RCDエスパニョール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
RCDエスパニョール
原語表記 Reial Club Deportiu Espanyol de Barcelona
愛称 Periquitos
クラブカラー 青と白
創設年 1900年
所属リーグ リーガ・エスパニョーラ
所属ディビジョン プリメーラ・ディビシオン
ホームタウン バルセロナ
ホームスタジアム RCDEスタジアム
収容人数 40,000人[1]
代表者 中華人民共和国の旗 チェン・ヤンシェン
監督 スペインの旗 ダビド・ガジェゴ
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

レイアル・クルブ・デポルティウ・エスパニョール・デ・バルセロナ (Reial Club Deportiu Espanyol de Barcelona カタルーニャ語発音: [rəˈjaɫ ˈkɫub dəpurˈtiw əspəˈɲɔɫ də βərsəˈɫonə] ライアル クルブ ダプルティウ アスパニョール ダ バルサローナ) は、スペインカタルーニャ州バルセロナ県バルセロナに本拠を置くサッカークラブ。2019-20シーズンはリーガ・エスパニョーラプリメーラ・ディビシオン(1部)に所属する。

歴史[編集]

エスパニョールの選手達(1980年)

1900年10月28日にバルセロナ大学工学部の学生を中心として設立[2]。初期にはサグラダ・ファミリア近くの広場でプレーし、ソシエダ・エスパニョーラ (Sociedad Española de Footbal) と名乗っていたが一年後にクルブ・エスパニョール (Club Español de Fútbol) に名称を変更。外国籍選手を多く起用していた当時のスペインにおける多くのクラブとは異なり、選手はスペイン人のみに限定していた。1910年にクラブ名をクルブ・デポルティウに変更すると共にユニフォームも現在まで続く青地に白のストライプが入ったデザインとなった。

1912年にはアルフォンソ13世より「レアル」の名の利用が許されレアル・クルブ・デポルティーボ・エスパニョール (Real Club Deportivo Español de Barcelona) と呼ばれるようになった。1930年代の第二共和制下では、王室色を廃してカタルーニャ語を使用したクルブ・エスポルティウ・エスパニョール (Club Esportiu Espanyol) と称していた。1995年にはクラブ名をカタルーニャ語表記 (Reial Club Deportiu Espanyol de Barcelona) に改めている。ただし、「Deportiu」という表記はスペイン語の「Deportivo」の語尾だけをカタルーニャ語風にしたものであって、単語としては正しくない(カタルーニャ語では「Esportiu」)。略称の「RCD」を変化させずにカタルーニャ語表記にするための苦肉の策である。

同じくバルセロナ県を本拠地とするFCバルセロナとの試合はバルセロナ・ダービーと呼ばれる。

2004-05シーズンにリーグ戦5位、2005-06シーズンにはコパ・デル・レイ制覇、2006-07シーズンにはUEFAカップで準優勝を果たしている。下部組織からはダニエル・ハルケマルク・トレホンなどを輩出している。

2006年夏、ビルバオUEFAカップ出場権を獲得したエルネスト・バルベルデ監督と契約した。

2006-07シーズン前半戦は優勝争いに絡んだが、後半戦に大きく失速して11位でシーズンを終えた。FWラウール・タムードとFWルイス・ガルシアの両エースが合わせて25得点し、ラウール・タムードはマラニョンが持っていたクラブ記録(111得点)を塗り替えた。UEFAカップではアヤックス・アムステルダムなどと同居したグループリーグを4戦4勝(得点11、失点2)で首位通過し、決勝トーナメントではASリヴォルノ・カルチョマッカビ・ハイファベンフィカヴェルダー・ブレーメンを倒して決勝に進出した。決勝ではPK戦の末にセビージャに敗れたが、FWワルテル・パンディアーニが得点王を獲得した。

2007年夏、スーパーサブ的な存在だったワルテル・パンディアーニがオサスナに移籍したが、MFバルド、MFミラン・スミリャニッチ、DFクレメンテ・ロドリゲスなどを獲得して選手層の充実を図った。

2008年夏、エルネスト・バルベルデ監督がオリンピアコスに去り、ヘッドコーチを務めていたティンティン・マルケスが新監督に就任。レアル・マドリード・カスティージャからFWホセ・カジェホンヌマンシアからグレゴリー・ベランジェを加えたものの、陣容に大きな変化はなかった。

