マリオ・ゲッツェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マリオ・ゲッツェ Football pictogram.svg
Mario Goetze Training FC Bayern München-2.jpg
バイエルンでのゲッツェ (2015年)
名前
ラテン文字 Mario Götze
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1992-06-03) 1992年6月3日(27歳)
出身地 メミンゲン
身長 176cm[1]
体重 71kg[1]
選手情報
在籍チーム ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント
ポジション MF (OMF)
背番号 10
利き足 右足
ユース
1995-1998 ドイツの旗 SCロンスベルク
1998-2001 ドイツの旗 FCアイントラハト・ハンブルク
2001-2009 ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009-2013 ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント 83 (22)
2013-2016 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 73 (22)
2016- ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント 60 (10)
代表歴2
2007 ドイツの旗 ドイツ U-15 2 (0)
2007-2008 ドイツの旗 ドイツ U-16 8 (3)
2008-2009  ドイツ U-17 13 (5)
2009  ドイツ U-21 2 (0)
2010- ドイツの旗 ドイツ 62 (17)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年5月20日現在。
2. 2016年11月15日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マリオ・ゲッツェ(Mario Götze, 1992年6月3日 - )は、ドイツバイエルン州メミンゲン出身のサッカー選手ブンデスリーガボルシア・ドルトムント所属。ドイツ代表。ポジションはミッドフィールダー

クラブ経歴[編集]

ドルトムント[編集]

初期の経歴[編集]

ドルトムントのユース出身で、8歳の時から所属していた[2]。2009年11月21日、マインツ戦にヤクブ・ブワシュチコフスキとの交代で途中出場し、プロデビューを果たした[3]。2009-10シーズンのウィンターブレイクの間に、ユルゲン・クロップ監督はゲッツェをトップチームに昇格させた。2009-10シーズンは5試合に出場した[4]。2010-11シーズン、ドルトムントはブンデスリーガを制したが、そのチームの中で重要な選手となった。41試合に出場し8得点を挙げた[5][6]香川真司が怪我でチームを離脱して以降、クロップはゲッツェを重用し、リーグ戦で6ゴール15アシストを記録。2004-05シーズン以降のブンデスリーガにおいて、18歳の選手として最高の記録を残した。

ドルトムントでのゲッツェ(2013年)

チームメイトの香川も「今期(2011-2012)はゲッツェが核となる」と高評価している[要出典]2011DFLスーパーカップシャルケ04戦に出場したが、チームは敗れた[7]。2011年夏の移籍市場で、アーセナルからの4000万ユーロのオファーをドルトムント側が断った[8]。2012年1月、股関節損傷と診断された。ゲッツェの股関節の軟骨は炎症を起こしていた[9]

2012年3月27日、ドルトムントと2016年までの新契約を締結した。この契約には3700万ユーロでの契約解除条項が設定されていた[10]。ゲッツェは契約延長について「僕がドルトムントでどれだけ快適に感じているか、みんなが知っている。クラブが復活を遂げたというにはまだ遠い。僕はこの発展の一部になりたい。」と話した[11]

2012年4月、負傷から復帰したが12日のシャルケ戦では出番はなかった。21日のボルシアMG戦で故障明け初出場を果たした。

2011-12シーズンも、ドルトムントはブンデスリーガを制した。ドルトムントの記録した勝点81はブンデスリーガの新記録だった。またDFBポカール決勝のバイエルン・ミュンヘン戦は5-2で勝利し、DFBポカールのタイトルも獲得した。このシーズンは公式戦7得点を記録した[7][12]

2012-13シーズン[編集]

バルセロナのリオネル・メッシアンドレス・イニエスタシャビ・エルナンデスはトライアングルを形成しているが、古典的なコンビではロイスとゲッツェに勝るものはない。チャンピオンズリーグでアヤックスを破った方法には私を感動させた。私は、彼らがミュンヘンで成功しない事を望む。
フランツ・ベッケンバウアー(2012年12月)[13]

