ジェローム・ボアテング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェローム・ボアテング Football pictogram.svg
Jerome Boateng Training 2019-04-10 FC Bayern Muenchen-2 (cropped).jpg
FCバイエルン・ミュンヘンでのボアテング (2018年)
名前
本名 ジェローム・アギェニム・ボアテン
Jérôme Agyenim Boateng
ラテン文字 Jérôme Boateng
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
 ガーナ
生年月日 (1988-09-03) 1988年9月3日(33歳)
出身地 西ベルリン
身長 190cm
体重 94kg
選手情報
在籍チーム フランスの旗 オリンピック・リヨン
ポジション DF (CB)
背番号 27
利き足 右足
ユース
1994-2002 ドイツの旗 テニス・ボルシア・ベルリン
2002-2006 ドイツの旗 ヘルタ・ベルリン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2007 ドイツの旗 ヘルタ・ベルリンII 24 (1)
2007 ドイツの旗 ヘルタ・ベルリン 10 (0)
2007-2010 ドイツの旗 ハンブルガーSV 75 (0)
2010-2011 イングランドの旗 マンチェスター・シティ 16 (0)
2011-2021 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 229 (5)
2021- フランスの旗 オリンピック・リヨン
代表歴2
2004-2005  ドイツ U-17 4 (1)
2005-2007  ドイツ U-19 17 (2)
2007-2009  ドイツ U-21 15 (1)
2009-2019 ドイツの旗 ドイツ 73 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年6月27日現在。
2. 2018年7月11日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジェローム・ボアテングJérôme Agyenim Boateng, 1988年9月3日 - )は、ドイツ (旧:西ドイツ)・西ベルリン出身のサッカー選手リーグアンオリンピック・リヨン所属。元ドイツ代表。ポジションはディフェンダー。元ガーナ代表ケヴィン=プリンス・ボアテングは異母兄弟である。

経歴[編集]

クラブ[編集]

ヘルタ・ベルリンの下部組織出身。ヘルタで約5年間過ごし、2007年8月22日ハンブルガーSVへ移籍。

2010年6月5日マンチェスター・シティFCに移籍金1000万ユーロの5年契約で移籍した。即戦力として期待されたが、パブロ・サバレタアレクサンダル・コラロフ等とのレギュラー争いで後れを取ってしまい、更にプレミアリーグのスタイルに馴染めず、16試合の出場に留まった。

2011年7月14日バイエルン・ミュンヘンへ移籍し1年でドイツ復帰を果たした。当初は本人の意に添わない右サイドバックとしての起用も見られたが、2012-13シーズンからはダンテと共にセンターバックのコンビを組んで強固な守備を形成し、3冠達成(UEFAチャンピオンズリーグブンデスリーガDFBポカール)に貢献した。2015年12月18日、契約を2021年まで延長したことを発表した[1]

2016-17シーズンは新加入のマッツ・フンメルスとともにセンターバックのコンビを組むが、怪我の影響もあって21試合の出場に終わる。その後は定位置を掴んだものの、2018-19シーズンから監督に就任したニコ・コヴァチの元ではフンメルスとニクラス・ズーレが主に起用されたため出番を失った。冬には今の立ち位置に不満があることを表し、会長からは移籍を促された。シーズン終了後にはパリ・サンジェルマンFCなどが獲得に興味を示していた[2]が結局残留した。

2019-20シーズン、UEFAチャンピオンズリーグ決勝のパリ・サンジェルマン戦では準決勝に続いて負傷欠場となったが、チームは優勝を果たした[3]

2021年4月、2020-21シーズン終了後にバイエルン・ミュンヘンを退団する可能性が報じられた[4]

2021年8月31日、オリンピック・リヨンへの加入が発表された[5][6]

代表[編集]

ドイツ代表でのボアテング(2018年)

UEFA U-21欧州選手権2009ではメスト・エジルマルコ・マリンらと共にドイツU-21代表の一員として優勝を果たした。

ドイツ代表ヨアヒム・レーヴ監督もボアテングの活躍に注目し、2009年10月10日ロシア戦でA代表デビュー。このデビュー戦で退場処分を受けてしまうが、レーヴ監督からの評価は落ちることはなく、11月18日コートジボワール戦でもスタメンとして起用され、一躍サイドバックのレギュラー候補に名乗りを挙げた。南アフリカW杯では主に左サイドバックとして5試合に先発出場を果たした。準決勝でスペインに0-1で敗れたものの、3位決定戦ではウルグアイを3-2で下しドイツは2大会連続で3位に入った。

2016年6月26日UEFA EURO 2016決勝トーナメント1回戦・スロバキア戦で代表初得点となる先制ゴールを挙げて勝利に貢献した[7]

2018年9月、同胞のメスト・エジルが人種差別を受けて代表を引退することに対して、自身も同じ差別を受けている境遇に疑問を呈し彼を擁護した[8]

2019年3月、チームの若返り化を図るレーヴは、ボアテング、フンメルス、そしてトーマス・ミュラーの3人を今後代表に招集しない意向を明らかにした[9]。この件に関してエジルは否定的な見解を示している。

人物[編集]

