アンドレアス・クリステンセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アンドレアス・クリステンセン Football pictogram.svg
ACvsQarabag17.png
チェルシーFCでのクリステンセン(2017年)
名前
本名 アンドレアス・ブトガ・クリステンセン[1]
ラテン文字 Andreas Christensen
基本情報
国籍  デンマーク
生年月日 (1996-04-10) 1996年4月10日(22歳)
出身地 リレレード
身長 188cm[2]
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 チェルシーFC
ポジション DF(CB)
背番号 27
ユース
2004-2012 デンマークの旗 ブレンビーIF
2012-2015 イングランドの旗 チェルシーFC
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2014- イングランドの旗 チェルシーFC 28 (0)
2015-2017 ドイツの旗 ボルシアMG(loan) 62 (5)
代表歴2
2011  デンマーク U-16 1 (0)
2011-2012  デンマーク U-17 9 (2)
2013  デンマーク U-19 2 (0)
2013-  デンマーク U-21 21 (1)
2015-  デンマーク 14 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年5月20日現在。
2. 2017年11月14日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アンドレアス・ブトガ・クリステンセンデンマーク語: Andreas Bødtker Christensen1996年4月10日 - )は、デンマークのサッカー選手。デンマーク代表チェルシーFC所属。ポジションはCB

経歴[編集]

チェルシー[編集]

ユースからトップチームデビューまで[編集]

リレレードで生まれた彼は、地元のブレンビーIFのユースに所属した。ここに8年間所属し、アーセナルFCチェルシーFCマンチェスター・シティFCバイエルン・ミュンヘンといった一流クラブから興味を持たれた。2012年2月7日には自由契約でチェルシーFCに移籍、それはアンドレ・ビラス・ボアスが監督を務めていた最後の頃であった。チェルシーを選んだ理由として彼は「自分が好きなサッカーをしていたから」と答えている[3]

2013年5月19日に行われた、2012-13シーズンの最終戦ではトップチームのメンバーに名を連ねたが、試合には出場出来なかった。この試合はラファエル・ベニテスの監督としての最終試合でもあり、エヴァートンFCを相手にしたホームゲームは2-1で勝利に終わった[4]。2013-14シーズンの前の米国へのツアーでは、トップチームのメンバーに名を連ね、それ以来プロ契約を結ぶ事となった[2]

プロ初出場となったのは2014年10月28日に行われた、フットボールリーグカップ第四ラウンドのシュルーズベリー・タウンFC戦であった。この試合で右サイドバックとしてスターティングメンバーに名を連ねた彼はフル出場し、クラブの2-1の勝利に貢献した[5]。その後、2015年1月24日まで出場機会はなく、この日もまた右サイドバックとしてブラッドフォード・シティAFCとのFAカップ戦での出場であった。この試合は2-4で敗北した[6]

彼自身には出場の機会が無かったものの、チェルシーはトッテナム・ホットスパーFCを2-0で破り、フットボールリーグカップを制した。監督のジョゼ・モウリーニョは最終戦のMoMは誰かと問われた時に「シュルースベリー相手によくやったアンドレアス・クリステンセンだね。ジョン・テリー(実際のMoM)より素晴らしかったよ、何故なら我々はチームだからね。私は彼らを誇りに思うよ。」と述べた[7]

2015年4月13日、チェルシーU-19で臨んだUEFAユースリーグの決勝戦、シャフタール・ドネツク戦ではオウンゴールを献上してしまったものの、最終的には3-2の勝利に終わった。プレミアリーグでの初出場となったのは5月24日のサンダーランドAFC戦で、ミケル・ジョン・オビとの交代で12分出場し、3-1でのホームでの勝利に貢献した[8]。彼は2014-15シーズンのリーグ戦ではこの1試合しか出場が無かったものの、モウリーニョ監督はシーズンでの貢献から彼に優勝のメダルを渡すと述べた[9]

ボルシアMGへのローン[編集]

2015年7月10日にはチェルシーから1シーズンまたは2シーズンの長期契約でボルシア・メンヒェングラートバッハにレンタル移籍した[10][11]ブンデスリーガでの初得点は10月25日に行われたシャルケ04戦でオウンゴールであったが、幸いな事にチームは3-1での勝利に終わった[12]。その後もレギュラーに定着し、クラブ最優秀選手に選ばれる活躍を見せた。クラブ側はこの貢献を評価し、1425万ポンドの完全移籍オファーを出したものの、ローン元であるチェルシーが拒否。しかしローンでもう1シーズンボルシアMGに留まることとなった[13]

2016-17シーズンもCBの主力としての地位を守り、2シーズンでリーグ戦合計62試合に出場した。

トップチーム復帰[編集]

