ジョアン・フェリックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョアン・フェリックス Football pictogram.svg
João Felix 2019 (cropped).jpg
2019年
名前
本名 João Félix Sequeira
ジョアン・フェリックス・セケイラ
愛称 Menino de Ouro(ゴールデンボーイ)
ラテン文字 JOÃO FÉLIX
基本情報
国籍 ポルトガルの旗 ポルトガル
生年月日 (1999-11-10) 1999年11月10日(21歳)
出身地 ヴィゼウ
身長 181cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム スペインの旗 アトレティコ・マドリード
ポジション FW
背番号 7
利き足 右足
ユース
2007-2008 ポルトガルの旗 オス・ペスティニャス
2008-2015 ポルトガルの旗 FCポルト
2014-2015 ポルトガルの旗 パドロエンセFC (loan)
2015-2018 ポルトガルの旗 SLベンフィカ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2016-2018 ポルトガルの旗 SLベンフィカB 29 (7)
2018-2019 ポルトガルの旗 SLベンフィカ 26 (15)
2019- スペインの旗 アトレティコ・マドリード 58 (13)
代表歴2
2017  ポルトガル U-18 2 (2)
2018  ポルトガル U-19 2 (0)
2017-2018  ポルトガル U-21 10 (4)
2019- ポルトガルの旗 ポルトガル 18 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年5月22日現在。
2. 2021年6月4日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジョアン・フェリックス・セケイラ(João Félix Sequeira, [ʒuˈɐ̃w ˈfɛliks][注釈 1], 1999年11月10日 - )は、ヴィゼウ出身のポルトガルサッカー選手ポルトガル代表アトレティコ・マドリード所属。ポジションはフォワードミッドフィールダー

アトレティコ・マドリードへ移籍した際の推定移籍金は、1億2600万ユーロで、キリアン・エムバペネイマールフィリペ・コウチーニョに次ぐ史上4番目、10代としてはキリアン・エムバペに次いで高額な移籍金となっている。

UEFAヨーロッパリーグでは史上最少の18歳でハットトリックを達成、2019年にはゴールデンボーイ賞を獲得しており、将来のバロンドーラー候補の一人とされる[3][4][5]

クラブ経歴[編集]

ユース[編集]

ポルトガルのヴィゼウで生まれたフェリックスは、2007年にヴィゼウにあるクラブ、オス・ペスティニャスに入団する[6]。早くからベンフィカが興味を示していたが、ヴィゼウとリスボンの距離は300kmで、車でも3時間以上かかるため、より近いポルトを選択した[7]。2008年、8歳からのポルトのユースチームに加わった[8]。ポルトへの加入後、ヴィゼウとポルト間100kmを毎日母親が送迎していた[7][9]。12歳から実家を離れ、ポルトのユースチームの練習場の近くに住むようになった[9]。体格の小ささからポルトから放出され、パドロエンセにローンで半年間在籍した後、兼ねてから入団を誘われていたベンフィカに15歳で入団した[8]

SLベンフィカ[編集]

2016年9月17日、 ベンフィカBのSCフレアマンデ戦に、後半途中から出場し、リーガプロデビューした。83分にオーレリン・ブタに代わって出場。SLベンフィカBでの最年少出場選手となった[10]。2017年2月15日のアカデミコ・デ・ヴィゼウ戦で初得点を決めた[11]。シーズンで13試合に出場、3得点決めた。ベンフィカU-19の選手でもあり、26試合に出場、15ゴール決めた。ヨーロッパリーグでは、決勝トーナメントで6ゴールを決め、チームの決勝進出に貢献した。

2018年1月30日、ファマリカンとのホーム戦ではハットトリックを達成し、チームは5-0で勝利した[12]

2018-19シーズンから、トップチームに昇格、2018年8月18日、ボアヴィスタ戦でプリメイラ・リーガデビューした。1週間後、スポルティングとのリスボン・ダービーにてプリメイラ・リーガ初得点を決め、リスボン・ダービーで得点を決めた最年少選手となった[13]ブルーノ・ラージの監督就任後、より試合で起用されるようになった。2019年4月11日、ヨーロッパリーグ準々決勝、フランクフルト戦1stレグで、ハットトリックを決めた[14]。これは、ヨーロッパリーグ史上最年少(19歳152日)でのハットトリックとなった[15][16]。リーグ戦では得点ランキングで4位タイとなる15ゴールを決め、チームの優勝に貢献した。ヨーロッパの7リーグの10代の選手として、得点数とアシスト数がそれぞれカイ・ハフェルツジェイドン・サンチョに次いで2位となった[17]

アトレティコ・マドリード[編集]

