マヌエル・ノイアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マヌエル・ノイアー Football pictogram.svg
Manuel Neuer 2012 (cropped).jpg
ドイツ代表でのノイアー (2012年)
名前
本名 Manuel Peter Neuer
愛称 マヌ
ラテン文字 Manuel NEUER
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 1986年3月27日(30歳)
出身地 ノルトライン=ヴェストファーレン州の旗ノルトライン=ヴェストファーレン州
DEU Gelsenkirchen COA.svg ゲルゼンキルヒェン
身長 193cm
体重 92kg
選手情報
在籍チーム ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン
ポジション GK
背番号 1
利き足 右足
ユース
1991–2005 ドイツの旗 シャルケ04
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004–2008 ドイツの旗 シャルケ04 II 26 (0)
2003-2011 ドイツの旗 シャルケ04 156 (0)
2011- ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 161 (0)
代表歴2
2004  ドイツ U-18 1 (0)
2004–2005  ドイツ U-19 11 (0)
2005–2006  ドイツ U-20 4 (0)
2006–2009  ドイツ U-21 20 (0)
2009- ドイツの旗 ドイツ 70 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年7月3日現在。
2. 2016年7月3日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マヌエル・ピーター・ノイアーManuel Peter Neuer, 1986年3月27日 - )は、ドイツノルトライン=ヴェストファーレン州ゲルゼンキルヒェン出身のサッカー選手ブンデスリーガバイエルン・ミュンヘンに所属。ドイツ代表。ポジションはゴールキーパー(GK)

来歴[編集]

クラブ[編集]

シャルケ[編集]

シャルケでのノイアー (2005年)

地元ゲルゼンキルヒェンのクラブであるシャルケ04のユース出身。2006年8月19日アレマニア・アーヘン戦でブンデスリーガデビューを果たすと、フランク・ロストに代わり正GKの座を手にした。冬にロストはハンブルガーSVへと移籍した。

2007-08シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでは決勝トーナメント1回戦のポルト戦のPK戦でブルーノ・アルヴェスリサンドロ・ロペスのシュートを止め、シャルケのクラブ初となるベスト8進出に貢献した。またこのシーズンはブンデスリーガの全試合にフル出場を果たした(ノイアーの他には2人のみ)。この活躍もありUEFA最優秀GK賞にドイツから唯一ノミネートされた。

ハンブルガーに移籍したハイコ・ヴェスターマンに変わり主将として臨んだ2010-11シーズンは好セーブを連発。チャンピオンズリーグではグループリーグ6試合で3失点に抑え、首位通過に貢献。決勝トーナメントでも活躍し、シャルケ初のベスト4入りに貢献した。

ベスト4進出決定後の2011年4月20日にシャルケとの契約を更新せず、シーズン終了後に移籍する方針であることを発表[1][2]。バイエルンやマンチェスター・ユナイテッドFCなどの多数の関心が報じられていたが、ユナイテッドからのオファーは否定した[3]。チャンピオンズリーグ準決勝1stレグではそのユナイテッドに0-2で敗戦したもののビッグセーブを連発し、敵将のアレックス・ファーガソンから「対戦してきた選手の中で最も良いプレーをした一人」と賞賛し、またノイアーがユナイテッドに来る望みがないことも話した[4]。また本人も試合後、改めてユナイテッド移籍の可能性を否定した[5]

バイエルン・ミュンヘン[編集]

6月1日、移籍金1800万ユーロと出来高700万ユーロの5年契約で、バイエルン・ミュンヘンへの移籍が決定した[6]。すぐさま、ハンス=イェルク・ブットから背番号1を譲り受けて定位置を確保。だが、8月7日ボルシア・メンヒェングラートバッハとの開幕戦ではジェローム・ボアテングとの連携ミスによりイゴール・デ・カマルゴに決勝点を決められ、0-1で敗れた。

しかし、8月13日VfLヴォルフスブルク戦(1-0)以降リーグ戦では10月23日ハノーファー96戦(1-2)に敗北するまでリーグ戦8試合・770分間連続無失点を記録した。さらに、10月18日UEFAチャンピオンズリーグSSCナポリ戦(1-1)にてホルガー・バトシュトゥバーのオウンゴールで失点するまで公式戦12試合・1140分間連続無失点も同時に記録した[7]