  • ガーナ人とドイツ人のハーフであり、兄弟もそれぞれサッカー選手である。ただし、父親は同じ(ガーナ人)だが、兄とジェロームは母親(それぞれドイツ人)が違う。
  • 長兄はアマチュア選手としてプレーしているジョージ・ボアテング。これはオランダのサッカー選手、ジョージ・ボアテング同姓同名だが、全くの別人。
  • 次兄はジェローム同様ヘルタの下部組織出身のケヴィン=プリンス・ボアテング2010 FIFAワールドカップを前に、ガーナサッカー協会から代表入りを求められ、それまでドイツ国内でU-21代表はあったがA代表に選ばれたことのなかったケヴィンはガーナ代表としての資格を有していたため、そのまま国籍をガーナに変更し、ガーナ代表となった。その後大会直前に、ドイツ代表の有力候補であったミヒャエル・バラックと所属クラブの対戦中に交錯し、バラックが負傷しワールドカップへの参加が事実上不可能となったため、ドイツ国内から厳しい批判を浴びることとなった。さらに奇しくもガーナとドイツはグループリーグで同組となり、両国の対戦時にジェロームとケヴィンはそれぞれメンバーに選ばれ、ワールドカップでは珍しい「兄弟での対戦」が実現した。当日、ケヴィンはドイツサポーターからは大ブーイングを浴びた。
  • 母方の祖父は1954 FIFAワールドカップ優勝メンバーであるヘルムート・ラーンの従兄弟。

個人成績[編集]

クラブ シーズン リーグ リーグ戦 カップ戦 国際大会 その他 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ヘルタ・ベルリンII 2005–06 レギオナルリーガ 9 1 - - 0 0 9 1
2006–07 15 0 - - 0 0 15 0
通算 24 1 - - 0 0 24 1
ヘルタ・ベルリン 2006–07 ブンデスリーガ 10 0 1 0 0 0 0 0 11 0
通算 10 0 1 0 0 0 0 0 11 0
ハンブルガーSV 2007–08 ブンデスリーガ 27 0 3 0 7 0 0 0 37 0
2008–09 21 0 5 0 9 0 0 0 35 0
2009–10 27 0 1 0 13 1 0 0 41 0
通算 75 0 9 0 29 1 0 0 113 0
マンチェスター・シティ 2010–11 プレミアリーグ 16 0 3 0 5 0 0 0 24 0
通算 16 0 3 0 5 0 0 0 24 0
バイエルン・ミュンヘン 2011–12 ブンデスリーガ 27 0 6 0 15 0 0 0 48 0
2012–13 26 2 4 0 9 0 1 0 40 2
2013–14 25 1 5 0 9 0 4 0 43 1
2014–15 27 0 5 0 11 3 1 0 44 3
2015–16 19 0 4 0 7 0 1 0 31 0
2016–17 13 0 2 0 6 0 0 0 21 0
2017–18 19 1 3 1 9 0 0 0 31 2
2018-19 20 0 3 0 5 0 0 0 28 0
2019-20 24 0 4 0 9 0 0 0 38 0
2020-21 29 1 1 0 7 1 0 0 39 2
通算 229 5 37 1 87 4 7 0 363 10
総通算 354 6 50 1 121 5 7 0 535 11


代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

代表国 出場 得点
2009  ドイツ 2 0
2010 10 0
2011 7 0
2012 9 0
2013 8 0
2014 14 0
2015 7 0
2016 7 1
2018 7 0
通算 71 1

代表での得点[編集]

# 開催年月日 開催地 対戦国 スコア 結果 試合概要
1. 2016年6月26日 フランスの旗ヴィルヌーヴ=ダスクスタッド・ピエール=モーロワ スロバキアの旗 スロバキア 1–0 3–0 UEFA EURO 2016

タイトル[編集]

クラブ[編集]

マンチェスター・シティFC
バイエルン・ミュンヘン

代表[編集]

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 各国名門には落胆 バイエルン、ミュラーら主力4選手と契約延長 - Goal.com 2015年12月18日
  2. ^ バイエルン、今夏にDFボアテングの売却を図る…要求額はわずか28億円かサッカーキング 2019年8月22日
  3. ^ CL決勝、ネイマールはなぜPSGを優勝に導けなかったのか? 成長の跡を見せたが、足りなかったのは”. www.footballchannel (2020年8月24日). 2020年8月24日閲覧。
  4. ^ 一時代に終止符、ボアテングがバイエルン退団へ”. キッカー日本語版 (2021年4月6日). 2021年4月7日閲覧。
  5. ^ JÉRÔME BOATENG À L’OL JUSQU’AU 30 JUIN 2023”. Olympique Lyonnais (2021年9月1日). 2021年9月1日閲覧。
  6. ^ ジェローム・ボアテング、リヨンへ2年契約で加入”. キッカー日本語版 (2021年9月1日). 2021年9月2日閲覧。
  7. ^ スロバキア戦MOMのドラクスラー、先発起用の監督に感謝「僕を信頼してくれている」”. 超ワールドサッカー (2016年6月27日). 2021年7月15日閲覧。
  8. ^ 独代表引退のエジル、ボアテングの擁護コメントに感謝 「君は代表で苦しい時も…」フットボールゾーン 2018年9月23日
  9. ^ https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16122016/フットボールチャンネル 2019年3月7日

外部リンク[編集]