レスター・シティFC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レスター・シティFC
原語表記 Leicester City Football Club
愛称 The Foxes, (The Blues, City [locally]), trad. The Filberts
クラブカラー     青(ブルー)
創設年 1884年
所属リーグ プレミアリーグ
ホームタウン レスター
ホームスタジアム King Power Stadium.JPGキング・パワー・スタジアム
収容人数 32,312
運営法人 キングパワー・インターナショナル・グループ英語版
代表者 タイ王国の旗 ヴィチャイ・スリヴァッダナプラバ英語版
監督 イングランドの旗 クレイグ・シェイクスピア
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

レスター・シティFCLeicester City Football Club)は、イングランドレスターシャーレスターをホームタウンとする、イングランドプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。

概要[編集]

1884年にレスター・フォッセとして創立され、1919年に現在の名称となる。2002年に現在の本拠地、キング・パワー・スタジアム2011年までの名称はウォーカーズ・スタジアム)に移転する。現在はプレミアリーグに所属し、同リーグにおいて1回の優勝記録を持つクラブであり、2015-2016シーズンにリーグ優勝を達成した。クラブカラーは青。

歴史[編集]

1990年代後半はエミール・ヘスキーロビー・サヴェージムジー・イゼットなどを擁してトップ10圏内に食い込むなど健闘していたが、2003-04シーズンにプレミアリーグから降格してからは、下部リーグでのシーズンが続いた。2007-08シーズンは降格圏内の22位で終了したため、クラブ創設以来初となる3部リーグへの降格が決定した。2008-09シーズンにリーグ1を制し、1シーズンでのチャンピオンシップ復帰を決めた。

2010年、経営難に陥った事から、タイの資本家ヴィチャイ・スリヴァッダナプラバ英語版が経営権を取得[1]。以後、阿部勇樹岡崎慎司などアジア人の獲得に積極的になっていく[2]

2013-14シーズン[編集]

2014年4月、 2対1でシェフィールド・ウェンズデイFCに勝利し、さらにクイーンズ・パーク・レンジャーズFCダービー・カウンティFCが敗れため、その時点で2位以上が確定し、プレミアリーグ復帰を4月の段階で決定させた。レスターのプレミアリーグ復帰は、2003-04シーズン以来、10年ぶりとなった。4月22日、ボルトン・ワンダラーズFCにアウェイで1対0で勝利し2013-2014シーズンのチャンピオンシップでの優勝が決定した。

2014-15シーズン[編集]

2014-15シーズンは、リーグ終盤まで最下位に沈んでいたが2015年4月以降の9試合は7勝1分1敗と強烈な“追い込み”で見事プレミアリーグに残留し、最終順位は14位であった。2015年6月26日、日本代表のFW岡崎の獲得を発表した。岡崎の獲得から4日後の30日には残留の立役者であるナイジェル・ピアソン英語版監督を解任し、解任の要因としてシーズン中に相手選手の首を絞める問題行動を起こしたことと、6月17日にはピアソン監督の息子のジェームズも5月に行われたアジアツアー中に乱交パーティーを行い、人種差別的発言をしたことで解雇された責任を問われたとされている[3]

2015-16シーズン[編集]

2015-16シーズンの開始にあたり、ピアソン監督の後任としてかつてチェルシーFCなどを率いたクラウディオ・ラニエリが就任した。ラニエリ監督自身が強調するようにシーズン当初のチームの目標はあくまでリーグ残留であり、勝ち点の獲得目標も40程度であった。しかしシーズン開幕後は新加入の岡崎慎司ジェイミー・ヴァーディの2トップからプレスをかけ続ける戦術がチームに完璧にフィットし勢いに乗る。ヴァーディがルート・ファン・ニステルローイによる2003年のリーグ戦連続ゴール記録(10試合連続ゴール)を抜いて11試合連続ゴール記録を達成するなど主力選手の好調が続き、シーズン前には誰も予想もしていなかった快進撃によりアーセナルFCに次ぐ2位で前半戦を終えた。後半戦もチームに勢いをもたらした運動量は衰えず、5連勝を記録するなどクラブの好調は続き、2016年4月10日サンダーランドAFCに2-0で勝利したことで、クラブ史上初となるUEFAチャンピオンズリーグの出場権獲得を確実なものとした。2016年5月2日、前日に引き分けたレスターは試合がなかったものの優勝を最後まで争ったトッテナムがチェルシーに引き分けたことで追いつく可能性がなくなり、クラブ創設132年目にして、またプレミアリーグでは1978年ノッティンガム・フォレスト以来38年ぶりの初優勝を果たした[4]

2016-17シーズン[編集]

昨シーズンの快進撃を受け、その立役者となったヴァーディやMFリヤド・マフレズダニー・ドリンクウォーターなどに移籍報道が相次ぐが、最終的にはエンゴロ・カンテ(→チェルシー)のみに留まり、イスラム・スリマニアーメド・ムサらを補強することに成功する。

