アレクサンダル・コラロヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • アレキサンダー・コラロフ
  • アレクサンドル・コラロフ
  • アレキサンダー・コラロヴ
  • アレクサンドル・コラロヴ
  • アレクサンダル・コラロフ
  • アレクサンダル・コラロヴ
  • アレクサンダー・コラロフ
  • アレクサンダー・コラロヴ
アレクサンダル・コラロヴ Football pictogram.svg
Kolarov Serbia.jpg
セルビア代表でのコラロヴ (2018年)
名前
愛称 セルビアのロベルト・カルロス
ラテン文字 Aleksandar Kolarov
セルビア語 Александар Коларов
基本情報
国籍 セルビアの旗 セルビア
生年月日 (1985-11-10) 1985年11月10日(35歳)
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア ベオグラード
身長 187cm
体重 83kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 インテル ・ミラノ
ポジション DF(LSB、CB)
背番号 11
利き足 左足
ユース
1999-2004 セルビアの旗 レッドスター
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2006 セルビアの旗 チュカリチュキ 44 (2)
2006-2007 セルビアの旗 OFKベオグラード 38 (5)
2007-2010 イタリアの旗 ラツィオ 82 (6)
2010-2017 イングランドの旗 マンチェスター・シティ 165 (11)
2017-2020 イタリアの旗 ローマ 100 (17)
2020- イタリアの旗 インテル 7 (0)
代表歴2
2006-2007 セルビアの旗 セルビア U-21 11 (1)
2008- セルビアの旗 セルビア 94 (11)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年7月8日現在。
2. 2021年6月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アレクサンダル・コラロヴ(Aleksandar Kolarov, 1985年11月10日 - )は、ユーゴスラビア(現・セルビア)出身のサッカー選手セリエAインテル ・ミラノ所属。ポジションはディフェンダー(左サイドバック)。コラロフとも表記される。FKのスペシャリストで、ローマダービーで対戦する両チームでゴールを決めた史上2人目の選手である[1]

経歴[編集]

クラブ[編集]

2007年7月17日、セルビアOFKベオグラードからイタリアSSラツィオへ、移籍金80万ユーロで移籍した。2007-08シーズンは怪我などの影響もあって17試合の出場にとどまった。しかし、2007年9月30日のレッジーナ戦では、ゴール前35メートルの距離からのシュートを決めた。

2010年7月24日、マンチェスター・シティFCに1800万ユーロで移籍[2]。2014年背番号を13から11に変更した[3]。在籍中はFAカップ、2度のリーグ制覇などに貢献した。

2017年7月23日、古巣SSラツィオのライバルクラブであるASローマに移籍金500万ユーロで移籍[4]、マンチェスターシティ時代の同僚エディン・ジェコと再び同僚となる。2017-18セリエA・開幕戦のアタランタ戦で直接フリーキックから決勝点となる移籍後初ゴールを挙げた。UEFAチャンピオンズリーグ・グル―プリーグチェルシー戦ではオーバーラップから相手DF2人を抜き去り強烈な一撃でゴールを奪うと、ジェコのゴールもアシストし[5]、決勝トーナメント進出に貢献した。決勝トーナメントでは全試合に出場し準決勝に進出するも、リヴァプールに2戦合計6-7で敗れ、決勝進出を逃した[6]

2018-19シーズンセリエA第6節のフロジノーネ戦でシーズン初ゴールを決めると、第7節ラツィオとのローマ・ダービーでは得意の直接フリーキックをゴール正面のペナルティーアーク内からゴール右下へ突き刺し、これが決勝点となった。またこのゴールでローマダービーで対戦する両チームでゴールを決めた史上2人目の選手となった(もう一人は元スウェーデン代表アルネ・セルモソンで、ラツィオで2得点、その後プレーしたローマで3得点を記録していた)[7]

2020年9月8日、インテルナツィオナーレ・ミラノに完全移籍で加入することが発表された[8]。リーグ開幕戦から3試合は本来のポジションではないセンターバックとして出場するも、怪我や新型コロナウイルスへの感染[9]、またアントニオ・コンテ監督の信頼を得られず、公式戦11試合のみの出場に留まり、チームとしてはリーグ優勝を果たすも、全く良い所なくシーズンを終えたが[10]、シーズンオフにチームと1年間の契約延長をした[9]

代表[編集]

セルビア代表としては、2007年夏にUEFA U-21欧州選手権2007へ出場。準決勝のベルギー戦ではフリーキックを決めて勝利に貢献するも、決勝のオランダ戦では警告を2度受けて退場。1-4で敗れ、準優勝であった。この結果を受けて北京オリンピックの出場権を獲得、本選にも出場したが、グループリーグで1勝も出来ずに敗退となった。

2008年5月28日のロシア戦で代表初キャップを記録。

2010年FIFAワールドカップ南アフリカ大会出場。

2012年9月11日のワールドカップ予選ウェールズ戦で代表初得点を挙げた。

2018 FIFAワールドカップのグループリーグ初戦のコスタリカ戦にて直接フリーキックを決めチームを勝利に導き[11]、その試合のMOMに選ばれたが、決勝トーナメントには進出出来なかった。

特徴[編集]

