マルコス・アロンソ・メンドーサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はアロンソ第二姓(母方の)はメンドーサです。
マルコス・アロンソ Football pictogram.svg
Marcos Alonso Mendoza.jpg
チェルシーFCでのアロンソ (2017年)
名前
本名 マルコス・アロンソ・メンドーサ
Marcos Alonso Mendoza
ラテン文字 MARCOS ALONSO
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1990-12-28) 1990年12月28日(29歳)
出身地 マドリード
身長 188cm
体重 81kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 チェルシーFC
ポジション DF (LSB)
背番号 3
利き足 左足
ユース
1998-2008 スペインの旗 レアル・マドリード
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008-2010 スペインの旗 レアル・マドリードB 39 (3)
2010 スペインの旗 レアル・マドリード 1 (0)
2010-2013 イングランドの旗 ボルトン 35 (5)
2013-2016 イタリアの旗 フィオレンティーナ 58 (4)
2014 イングランドの旗 サンダーランド (loan) 16 (0)
2016- イングランドの旗 チェルシー 113 (19)
代表歴2
2009  スペイン U-19 3 (0)
2018- スペインの旗 スペイン 3 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年7月26日現在。
2. 2019年11月9日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マルコス・アロンソ・メンドーサ(Marcos Alonso Mendoza, 1990年12月28日 - )は、スペインマドリード出身のサッカー選手チェルシーFC所属。ポジションはディフェンダー

直接フリーキックを得意としている[1]。元サッカー選手であるマルキートスを祖父に、同じくマルコス・アロンソ・ペーニャを父に持つ。

経歴[編集]

クラブ[編集]

レアル・マドリード[編集]

レアル・マドリードの下部組織出身であり、2008年にレアル・マドリード・カスティージャの一員となった。2010年4月4日、ラシン・サンタンデール戦にてトップチームデビューを果たした[2]

ボルトン[編集]

2010年夏の移籍市場で、3年契約でのボルトン・ワンダラーズFCへの移籍が発表された。ボルトンがプレミアに在籍していた2010-11シーズン、2011-12シーズンでは2年間で9試合出場・得点1と存在感を発揮できず、2011年5月2日には飲酒運転で女性の同乗者を死亡させてしまう事故を起こした[3]。しかし、逮捕されるも罰金で済まされた。ボルトンが2部に降格した2012-13シーズンは26試合出場の4得点と活躍した。

フィオレンティーナ[編集]

2013年5月31日、ACFフィオレンティーナに移籍することが発表された[4]。フィオレンティーナでの1年目となる2013年は出場機会が得られず、12月31日にサンダーランドへシーズン終了までのレンタルで移籍した[5]。2014-15シーズン初めからフィオレンティーナに復帰。ここからは出場機会を獲得して2014-15シーズンは22試合出場で1得点。翌2015-16シーズンは完全に主力となり31試合に出場して1得点。フィオレンティーナの16年ぶりのリーグ途中での首位に貢献した。

チェルシー[編集]

16年夏の移籍市場でチェルシーFCに移籍した[6]。契約期間は5年間で、移籍金は2300万ポンド[7]アントニオ・コンテ監督が3バックを採用すると、ウイングバックとしてレギュラーに定着した[8]。2016年11月5日のエヴァートン戦でチェルシーでのプレミアリーグ初ゴールを決め[9]、2017年1月14日のレスター戦でも2得点を決めた[10]。4月8日のボーンマス戦ではFKも決めている[11]。また2016-17シーズンにはファン選出のプレミアリーグベストイレブン[12]、スカイスポーツが選出した2016-17シーズン、プレミアリーグファンタジーイレブンにも選出された[13]

2017年8月20日、トッテナム戦で2ゴールを挙げて勝利に貢献した[14]。2018年4月14日、サウサンプトン戦でシェーン・ロングに対して悪質なプレーを行い、4月19日に3試合の出場停止処分が下された[15]。2017-18シーズンのプレミアリーグでは、フリーキックからの3ゴールを含め7ゴールを決めるなど[16]、PFA年間ベストイレブンに選ばれる活躍を見せた[17]。2018-19シーズン、プレミアリーグ第2節のアーセナルとのビッグロンドン・ダービーでは2-2から決勝ゴールを決め、勝利に貢献した[18]。2018年10月24日、クラブとの契約を2023年まで延長した[19]

2020年2月25日、UEFAチャンピオンズリーグ・ラウンド16のバイエルン・ミュンヘン戦でロベルト・レヴァンドフスキの顔面を腕で強打してしまい、退場処分を受けた[20]。2月29日、ボーンマス戦で2得点を記録し、引き分けに持ち込むことに貢献した[21]

代表[編集]

2018年3月、アルゼンチン代表ドイツ代表との親善試合にむけたスペイン代表メンバーに招集された[22]。アルゼンチン代表戦で代表デビューを飾り、親子3代でスペイン代表でのプレーを果たした[23]2018 FIFAワールドカップのメンバーからは落選した[24]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