2019年

2019年7月3日、アトレティコ・マドリードと7年間の契約を締結し、移籍金1億2600万ユーロ(約153億円[18])で移籍した[19]。この額は、キリアン・エムバペネイマールフィリペ・コウチーニョに次ぐ史上4番目、10代としてはキリアン・エムバペに次いで高額な移籍金となっている。最初の年に3000万ユーロを支払い、残りの9600万ユーロを分割で払う。SLベンフィカとの契約解除金は1億2000万ユーロだが、メディエーションサービスとして、600万ユーロもプラスして支払われる[20]。背番号は、アントワーヌ・グリーズマンの着用していた7番に決まった[21][22]

2019年8月19日、ヘタフェ戦でラ・リーガデビューをし、PK獲得する活躍をした[23][24]。 8月25日、レガネス戦でビトーロへのラ・リーガ初アシストをした[25]。9月1日、エイバル戦でラ・リーガ初ゴールを決めた[26]。10月1日、チャンピオンズリーググループステージのロコモティフ・モスクワ戦で、チャンピオンズリーグ初得点を決めた[27]。19歳でのこの得点は、アトレティコのチャンピオンズリーグ最年少得点記録となった[28]。2019年12月、21歳未満の欧州最高の選手に贈られるゴールデンボーイ賞を受賞[29]バロンドールでは、28位にランクインした[30]。2020年3月11日、UEFAチャンピオンズリーグ・ラウンド16のリヴァプール戦2ndレグで、相手GKアドリアンのキックミスを奪取し、マルコス・ジョレンテの得点をアシスト。その後、チームは2-3の逆転勝利し、準々決勝進出に貢献した。8月12日、準々決勝のライプツィヒ戦では、自ら獲得したPKを決めるも、チームは2-1で敗退した。シーズンを通して負傷が多く、合計で4回の負傷離脱と13試合もの負傷欠場をした[31][32]。また、リーグ戦では27試合に出場し、6ゴール1アシストしかできず、移籍金に見合った活躍を出来ず、マルカ紙の期待外れベスト・イレブンにも選ばれた[33]。結果を残せないフェリックスに対してディエゴ・シメオネ監督は、「彼のように20歳で絶対的なスターはほとんどいない。彼には疑いようのない才能がある」「時間をあげよう」と語った[34]

2020年

2020年9月27日、グラナダとのラ・リーガ開幕戦で1ゴール1アシストPK獲得の活躍をし、6-1の大勝に貢献した。10月27日、チャンピオンズリーググループステージのレッドブル・ザルツブルク戦で2ゴールを決め、チームの逆転勝利に貢献した[35]。4日後の31日、オサスナ戦で2ゴール[36]、1週間後の11月7日、カディス戦でも2ゴールを決めた[37]。2021年2月4日、新型コロナウイルスに感染し、2試合欠場した[38]

代表経歴[編集]

ユース代表[編集]

2017年6月14日、U-18代表として臨んだ、ノルウェーとの親善試合に後半途中から出場。代表デビューをし、2得点を決めた。

2017年10月10日、17歳でU-21代表として臨んだ、ボスニア・ヘルツェゴビナとの試合に後半途中から出場し、U-21代表デビューをした。2018年3月23日、リヒテンシュタインとの試合でU- 21代表での初得点を決めた。

2018年1月15日、U-19代表として臨んだトルコとの試合で後半途中から出場。U-19代表デビューをした。

各年代で招集され、14試合に出場、6得点を決めた。

A代表[編集]

2019年3月15日、EURO 2020予選に先立ち、A代表に初選出された。代表チームでの練習で足首を負傷し、試合に出られなかった。

ネーションズリーグ2018-19の決勝ラウンドのメンバーにも選出された。6月5日、スイスとの準決勝に後半から出場し、A代表デビューをした。4日後、ポルトガルはオランダを破り優勝した。

2020年9月5日のUEFAネーションズリーグクロアチア戦でフル代表初ゴールを決めた[39]

人物[編集]

  • 両親ともに教師である。
  • 4歳下に弟のウーゴ・フェリックスがおり、ベンフィカU-15チームに所属している。
  • ポルトガルの先輩、クリスティアーノ・ロナウドと比較されることについて、「クリスティアーノはクリスティアーノ。俺はジョアン・フェリックスになりたいんだ」と語っている[40]
  • アトレティコでの背番号について、ベンフィカ時代と同じで、ラ・リーガではトップチームの選手が着けることができない79番を一番に希望した。次に、既にアンヘル・コレアの着けていた10番を希望。最終的に7番に落ち着いたと明かした。

成績[編集]

クラブ[編集]