2008-09シーズンは開幕3戦で勝ち点7と良いスタートを切ったものの、4節からのセビージャ、FCバルセロナレアル・マドリードビジャレアルとの4連戦(2分2敗)を機に順位は低下し、2008年11月に4連敗したことでティンティン・マルケス監督が解任された。マネ監督が第2監督から昇格したが、6戦を指揮して白星を奪えず、女子チームの監督をしていたかつての英雄、マウリシオ・ポチェッティーノ監督が迎えられた。最下位でFCバルセロナとのバルセロナ・ダービーを迎えたが、イバン・デ・ラ・ペーニャの2ゴールで首位のFCバルセロナに勝利した。この15節ぶりの勝利がきっかけとなり、29節から最終節までの10試合を8勝1分1敗で乗り切り、10位まで順位を上げた。この10試合中に21得点しているが、これはシーズン105得点を挙げたFCバルセロナの同期間中の得点数と同じである。モンジュイックのラストゲームとなった最終節でエースのラウール・タムードがハットトリックを達成したが、シーズン6得点に終わり、連続二桁得点記録は9シーズンで途切れた。

移籍が噂されたラウール・タムードに代わり、新キャプテンに生え抜きのDFダニエル・ハルケが就任した。司令塔ジョアン・ベルドゥ中村俊輔らが加入したものの、開幕直前の8月上旬にダニエル・ハルケが心臓発作で死去する不幸が起こるなど不測の事態が起こり、2009-10シーズンを迎えることとなった。第2節のレアル・マドリード戦は新スタジアムエスタディ・コルネリャ=エル・プラットでのリーグ初戦となったが、0-3で敗北した。序盤から苦戦が続き、下位に低迷し降格圏にも位置することもあったが、後半戦は新戦力のハビ・マルケスなどの活躍により順位が上がり、最終順位は11位で終わった。

2010-11シーズンは開幕戦のヘタフェ戦に勝利し、シーズン初勝利を挙げると、第16節のFCバルセロナに敗れるまでホームで無傷の7連勝を記録。序盤から安定した成績で勝ち点を積み重ね、前半戦をヨーロッパリーグ出場圏内となる5位で終えた。

2015-16シーズンは、夏にキャプテンのFWセルヒオ・ガルシアやFWストゥアニ、MFルーカス・バスケス、DFエクトル・モレノ、GKキコ・カシージャという主力選手の大量放出によって、開幕前は降格候補として挙げられていたが、中位をキープしていた。しかし、それに満足しなかったフロントは12月にセルヒオ・ゴンサレス監督を解任し、ガルカ監督を迎え入れた。

スタジアム[編集]

1923年からは長らくエスタディ・デ・サリアをホームスタジアムとしており、1982年にはスペインで開催された1982 FIFAワールドカップの会場にも使用された。しかし、RCDエスパニョールは負債の返済のためにこの敷地を売却せざるを得なくなり[2]、1996年には4年前のバルセロナオリンピックのメイン会場となったエスタディ・オリンピック・リュイス・コンパニス(モンジュイック)に移転した。RCDエスパニョールはこのスタジアムをバルセロナ市から賃借していたが、このスタジアムはトラックを有する陸上競技場であるためピッチと観客席に距離があり、サポーターの評判は良いものではなかった[1]

2009年、バルセロナ都市圏クルナリャー・ダ・リュブラガートアル・プラ・ダ・リュブラガートにまたがる場所に、4万人収容のサッカー専用スタジアムであるエスタディ・コルネリャ=エル・プラットが完成した。同年8月2日にはこけら落しとしてリヴァプールFCとの親善試合が行われた。

サポーター・マスコット[編集]

2008年2月対セビージャFC

かつてホームスタジアムだったエスタディ・デ・サリア前の公園にインコが多く住んでいたため、もしくは"Gato Perico"という漫画のキャラクターから、クラブのサポーターはスペイン語でインコを意味する「ペリコ」と呼ばれる[2]。クラブのマスコットも着ぐるみのインコであり、その奇妙なデザインから人気が高い。

ユニフォームの変遷[編集]

1900
1901
1910
1915
1941
1966
2000
2001
2004
2006
2010

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

国際タイトル[編集]

なし

近年の成績[編集]

