シュテファン・ライナルツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シュテファン・ライナルツ Football pictogram.svg
Reinartz 220611 1109.jpg
名前
ラテン文字 Stefan Reinartz
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1989-01-01) 1989年1月1日(29歳)
出身地 エンゲルスキルヒェン
身長 189cm
体重 83kg
選手情報
在籍チーム ドイツの旗 バイエル・レバークーゼン
ポジション CB / MF (DH)
利き足 右足
ユース
1993-1998 ドイツの旗 ハイリゲンハウザーSV
1998-1999 ドイツの旗 ベルギッシュ・グラートバッハ
1999-2006 ドイツの旗 レバークーゼン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2009 ドイツの旗 レバークーゼンⅡ 35 (0)
2008-2015 ドイツの旗 レバークーゼン 148 (11)
2009 ドイツの旗 ニュルンベルク (loan) 16 (0)
2015-2016 ドイツの旗 フランクフルト 15 (1)
代表歴2
2004-2005 ドイツの旗 ドイツ U-16 6 (1)
2005-2006 ドイツの旗 ドイツ U-17 9 (1)
2006-2007 ドイツの旗 ドイツ U-18 4 (0)
2007-2008 ドイツの旗 ドイツ U-19 10 (1)
2008-2009 ドイツの旗 ドイツ U-20 4 (0)
2009-2010 ドイツの旗 ドイツ U-21 6 (0)
2010-2013 ドイツの旗 ドイツ 3 (0)
監督歴
2012-2015 ドイツの旗 レバークーゼン U-17 (アシスタント)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年5月23日現在。
2. 2013年6月2日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

シュテファン・ライナルツStefan Reinartz, 1989年1月1日 - )は、西ドイツ(現ドイツ)・エンゲルスキルヒェン出身の元サッカー選手。元ドイツ代表。サッカー指導者。ブンデスリーガバイエル・レバークーゼン所属。現役時代のポジションは守備的ミッドフィルダー及びセンターバック

プロ生活をする傍らで2012年夏以降、ボランティアとしてレバークーゼンのU-17チームで第2アシスタントコーチを務めている[1]

経歴[編集]

クラブ[編集]

ノルトライン=ヴェストファーレン州エンゲルスキルヒェンに生まれたライナルツは、ユース時代をハイリゲンハウザーSVとSVベルギッシュ・グラートバッハ09en)で過ごした後にバイエル・レバークーゼンの下部組織へ入団した。レバークーゼンの各世代別カテゴリーを順調に駆け上がり、2006-07シーズン後半からU-19チームで出場機会を増やし、最終的にチーム2位の出場機会を得るほどに中心選手としてプレーし、U-19ブンデスリーガ英語版優勝に貢献。同チームはオーバーリーガからレギオナルリーガ西部昇格を果たすも翌年に降格し、また、ライナルツ自身はシーズン後半からしか出場機会を得ることが出来なかった。

2008-09シーズンにレバークーゼンのトップチームと4年のプロ契約を締結。しかし、同シーズン前期の多くをBチームで過ごしていたことから、マルセル・リッセと共に同国2部1.FCニュルンベルクへ2010年まで期限付き移籍をした。2009年2月9日に第19節の1.FCカイザースラウテルン戦でプロ初出場を飾って[2]以降、全試合に出場し、ブンデスリーガ昇格に貢献した。ニュルンベルクでは試合の多くを守備的MFとして務め、終盤はCBを務めていた。

ニュルンベルクでの成功から、ユップ・ハインケス監督の要望で当初の予定より期限付き移籍を切り上げて2009-10シーズン開幕前にレバークーゼンへ復帰を果たし[3]、2009年7月31日にDFBポカールSVバベルスベルク戦でレバークーゼンの選手として初出場を飾った[4]。続くリーグの開幕戦で先発出場するもハムストリングの負傷により一時離脱を余儀なくされた。9月16日にUEFAヨーロッパリーグ 2010-11ローゼンボリBK戦(4-0)で欧州カップ戦初出場および初得点を記録。一方、負傷から復帰以降のリーグ戦では状態が整わなかったために途中出場した4試合を除いて先発出場し、守備的MFの主軸としての地位を確立した。また、11月6日のアイントラハト・フランクフルト戦(4-0)でリーグ初得点を挙げている。

2010-11シーズンは、好調なチームの中にあって出場した31試合中30試合に先発し、CBの主軸としてマヌエル・フリードリヒサミ・ヒーピアとコンビを組み、準優勝に貢献した。以降のシーズンは守備的MFを主戦場としている。

2016年5月、27歳の若さで現役引退を表明した[5]

代表[編集]

U-16代表から各世代別でプレーしてきたライナルツは、U-17代表時代にUEFA U-17欧州選手権2006の予選から主軸を務めて4位入賞に貢献。U-19時代は一時期クリストファー・ショルヒen)にポジションを奪われたものの、最終的に奪い返して主軸として活動し、さらにUEFA U-19欧州選手権2008では全試合に出場して優勝に貢献した。U-21代表でも主軸としてUEFA U-21欧州選手権2011予選で全試合に出場していたが、チームは本大会出場を逃している。

2010年5月6日にマルタ戦へ向けた一員にヨアヒム・レーヴ監督によってA代表初招集され、13日の同試合で72分にサミ・ケディラに代わり初出場を飾った[6]

脚注[編集]

  1. ^ "REINARTZ 1. Sieg als Trainer"
  2. ^ "Eigler trifft, Hornig fliegt"
  3. ^ "Reinartz bleibt in Leverkusen"
  4. ^ "Derdiyok braucht vier Minuten"
  5. ^ Stefan Reinartz beendet mit 27 seine Karriere”. dfb.de (2016年5月27日). 2017年7月24日閲覧。
  6. ^ "Reinartz feiert DFB-Debüt"

外部リンク[編集]