正確かつ強烈な左足のキックを武器とし、またフリーキックを得意とし、「セルビアのロベルト・カルロス」という愛称を持つ[11]

課題は、好不調の波が激しいことと気性が激しいこと。2009年9月23日のパルマ戦で主審に激しく抗議し、暴言を吐いたとして2試合の出場停止処分が下されている。また、5000ユーロの罰金も科された[12]

個人成績[編集]

代表[編集]


セルビア代表国際Aマッチ
出場得点
2008 2 0
2009 7 0
2010 8 0
2011 10 0
2012 11 1
2013 7 3
2014 7 2
2015 7 1
2016 7 1
2017 6 2
2018 9 1
通算 81 11

代表での得点[編集]

# 開催日 開催地 対戦国 スコア 結果 大会
1 2012年9月11日 セルビアの旗ノヴィ・サドスタディオン・カラジョルジェ ウェールズの旗 ウェールズ 1–0 6–1 2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
2 2013年6月7日 ベルギーの旗ブリュッセルボードゥアン国王競技場 ベルギーの旗 ベルギー 2–1 2–1
3 2013年9月10日 ウェールズの旗カーディフカーディフ・シティ・スタジアム ウェールズの旗 ウェールズ 0–2 0–3
4 2013年10月15日 セルビアの旗ヤゴディナヤゴディナ・シティ・スタジアム 北マケドニア共和国の旗 北マケドニア 3–0 5–1
5 2014年5月26日 アメリカ合衆国の旗ハリソンレッドブル・アリーナ ジャマイカの旗 ジャマイカ 2–0 2–1 親善試合
6 2014年9月7日 セルビアの旗ベオグラードスタディオン・パルチザーナ フランスの旗 フランス 1–1 1–1
7 2015年10月8日 アルバニアの旗エルバサンエルバサン・アレナ アルバニアの旗 アルバニア 0–1 0–2 UEFA EURO 2016予選
8 2016年5月29日 エストニアの旗タリンア・ル・コック・アレーナ エストニアの旗 エストニア 0–1 0–1 親善試合
9 2017年9月2日 セルビアの旗ベオグラード、スタディオン・ツルヴェナ・ズヴェズダ モルドバの旗 モルドバ 2–0 3–0 2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
10 2017年9月5日 アイルランドの旗ダブリンアビバ・スタジアム アイルランドの旗 アイルランド 0–1 0–1
11 2018年6月17日 ロシアの旗サマーラサマーラ・アリーナ コスタリカの旗 コスタリカ 0–1 0–1 2018 FIFAワールドカップ

タイトル[編集]

クラブ[編集]

マンチェスター・シティ
インテル

個人[編集]

  • セルビア年間最優秀選手賞 : 2011

脚注[編集]

  1. ^ “ローマのFK名手、古巣ラツィオとのダービーでゴール。史上2人目の快挙達成FOOTBALL CHANNEL、2018年9月30日
  2. ^ コラロフのシティ移籍が決定 - Goal.com 2010年7月25日
  3. ^ “DONE DEAL: Aleksandar Kolarov signs three-year contract extension at Manchester City”. Daily Star. (2014年6月12日). オリジナルの2014年6月13日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20140613164847/http://www.dailystar.co.uk/sport/football/383564/DONE-DEAL-Aleksandar-Kolarov-signs-three-year-contract-extension-at-Manchester-City 2014年6月12日閲覧。 
  4. ^ “セルビア代表DFコラロフがローマ移籍決定…過去には宿敵ラツィオに所属”サッカーキング、2017年7月23日
  5. ^ ジェコが衝撃のスーパーボレー!打ち合いとなったチェルシー対ローマ”. 2018年7月28日閲覧。
  6. ^ Liverpool lose to Roma, but advance to Champions League final on aggregate amid controversial referee decisions”. cbssports.com (2018年5月3日). 2018年5月3日閲覧。
  7. ^ “ローマのFK名手、古巣ラツィオとのダービーでゴール。史上2人目の快挙達成FOOTBALL CHANNEL、2018年9月30日
  8. ^ アレクサンダル・コラロフがインテルに加入”. FCインテルナツィオナーレ・ミラノ (2020年9月8日). 2020年9月10日閲覧。
  9. ^ a b インテル、35歳DFコラロフと契約延長…1年目の昨季は11試合に出場”. サッカーキング (2021年7月6日). 2021年7月8日閲覧。
  10. ^ “Inter Milan 2020/21 Report Cards: Aleksandar Kolarov”. MSN. (2021年6月6日). https://www.msn.com/en-us/sports/soccer/inter-milan-2020-21-report-cards-aleksandar-kolarov/ar-AAKLp9z?ocid=uxbndlbing 2021年6月16日閲覧。 
  11. ^ a b セルビア、コスタリカ撃破!“セルビアのロベカル”が強烈FK弾”. 2018年7月28日閲覧。
  12. ^ コラロフに2試合の出場停止 - Goal.com 2009年9月25日

外部リンク[編集]