コンテンツにスキップ

リーガ・エスパニョーラ2006-2007

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スペインのサッカー国内リーグであるリーガ・エスパニョーラの第76シーズンは、2006年8月27日から2007年6月17日に開催された。

セグンダ・ディビシオン2005-2006で1部リーグ昇格を決め、本季よりプリメーラ・ディビシオンに参戦するのは、レクレアティーボ・ウェルバジムナスティック・タラゴナレバンテUDの3チーム。

レアル・マドリードが4季ぶり30回目の優勝を達成した。このシーズンは、2位FCバルセロナ と勝点76で並んでいたが(※得失点差ではレアル・マドリードが26点なのに対し、FCバルセロナは45点で圧倒していた)、シーズン中の直接対決の成績により、レアル・マドリードの優勝が決まった [1]

チーム編成

[編集]

前シーズンの結果で、強豪チームは、経済的に余裕を持ってチーム編成に当たることになった。一方、イタリアは、ユヴェントスFCが、八百長試合(カルチョ・スキャンダル)で、降格の処分を受けるなどし、スター選手は、スペインのチームへの機会を探すことになった [2]

FCバルセロナ

[編集]

FCバルセロナは、前シーズンのリーグと欧州リーグでのダブル優勝をして、十分な優秀選手が揃っていた。ロナウジーニョエトーリオネル・メッシシャビ・エルナンデスカルレス・プジョルなどである。さらに、ユヴェントスFCから、ジャンルカ・ザンブロッタリリアン・テュラムが、また、チェルシーFCからエイドゥル・グジョンセンが加わり、前年に増して強化された [3]

レアル・マドリード

[編集]

一方、レアル・マドリードは、スター選手のチームであったが、3年の間、思うような成績ではなかったことで、フロレンティノ・ペレス会長が辞任[4]。代わりに、ラモン・カルデロンが、僅少差で会長に選任された [5]。監督には、イタリア人のファビオ・カペッロが、採用された。彼は、96-97シーズン時にも監督をしており、優勝まで導いていたが、当時の会長と折り合いが悪く1年でACミランに移行していた。また、デフェンスを強化すべく、イタリア人選手ファビオ・カンナヴァーロ、ブラジル人選手エメルソン・フェレイラ・ダ・ローザ、マリ人マアマドゥ・ディアッラ(2006-11)、オランダ人選手ルート・ファン・ニステルローイ(2006-10)を加えた [6] [7]

経過

[編集]

リーグ戦の当初は、前期優勝者のFCバルセロナが、順調にリードするかのように見えた。しかし、カメルーン選手エトーが、半ばで半月板の怪我をし、4か月の休場 [8]。その後、他のチームの選手も怪我が続いた。

レアル・マドリード

[編集]

レアル・マドリードは、ホームよりも出先で、良い成績を上げた。特に、レアル・マドリードの苦手な相手であったCAオサスナのホームで、ルート・ファン・ニステルローイが4ゴールを入れたのは、記念すべきゲームであった [9]。一方、ロナウド(2002-07)は、その頃、評判が良くない状態であったが、年齢、運動量の低下に加え、新選手の採用の為、出番が減っていた。それで、彼は、1月末に750万ユーロでACミランに移籍した [10]

同チームは、冬場には、2位から4位へ落ち、厳しい状況となった。そこで、アルゼンチンからフェルナンド・ガゴ(2007-12)、また、ブラジルからマルセロ・ヴィエイラ・ダ・シウヴァ・ジュニオル(2006-22)を、600万ユーロで移籍させた。また、フランス人で、アルゼンチンにいたゴンサロ・イグアイン(2007-13)が、シーズン半ばで投入された [11]

FCバルセロナ

[編集]

エトーが負傷で欠場の間、ロナウジーニョとメッシが攻撃にあたっていた。また、防御もほぼ完ぺきで、15試合期間に1ゴールを失っただけであった[12][13]。GKビクトル・バルデスは、ペナルティを止めるスペシャリストであった[14]。ところが、エトーが回復しての会見の場で、ロナウジーニョとチーム経営陣に対して厳しい発言をしたことで、チームの中で賛否を分ける事態となった。これは、何とか、収拾がついたようであった [15] [16]

セビリア

[編集]

このように強豪2チームが問題で難航している中、セビリアは、一時、リーグの首位を保ち、国王杯等でも、最終戦まで残った。最終的にリーグでは、3位に付けた[17]

終盤戦

[編集]

3月になると、カンポノウにて、レアル・マドリードとFCバルセロナのクラシコ戦があった。これは、3対3の同点であったが、両雄の優勝への意欲を高めるものとなった[18] 。セビリアとの試合で、レアル・マドリードは、ファン・ニステルローイのゴールで勝ち点を決め、残りは、FCバルセロナとのせめぎ合いが残った。

