アンドレ・シュールレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンドレ・シュールレ Football pictogram.svg
André Schürrle Chelsea vs AS-Roma 10AUG2013.jpg
チェルシーFCでのシュールレ
名前
ラテン文字 André Schürrle
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 1990年11月6日(24歳)
出身地 ラインラント=プファルツ州の旗ラインラント=プファルツ州
ルートヴィヒスハーフェン・アム・ライン
身長 183cm
体重 74kg
選手情報
在籍チーム ドイツの旗 VfLヴォルフスブルク
ポジション MF / FW (WG)
背番号 17
利き足 右足
ユース
1996-2006 Ludwigshafener SC
2006–2009 ドイツの旗 マインツ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009-2011 ドイツの旗 マインツ 66 (20)
2011-2013 ドイツの旗 レバークーゼン 65 (18)
2013-2015 イングランドの旗 チェルシー 44 (11)
2015- ドイツの旗 ヴォルフスブルク 14 (1)
代表歴2
2008-09 ドイツの旗 ドイツ U-19 11 (4)
2009 ドイツの旗 ドイツ U-20 1 (1)
2009-2010 ドイツの旗 ドイツ U-21 4 (3)
2010- ドイツの旗 ドイツ 46 (20)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年5月23日現在。
2. 2016年6月13日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アンドレ・シュールレ(André Schürrle, 1990年11月6日 - )は、ドイツルートヴィヒスハーフェン・アム・ライン出身のサッカー選手ブンデスリーガVfLヴォルフスブルク所属。ドイツ代表。ポジションはミッドフィールダーフォワード

来歴[編集]

クラブ[編集]

マインツ[編集]

地元のルートヴィヒスハーフェンSCでサッカーを始め、2006年に1.FSVマインツ05のユースチームに移籍。2009年8月7日のバイエル・レバークーゼン戦でプロデビューを果たし、9月11日のVfLボーフム戦で初ゴールを記録。一年目の2008-09シーズンから33試合に出場し5ゴールを挙げた。

2010年9月、翌シーズンからレバークーゼンでプレーすることが発表される。マインツでの2年目にして最後のシーズンとなった2009-10シーズンは34試合に出場し、クラブ記録となる15ゴールを決めた。

レバークーゼン[編集]

2011年夏にレバークーゼンに移り5年契約を結んだ。

チェルシー[編集]

2013年6月13日にチェルシーFCに移籍が決定した[1]。厳しいレギュラー争いの中なかなかレギュラー定着とまではいかないがコンスタントに出場を果たし、2014年3月1日のプレミアリーグ第28節フラムFC戦ではハットトリックを達成、勝利に貢献している。2015年2月に出場機会を求めてヴォルフスブルクに移籍したシュールレが、チェルシーで過ごした日々について「僕のチェルシー行きは間違いなく失敗ではないよ。最初のシーズンはチャンスを生かして、貴重なゴールを決めたからね」とコメントした[2]。また2014-15シーズンにチェルシーはプレミアリーグを優勝した事にモウリーニョ監督からシュールレにも優勝メダルをと、お祝いのメールを送っていたという[3]

ヴォルフスブルク[編集]

2015年2月2日、 VfLヴォルフスブルクに完全移籍することを発表し、約1年半ぶりのブンデスリーガ復帰となった[4]。契約期間は2019年までとなる。イギリス紙『デイリーメール』は推定移籍金2400万ポンド(約42億3000万円)が支払われたと報道している。

代表[編集]

2010年11月のスウェーデンとの親善試合でドイツ代表として初出場を果たした。2011年5月29日のウルグアイ戦で代表初得点を挙げると、続く6月7日のUEFA欧州選手権2012予選アゼルバイジャン戦、8月10日のブラジル戦、9月2日のオーストリア戦でも得点を挙げ、4試合連続ゴールを記録した。

2012年6月にはUEFA EURO 2012のメンバーに選ばれ、準々決勝のギリシャ戦を含む2試合に出場した[5]

2013年10月15日のワールドカップ予選スウェーデン戦でハットトリックを達成した。

2014 FIFAワールドカップではグループリーグのガーナ戦を除く6試合に途中出場。決勝トーナメント1回戦のアルジェリア戦では延長前半に先制点を挙げ、準決勝のブラジル戦では後半に2得点を挙げた。7-1という歴史的大勝を収めた一戦について、「僕がピッチに入った時、すでに5-0だった。ブラジルの選手は疲れて、『もうプレーしたくない』という状態になっていたよ」と振り返った。ブラジルにはMFオスカルとMFウィリアン、MFラミレスとチームメートが多数在籍していることもあり、「僕は仲間を抱きしめる必要があった」とコメント。「彼らは非常に悲しみ泣いていたよ。彼らには、新シーズンにチェルシーで僕達が何か大きなことをやると伝えたんだ。それでも、ああいった時は彼らは何も聞きたくなかった」と、仲間の心情を慮った[6]決勝戦では延長後半にマリオ・ゲッツェのゴールをアシストし、ドイツの東西統一後初となる優勝に貢献した。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

代表歴[編集]

代表国 出場 得点
2010  ドイツ 1 0
2011 10 5
2012 9 2
2013 10 4
2014 12 6
2015 4 3
通算 46 20

得点[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

イングランドの旗 チェルシーFC
ドイツの旗 VfLヴォルフスブルク

代表[編集]

ドイツの旗 ドイツ代表

脚注[編集]

外部リンク[編集]