シーズン初戦となったDFLスーパーカップのバイエルン戦は敗れた[14]。2012-13シーズンのブンデスリーガ開幕戦のヴェルダー・ブレーメン戦で途中出場し、ゴールを挙げて勝利に貢献した。12月19日、DFBポカール3回戦のハノーファー戦でハットトリックを達成した[15]

2013年3月5日、チャンピオンズリーグ・ラウンド16のシャフタール・ドネツク戦2ndレグで1ゴール1アシストを記録して、チームは3-2で勝利し、2戦合計5-2で準々決勝進出を決めた[16]。15年ぶりにドルトムントは準々決勝に進出した[17][18]。準決勝のレアル・マドリード戦2ndレグで太ももを負傷し途中交代した。チームは0-2で敗れたが、2戦合計4-3でレアル・マドリードを下して決勝に進出した[19]ウェンブリー・スタジアムで行われたバイエルン・ミュンヘンとの決勝戦は欠場した。

ドルトムントでの最後のシーズンとなったこのシーズン、ドイツ代表からのチームメイトで新加入のマルコ・ロイスと強力な攻撃陣を形成した。ゲッツェは公式戦で16ゴールを挙げた[14][20]

バイエルン・ミュンヘン[編集]

2013年4月23日、バイエルン・ミュンヘンが3700万ユーロでの契約解除条項を行使し、ゲッツェが7月1日に加入することを発表した[21][22][23][24]。この移籍によってドイツ人選手の移籍金の最高額を更新した[25][26]。同年夏の移籍市場で、メスト・エジルが5000万ユーロでアーセナルに移籍して再び更新した[27]。クロップ監督は、ゲッツェのバイエルン移籍の理由を、ゲッツェがジョゼップ・グアルディオラの下でプレーすることを望んだためだと語った[28]。この移籍発表が、チャンピオンズリーグのレアル・マドリード戦の36時間前だったため、この発表のタイミングに不快感をあらわにした[29]。後にクロップ監督は「ゲッツェはグアルディオラのお気に入りだ。」と主張して、ドルトムントに残留するように説得する機会が無かったと述べた[30]。この移籍は単にライバル間の移籍だけでなく、ゲッツェはバイエルン州出身とはいえドルトムントユース育ちでもあったため、ドルトムントサポーターはこの移籍を「裏切り」ととらえ激しい怒りを買った。背番号はドイツ代表で着ていた番号と同じ19番である。7月に行われたバイエルン・ミュンヘン入団の記者会見の席上で、バイエルンのスポンサーであるアディダスライバル企業のTシャツを着用して出席する失態を演じた。同様の行為を行ったマリオ・ゴメスヤン・キルヒホフと共に後日バイエルンより罰金の処分を受けた[31]

2013-14シーズン[編集]

バイエルンでプレーするゲッツェ(2013年)

2013年8月11日、ジェールETO FCとの親善試合で、60分からミッチェル・ヴァイザーとの交代で出場しバイエルンデビューを果たした。この試合で、ゲッツェは2得点を記録して4-1での勝利に貢献[32]。8月24日、1.FCニュルンベルク戦で移籍後初のリーグ戦出場となった。10月19日、マインツ戦に途中出場すると、1点ビハインドの状況から2つのゴールをアシストし、4-1での逆転勝利を演出した[33]

10月23日、チャンピオンズリーグヴィクトリア・プルゼニ戦で移籍後初ゴールを挙げた[34]。同じ試合でバスティアン・シュヴァインシュタイガーのゴールをアシストしている。10月26日、ヘルタ・ベルリン戦にトニ・クロースとの交代で途中出場し、バイエルンでのリーグ戦初ゴールを挙げた[35]。11月23日、古巣ドルトムント戦に途中出場し[36]、66分にトーマス・ミュラーのパスからアウトサイドでゴールをきめて、古巣のドルトムントから勝越し弾を上げた。この時、古巣への敬意から自らのゴールを祝う事は無かった[37]。11月27日、チャンピオンズリーグのCSKAモスクワ戦でその試合2点目のゴールを挙げて3-1で勝利した[38]。12月7日、ブレーメン戦では、ミュラーのゴールをアシストし、自身も試合終盤にゴールを挙げて7-0での大勝に貢献した[39]。12月17日、FIFAクラブワールドカップ・準決勝の広州恒大戦では47分にゴールを挙げ、チームは3-0で広州恒大を下して決勝に進出し[40][41]、決勝のラジャ・カサブランカ戦では80分から途中出場して[42]、チームは2-0で優勝した[42]

