シェーン・ロング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シェーン・ロング Football pictogram.svg
FIFA WC-qualification 2014 - Austria vs Ireland 2013-09-10 - Shane Long 02.jpg
2013年9月、アイルランド代表でのロング
名前
本名 Shane Patrick Long
カタカナ シェーン・パトリック・ロング
ラテン文字 Shane Long
基本情報
国籍 アイルランドの旗 アイルランド
生年月日 (1987-01-22) 1987年1月22日(29歳)
出身地 ティペラリー州ゴートナフー
身長 179cm
体重 81kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 サウサンプトンFC
ポジション FW
背番号 7
利き足 右足
ユース
1994-2002 アイルランドの旗 セント・ケヴィンズ
2002-2004 アイルランドの旗 セント・ミカエルズ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2005 アイルランドの旗 コーク・シティ 1 (0)
2005-2011 イングランドの旗 レディング 177 (46)
2011-2014 イングランドの旗 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン 81 (19)
2014 イングランドの旗 ハル・シティ 15 (4)
2014 イングランドの旗 サウサンプトン 58 (15)
代表歴2
2005-2006 アイルランドの旗 アイルランド U-19 8 (0)
2006 アイルランドの旗 アイルランド U-21 1 (0)
2006- アイルランドの旗 アイルランド[1] 71 (17)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年5月27日現在。
2. 2016年10月9日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

シェーン・パトリック・ロングShane Patrick Long, 1987年1月22日 - )は、アイルランド共和国ティペラリー州ゴートナフー出身のサッカー選手アイルランド共和国代表。ポジションはフォワードプレミアリーグサウサンプトンFCに所属。

少年時代はサッカー以外にも様々なスポーツを両立させていたが、後にサッカーに専念し、コーク・シティFCでプロキャリアを開始した。2005年から在籍したレディングFCでは一定の成功を収めており、加入1季目の2005-06シーズンはフットボールリーグ・チャンピオンシップのタイトルを獲得し、2010年には、FAカップ3回戦再試合においてリヴァプールFCを破って4回戦進出に導く活躍からクラブの年間最優秀選手賞に選出されている。2011年に移籍金600万ポンドプレミアリーグウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFCに加入し、2014年1月にハル・シティAFC、2014年8月にサウサンプトンFCへと移籍した。

アイルランド代表としては、2007年の初出場から45試合以上に出場し、UEFA EURO 2012でプレーした。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

アイルランド共和国ティペラリー州ゴートナフーに生まれる[2]。サッカー以外にもハーリングゲーリックフットボール選手としても名の知られた存在で地元クラブの少年チームに所属し、ハーリングでは2003年と2004年の2年連続で18歳以下の全国大会の準決勝に勝ち進んだ経験を持っている[3]。また、陸上競技バスケットボールにも熱心であり、特に陸上競技では年代別のアイルランド代表選手だった[2]

サッカーの方では13歳で始め、ツーマイルボリスのセント・ケヴィンズ (St Kevin's) とティラペリーのセント・ミカエルズ (St Michael's) でプレーした[2]

クラブ[編集]

コーク・シティ[編集]

2004年7月にスポーツ奨学金でパット・ドーラン (en) 監督率いるコーク・シティFCに入団する[3]ダミアン・リチャードソン (en) 監督が新たに就任した際の翌2005年シーズンに1軍に昇格を果たすと、3月25日にジョー・ギャンブル (en) と交代によって後半からリーグ・オブ・アイルランド初出場を飾り、5月2日のセタンタ・スポーツカップ戦でも交代によって後半から出場している。コーク・シティでは、僅かな出場だったものの、イングランドからのスカウトの目に留まり、ドーラン前監督の双子でフットボールリーグ・チャンピオンシップレディングFCエイモンド・ドーラン (en) コーチから切望されて[3]、2005年6月7日に同僚のケヴィン・ドイルと共に移籍した[4]

レディング[編集]

