ケヴィン・グロスクロイツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ケヴィン・グロスクロイツ Football pictogram.svg
Kevin grosskreutz.jpg
名前
ラテン文字 Kevin Großkreutz
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 1988年7月19日(28歳)
出身地 ノルトライン=ヴェストファーレン州の旗 ノルトライン=ヴェストファーレン州
ドルトムント
身長 186cm
体重 77kg
選手情報
在籍チーム ドイツの旗 VfBシュトゥットガルト
ポジション DF / MF / FW
背番号 19
利き足 右足
ユース
1992-1995 DJK Rot-Weiß Obereving
1995-1999 VfL Kemminghausen
1999-2002 FC Merkur 07 Dortmund
2002-2003 ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント
2003-2006 ドイツの旗 ロート・ヴァイス・アーレン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2007 ドイツの旗 ロート・ヴァイス・アーレン II 2 (2)
2006-2009 ドイツの旗 ロート・ヴァイス・アーレン 95 (23)
2009-2015 ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント 176 (23)
2015 ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント II (loan) 2 (0)
2016 トルコの旗 ガラタサライ 0 (0)
2016- ドイツの旗 VfBシュトゥットガルト 10 (0)
代表歴2
2010 ドイツの旗 ドイツ U-21 1 (1)
2010- ドイツの旗 ドイツ 5 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年9月17日現在。
2. 2014年6月6日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ケヴィン・グロスクロイツ(Kevin Großkreutz, 1988年7月19日 - )は、ドイツドルトムント出身のサッカー選手ドイツ代表。ポジションはディフェンダーミッドフィールダーフォワードVfBシュトゥットガルト所属。

来歴[編集]

クラブ[編集]

2002年ボルシア・ドルトムントのユースに入団。その後、ロート・ヴァイス・アーレンへ移籍して活躍。2009年7月、ボルシア・ドルトムントに復帰した。ユルゲン・クロップ監督の指導下でサイドアタッカーとして開花し、2009-10シーズンは入団1年目にしてリーグ戦5得点を記録した。

2010-11シーズンはドルトムントの中心としてリーグ優勝の立役者となった。ドルトムント出身でドルトムントへの愛は強く、新入りをなじませる役も行っている[1]

中盤ならどこでもプレーでき、DFのウカシュ・ピシュチェクが負傷した際は代わって右SBでプレーし見事に代役を務めるなどチームへの貢献度は高い。

2015年9月1日、8月31日にトルコスュペル・リグガラタサライSKとクラブ間合意したものの書類が遅れたため不成立と思われたが、FIFAからシステムエラーと判断されて移籍成立した。これによりグロスクロイツは次の移籍期間である2016年1月まで公式戦に出場することができない[2]

しかし移籍直後の9月頃から母国の家族と離れ離れになったことへの寂しさを吐露するなど、ホームシックを患い、移籍を志願していることが報道されるようになり[3]、2016年1月6日、VfBシュトゥットガルトへ2018年シーズン終了までの2年半契約で完全移籍した[4]

代表[編集]

U-19、U-20ドイツ代表の選出経験がある。2010年、A代表デビューを果たした。2014年に開催されたFIFAワールドカップにも代表メンバーに選出された。

エピソード[編集]

  • 2014年5月、チームメイトのユリアン・シーバーと共にケルン市内へ出かけていたところ、ケルンサポーターの男性と揉め事を起こした。その際に丁度手に持っていた買ったばかりのケバブを投げつけ、男性の顔面に当てる。これにより男性はチリソースで目を負傷し、被害届を提出。グロスクロイツは男性に向けてケバブを投げた事を否定し、地面に向けて投げたと話している[5]
  • ドイツ杯決勝でバイエルン・ミュンヘンに敗北後、ナイトクラブで飲酒し、酔った勢いでベルリン市内のホテルのロビーで排尿した[6]
  • どのポジションでもこなせる器用さから、YouTubeのブンデスリーガ公式アカウントが「スタメン全員がグロスクロイツで、途中出場する選手もグロスクロイツ」というジョーク動画を公開している[7]

個人成績[編集]

クラブでの出場記録[編集]

2016年9月17日時点

クラブ リーグ カップ 国際大会 その他 通算
クラブ リーグ シーズン 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ドイツ リーグ DFB
ポカール
ヨーロッパ その他 通算
ロート・ヴァイス・アーレン II Oberliga Westfalen 2006-07 2 2 - - - 2 2
ロート・ヴァイス・アーレン レギオナルリーガ 2006–07 27 6 0 0 - - 27 5
2007–08 35 12 1 0 - - 36 12
2. ブンデスリーガ 2008–09 32 6 1 0 - - 34 6
通算 94 24 2 0 0 0 0 0 96 24
ボルシア・ドルトムント ブンデスリーガ 2009–10 32 5 1 0 - - 33 5
2010–11 34 8 2 1 7 0 - 43 9
2011–12 31 7 6 0 5 1 1 0 43 8
2012–13 29 2 4 0 10 0 1 0 44 2
2013–14 33 1 6 1 10 1 1 0 50 3
2014-15 17 0 2 0 4 0 - 23 0
通算 176 23 21 2 36 2 3 0 236 27
ボルシア・ドルトムント II 3. リーガ 2014-15 2 0 - - - 2 0
レギオナルリーガ 2015-16 4 0 - - - 4 0
通算 6 0 0 0 0 0 0 0 6 0
トルコ リーグ テュルキエ
クパス
ヨーロッパ その他 通算
ガラタサライ スュペル・リグ 2015-16 - - - - -
ドイツ リーグ DFB
ポカール
ヨーロッパ その他 通算
VfBシュトゥットガルト ブンデスリーガ 2015-16 7 0 1 0 - - 8 0
2. ブンデスリーガ 2016-17 3 0 0 0 - - 3 0
通算 10 0 1 0 0 0 0 0 11 0
総通算 285 49 24 2 36 2 3 0 351 53

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

国際Aマッチ 5試合 0得点(2010年- )


ドイツ代表 国際Aマッチ
出場 得点
通算 5 0

タイトル[編集]

2011年、ブンデスリーガ優勝を祝うグロスクロイツ(右)

クラブ[編集]

ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント

代表[編集]

ドイツの旗 ドイツ代表

脚注[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]