クラブ シーズン リーグ リーグ戦 カップ戦 リーグ杯 国際大会 その他 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ベンフィカ 2018-19 プリメイラ 26 15 6 1 2 1 9 3 0 0 43 20
通算 26 15 6 1 2 1 9 3 0 0 43 20
アトレティコ・マドリード 2019-20 プリメーラ 27 6 1 0 - 6 3 2 0 36 9
2020-21 31 7 1 0 - 8 3 0 0 40 10
通算 58 13 2 0 - 14 6 2 0 76 19
総通算 84 28 8 1 2 1 23 9 2 0 119 39
クラブ シーズン リーグ リーグ戦 合計
出場 得点 出場 得点
ベンフィカB 2016-17 リーガプロ 13 3 13 3
2017-18 17 4 17 4
総通算 30 7 30 7

代表[編集]

2020年11月17日現在

国際Aマッチ 18試合 3得点(2019年- )


ポルトガル代表国際Aマッチ
出場得点
2019 5 0
2020 8 3
2021 5 0
通算 18 3

代表での得点[編集]

2020年11月17日現在
No. 日付 スタジアム 試合数 相手 スコア 結果 コンペティション
1 2020年9月5日 ポルトガルの旗 ポルトエスタディオ・ド・ドラゴン 6  クロアチア 3–0 4–1 2020–21UEFAネーションズリーグA
2 2020年11月11日 ポルトガルの旗 リスボンエスタディオ・ダ・ルス 11  アンドラ 7–0 7–0 親善試合
3 2020年11月17日 クロアチアの旗 スプリト、スタディオン・ポリュド 13  クロアチア 2–1 3–2 2020–21UEFAネーションズリーグA


タイトル[編集]

クラブ[編集]

ベンフィカ
アトレティコ・マドリード

代表[編集]

個人[編集]

注釈[編集]