ドイツでの活躍により2017-18シーズンはローンバックされてチェルシーのトップチームの構想に含まれた。プレミアリーグ開幕節ではベンチスタートとなったもののギャリー・ケイヒルの退場もあり前半の早々に交代出場をすると、9月12日のカラバフFK戦に先発しチェルシーの選手としてCL初出場を果たした。

代表歴[編集]

2015年6月8日、ヴィボー・スタディオンで行われたモンテネグロ代表との親善試合で69分にピエール・エミール・ホイビュルクとの交代でデンマーク代表初出場となった[14]。2017年11月15日のアイルランドとの2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選プレーオフ2ndレグで同点弾となる代表初得点を挙げ、デンマークのワールドカップ出場権獲得に貢献した。

個人成績[編集]

2016年6月30日現在[15]
国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
イングランド リーグ戦 FLカップFAカップ 期間通算
2014-15 チェルシー 31 プレミア 1 0 1 0 1 0 3 0
ドイツ リーグ戦 リーグ杯DFBポカール 期間通算
2015-16 ボルシアMG 3 ブンデス 31 3 3 0 34 3
2016-17 31 2 3 0 34 2
通算 イングランド プレミア 1 0 1 0 1 0 3 0
ドイツ ブンデス 62 5 6 0 68 5
総通算 63 5 1 0 7 0 71 5

タイトル[編集]

クラブ[編集]

チェルシー
チェルシーリザーブ

参考文献[編集]

  1. ^ 01 February 2013 Premier League Clubs submit Squad Lists”. Premier League. 2014年12月13日閲覧。
  2. ^ a b “Christensen Chelsea Profile”. Chelsea F.C.. (2012年2月7日). http://www.chelseafc.com/teams/first-team/andreas-christensen.html 2012年2月7日閲覧。 
  3. ^ “Chelsea complete signing of 15-year-old Brondby defender Andreas Christensen on a free transfer”. Goal.com (Goal.com). (2012年2月7日). http://www.goal.com/en-gb/news/2896/premier-league/2012/02/07/2892141/chelsea-complete-signing-of-15-year-old-brondby-defender-andreas- 2012年2月7日閲覧。 
  4. ^ Phillips, Owen (2013年5月15日). “Chelsea 2–1 Everton”. BBC Sport. http://www.bbc.co.uk/sport/0/football/22499152 2014年10月28日閲覧。 
  5. ^ Chowdhury, Saj (2014年10月28日). “Shrewsbury 1–2 Chelsea”. BBC Sport. http://www.bbc.co.uk/sport/0/football/29699744 2014年10月28日閲覧。 
  6. ^ Emons, Michael (2015年1月24日). “Chelsea 2-4 Bradford”. BBC Sport. http://www.bbc.co.uk/sport/0/football/30860394 2015年1月24日閲覧。 
  7. ^ “Matic’s kit, phone calls, but no party: Chelsea's cup celebrations”. BBC Sport. (2015年3月1日). http://www.bbc.co.uk/sport/0/football/31687889 2015年3月2日閲覧。 
  8. ^ Winton, Richard (2015年5月24日). “Chelsea 3-1 Sunderland”. BBC Sport. http://www.bbc.co.uk/sport/0/football/32770811 2015年5月24日閲覧。 
  9. ^ Every Chelsea player to get a Premier League medal says Jose Mourinho | ESPN
  10. ^ “German loan for Christensen”. Chelsea. (2015年7月10日). https://www.chelseafc.com/news/latest-news/2015/07/german-loan-for-christensen.html 
  11. ^ Borussia bring in Chelsea’s Andreas Christensen on loan”. Borussia Mönchengladbach. Borussia VfL 1900 Mönchengladbach GmbH (2015年7月10日). 2015年7月10日閲覧。
  12. ^ “Borussia Monchengladbach 3-1 Schalke 04”. (2015年10月25日). http://www.espnfc.com/german-bundesliga/match/427038/borussia-monchengladbach-schalke-04/report 
  13. ^ Chelsea reject Borussia Monchengladbach bid for Andreas Christensen – Sky sources”. SkySports (2016年7月19日). 2017年9月23日閲覧。
  14. ^ Olsen, Allan (2015年6月8日). “Pierre-Emile er vores panzerwagen! [Pierre-Emile is our tank!]” (Danish). Ekstra Bladet. http://ekstrabladet.dk/sport/kommentarer/allanolsen/pierre-emile-er-vores-panzerwagen/5598839 2015年6月8日閲覧。 
  15. ^ アンドレアス・クリステンセン - Soccerwayによる個人成績。2015年2月9日閲覧。

外部リンク[編集]