2012年4月25日、チャンピオンズリーグ準決勝のレアル・マドリード戦2ndレグは延長戦でも決着がつかずPK戦に突入。ここでクリスティアーノ・ロナウドカカのPKを止めて3-1で勝利し、決勝に進出した。5月20日チェルシーFCとの決勝戦はバイエルンの本拠地フースバル・アレナ・ミュンヘン[8]で行われた。トーマス・ミュラーのゴールで先制するが終了間際に追いつかれて、レアル戦同様延長でも決着がつかずPK戦に突入。1人目フアン・マタのPKを止め、さらには自らもPK戦を拒否したアリエン・ロッベンに変わってキッカーを務め、見事ペトル・ツェフの守るゴールを破ったが、結局イビツァ・オリッチバスティアン・シュヴァインシュタイガーが失敗して最後は同点弾のディディエ・ドログバに決められて4-3で敗北。ホームで11季ぶりの優勝はならなかった。

大型補強を敢行した2012-13シーズンは開幕8連勝を飾るなど首位を独走。リーグ戦ではバイエル・レバークーゼンに、チャンピオンズリーグではGLでBATEボリソフ、決勝トーナメントではアーセナルに敗れたが抜群の安定感を誇った。リーグ戦では14連勝を含む25戦連続無敗もあって新記録となる勝ち点91を叩き出して宿敵ボルシア・ドルトムントから3季ぶりにマイスターシャーレを奪還し、チャンピオンズリーグ決勝でもドルトムントとの同国対決を制して12季ぶり5回目の優勝を果たした。さらにDFBポカール決勝でもVfBシュトゥットガルトに勝利してドイツでは史上初となる「三冠」に輝いた。自身は31試合出場でわずか18失点[9]に抑え、ダンテハビ・マルティネス等新加入選手の多いDFラインを支えた。

2016年4月20日、バイエルン・ミュンヘンと2019年の夏まで契約を結んでいたが、期限を待たずに2年間の延長を決断し、契約期間は2021年6月30日までとなった[10]

代表[編集]

2014 FIFAワールドカップでのノイアー。

2009年に開催されたUEFA U-21欧州選手権では5試合で失点を4に抑え、ドイツの優勝に貢献した。

フル代表ではオリバー・カーンイェンス・レーマンら大ベテランが引退した後の正GK候補の一人と目されていたところに当時正GKを務めていたロベルト・エンケの死去、さらにエンケの代役となったレネー・アードラーの怪我といったアクシデントもあって、ハンス=イェルク・ブットティム・ヴィーゼら年長のライバルとのポジション争いに勝ち、正GKとして南アフリカW杯に臨むことになった。南アフリカW杯では3位決定戦以外の全試合にフル出場。出場した6試合を2失点に抑え、4度の完封を記録しドイツの2大会連続となる3位入賞に貢献した。決勝トーナメント1回戦のイングランド戦ではミロスラフ・クローゼのゴールをアシストした。W杯後は不動の正GKとして活躍している。

ブラジルW杯では決勝までの7試合で喫したのはわずかに4失点で、4試合で完封した。さらに、大会通算で86.2%という高いセーブ率を記録して大会の最優秀GKに選ばれドイツの優勝に貢献した[11]

エピソード[編集]