2008年、レディングFCの練習でのロング

レディングでの1季目は、リーグ戦において同胞のドイルに加えてデイヴ・キットソンリロイ・リタの控えとしてリーグ戦に11試合で途中出場10試合3得点を記録し、その全3得点がダービー・カウンティ戦においてのものであった[3]。また、2006年4月17日のストーク・シティFC戦において待望の初先発を飾る。FAカップでは全試合で先発出場を果たし、1得点を挙げた[3]プレミアリーグに昇格した2006-07シーズンは、8位と躍進するチームの中にあって昨季同様に控えが主体だったものの、2007年1月7日のシェフィールド・ユナイテッドFC戦において、プレミアリーグでの初得点を記録する[3]等で印象を残していき、シーズン終了後の7月4日に契約を2011年までの4年延長することに漕ぎ着けた[5]。翌2007-08シーズンの序盤戦において、リタの負傷、開幕戦のマンチェスター・ユナイテッドFC戦でキットソンがレッドカードによる3試合の出場停止となったため、先発での出場機会を得ていた[6]が、好機を活かしきれず両名の復帰と共に再び控えに戻っており、久方ぶりに先発出場した2008年3月16日のアンフィールドでのリヴァプールFC戦ではスティーヴ・コッペル監督から交代を告げられると、その際に自身の不甲斐ない出来に苛立ちユニフォームを地面に叩きつける問題行動を起こしていた[7]。後にクラブの公式サイト上で謝罪をし、罰金処分となった[8]

プレミアリーグから降格した2008-09シーズンも主に途中出場だったが、2008年12月のサウサンプトンFC戦での同点や最終節のノリッジ・シティFC戦で2得点を挙げ、最終的に9得点を記録して得点力を向上させた。シーズン終了後にドイルを始めキットソンやリタといった長年チームを支えてきたフォワード陣が去ったことで、2009-10シーズン開幕前の親善試合においてサイモン・チャーチ (en) と共にアピールをし、レギュラー候補に名乗りを上げた[9]。しかし、実際に開幕すると昨季の好調を維持出来ず、また、2009年11月28日のダービー・カウンティ戦では後半から途中出場したにもかかわらず、フレドリック・ストールへのタックルでレッドカードによる退場処分となる[10]苦しい時期を過ごしていが、2010年1月13日のFAカップ3回戦再試合でのリヴァプール戦において、1点を追いかける中で試合終了間際にヨッシ・ベナユンにファールされてペナルティーキックを獲得して延長に持ち込むと、その延長戦でブリニャル・グンナルソン (en) のクロスに頭で合わせて決勝点を挙げ、番狂わせの立役者となった[11]。すると、同試合を契機に得点を量産し、1月30日の本拠地でのバーンズリーFC戦 (1-0) で決勝点にしてリーグ戦におけるシーズン初得点[12]、次の敵地キープモート・スタジアムでのドンカスター・ローヴァーズFC戦 (2-1) 、2月9日の本拠地でのプリマス・アーガイルFC戦 (2-1) では2得点を挙げ、3連戦で4得点とした[13]。次のFAカップ5回戦でのウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC戦において、アブドゥライエ・メイテへのタックルで、シーズン2度目のレッドカードによる退場処分となって連続得点記録は途絶えた[14]ものの、出場停止明け初戦となった3月7日のFAカップ準々決勝でのアストン・ヴィラFC戦において2得点を挙げ[15]、次のリーグ戦でのダービー・カウンティ戦でも得点を挙げた。5月2日のマデイスキー・スタジアムでのプレストン・ノースエンドFC戦において、レディングでの通算出場数150試合目を達成した。

翌2010-11シーズンは開幕戦から先発に名を連ね、9月11日のクリスタル・パレス戦 (3-0) においてペナルティーキックを2度獲得し、その内1得点を挙げて、シーズン初得点と共にチームの初勝利に貢献[16]。11月4日には契約を2012年までの1年延長した[17]。その後も得点を重ねていき、12月28日のダービー・カウンティ戦[18]ボクシング・デーブリストル・シティ戦と2試合連続で複数点を挙げており[19]、2011年1月31日のバーンリーFC戦においても2得点を挙げた[20]。1月8日のFAカップ3回戦でのウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン戦 (1-0) では決勝点を挙げている。同シーズンのレギュラーシーズンにおけるリーグ戦は21得点を挙げ、ノリッジ・シティFCグラント・ホルト (en) と共にワトフォードFCダニー・グレアム (en)(24得点)に次ぐ得点ランキング2位となり[21]、その活躍にジミー・ケベジェム・カラチャン (en) を抑えてクラブの年間最優秀選手賞[22]アイルランドサッカー協会選定の年間最優秀若手選手に選出された[23]。最終的に5位でシーズンを終了して参加した昇格プレーオフでは、5月27日の準決勝でのカーディフ・シティFC戦 (3-0) においてPKを含む2得点を挙げ、同試合の最優秀選手に選出される活躍で決勝進出に貢献した[24]が、決勝戦でスウォンジー・シティAFCに敗れて昇格を逃した。しかし、ロング個人としては、代表での試合を含めて58試合28得点を記録する最高のシーズンを送り、ジョン・マデイスキー会長から「シェーンは世界クラスの選手であり、2000万ポンドの価値がある」と評された[25]

ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン[編集]

2014年2月、ハル・シティAFCでのロング

昨季のレディングでの活躍により、ウェストハム・ユナイテッドFCからオファーされる等、様々なクラブから関心を寄せられ[26]、2011年8月9日にプレミアリーグのウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFCとの3年契約が発表された[27]。移籍金は非公表ながら450万ポンドほどと推定され、出来高で最大650万ポンドまで上昇する契約が付随されており、その場合には2008年にRCDマヨルカからボルハ・バレロを獲得した際に費やされた470万ポンドを上回るクラブ史上最高額となっている[28]。背番号9を渡され開幕を迎えたロングは、8月14日の開幕戦でのマンチェスター・ユナイテッドFC戦 (1-2) において初得点を挙げる[29]素晴らしいスタートを切ると、続くチェルシーFC戦 (1-2) では開始4分に得点[30]、7試合目となった10月1日のサンダーランドAFC戦で開始5分に通算3得点目を記録と定期的に得点を重ねており、更に10月16日のウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC戦 (2-0) においては、得点を挙げることが出来なくとも同試合の最優秀選手に選出されるといった具合に得点以外の部分でもチームに好影響を与えていた[31]。好調の最中、次のアストン・ヴィラ戦において相手DFアラン・ハットンのタックルで膝の骨を損傷したことで6週間の離脱を余儀なくされた[32]が、早期に回復し、11月19日のボルトン・ワンダラーズFC戦において復帰を果たすと、決勝点を挙げてチームの位置を10位にまで引き上げることに貢献した[33]。その後、12月3日のクイーンズ・パーク・レンジャーズ戦 (1-1) 、3月25日のニューカッスル・ユナイテッドFC戦 (1-3) 、最終節のアーセナルFC戦 (2-3) において得点を挙げ、最終的にピーター・オデムウィンギーに次ぐチーム2位の8得点を記録し、チームは1980-81シーズン以来の好成績となる10位でシーズンを終えた。

2012-13シーズンは、開幕戦でのリヴァプール戦 (3-0) においてPKを2度獲得して勝利に貢献し、昨季同様に素晴らしいスタートを切った。なお、同試合は1度目のPKを失敗したが、2度目はオデムウィンギーがキッカーを務めて成功させている[34]。9月1日のエヴァートンFC戦を皮切りにアストン・ヴィラ、マンチェスター・シティ、チェルシー、サンダーランドを相手に得点を挙げ、また、フットボールリーグカップ第2回戦でのヨーヴィル・タウンFC戦では2得点を挙げ、11月末の時点で7得点と好調さを見せていたが、冬の移籍市場でロメル・ルカクが加入したことに伴い度々控えに追いやられ、最終的に公式戦11得点でシーズンを終了した。

2013-14シーズン開幕前の夏の移籍市場で、ハル・シティから移籍金500万ポンドが提示され、締め切り期限寸前まで交渉していた[35]ものの、前線のオプション不足のためにスティーブ・クラーク監督によって拒否された。その一方で最終日にステファン・セセニョンヴィクター・アニチェベが滑り込みで補強され、また、同移籍市場においてニコラ・アネルカモルガン・アマルフィターノスコット・シンクレアマチェイ・ヴィドラと前線が刷新されたため、熾烈な定位置争いが予想され[35]ており、実際に新戦力のアネルカ、アニチェベ、ヴィドラに加え、既存のサイド・ベラヒーノマルクス・ローセンベリとの争いによって先発での出場機会が限定されていた[36]。しかし、そのような状況にありながらも、先発出場した11月9日のチェルシー戦で先制点にしてシーズン初得点を挙げ、25日のアストン・ヴィラ戦においては前半11分間で2得点を挙げて同試合の最優秀選手に選出される活躍を見せた[37]

ハル・シティ[編集]

2014年1月17日、推定移籍金750万ポンド前後でハル・シティAFCとの3年半契約が発表された[38]。28日の敵地でのクリスタル・パレスFC戦 (0-1) において初出場を飾り[39]、2月1日の本拠地でのトッテナム・ホットスパーFC戦 (1-1) で初得点を挙げ[40]、続くサンダーランド戦においても得点を挙げた。3月22日には、KCスタジアムで行われた前所属のウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン戦において、ウェストブロムファンから温かく歓迎されていたにもかかわらず、開始30分にダイブをしてPKを獲得した行為から、以降ボールに触れる度にブーイングを受けることになったが、チームの追加点を挙げている[41]

サウサンプトン[編集]

