age limit on players switching nations is removed”. ESPN (2009年7月4日). 2013年5月18日閲覧。
  16. ^ “ETHERIDGE IN FOR PHILIPPINES NO. 1”. AseanFootball.org (ASEAN Football Federation). (2010年10月18日). http://www.aseanfootball.org/v2/?p=6929 2013年5月18日閲覧。 
  17. ^ Moore, Roy (2011年6月28日). “Countdown in Sri Lanka: The final countdown”. Roymondous blog. 2013年5月18日閲覧。
  18. ^ Tupas, Cedelf P. (2011年3月6日). “Azkals leave for Japan training Monday”. Philippine Daily Inquirer. http://sports.inquirer.net/breakingnews/breakingnews/view/20110306-323843/Azkals-leave-for-Japan-training-Monday 2013年5月18日閲覧。 
  19. ^ Match report: Sri Lanka – Philippines”. FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association. 2013年5月18日閲覧。
  20. ^ Match report: Philippines – Sri Lanka”. FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association. 2013年5月18日閲覧。
  21. ^ “2 Azkals suspended for next match”. abs-cbnNews.com (Alto Broadcasting System-Chronicle Broadcasting Network). (2011年7月4日). http://www.abs-cbnnews.com/sports/07/04/11/2-azkals-suspended-next-match 2013年5月18日閲覧。 
  22. ^ Flores, Celest R. (2011年7月22日). “FIFA denies plea to rescind suspension of Philippine Azkals' Borromeo, Schrock”. Philippine Daily Inquirer. http://sports.inquirer.net/8383/fifa-denies-plea-to-rescind-suspension-on-philippine-azkals-borromeo-schrock 2013年5月18日閲覧。 
  23. ^ Match report: Kuwait – Philippines”. FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association. 2013年5月18日閲覧。
  24. ^ Tupas, Cedelf P. (2011年7月28日). “Faith continues to fule Azkals' campaign”. Philippine Daily Inquirer. http://sports.inquirer.net/9191/faith-continues-to-fuel-azkals%E2%80%99-campaign 2013年5月18日閲覧。 
  25. ^ Tupas, Cedelf P. (2011年7月28日). “Azkals fall to Kuwait”. Philippine Daily Inquirer. http://sports.inquirer.net/9345/azkals-fall-to-kuwait 2013年5月18日閲覧。 
  26. ^ Azkals rain goals through heavy downpour to thrash Cambodia, 8-0”. interaksyon.com (2013年3月24日). 2013年5月18日閲覧。
  27. ^ Santiago, Francis (2013年7月2日). “Honeymoon can wait for Fil-German”. Manila Bulletin. http://manila-bulletin.net/blog/2011/07/02/honeymoon-can-wait-for-fil-german/ 2013年5月18日閲覧。 

外部リンク[編集]