開幕戦では昇格チームであるハル・シティに敗れ、前季プレミアリーグ優勝チームとしては初の開幕黒星となった[5]。2016年9月14日、初出場となったUEFAチャンピオンズリーグ第1節のクラブ・ブルージュ戦で3-0と勝利して、その後全6試合の終了を待たずして決勝トーナメント進出を果たした。しかしリーグ戦では昨シーズンが嘘のように不用意な失点を繰り返し、ヴァーディ、マフレズもスランプに陥り勝ち点3はおろか引き分けすら叶わない負のスパイラルに陥る。2017年2月17日のFAカップ5回戦ではフットボールリーグ1(3部相当)所属のミルウォールFCに0-1で敗れた。2月21日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦の第1戦、アウェイでのセビージャFCとの試合は1-2で敗れた翌日の2月23日、ラニエリ監督の解任が発表された。ここまでリーグ戦では5勝14敗6引分で17位で降格圏の18位との勝ち点の差はわずか1、年明けはリーグ戦全6試合無得点で、1引き分けの後に5連敗という散々な結果となっていた[6]。後任の監督にはコーチのクレイグ・シェイクスピアが昇格する形で暫定監督なった。3月14日、欧州CL1回戦の第2戦では本来の堅守速攻を取り戻して、2戦合計3-2でクラブ史上初のベスト8進出した。

監督交代後は様々なフォーメーションを模索していたラニエリとは対照的に、優勝した昨シーズンの配置、戦術への原点回帰を試み成功、リーグ戦でも連勝を重ね降格争いを脱出した。しかし、CLベスト8で激突した前年度ファイナリスト・アトレティコ・マドリードには2戦通じて試合巧者ぶりを見せつけられ惜敗。初挑戦の欧州の舞台はベスト8で幕を閉じた。

2017-18シーズン[編集]

シェイクスピアが正式に監督に就任。セビージャFCからビセンテ・イボーラを獲得。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

2015-16シーズンにプレミアリーグ初優勝を達成した。

国際タイトル[編集]

なし

過去の成績[編集]

シーズン ディビジョン FAカップ リーグ
カップ
欧州カップ / CL / EL / その他 最多得点者
リーグ 順位
2003-04 プレミア 38 6 15 17 48 65 33 18位 3回戦敗退 3回戦敗退 ポール・ディコフ
レス・ファーディナンド
13
2004-05 チャンピオン 46 12 21 13 49 46 57 15位 準々決勝敗退 2回戦敗退 デヴィッド・コノリー 13
2005-06 46 13 15 18 51 59 54 16位 4回戦敗退 4回戦敗退 マルク・デ・フリース
ジョーイ・グジョンセン
イアン・ヒューム
9
2006-07 46 13 14 19 49 64 53 19位 3回戦敗退 3回戦敗退 イアン・ヒューム 14
2007-08 46 12 16 18 42 45 52 22位 3回戦敗退 4回戦敗退 イアン・ヒューム 11
2008-09 リーグ1 46 27 15 4 84 39 96 1位 3回戦敗退 2回戦敗退 リーグトロフィー 北セクション
準々決勝敗退
マッティー・フライアット 32
2009-10 チャンピオン 46 21 13 12 61 45 76 5位 4回戦敗退 2回戦敗退 マッティー・フライアット 13
2010-11 46 19 10 17 76 71 67 10位 3回戦敗退 4回戦敗退 アンディ・キング 16
2011-12 46 18 12 16 66 55 66 9位 準々決勝敗退 3回戦敗退 デヴィッド・ニュージェント 16
2012-13 46 19 11 16 71 48 68 6位 4回戦敗退 2回戦敗退 デヴィッド・ニュージェント 16
2013-14 46 31 9 6 83 43 102 1位 3回戦敗退 5回戦敗退 デヴィッド・ニュージェント 22
2014-15 プレミア 38 11 8 19 46 55 41 14位 5回戦敗退 2回戦敗退 レオナルド・ウジョア 13
2015-16 38 23 12 3 68 36 81 1位 3回戦敗退 4回戦敗退 ジェイミー・ヴァーディ 24
2016-17 38 12 8 18 48 63 44 12位 5回戦敗退 3回戦敗退 チャンピオンズリーグ ベスト8
コミュニティ・シールド 準優勝
2017-18 38

現所属メンバー[編集]