2014年1月24日、ボルシアMG戦では「偽9番」として起用され、先制点を記録した[43]。3月25日、ヘルタ・ベルリン戦に3-1で勝利し、バイエルンはリーグ優勝を決めた[44]。5月13日、ハンブルガーSV戦では2得点を挙げ、アシストも記録する活躍を見せた[45]。5月17日、DFBポカール決勝のドルトムント戦では、延長戦にもつれ込む中フル出場を果たし、チームは2-0でドルトムントを下して、バイエルンはシーズン2冠を果たした[46]。このバイエルンでの初めてのシーズンは、成功とフラストレーションの入り混じるシーズンとなり、公式戦で15得点を記録した[41][47][42][48]

2014-15シーズン[編集]

ゲッツェ(2014年10月)

2014年8月13日、DFLスーパーカップのドルトムント戦でシーズンをスタートさせたが、この試合は0-2で敗れた[49]。8月17日、DFBポカール1回戦のSCプロイセン・ミュンスター戦でシーズン初ゴールを挙げた[50]。8月22日、VfLヴォルフスブルクとのブンデスリーガ開幕戦では、62分までプレーした[51]。9月23日、SCパーダーボルン戦で2ゴールを挙げた[52]

10月18日、ブレーメン戦で再び2ゴールを挙げる活躍を見せた[53]。10月28日、FIFAバロンドールの23名の候補者が発表され、ゲッツェは候補者に選ばれた[54]。11月22日、ホッフェンハイム戦ではロングシュートを決めて、その週のリーグ最優秀ゴールに選ばれた[55][56]。2015年2月14日、ハンブルガーSV戦でこのシーズン3度目の1試合2得点を記録した[57]

4月28日、DFBポカール準決勝のドルトムント戦で、PK戦でPKを失敗した1人となりバイエルンは敗退した[58]。5月に、ベッケンバウアーはゲッツェのパフォーマンスの悪さやプレーに対する決意に欠如を指摘し批判した[59]。その後、チームメイトのアリエン・ロッベンは、批判的な意見に対してゲッツェを擁護した。「選手として一定の経験をする必要がある。」「特定の状況に対してどのように対処するかという事は、選手として強くする。批評はあなたの成長にとって良い事だ。あなたはこの状況を戦う必要がある。」と述べた[60]。このシーズンは、公式戦48試合で15ゴールを挙げた[49][61]

2015-16シーズン[編集]

2015年8月1日、DFLスーパーカップのヴォルフスブルク戦で84分から途中出場した[62]。8月9日、DFBポカールFCネッティンゲン英語版戦でゴールを挙げた[63]。9月16日、チャンピオンズリーグオリンピアコス戦では、79分から途中出場しチーム2点目のゴールを挙げた。試合後、グアルディオラ監督はゲッツェのパフォーマンスを称賛した[64]

9月22日、ヴォルフスブルク戦でアシストを記録し、チームは5-1で勝利した[65]。9月29日、ディナモ・ザグレブ戦にフル出場しゴールを挙げた[66]。10月4日、古巣ドルトムント戦でアシストを記録して勝利に貢献した[67] 。このシーズン公式戦21試合に出場し6ゴールを挙げた[62][68]

ドルトムント復帰[編集]

2016年7月21日、バイエルンからドルトムントに移籍金2600万ユーロで、さらにボーナスをつける待遇で完全移籍で復帰することを発表した[69]。2017年2月27日、内科医による精密検査の結果、代謝異常が発覚し、無期限のチーム離脱が発表された[70]

代表経歴[編集]