年度 所属 順位 国王杯 欧州カップ戦
1997–98 プリメーラ 38 12 17 9 53 44 31 10位 2回戦敗退
1998–99 プリメーラ 38 16 13 9 49 38 61 7位 ベスト8
1999–00 プリメーラ 38 12 11 15 51 48 47 14位 優勝
2000–01 プリメーラ 38 14 8 16 46 44 50 9位 ベスト8 UC 3回戦敗退
2001–02 プリメーラ 38 13 8 17 47 56 47 14位 ベスト64
2002–03 プリメーラ 38 10 13 15 48 54 43 17位 ベスト64
2003–04 プリメーラ 38 13 4 21 48 64 43 16位 ベスト32
2004–05 プリメーラ 38 17 10 11 54 46 61 5位 2回戦敗退
2005–06 プリメーラ 38 10 11 17 36 56 41 15位 優勝 UC 3回戦敗退
2006–07 プリメーラ 38 12 13 13 46 53 49 11位 ベスト32 UC 準優勝
2007-08 プリメーラ 38 13 9 16 43 53 48 12位 ベスト16
2008-09 プリメーラ 38 12 11 15 46 49 47 10位 ベスト8
2009-10 プリメーラ 38 11 11 16 29 46 44 11位 ベスト32
2010-11 プリメーラ 38 15 4 19 46 55 49 8位 ベスト16
2011-12 プリメーラ 38 12 10 16 46 56 46 14位 ベスト8
2012-13 プリメーラ 38 11 11 16 43 52 44 13位 ベスト32
2013-14 プリメーラ 38 11 9 18 41 51 42 13位 ベスト8
2014-15 プリメーラ 38 13 10 15 47 51 49 10位 ベスト4
2015-16 プリメーラ 38 12 7 19 40 74 43 13位 ベスト16
2016-17 プリメーラ 38 15 11 12 49 50 56 8位 ベスト32
2017-18 プリメーラ 38 12 13 13 36 42 49 11位 ベスト8
2018-19 プリメーラ 38 14 11 13 48 50 53 7位 ベスト8
2019-20 プリメーラ 38 UEL

現所属メンバー[編集]

2019年8月21日現在
No. Pos. 選手名
1 スペインの旗 GK アンドレス・プリエト
2 スペインの旗 DF ピパ
3 スペインの旗 DF アドリア・ペドロサ
4 スペインの旗 MF ビクトル・サンチェス
5 ブラジルの旗 DF ナウド
6 スペインの旗 DF ジュイス・ロペス
7 中華人民共和国の旗 FW 武磊
8 スペインの旗 MF アンデル・イトゥラスペ
9 アルゼンチンの旗 FW ファクンド・フェレイラ (Flag of Italy.svg)
10 スペインの旗 MF セルジ・ダルデル
11 スペインの旗 FW ハビエル・プアド
13 スペインの旗 GK ディエゴ・ロペス
14 スペインの旗 MF オスカル・メレンド
No. Pos. 選手名
15 スペインの旗 MF ダビド・ロペス
16 スペインの旗 DF ハビ・ロペス (主将)
17 スペインの旗 DF ディダク・ビラ
18 フランスの旗 DF セバスティアン・コルシア (Flag of Italy.svg)
19 アルゼンチンの旗 FW パブロ・ピアッティ (Flag of Italy.svg)
20 コロンビアの旗 DF ベルナルド・エスピノサ (Flag of Spain.svg)
21 スペインの旗 MF マルク・ロカ
22 アルゼンチンの旗 FW マティアス・バルガス
23 スペインの旗 MF エステバン・グラネロ
24 スペインの旗 DF フェルナンド・カレロ
26 スペインの旗 MF ポル・ロサノ
31 スペインの旗 FW ビクトル・カンプサノ

括弧内の国旗はその他の保有国籍を、星印はEU圏外選手を示す。

監督

ローン移籍中の選手[編集]

in

No. Pos. 選手名
9 アルゼンチンの旗 FW ファクンド・フェレイラ (SLベンフィカ)
18 フランスの旗 DF セバスティアン・コルシア (セビージャFC)
No. Pos. 選手名
20 コロンビアの旗 DF ベルナルド・エスピノサ (ジローナFC)

out

No. Pos. 選手名
-- スペインの旗 MF アレックス・ロペス (CDルーゴ)
No. Pos. 選手名

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

参照[編集]

  1. ^ a b Espanyol Prepare To Bid Farewell To The Montjuic , Goal.com, 29 May 2009
  2. ^ a b c PERICOZ - RCD Espanyol Supporters Club

外部リンク[編集]