  • 憧れの選手はシャルケの正GKであったイェンス・レーマンである[12]
  • 2011年3月12日、ブンデスリーガの第26節アイントラハト・フランクフルトとの試合前に、ノイアーのチームメイトである内田篤人が前日に日本で起きた東日本大震災の被災地に向けメッセージを送るためにメッセージ入りのユニフォームを持っているのを見て「日本へのメッセージか。今日それを見せるのか」と問いかけたところ、内田が「勝ったら見せようと思う。負けたら見せない」と答えたので「じゃあ勝つ。僕が守るから今日は勝てる」と声をかけた。試合はノイアーのアシストもあり宣言通りシャルケは4試合ぶりに勝利した。試合終了後チームはサポーターの前で喜びを分かち合っていたが内田はメッセージを書いたユニフォームを着てたたずみ、しばらくしてチームメイトと共に控室に戻ろうとしたところ、ノイアーがそれに気付き再び内田をファンの前へエスコートしてメッセージを披露させた[13][2]
  • シャルケから移籍する直前には内田をドライブに誘い、オービスの位置やお気に入りのアイスクリーム屋を案内した[14]。なお、ノイアーと内田は同じ3月27日生まれである。
  • 長年愛したシャルケを去る決断の理由は「最高レベルでプレーするために一歩踏み出したい」とし、会見では目に涙を浮かべた[3]。また移籍先にバイエルンを選択した理由は「ドイツから出たくはなかった。ブンデスリーガは魅力的なリーグだし、ドイツで最高のクラブといったらバイエルン。僕はドイツで最高のクラブでプレーしたかったんだ」と述べた[15]
  • ただバイエルン移籍後のノイアーは、開幕前の練習試合でバイエルンサポーターから「僕らが君を受け入れることはない」という横断幕を掲げられ[16]、さらに9月18日の古巣シャルケ戦ではシャルケサポーターに「裏切り者」「馬鹿野郎」と罵声を浴び、さらに「マヌエル・ノイアーの死をここに偲ぶ。2005-2011[17]という横断幕を掲げられるという屈辱を味わい、船出は決して良好なものとは言えなかった。
  • ドイツ代表に定着してからはメスト・エジルなどの他の代表選手と共にヌテラのCMも出演している。
  • サッカーの他にバスケットボールの腕前も高い。
  • 2013年に公開されるピクサーの映画「モンスターズ・ユニバーシティ」のドイツ語版で、ゲスト声優としてフランク・マッケイ役を務めた[18]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

代表[編集]

代表国 出場 得点
2009  ドイツ 1 0
2010 10 0
2011 12 0
2012 8 0
2013 11 0
2014 10 0
2015 11 0
2016 7 0
通算 70 0

タイトル[編集]

シャルケ時代のノイアー(2010年)

クラブ[編集]

ドイツの旗 シャルケ04
ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン

代表[編集]

ドイツの旗 U-21ドイツ代表
ドイツの旗 ドイツ代表

個人[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ ノイアー、シャルケと契約更新せず=ドイツ代表GK-サッカー時事通信 2011年4月20日
  2. ^ a b 内田の最大の理解者ノイアーがシャルケとの契約延長を拒否…今夏に移籍濃厚SOCCER KING 2011年4月20日
  3. ^ a b 移籍決断の理由を明かすノイアーGoal.com 2011年4月21日
  4. ^ ファギー、ノイアーを絶賛も…Goal.com 2011年4月27日
  5. ^ ノイアー:「マン・Uは選択肢になかった」Goal.com 2011年4月27日
  6. ^ ノイアー、バイエルンの新守護神バイエルン・ミュンヘン公式サイト2011年6月1日
  7. ^ バイエルンの公式戦無失点記録、オウンゴールにより1147分でストップSOKKER KING 2011年10月19日
  8. ^ UEFA主催試合では命名権名称であるアリアンツ・アレーナの名称は使用できない。
  9. ^ [これはこのシーズンのバイエルンの全ての失点数であり、ブンデスリーガ最少記録でもある]
  10. ^ “バイエルン、守護神ノイアーと2021年まで契約延長「3冠が大きな目標」”. サッカーキング SOCCERKING. http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20160421/433168.html 2016年4月21日閲覧。 
  11. ^ その存在感はベッケンバウアー級。ノイアーが示した「リベロGK」の衝撃。 NumberWeb 2014年7月19日
  12. ^ Neuer - so gut wie sein Idol Lehmann RP-Online.de. 2008年3月7日
  13. ^ スポーツ報知2011年3月14日記事より。
  14. ^ 男の履歴書 内田篤人編|インライフ
  15. ^ ノイアー:「移籍する必要はなかったけど…」Goal.com 2011年6月3日
  16. ^ ノイアーに「お前を受け入れない」横断幕日刊スポーツ 2011年7月7日
  17. ^ 「ノイアーあなたはばか野郎だ」/ブンデス日刊スポーツ 2011年9月19日
  18. ^ ノイアーが映画『モンスターズ・インク』の続編で声優に初挑戦 Qoly.jp 2013年6月13日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]