各年代の代表を経験し、U-17代表ではUEFA U-17欧州選手権の優勝に貢献し、FIFA U-17ワールドカップでは、チームトップの3ゴールを記録した。

2010年11月17日に行われたスウェーデン代表戦で初めてA代表に招集され、その試合でチームメイトのケヴィン・グロスクロイツと78分から交代で出場し[71]ウーヴェ・ゼーラー以来となる18歳の若さでA代表デビューを果たした選手となった[72]。また、この試合に出場したアンドレ・シュールレともに、東西統一後のドイツで生まれた選手として初めてドイツ代表でプレーした選手となった。

2014年7月13日リオデジャネイロマラカナンで行われた2014 FIFAワールドカップ・決勝アルゼンチン代表戦で、途中出場のゲッツェは、0-0のまま迎えた延長後半8分に左サイドから上がったアンドレ・シュールレのクロスボールにトラップをして左足で押し込み決勝点を挙げ、ドイツ代表を6大会ぶり4度目の優勝、ドイツ再統一(東西統一)後は初めてのタイトル獲得に貢献した。

人物[編集]

個人成績[編集]

クラブ[編集]

所属クラブ シーズン 背番号 リーグ戦 カップ戦 UEFA主催 シーズン通算成績
出場数 ゴール アシスト 出場数 ゴール アシスト 出場数 ゴール アシスト 出場数 ゴール アシスト
ボルシア・ドルトムント 2009-10 31 5 0 0 ––– ––– 5 0 0
2010-11 33 6 15 2 0 0 6 2 0 41 8 15
2011-12 11 17 6 5 2 1 1 6 0 2 25 7 8
2012-13 10 28 10 8 5 4 0 9 2 5 41 16 13
バイエルン・ミュンヘン 2013-14 19 27 10 9 4 1 3 11 3 1 42 14 13
2014-15 32 9 2 4 2 0 11 4 1 47 15 3
2015-16 14 3 - 2 1 - 4 2 - 20 6 -
ボルシア・ドルトムント 2016-17 10 3 0 - 0 0 0 1 1 - 4 1 -
合計 164 44 39 19 9 4 48 14 9 231 67 52

代表[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

国際Aマッチ 52試合 17得点(2010年- )


ドイツ代表国際Aマッチ
出場得点
2010 1 0
2011 11 2
2012 8 1
2013 6 3
2014 15 7
2015 7 3
2016 3 0
2017 1 0
通算 52 17

ゴール[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ボルシア・ドルトムント
バイエルン・ミュンヘン

代表[編集]