  1. ^ フェリックス自身の発音は[-liks]だが[1]、一般的にこの名前は[-liʃ]と発音される[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ a b https://www.youtube.com/watch?v=OhOKReTdYLM&t=60
  2. ^ Tipos de texto, o (sempre mal dito) nome Félix, 10 lusismos do inglês, e algumas das expressões mais saborosas de Nelson Rodrigues - Ciberdúvidas da Língua Portuguesa”. ciberduvidas.iscte-iul.pt. 2020年8月5日閲覧。
  3. ^ "Joao Félix has the talent to win the Ballon d'Or"” (英語). BeSoccer (2020年5月20日). 2020年10月10日閲覧。
  4. ^ Joao Felix can win the Ballon d'Or, says former Atletico Madrid man Simao | Goal.com”. www.goal.com. 2020年10月10日閲覧。
  5. ^ Campaign in Portugal for Joao Felix to win the Ballon d'Or” (英語). MARCA in English (2020年5月20日). 2020年10月10日閲覧。
  6. ^ Portugal - João Félix - Profile with news, career statistics and history - Soccerway”. uk.soccerway.com. 2020年4月4日閲覧。
  7. ^ a b 毎週1000キロを母が送り迎え。ジョアン・フェリックスの少年時代|海外サッカー|集英社 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva” (日本語). 集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva. 2020年8月5日閲覧。
  8. ^ a b vannyhenrico (2019-05-04) (ポルトガル語), História da infância de João Félix e fatos incontáveis de biografia, https://lifebogger.com/pt/joao-felix-hist%C3%B3ria-de-inf%C3%A2ncia-mais-fatos-de-biografia-n%C3%A3o-revelada/ 2020年4月4日閲覧。 
  9. ^ a b João Félix, a história do miúdo que cresceu muito depressa” (ポルトガル語). Maisfutebol. 2020年8月5日閲覧。
  10. ^ João Félix é o mais novo de sempre a jogar pelo Benfica B” (ポルトガル語). www.record.pt. 2020年4月4日閲覧。
  11. ^ II Liga: Benfica B perde com o Académico em Viseu (2-1)” (ポルトガル語). Maisfutebol. 2020年4月4日閲覧。
  12. ^ João Félix marca três golos na goleada do Benfica B ao Famalicão - DN” (ポルトガル語). www.dn.pt. 2020年4月4日閲覧。
  13. ^ João Félix: “I shivered” - SL Benfica” (英語). www.slbenfica.pt. 2020年4月4日閲覧。
  14. ^ ベンフィカのJ・フェリックス、19歳153日でEL史上最年少ハットトリック!ビッグクラブ行き加速化か | Goal.com”. www.goal.com. 2020年8月5日閲覧。
  15. ^ “C・ロナウド後継者”の才能爆発! EL史上最年少記録更新で涙のハットトリック” (日本語). フットボールチャンネル. 2020年8月5日閲覧。
  16. ^ “Europa League round-up: Joao Felix hat-trick; English refs award three pens and a red” (英語). BBC Sport. (2019年4月11日). https://www.bbc.com/sport/football/47903362 2020年4月4日閲覧。 
  17. ^ “Joao Felix: The Portuguese wonderkid who has been called the most exciting player since Cristiano Ronaldo” (英語). BBC Sport. (2019年7月3日). https://www.bbc.co.uk/sport/football/48385500 2020年4月4日閲覧。 
  18. ^ アトレティコがJ・フェリックス獲得を正式発表!…移籍金は推定153億円に”. サッカーキング. 2020年4月4日閲覧。
  19. ^ Reuters (2019年7月3日). “Atlético Madrid sign teenager João Felix from Benfica for €126m fee” (英語). The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/football/2019/jul/03/atletico-madrid-sign-benfica-teenager-joao-felix-for-fee-of-126m 2020年4月4日閲覧。 
  20. ^ Comunicado à CMVM” (ポルトガル語). www.slbenfica.pt. 2020年4月4日閲覧。
  21. ^ co.,Ltd, FromOne. “フェリックス、アトレティコで7番着用が決定…グリーズマンの後継者に” (日本語). サッカーキング. 2020年8月5日閲覧。
  22. ^ João Félix apresentado em direto pelo Atlético de Madrid [vídeo]” (ポルトガル語). Impala (2019年7月8日). 2020年4月4日閲覧。
  23. ^ A jogada de João Félix de que todos falam” (ポルトガル語). BeSoccer (2019年2月11日). 2020年4月4日閲覧。
  24. ^ Atletico Madrid start the season in typical fashion” (英語). MARCA in English (2019年8月18日). 2020年4月4日閲覧。
  25. ^ Fernandes, Mariana. “Ainda sem golos mas com assistência: Atl. Madrid bate Leganés com João Félix a assistir para o golo da vitória” (ポルトガル語). Observador. 2020年4月4日閲覧。
  26. ^ Bonsanti, Bruno. “João Félix fez seu primeiro gol oficial pelo Atlético e deu início à virada contra o Eibar” (ポルトガル語). Trivela. 2020年4月4日閲覧。
  27. ^ フェリックスのCL初弾などでアトレティコがロコモティフに快勝!《CL》【超ワールドサッカー】” (日本語). 超ワールドサッカー. 2020年8月2日閲覧。
  28. ^ João Félix estreia-se a marcar na Liga dos Campeões e faz história ao quebrar recorde | Vídeo” (ポルトガル語). Semanario SOL. 2020年4月4日閲覧。
  29. ^ “Golden Boy award: Joao Felix named best under-21 player in Europe” (英語). BBC Sport. (2019年11月27日). https://www.bbc.co.uk/sport/football/50570064 2020年4月4日閲覧。 
  30. ^ Megan Rapinoe, Lionel Messi win Ballon d’Or awards - Manistee News Advocate”. web.archive.org (2019年12月3日). 2020年4月4日閲覧。
  31. ^ Aマドリードの新星フェリックスが今季4度目負傷 - スペインリーグ : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2020年8月2日閲覧。
  32. ^ João Félix lesiona-se nos ligamentos do joelho esquerdo”. www.jn.pt. 2020年8月2日閲覧。
  33. ^ 久保建英を現地紙高評価、今季2つのベストイレブン - スペインリーグ : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2020年8月2日閲覧。
  34. ^ Simeone: "¿João Félix? No tenemos compromiso con nadie"”. www.msn.com. 2020年8月2日閲覧。
  35. ^ Nachrichten, Salzburger. “Champions League: Red Bull Salzburg unterliegt bei Atlético Madrid knapp mit 2:3” (ドイツ語). www.sn.at. 2020年11月8日閲覧。
  36. ^ Osasuna 1-3 Atletico Madrid: Joao Felix hits another brace for Simeone's men” (英語). beIN SPORTS. 2020年11月8日閲覧。
  37. ^ Atlético de Madrid - Cádiz, en directo: LaLiga Santander” (スペイン語). Mundo Deportivo (2020年11月7日). 2020年11月8日閲覧。
  38. ^ アトレティコ・マドリーに痛手…フェリックスが新型コロナ陽性。月末にはCLチェルシー戦も | Goal.com”. www.goal.com. 2021年2月26日閲覧。
  39. ^ “「とても満足」ポルトガル代表6試合目で初ゴールのジョアン・フェリックスがクロアチア戦を振り返る” (英語). web.ultra-soccer. (2020年9月6日). https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=381003 2020年9月8日閲覧。 
  40. ^ co.,Ltd, FromOne. “注目のJ・フェリックスがC・ロナウドとの比較に言及「僕自身の歴史を…」” (日本語). サッカーキング. 2020年8月5日閲覧。

外部リンク[編集]