最終週前には、両チームは、同ポイントであり、ゴール差では、FCバルセロナが、有利であった。それで、優勝決定は、最終日まで持ち越された。レアル・マドリードの試合は、マジョルカのホームで、勝てば良い状況であった。開始当初は、負けていたが、後に2ゴールで勝ちを決めた。また、FCバルセロナは、容易い対戦相手で、5対1であった [19]。最終的にレアル・マドリードが、上記のように、辛うじての優勝を決めた [20]

順位

[編集]
順位 クラブ名 勝点 得点 失点 備考
1 レアル・マドリード 76 22 10 6 66 40 +26 UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08
グループリーグ出場権
2 FCバルセロナ 76 23 7 8 78 33 +45
3 セビージャFC 71 21 8 9 64 35 +29 UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08
3回戦出場権
4 バレンシアCF 66 20 6 12 57 42 +15
5 ビジャレアルCF 62 18 8 12 48 44 +4 UEFAカップ 2007-08 1回戦出場権
6 レアル・サラゴサ 60 16 12 10 55 43 +12
7 アトレティコ・マドリード 60 17 9 12 46 39 +7 UEFAインタートトカップ 2007 3回戦出場権
8 レクレアティーボ・ウエルバ 54 15 9 14 54 52 +2
9 ヘタフェCF 52 14 10 14 39 33 +6 UEFAカップ 2007-08 1回戦出場権
10 ラシン・サンタンデール 50 12 14 12 42 48 -6
11 RCDエスパニョール 49 12 13 13 46 53 -7
12 RCDマジョルカ 49 14 7 17 41 47 -6
13 デポルティーボ・デ・ラ・コルーニャ 47 12 11 15 32 45 -13
14 CAオサスナ 46 13 7 18 51 49 +2
15 レバンテUD 42 10 12 16 37 53 -16
16 レアル・ベティス 40 8 16 14 36 49 -13
17 アスレティック・ビルバオ 40 10 10 18 44 62 -18
18 セルタ・デ・ビーゴ 39 10 9 19 40 59 -19 セグンダ・ディビシオンに自動降格
19 レアル・ソシエダ 35 8 11 19 32 47 -15
20 ジムナスティック・タラゴナ 28 7 7 24 34 69 -35

レアル・マドリードとFCバルセロナとの直接対決の結果

[編集]

2006年10月22日:レアル・マドリード 2 - 0 FCバルセロナ(エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ
2007年3月10日:FCバルセロナ 3 - 3 レアル・マドリード(カンプ・ノウ)
トータルスコア:レアル・マドリード 5 - 3 FCバルセロナ

ピチーチ賞

[編集]

最も多く得点を挙げた選手にはピチーチ賞が贈られる。

順位 選手 クラブ ゴール数
1 オランダの旗 ルート・ファン・ニステルローイ レアル・マドリード 25
2 アルゼンチンの旗 ディエゴ・ミリート レアル・サラゴサ 23
3 マリ共和国の旗 フレデリック・カヌーテ セビージャFC 21
ブラジルの旗 ロナウジーニョ FCバルセロナ
5 ウルグアイの旗 ディエゴ・フォルラン ビジャレアルCF 19
6 スペインの旗 ダビド・ビジャ バレンシアCF 16
7 スペインの旗 ラウール・タムード RCDエスパニョール 15
ブラジルの旗 フェルナンド・バイアーノ セルタ・デ・ビーゴ
9 スペインの旗 フェルナンド・トーレス アトレティコ・マドリード 14
アルゼンチンの旗 リオネル・メッシ FCバルセロナ

サモラ賞

[編集]

平均失点数が最も低いゴールキーパーにはサモラ賞が贈られる。

順位 選手 クラブ 試合 失点 失点率
1 アルゼンチンの旗 ロベルト・アボンダンシェリ ヘタフェCF 36 30 0.83
2 スペインの旗 ビクトル・バルデス FCバルセロナ 38 33 0.87
3 アルゼンチンの旗 レオ・フランコ アトレティコ・マドリード 31 28 0.90
4 スペインの旗 アンドレス・パロップ セビージャFC 33 32 0.97
5 チリの旗 クラウディオ・ブラーボ レアル・ソシエダ 29 29 1.00
6 スペインの旗 サンティアゴ・カニサレス バレンシアCF 31 32 1.03
7 スペインの旗 イケル・カシージャス レアル・マドリード 38 40 1.05
8 スペインの旗 セサル・サンチェス・ドミンゲス レアル・サラゴサ 38 43 1.13
9 イスラエルの旗 ドゥドゥ・アワット デポルティーボ・デ・ラ・コルーニャ 38 45 1.18
スペインの旗 フランシスコ・モリーナ レバンテUD 33 39