U-17ドイツ代表
ドイツ代表

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Mario Götze
  2. ^ Mario Götze seals Dortmund return from Bayern”. bundesliga.com. Fußball-Bundesliga. 2016年8月18日閲覧。 “He joined Borussia at the age of eight”
  3. ^ Borussia Dortmund vs. Mainz 05 0 – 0”. Soccerway (2009年11月21日). 2016年8月21日閲覧。
  4. ^ Mario Götze” (ドイツ語). kicker.de. kicker. 2014年8月18日閲覧。
  5. ^ Mario Götze”. ESPN FC. 2014年4月20日閲覧。
  6. ^ Mario Götze” (ドイツ語). kicker.de. kicker. 2014年8月18日閲覧。
  7. ^ a b “Fährmann bringt BVB zur Verzweiflung” (ドイツ語). kicker. (2011年7月23日). http://www.kicker.de/d-supercup-fb-1/2011/1/1139370/spielschema_borussia-dortmund-17_fc-schalke-04-2.html 2014年8月18日閲覧。 
  8. ^ “アーセナル、ゲッツェに44億円のオファーもドルトムントは拒否”. サッカーキング. (2011年8月31日). オリジナルの2011年11月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111124062659/http://www.soccer-king.jp/news/england/article/201108311330_arsenal_gotze.html 2011年9月25日閲覧。 
  9. ^ Whitney, Clark (2012年1月24日). “Borussia Dortmund's Mario Gotze set for lengthy injury lay-off”. goal.com. 2012年4月29日閲覧。
  10. ^ Trotz Ausstiegsklausel: Götze bleibt mindestens bis 2014 in Dortmund” (ドイツ語). fussballtransfers.com (2013年2月1日). 2013年4月10日閲覧。
  11. ^ Whitney, Clark (2012年5月27日). “Mario Gotze extends Dortmund contract until 2016”. goal.com. 2012年4月29日閲覧。
  12. ^ Mario Götze” (ドイツ語). kicker.de. kicker. 2014年8月18日閲覧。
  13. ^ Salisbury, Rob (2012年12月1日). “Beckenbauer: Gotze and Reus world's best midfield duo”. goal.com. 2014年4月21日閲覧。
  14. ^ a b “Die Bayern holen den ersten Titel der Saison” (ドイツ語). kicker. (2012年8月12日). http://www.kicker.de/d-supercup-fb-1/2012/1/1426981/spielbericht_bayern-muenchen-14_borussia-dortmund-17.html 2014年8月18日閲覧。 
  15. ^ Dortmund cruise through”. ESPN FC (2012年12月19日). 2012年12月20日閲覧。
  16. ^ Borussia Dortmund 3 Shakhtar 0 (agg 5–2): Gotze and Co show ruthless streak to seal progression to quarter-finals”. Daily Mail (2013年3月5日). 2013年3月6日閲覧。
  17. ^ Devastating Dortmund sweep Shakhtar aside”. UEFA (2013年3月5日). 2013年3月6日閲覧。
  18. ^ Borussia Dortmund dash Málaga's hopes with two injury-time goals”. Guardian (2013年4月9日). 2013年4月22日閲覧。
  19. ^ Borussia Dortmund prepared for Champions League final without Mario Götze — video”. The Guardian (2013年5月24日). 2013年6月13日閲覧。
  20. ^ Mario Götze” (ドイツ語). kicker.de. kicker. 2014年8月18日閲覧。
  21. ^ Röckenhaus, Freddie (2013年4月23日). “Von Guardiola ins Paradies gelockt” (ドイツ語). Süddeutsche Zeitung. http://www.sueddeutsche.de/sport/mario-goetzes-transfer-zum-fc-bayern-von-guardiola-ins-paradies-gelockt-1.1656971 2013年4月23日閲覧。 
  22. ^ “Götze wechselt für 37 Millionen zum FC Bayern” (ドイツ語). Die Welt. (2013年4月23日). https://www.welt.de/sport/fussball/article115517510/Goetze-wechselt-fuer-37-Millionen-zum-FC-Bayern.html 2013年4月23日閲覧。 
  23. ^ Mario Götze to join Bayern Munich from Borussia Dortmund”. Guardian (2013年4月23日). 2013年5月2日閲覧。
  24. ^ “FC Bayern verpflichtet Mario Götze”. バイエルン・ミュンヘン公式HP. (2013年4月23日). オリジナルの2013年4月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130425234300/http://www.fcbayern.telekom.de/de/aktuell/news/2013/41811.php 