2016-17シーズン 新体制フォーメーション

Soccer Field Transparant.svg

2017年7月4日現在
No. Pos. 選手名
1 デンマークの旗 GK カスパー・シュマイケル (副主将)
3 イングランドの旗 DF ベン・チルウェル
4 イングランドの旗 MF ダニー・ドリンクウォーター
5 ジャマイカの旗 DF ウェズ・モーガン (Captain sports.svg) (Flag of England.svg)
6 ドイツの旗 DF ロベルト・フート
7 ナイジェリアの旗 FW アーメド・ムサ
9 イングランドの旗 FW ジェイミー・ヴァーディ
10 ウェールズの旗 MF アンディ・キング (Flag of England.svg)
11 イングランドの旗 MF マーク・オルブライトン
12 イングランドの旗 GK ベン・ハマー
13 ガーナの旗 MF ダニエル・アマルテイ
17 イングランドの旗 DF ダニー・シンプソン (Flag of Jamaica.svg)
18 マリ共和国の旗 DF モラ・ワゲ (Flag of France.svg)
No. Pos. 選手名
19 アルジェリアの旗 FW イスラム・スリマニ
20 日本の旗 FW 岡崎慎司
22 イングランドの旗 MF デマレイ・グレイ (Flag of Jamaica.svg)
23 アルゼンチンの旗 FW レオナルド・ウジョア (Flag of Spain.svg)
24 フランスの旗 DF ナンパリス・メンディ (Flag of Senegal.svg)
25 ナイジェリアの旗 DF ウィルフレッド・ディディ
26 アルジェリアの旗 MF リヤド・マフレズ (Flag of France.svg) (Flag of Morocco.svg)
27 ポーランドの旗 DF マルチン・ヴァシレフスキ
28 オーストリアの旗 DF クリスティアン・フックス
29 チュニジアの旗 DF ヨアン・ベナルアン (Flag of France.svg)
-- イングランドの旗 DF ハリー・マグワイア
-- スペインの旗 MF ビセンテ・イボーラ
-- スイスの旗 GK エルディン・ヤクポヴィッチ (Flag of Bosnia and Herzegovina.svg) ★

※括弧内の国旗はその他の保有国籍を、星印はEU圏外選手を示す。

監督

ローン移籍[編集]

in
No. Pos. 選手名
18 マリ共和国の旗 DF モラ・ワゲ (グラナダCF)
out
No. Pos. 選手名
-- オーストラリアの旗 DF カラム・エルダー (ブレントフォードFC)
-- イングランドの旗 MF ハムザ・チョードリー (バートン・アルビオンFC)
-- イングランドの旗 MF マティ・ジェームズ (バーンズリーFC)
No. Pos. 選手名
-- ポーランドの旗 MF バルトシュ・カプストゥカ (SCフライブルク)
-- ウェールズの旗 FW トム・ローレンス (イプスウィッチ・タウンFC)

歴代監督[編集]

  • スコットランドの旗 ピーター・ホッジ 1919.9-1926
  • スコットランドの旗 ウィリアム・オア 1926-1932.1
  • スコットランドの旗 ピーター・ホッジ 1932-1934
  • スコットランドの旗 Arthur Lochhead 1934-1936
  • イングランドの旗 フランク・ウォマック 1936-1939
  • イングランドの旗 トム・ブロミロウ 1939-1945
  • イングランドの旗 トム・マザー 1945-1946
  • スコットランドの旗 ジョン・ダンカン 1946-1949.10
  • イングランドの旗 ノーマン・ブーロック 1949–1955
  • スコットランドの旗 David Halliday 1955-1958
  • スコットランドの旗 マット・ギリーズ 1958-1968
  • アイルランドの旗 フランク・オファレル 1968-1971
  • イングランドの旗 ジミー・ブルームフィールド 1971-1977
  • スコットランドの旗 フランク・マクリントック 1977-1978
  • スコットランドの旗 ジョック・ウォーレス・ジュニア 1978-1982
  • イングランドの旗 ゴードン・ミルン 1982-1986
  • イングランドの旗 ゴードン・ミルン 北アイルランドの旗 ブライアン・ハミルトン 1986-1987
  • 北アイルランドの旗 ブライアン・ハミルトン 1987
  • イングランドの旗 ゴードン・リー 1987-1991
  • イングランドの旗 ブライアン・リトル 1991-1994.10
  • スコットランドの旗 マーク・マギー 1994-1995
  • 北アイルランドの旗 マーティン・オニール 1995.12-2000.6
  • イングランドの旗 ピーター・テイラー 2000-2001
  • イングランドの旗 デイブ・バセット 2001-2002
  • イングランドの旗 ミッキー・アダムス 2002.4-2004.10
  • スコットランドの旗 クレイグ・リベイン 2004.10-2006
  • イングランドの旗 ロブ・ケリー 2006.2-2007.4
  • 北アイルランドの旗 ナイジェル・ワージントン 2007.4-2007.5
  • イングランドの旗 マーティン・アレン 2007.5-2007.8
  • イングランドの旗 ガリー・メグソン 2007.9-2007.10
  • イングランドの旗 イアン・ホロウェイ 2007.10-2008
  • イングランドの旗 ナイジェル・ピアソン 2008-2010
  • ポルトガルの旗 パウロ・ソウザ 2010.7-2010.10
  • スウェーデンの旗 スヴェン・ゴラン・エリクソン 2010.10-2011.10
  • イングランドの旗 ナイジェル・ピアソン 2011.11-2015
  • イタリアの旗 クラウディオ・ラニエリ 2015-2017
  • イングランドの旗 クレイグ・シェイクスピア 2017-

歴代所属選手[編集]

GK[編集]

MF[編集]

FW[編集]

関連書籍[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]