AFCボーンマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
AFCボーンマス
原語表記 Athletic Football Club Bournemouth[1]
愛称 The Cherries, Boscombe
クラブカラー 赤と黒
創設年 1890年
所属リーグ プレミアリーグ
ホームタウン ボーンマス
ホームスタジアム バイタリティ・スタジアム
収容人数 11,364[2]
代表者 ジェフ・モスティン
監督 アイルランドの旗 ガリー・オニール
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

アスレティック・フットボール・クラブ・ボーンマスAthletic Football Club Bournemouth)は、イングランド南西部・ドーセットボーンマスをホームタウンとする、イングランドプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。愛称はチームカラーの赤をさくらんぼの色に見立てたチェリーズCherries)。「ボーンマウス」と表記される場合もある[3]

歴史[編集]

ボスコムFCのクラブ名で創設。1923年にボーンマス&ボスコム・アスレティックFCに改称され、1972年に現在のAFCボーンマスとなった。

リーグ3部で戦っていた2008年に400万ポンド(約7億円)の負債を抱え破産申請し、勝ち点10を剥奪され4部に降格。翌シーズンも勝ち点マイナス17からのスタートという厳しい状況だったが、かつてボーンマスでDFとしてプレーしたエディ・ハウが監督に就任し残留を果たすと、翌シーズンに3部に再昇格した。

2011年にロシア人実業家のマキシム・デミン(Maxim Demin)がボーンマスの株式の50%を購入し共同オーナーとなってから戦力や施設が充実し、2012-13シーズンに3部で2位となり、フットボールリーグ・チャンピオンシップ(2部)に昇格、続く2014-15シーズンに2部で優勝し創設125年にして初のプレミアリーグ昇格を決めた[4]。以降トップリーグを死守。しかし、2019-20シーズンは18位に終わり、EFLチャンピオンシップに降格した。その後2021-22シーズンにチャンピオンシップで2位となり、3シーズンぶりにプレミアリーグに復帰した。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

  • フットボールリーグ・チャンピオンシップ:1回
2014-2015
  • フットボールリーグトロフィー:1回
1983-1984
  • フットボールリーグ・サードディヴィジョン:1回
1986-1987

国際タイトル[編集]

  • なし

成績[編集]

現所属メンバー[編集]

2019-20シーズン 基本フォーメーション
2023年1月31日 現在[5]

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
1 GK アイルランド マーク・トラヴァース
2 DF イングランド ライアン・フレデリックス (Flag of Scotland.svg)(Flag of Guyana.svg)
3 DF イングランド ジャック・スティーヴンス
4 MF イングランド ルイス・クック
5 DF イングランド ロイド・ケリー (キャプテン)
6 DF ウェールズ クリス・メファム (Flag of England.svg)
7 MF ウェールズ デイヴィッド・ブルックス (Flag of England.svg)
8 MF コロンビア ジェフェルソン・レルマ
9 FW イングランド ドミニク・ソランケ (Flag of Nigeria.svg)
10 MF スコットランド ライアン・クリスティー
11 FW ブルキナファソ ダンゴ・ワッタラ
12 GK アイルランド ダレン・ランドルフ (Flag of the United States.svg)
13 GK ブラジル ネト (Flag of Italy.svg)
14 MF イングランド ジョー・ロズウェル
No. Pos. 選手名
15 DF イングランド アダム・スミス
16 MF イングランド マーカス・タヴァーニアー
17 DF イングランド ジャック・ステイシー
19 MF イングランド ジュニア・スタニスラス (Flag of Saint Lucia.svg)
21 FW ウェールズ キーファー・ムーア (Flag of England.svg)
22 MF コートジボワール ハメド・ジュニオール・トラオレ
24 FW ガーナ アントワーヌ・セメニョ (Flag of England.svg)
25 DF アルゼンチン マルコス・セネシ (Flag of Italy.svg)
27 DF ウクライナ イリア・ザバルニー
29 MF デンマーク フィリップ・ビリング (Flag of Nigeria.svg)
32 FW イングランド ジェイドン・アンソニー (Flag of Jamaica.svg)
33 DF ジンバブエ ジョーダン・ゼムラ (Flag of England.svg)
-- DF ウルグアイ マティアス・ビーニャ (Flag of Italy.svg)

※括弧内の国旗はその他の保有国籍を、星印はEU圏外選手を示す。

監督

ローン移籍[編集]

in

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
3 DF イングランド ジャック・スティーヴンス (サウサンプトンFC)
22 MF コートジボワール ハメド・ジュニオール・トラオレ (USサッスオーロ・カルチョ)
No. Pos. 選手名
-- DF ウルグアイ マティアス・ビーニャ (ASローマ) (Flag of Italy.svg)
out

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
11 MF デンマーク エミリアーノ・マルコンデス (FCノアシェラン) (Flag of Brazil.svg)
18 FW ジャマイカ ジャマル・ロウ (クイーンズ・パーク・レンジャーズFC) (Flag of England.svg)
20 FW スコットランド シリキ・デンベレ (AJオセール) (Flag of Côte d'Ivoire.svg)
22 MF イングランド ベン・ピアソン (ストーク・シティFC)
No. Pos. 選手名
23 DF イングランド ジェームス・ヒル (ハート・オブ・ミドロシアンFC)
26 MF アイルランド ギャビン・キルケニー (チャールトン・アスレティックFC)
40 GK イングランド ウィル・デニス (スロウ・タウンFC)

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

GK

DF

MF

FW

脚注[編集]

  1. ^ What is brand protection?”. AFC Bournemouth. 2020年6月21日閲覧。
    Club trademarks”. AFC Bournemouth. 2020年6月21日閲覧。
  2. ^ Premier League Handbook 2019/20”. Premier League. p. 4. 2020年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月27日閲覧。
  3. ^ スポーツ振興くじなど。
  4. ^ 破産申請から奇跡の昇格へ…ボーンマス、創設125年で初のプレミア参戦が確定的に - 2015年5月2日 サッカーキング
  5. ^ First Team”. AFCボーンマス. 2022年8月9日閲覧。

外部リンク[編集]