チェルシーFC

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “今、「FK職人」はこの人!チェルシーのM・アロンソ、またも絶品キックを決める”. ChelseaFC. (2018年8月12日). https://qoly.jp/2018/01/29/marcos-alonso-freekick-vs-newcastle-united-kwm-1 2018年7月14日閲覧。 
  2. ^ マルコス・アロンソ | 公式サイト | チェルシーフットボールクラブ”. Chelsea FC. 2020年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月24日閲覧。
  3. ^ ボルトンのスペイン人DFが死傷事故、飲酒の疑い”. ゲキサカ (2011年5月3日). 2020年5月24日閲覧。
  4. ^ フィオレンティーナ、ボルトンから若手スペイン人DFを獲得”. サッカーキング (2013年6月1日). 2020年5月24日閲覧。
  5. ^ サンダーランドがM・アロンソの獲得を発表…半年間のレンタル”. サッカーキング (2013年12月31日). 2020年5月24日閲覧。
  6. ^ Alonso signs”. Chelsea F.C (2016年8月31日). 2016年8月31日閲覧。
  7. ^ Chelsea sign Marcos Alonso from Fiorentina”. Sky Sports (2016年9月1日). 2016年12月17日閲覧。
  8. ^ コンテ2年目のチェルシー、新システム採用も…M・アロンソ「さらに向上を」”. サッカーキング (2017年7月28日). 2020年5月24日閲覧。
  9. ^ “Chelsea top the Premier League as Eden Hazard inspires Everton thrashing”. The Guardian. (2016年11月5日). https://www.theguardian.com/football/2016/nov/05/chelsea-everton-premier-league-match-report 2016年11月5日閲覧。 
  10. ^ “Chelsea bandwagon rolls on as Marcos Alonso double sees off Leicester”. The Observer. (2017年1月14日). https://www.theguardian.com/football/2017/jan/14/leicester-city-chelsea-premier-league-match-report 2017年1月15日閲覧。 
  11. ^ “Chelsea team-mates teased me before my free-kick goal, says Marcos Alonso - Goal.com” (英語). Goal.com. (2017年4月9日). http://www.goal.com/en/news/1862/premier-league/2017/04/09/34463442/chelsea-team-mates-teased-me-before-my-free-kick-goal-says 2017年4月10日閲覧。 
  12. ^ “Your team of the season: Chelsea and Tottenham dominate selections”. BBC Sport. (2016年5月22日). http://www.bbc.co.uk/sport/football/39999749 2016年5月26日閲覧。 
  13. ^ Fantasy football of the season 2016-17”. SKY Sport (2017年4月27日). 2017年4月27日閲覧。
  14. ^ チェルシー、伏兵の2発で強敵撃破。スーパーサブのOGで一時ピンチも…”. フットボールチャンネル (2017年8月21日). 2020年5月24日閲覧。
  15. ^ 危険タックルのチェルシーDFマルコス・アロンソの3試合出場停止が確定”. 超ワールドサッカー (2018年4月19日). 2020年5月24日閲覧。
  16. ^ “Marcos Alonso All goals”. transfer.com. (2018年8月12日). https://www.transfermarkt.com/marcos-alonso/alletore/spieler/112515 2018年7月14日閲覧。 
  17. ^ 王者マンCから5人、スパーズから3人。英選手協会が今季ベストイレブン発表”. フットボールチャンネル (2018年4月18日). 2020年5月24日閲覧。
  18. ^ チェルシー、2点差追いつかれるも勝負強さ発揮で2連勝。アーセナルは開幕2連敗”. フットボールチャンネル (2018年8月19日). 2020年5月24日閲覧。
  19. ^ チェルシー、スペイン代表DFと契約延長。「世界最高のSBにもなれる」と監督”. フットボールチャンネル (2018年10月24日). 2020年5月24日閲覧。
  20. ^ 「腕で顔面を強打」 チェルシーDF、“顔面パンチ”のVAR退場に英紙注目「深刻と判断」”. www.football-zone.net (2020年2月27日). 2020年5月24日閲覧。
  21. ^ M・アロンソが先制弾&同点弾…チェルシー、AFCボーンマスに逆転許すも土壇場ドロー”. サッカーキング (2020年3月1日). 2020年5月24日閲覧。
  22. ^ 「親子3代」のスペイン代表選手が誕生へ。チェルシーの27歳DF初招集”. フットボールチャンネル (2018年3月17日). 2020年5月24日閲覧。
  23. ^ 「親子3代スペイン代表」が実現。チェルシーの27歳DFが代表デビュー”. フットボールチャンネル (2018年3月28日). 2020年5月24日閲覧。
  24. ^ スペイン代表、W杯メンバー発表。神戸移籍が噂のイニエスタも選出、モラタら外れる”. フットボールチャンネル (2018年5月21日). 2020年5月24日閲覧。

外部リンク[編集]