2014-15シーズンのリーグ戦開幕前にUEFAヨーロッパリーグ 2014-15FK ASトレンチーン戦に両試合出場していたが、これがハル・シティでの最後の公式戦試合となっており、2014年8月14日に推定移籍金1200万ポンドでサウサンプトンFCとの4年契約が発表された[42][43]。その3日後の開幕戦でのリヴァプール戦でドゥシャン・タディッチと交代によって後半から初出場を飾った[44]

代表[編集]

2013年9月のオーストリア戦におけるアイルランド共和国代表でのロング

U-19、U-21と各年代別代表を経て、負傷者のケヴィン・ドイルスティーヴン・エリオット (en) の代役として、2007年2月のサンマリノ戦に向け、A代表に初招集され[45]、7日のUEFA EURO 2008予選における同試合で初出場を飾った[46]。3月28日のクローク・パークで行われたスロバキア戦に出場したことで、過去ハーリングの選手として2003年と2004年の18歳以下の全国大会ティペラリー州チームの一員として出場していたロングは、サッカーとハーリング両方でクローク・パークの芝を踏んだ初の選手となった[47]。デビュー年となった2007年は、5月26日の親善試合でのボリビア戦(1-1)で初得点[48]、8月22日のデンマーク戦で2得点を記録したほか、クラブでの活躍からフットボール・アソシエーション・オブ・アイルランドの最優秀若手選手賞にノミネートされた[49]

2011年3月のUEFA EURO 2012予選でのマケドニア戦で負傷したドイルと交代によって20分に途中出場する[50]と、得点こそなかったものの、好パフォーマンスから次の親善試合でのウルグアイ戦 (2-3) において先発を任され、頭で得点を挙げた[51]。2012年5月26日のボスニア・ヘルツェゴビナ戦 (1-0) において決勝点を記録した。その後のUEFA EURO 2012では、登録メンバーに名を連ね、グループリーグのイタリア戦、クロアチア戦に途中出場。チームはグループリーグ3戦全敗で敗退した。

2013年5月29日、ウェンブリー・スタジアムでのイングランド戦 (1-1) で頭によって代表通算9得点目を挙げる。6月2日のジョージア戦 (4-0) においては、初めて主将を務めた[52][53]

私生活[編集]

2013年6月に挙式を挙げる。既に3歳の娘を授かっていた[54]2人は、2014年2月に次女を授かった[55]

獲得タイトル[編集]

クラブ

イングランドの旗 レディングFC

個人

個人成績[編集]

クラブ シーズン リーグ FAカップ リーグカップ 国際大会 その他 合計
リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
コーク・シティ 2005 リーグ・オブ・アイルランド 1 0 0 0 1 0 2 0
レディング 2005-06 チャンピオンシップ 11 3 4 1 0 0 15 4
2006-07 プレミアリーグ 21 2 1 1 2 1 24 4
2007-08 プレミアリーグ 29 3 2 0 1 0 32 3
2008-09 チャンピオンシップ 37 9 1 0 3 0 2 0 43 9
2009-10 チャンピオンシップ 31 6 5 3 0 0 36 9
2010-11 チャンピオンシップ 44 21 4 2 1 0 3 2 52 25
2011-12 チャンピオンシップ 1 0 0 0 0 0 1 0
合計 174 44 17 7 7 1 5 2 203 54
ウェスト・ブロムウィッチ
・アルビオン
2011-12 プレミアリーグ 32 8 1 0 0 0 33 8
2012-13 プレミアリーグ 34 8 1 1 2 2 37 11
2013-14 プレミアリーグ 15 3 1 0 1 0 17 3
合計 81 19 3 1 3 2 87 22
ハル・シティ 2013-14 プレミアリーグ 15 4 0 0 0 0 15 4
2014-15 プレミアリーグ 0 0 0 0 0 0 2 0 2 0
合計 15 4 0 0 0 0 2 0 17 4
サウサンプトン 2014-15 プレミアリーグ 31 5 3 1 4 1 38 7
合計 31 5 3 1 4 1 0 0 38 7
通算 302 71 20 9 13 4 2 0 6 2 343 86

脚注[編集]