  25. ^ “Mario Gotze to join Bayern Munich from Borussia Dortmund”. BBC Sport. (2012年4月23日). https://www.bbc.co.uk/sport/0/football/22261981 2013年4月23日閲覧。 
  26. ^ Bayern confirm Gotze signing”. FIFA.com (2013年4月23日). 2013年4月23日閲覧。
  27. ^ “Transfer-Hammer: Özil wechselt zu Arsenal” (ドイツ語). Österreich. (2013年9月2日). http://sport.oe24.at/fussball/Transfer-Hammer-Oezil-wechselt-zu-Arsenal/114755121 2013年9月2日閲覧。 
  28. ^ Maston, Tom (2013年4月23日). “Klopp: Guardiola signed Gotze”. goal.com. 2013年4月24日閲覧。
  29. ^ Jürgen Klopp annoyed at timing of Mario Götze's Bayern Munich deal”. Guardian (2013年4月23日). 2013年4月24日閲覧。
  30. ^ Uersfeld, Stephan (2013年5月29日). “Bayern chose Gotze over Neymar”. ESPN FC. 2013年6月13日閲覧。
  31. ^ ゲッツェらがスポンサーのライバル社製品着用で罰金AFP 2013年7月7日
  32. ^ Mario Gotze scores twice on debut”. ESPN FC (2013年8月11日). 2013年8月12日閲覧。
  33. ^ Schrader, Matthias (2013年10月19日). “Mario Götze inspires Bayern to comeback win; more Bundesliga”. sportsillustrated.cnn.com. 2013年10月20日閲覧。
  34. ^ “Remorseless Bayern brush Plzeň aside”. UEFA. (2013年10月23日). http://www.uefa.com/uefachampionsleague/season=2014/matches/round=2000479/match=2011798/postmatch/report/ 2013年10月24日閲覧。 
  35. ^ Mandzu and Götze inspire winning fightback”. FC Bayern Munich (2013年10月26日). 2013年10月27日閲覧。
  36. ^ Koylu, Enis (2013年11月23日). “The Ghost of Gotze: Super Mario returns to haunt crisis-hit Dortmund”. goal.com. 2013年11月28日閲覧。
  37. ^ Sub Mario Götze scored Bayern's opener against ex-employer Borussia Dortmund, didn't celebrate – 101 Great Goals”. Football greatest goals and highlights – 101 Great Goals. 2018年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月14日閲覧。
  38. ^ Hamley, Chris (2013年11月27日). “Ten straight CL wins for imperious Bayern”. FC Bayern Munich. 2013年11月28日閲覧。
  39. ^ Remorseless Munich thrash woeful Werder”. FC Bayern Munich (2013年12月7日). 2013年12月8日閲覧。
  40. ^ Bayern Munich's Franck Ribéry leads rout of Guangzhou Evergrande”. The Guardian (2013年12月17日). 2013年12月20日閲覧。
  41. ^ a b “Bayern im Finale – Guangzhou kein Prüfstein” (ドイツ語). kicker. (2013年12月17日). http://www.kicker.de/news/fussball/intligen/intwettbewerbe/klub-weltmeisterschaft/2013/3/1888095/spielbericht_guangzhou-yiyao-12640_bayern-muenchen-14.html 2014年3月11日閲覧。 
  42. ^ a b c “FCB holt sich den fünften Titel” (ドイツ語). kicker. (2013年12月21日). http://www.kicker.de/news/fussball/intligen/intwettbewerbe/klub-weltmeisterschaft/2013/6/1888099/spielbericht_bayern-muenchen-14_raja-casablanca.html 2014年3月11日閲覧。 
  43. ^ Hamley, Chris (2014年1月24日). “Assured FCB stretch lead and unbeaten run”. FC Bayern Munich. 2014年1月25日閲覧。
  44. ^ Hertha BSC 1–3 Bayern Munich”. BBC Sport (2014年3月25日). 2014年3月26日閲覧。
  45. ^ Champions Bayern leave Hamburg on the brink”. bundesliga.com (2014年5月3日). 2014年5月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月4日閲覧。
  46. ^ Peters, Jerrad (2014年5月17日). “Borussia Dortmund vs. Bayern Munich: DFB Pokal Live Score, Highlights, Report”. Bleacher Report. 2014年5月18日閲覧。
  47. ^ Mario Götze” (ドイツ語). kicker.de. kicker. 2014年8月18日閲覧。
  48. ^ Mario Götze » Club matches”. World Football. 2016年1月1日閲覧。