アシストランキング

[編集]
順位 選手 クラブ アシスト
1 スペインの旗 ダビド・ビジャ バレンシアCF 12
2 ブラジルの旗 ダニエウ・アウヴェス セビージャFC 11
スペインの旗 ペドロ・ムニティス ラシン・サンタンデール
4 ポルトガルの旗 デコ FCバルセロナ 10
5 ベネズエラの旗 フアン・アランゴ RCDマジョルカ 9
アルゼンチンの旗 アンドレス・ダレッサンドロ レアル・サラゴサ
アルゼンチンの旗 アリエル・イバガサ RCDマジョルカ
8 カメルーンの旗 サミュエル・エトオ FCバルセロナ 8
アルゼンチンの旗 グスタボ・ロペス セルタ・デ・ビーゴ
ブラジルの旗 ロナウジーニョ FCバルセロナ


引用

[編集]
  1. ^ Liga 2006 - 2007 | elmundo.es | DEPORTES”. www.elmundo.es. 2024年7月18日閲覧。
  2. ^ “Juventus, Lazio y Fiorentina descienden a Segunda División por el escándalo del 'calcio'” (スペイン語). El País. (2006年7月14日). ISSN 1134-6582. https://elpais.com/deportes/2006/07/14/actualidad/1152861712_850215.html 2024年7月18日閲覧。 
  3. ^ Jugadors, F. C. B.. “Plantilla FCBarcelona temporada 2006-07 | FC Barcelona Players” (スペイン語). FCB Jugadors. 2024年7月18日閲覧。
  4. ^ SER, Cadena (2006年2月28日). “Florentino Pérez dimite como presidente del Real Madrid” (スペイン語). cadena SER. 2024年7月18日閲覧。
  5. ^ Las claves del triunfo de Ramón Calderón | elmundo.es”. www.elmundo.es. 2024年7月18日閲覧。
  6. ^ El Real Madrid ficha a Cannavaro y Emerson | elmundo.es”. www.elmundo.es. 2024年7月18日閲覧。
  7. ^ Real Madrid - Jugadores, Clasificación y Fichajes - 06/07”. footballdatabase.eu. 2024年7月18日閲覧。
  8. ^ Confidencial, El (2006年9月28日). “Eto'o sufre su primera lesión grave en el fútbol español” (スペイン語). elconfidencial.com. 2024年7月18日閲覧。
  9. ^ El Rincón del Madridismo (2024-03-15), CA Osasuna 1-4 Real Madrid 2006, https://www.youtube.com/watch?v=egv7GCb8hno 2024年7月18日閲覧。 
  10. ^ Ronaldo jugará en el Milan”. UEFA. 2024年7月18日閲覧。
  11. ^ Altas y bajas Real Madrid 2006/2007 - Movimientos por Primera División” (スペイン語). Fichajes.com : Información sobre los fichajes y actualidad del mundo del fútbol. 2024年7月18日閲覧。
  12. ^ Ronaldinho, Pichichi del 2006” (スペイン語). www.sport.es (2006年12月25日). 2024年7月18日閲覧。
  13. ^ EP (2006年12月25日). “Messi: "Al 2007 le pido un año sin lesiones y recuperarme rápido"” (スペイン語). Diario AS. 2024年7月18日閲覧。
  14. ^ Jugadors, F. C. B.. “Estadísticas de Víctor Valdés Arribas | FC Barcelona Players” (スペイン語). FCB Jugadors. 2024年7月18日閲覧。
  15. ^ Eto'o: 'Es de mala persona decir en rueda de prensa que no quise jugar'” (スペイン語). www.sport.es (2007年2月13日). 2024年7月18日閲覧。
  16. ^ Eto'o: 'Este año he vuelto a tapar bocas' | elmundo.es”. www.elmundo.es. 2024年7月18日閲覧。
  17. ^ El Sevilla recoge el premio de mejor equipo del mundo en 2006 | elmundo.es”. www.elmundo.es. 2024年7月18日閲覧。
  18. ^ FC Barcelona (2016-11-28), [HIGHLIGHTS LaLiga 2006/07: FC Barcelona - Real Madrid (3-3)], https://www.youtube.com/watch?v=WyGGfgjEtmA 2024年7月18日閲覧。 
  19. ^ Roncero, Tomás (2022年6月17日). “Se cumplen 15 años de la famosa ‘Liga del Clavo Ardiendo’” (スペイン語). Diario AS. 2024年7月18日閲覧。
  20. ^ Último acto de fe | Fútbol | deportes | elmundo.es”. www.elmundo.es. 2024年7月18日閲覧。