  1. ^ "Shane Long" fai.ie
  2. ^ a b c "It's a Long way from Tipperary"
  3. ^ a b c d e f "Shane Long Celebrates his 21st Birthday"
  4. ^ "Reading complete double Cork deal"
  5. ^ "Reading quartet clinch new deals"
  6. ^ "Long, winding road for Shane"
  7. ^ "Long makes Royals apology"
  8. ^ "Shane Long fined a week's wages for his shirt-throwing tantrum"
  9. ^ "Simon Church and Shane Long spearhead Reading attack"
  10. ^ "Derby 2-1 Reading" BBC Sport
  11. ^ "Liverpool 1-2 Reading" BBC Sport
  12. ^ "Reading 1-0 Barnsley" BBC Sport
  13. ^ "Reading 2-1 Plymouth" BBC Sport
  14. ^ "Reading 2-2 West Brom" BBC Sport
  15. ^ "Reading 2-4 Aston Villa" BBC Sport
  16. ^ "Reading 3-0 Crystal Palace" BBC Sport
  17. ^ "Shane Long signs new Reading FC contract"
  18. ^ "Reading 2-1 Derby" BBC Sport
  19. ^ "Reading 4-1 Bristol City" BBC Sport
  20. ^ "Reading 2-1 Burnley" BBC Sport
  21. ^ "2010-11 Divisional Scorers" football-league.co.uk
  22. ^ "SHANE Long is hoping to top his Player of the Season award by firing Reading to promotion"
  23. ^ "Doyle claims FAI accolades"
  24. ^ "Royals reach final after rout"
  25. ^ "Reading aware of Long interest"
  26. ^ "Reading will not buy if Shane Long leaves - McDermott"
  27. ^ Shane Long joins West Bromwich Albion from Reading”. BBC Sport (2011年8月9日). 2011年10月29日閲覧。
  28. ^ “Albion look to seal Shane Long deal”. Express & Star. http://www.expressandstar.com/sport/west-bromwich-albion-fc/2011/08/09/albion-look-to-seal-shane-long-deal/ 2011年10月29日閲覧。 
  29. ^ "West Brom 1-2 Man Utd" BBC Sport
  30. ^ "Chelsea 2-1 West Brom" BBC Sport
  31. ^ "Brace bags bragging rights"
  32. ^ "West Brom's Shane Long will miss six weeks with a knee injury"
  33. ^ "West Brom 2-1 Bolton" BBC Sport
  34. ^ "West Brom 3-0 Liverpool" BBC Sport
  35. ^ a b "Steve Bruce furious with West Brom after £5m deal for Shane Long falls through late on transfer deadline day"
  36. ^ "West Brom yet to secure Long's services"
  37. ^ "Premier League: Aston Villa stage second-half fightback to draw 2-2 at West Brom"
  38. ^ “ハル、2人目のFW補強 WBAからロング獲得”. Goal. http://www.goal.com/jp/news/74/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89/2014/01/17/4550776/%E3%83%8F%E3%83%AB%EF%BC%92%E4%BA%BA%E7%9B%AE%E3%81%AEfw%E8%A3%9C%E5%BC%B7-wba%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E7%8D%B2%E5%BE%97 2014年1月18日閲覧。 
  39. ^ "Crystal Palace 1-0 Hull" BBC Sport
  40. ^ "Hull 1-1 Tottenham" BBC Sport
  41. ^ "Hull 2 - West Brom 0: Long and short of an official clanger"
  42. ^ “ANNOUNCEMENT: Saints land Shane Long”. Saitsfc.co.uk. http://www.saintsfc.co.uk/news/article/14082014-announcement-shane-long-southampton-1828920.aspx 2014年8月20日閲覧。 
  43. ^ "Shane Long: Southampton sign Hull City striker"
  44. ^ "Liverpool 2-1 Southampton" BBC Sport
  45. ^ "Long ready to make Republic debut"
  46. ^ "San Marino 1-2 Rep of Ireland" BBC Sport
  47. ^ “Republic of Ireland 1–0 Slovakia”. fai.ie. (2007年3月22日). http://archive.is/QVbf 2012年10月28日閲覧。 
  48. ^ “Bolivia 1-1 Rep of Ireland”. BBC Sport. (2007年5月26日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/irish/6690809.stm 2012年10月28日閲覧。 
  49. ^ “Doyle, Dunne and Given nominated for Eircom/FAI Awards”. independent.ie. (2007年12月20日). http://www.independent.ie/sport/soccer/doyle-dunne-and-given-nominated-for-eircomfai-awards-26340130.html 2014年9月21日閲覧。 
  50. ^ "Republic of Ireland 2-1 FYR Macedonia" rte.ie
  51. ^ "No disgrace in defeat for second string"
  52. ^ "Wembley hero Long to captain Ireland"
  53. ^ "Republic of Ireland 4-0 Georgia" rte.ie
  54. ^ "Shane Long ties the knot with beautiful bride Kayleah Adams"
  55. ^ "Proud dad Shane Long shows off baby daughter Erin"

外部リンク[編集]