  49. ^ a b “Aubameyang köpft BVB zum Supercup-Sieg” (ドイツ語). kicker. (2014年8月13日). http://www.kicker.de/d-supercup-fb-1/2014/1/2396815/spielbericht_bayern-muenchen-14_borussia-dortmund-17.html 2014年8月16日閲覧。 
  50. ^ Holders FCB ease into second round”. FC Bayern Munich (2014年8月17日). 2014年8月17日閲覧。
  51. ^ Bayern Munich 2 – 1 VfL Wolfsburg”. BBC (2014年8月22日). 2014年8月23日閲覧。
  52. ^ Bayern Munich 4–0 Paderborn: Brace from Götze shoots Bayern to the top of the Bundesliga”. Vavel (2014年9月23日). 2014年9月28日閲覧。
  53. ^ Bayern Munich 6–0 SV Werder Bremen”. BBC Sport (2014年10月18日). 2014年10月22日閲覧。
  54. ^ Hayward, Paul (2014年10月28日). “Fifa Ballon d'Or 2014: English football not included among nominees”. The Telegraph. 2014年10月28日閲覧。
  55. ^ Bhardwaj, Vaishali (2014年11月22日). “Mario Gotze scores brilliant goal for Bayern Munich against Hoffenheim”. Metro. 2014年11月23日閲覧。
  56. ^ Götze's stunner voted Matchday 12 goal of the week”. bundesliga.com (2014年11月25日). 2014年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月27日閲覧。
  57. ^ Bayern München 8 – 0 Hamburger SV”. goal.com (2015年2月14日). 2015年2月14日閲覧。
  58. ^ “Bayern Munich 1–1 Borussia Dortmund”. BBC. (2015年4月29日). https://www.bbc.com/sport/live/football/32483389 
  59. ^ Fay, Sean (2015年5月7日). “Bayern Legend Franz Beckenbauer Says Mario Gotze Is Behaving Like a Child”. bleacher report. 2015年6月3日閲覧。
  60. ^ Uersfeld, Stephan (2015年5月21日). “Arjen Robben backs Mario Gotze to break out of recent slump”. ESPN FC. 2015年6月3日閲覧。
  61. ^ Mario Götze” (ドイツ語). kicker.de. kicker. 2015年5月16日閲覧。
  62. ^ a b Joker Bendtner ist zweimal zur Stelle” (ドイツ語). kicker.de (2015年8月1日). 2015年8月1日閲覧。
  63. ^ Lovell, Mark (2015年8月9日). “Mario Gotze shows confidence in Bayern Munich cup triumph”. ESPN FC. 2015年10月5日閲覧。
  64. ^ Wright, Joe (2015年9月17日). “Guardiola: I love Gotze”. goal.com. 2015年10月5日閲覧。
  65. ^ Wright, Joe (2015年9月22日). “Bayern Munich 5–1 Wolfsburg: Lewandowski nets FIVE IN NINE MINUTES as the Bavarians cruise”. goal.com. 2015年10月5日閲覧。
  66. ^ Bayern Munich 5–0 Dinamo Zagreb: Lewandowski hits treble in five goal win”. goal.com (2015年9月29日). 2015年10月5日閲覧。
  67. ^ Bayern Munich 5–1 Borussia Dortmund: Lewandowski and Muller send Pep's men further clear”. goal.com (2015年10月4日). 2015年10月5日閲覧。
  68. ^ Mario Götze” (ドイツ語). kicker.de. kicker. 2018年7月9日閲覧。
  69. ^ ゲッツェが3年ぶりにドルトムント復帰”. Kicker日本語版 (2016年7月20日). 2019年10月14日閲覧。
  70. ^ ゲッツェが悩まされている病気は”ミオパチー”?今後5~6週間は専門医の下へ | Goal.com” (日本語). www.goal.com. 2018年8月23日閲覧。
  71. ^ Schweden - Deutschland 0:0 | 8. Spieltag | Nationalteams Freundschaftsspiele 2010” (ドイツ語). kicker. 2019年10月14日閲覧。
  72. ^ Goldene Aussichten: Mit 18 schon Meister und Nationalspieler
  73. ^ Matthias Sammer Praises Wunderkind Mario Goetze” (英語). Goal.com. 2019年10月14日閲覧。
  74. ^ マリオ・ゲッツェ|史上最高の18歳”. サッカーキング (2011年3月10日). 2011年3月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月14日閲覧。
  75. ^ “ドイツ代表ゲッツェの弟フェリックス、兄を追ってバイエルンへ”. サッカーキング. (2014年7月17日). http://www.soccer-king.jp/news/world/20140717/212687.html?view=more 2016年9月5日閲覧。 
  76. ^ Check out ESPN's 2017 ranking of the top 100 most famous athletes on the planet” (英語). ESPN.com (2017年5月30日). 2017年6月10日閲覧。

外部リンク[編集]