ワルテル・パンディアーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はパンディアーニ第二姓(母方の)はウルキーサです。
ワルテル・パンディアーニ Football pictogram.svg
WalterPandiani cropped.jpg
2005年のパンディアーニ
名前
本名 ワルテル・ヘラルド・パンディアーニ・ウルキーサ
Walter Gerardo Pandiani Urquiza
愛称 El rifle (ライフル),
El animal (動物),
El helicoptero (ヘリコプター)[1],
El camion (トラック)
ラテン文字 Walter PANDIANI
基本情報
国籍 ウルグアイの旗 ウルグアイ
イタリアの旗 イタリア
スペインの旗 スペイン
生年月日 (1976-04-27) 1976年4月27日(43歳)
出身地 モンテビデオ
身長 184cm
体重 75kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996-1997 ウルグアイの旗 プログレッソ 22 (12)
1997-1998 ウルグアイの旗 バサニェス 0 (0)
1998-2000 ウルグアイの旗 ペニャロール 71 (29)
2000-2005 スペインの旗 デポルティーボ 86 (31)
2002-2003 スペインの旗 マヨルカ (loan) 33 (13)
2005 イングランドの旗 バーミンガム (loan) 14 (4)
2005-2006 イングランドの旗 バーミンガム 17 (2)
2006-2007 スペインの旗 エスパニョール 52 (8)
2007-2011 スペインの旗 オサスナ 92 (27)
2011-2012 スペインの旗 エスパニョール 16 (3)
2012-2013 スペインの旗 ビジャレアル 17 (2)
2013 スペインの旗 アトレティコ・バレアレス 9 (1)
2014-2015 ウルグアイの旗 ミラマール・ミシオネス 19 (5)
2015-2016 スイスの旗 ローザンヌ・スポルト 15 (1)
通算 463 (138)
代表歴
2001-2004 ウルグアイの旗 ウルグアイ 4 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ワルテル・パンディアーニ(Walter Gerardo Pandiani Urquiza, 1976年4月27日 - )はウルグアイモンテビデオ出身の元サッカー選手。元ウルグアイ代表。ポジションはフォワード

経歴[編集]

クラブ[編集]

ウルグアイの首都モンテビデオに生まれた。学生時代にはバレーボールの全国大会で優勝したことがある[2]。地元のCAプログレッソからプロデビューし、CAバサニェススペイン語版CAペニャロールを経て2000年にスペインのデポルティーボ・ラ・コルーニャに移籍し、Super Depor(スーペル・デポル)と呼ばれたクラブの黄金時代の一端を担った。決して不動のレギュラーではなかったが、攻撃時に最も重要な要素のひとつであった。2002-03シーズンにレンタル移籍したRCDマヨルカでは13得点を挙げ、さらにコパ・デル・レイで優勝する成功のシーズンを送り、デポルティーボに復帰した2003-04シーズンにも13得点を挙げた。2004年12月5日のラシン・サンタンデール戦で後半ロスタイムにフリーキックで同点弾を決めるなど[3]、2004-05シーズンは前半戦だけで6得点を挙げていたが[4]ハビエル・イルレタ監督と何度も口論になったことから2005年1月にはイングランドのバーミンガム・シティFCにレンタル移籍した[5] [6]。デビュー戦のサウサンプトンFC戦で移籍後初得点を決め、2-1で勝利した[7]

2004-05シーズン後半戦にはさらに3つのゴールを積み重ね、デポルティーボに復帰する意思がないことを主張していた彼は[8]、2005年7月30日に移籍金300万ポンド(約450万ユーロ、約6億750万円[9])でバーミンガムへの完全移籍を果たした[10]。しかし、良い頃のフォームを取り戻すことはできず、2005-06シーズン前半戦は先発出場7試合で2得点と低迷したため、2006年1月13日には移籍金100万ポンド(約150万ユーロ、約2億300万円[11])の2年契約でRCDエスパニョールへ完全移籍した[10]。2006-07シーズンのUEFAカップでは大会得点王に輝く活躍でチームを準優勝に導いた[12]。リーグ戦では7得点し、特にエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウでのレアル・マドリード戦では前半だけでハットトリックを達成したが、試合には3-4で敗れている。

2007年夏、CAオサスナに移籍した[13]。2007-08シーズンはほとんど出場機会を与えられなかったが、2008年10月中旬にホセ・アントニオ・カマーチョ監督が就任するとリーグ戦で活躍し、2008-09シーズンは11得点を挙げてチーム内得点王になった。とりわけヘディングではアルバロ・ネグレドと並んでリーグトップタイの7得点を記録した[14]。2009-10シーズンも二桁得点を挙げ、そのうち6得点をヘディングで記録した[15]。2010年5月26日には契約を1年間延長した[16]。2010-11シーズンのCAオサスナは開幕から3試合無得点が続いたが、4節のレアル・ソシエダ戦でチームのシーズン初得点を決めた。

2011年8月31日、RCDエスパニョールにフリートランスファーで移籍した[17]

2013年10月、長男のニコラスと共にCSミラマール・ミシオネスに加入し、13年ぶりに母国復帰を果たした[18]

現役プレーヤーとしての契約を待ちながら、2014年シーズンより、スペイン・カタルーニャ地方リーグのCDマスノウにてジュニア・チームの監督に就任。

2015年6月、スイス・チャレンジリーグのFCローザンヌ・スポルトに加入[19]

2016年6月16日、引退を表明[20]

代表[編集]

2001年3月28日、2002 FIFAワールドカップ・南米予選パラグアイ戦でウルグアイ代表デビューした。スペインに渡って充実した経歴を送っていたにもかかわらず、ウルグアイ代表としては4試合にしか出場していない。

エピソード[編集]

デポルティーボ・ラ・コルーニャに在籍していた時に赤い大型トラックを購入し、練習場に乗り付けてチームメイトを驚かせたことがあった。しかし、このトラックは大きすぎたために、自宅のある住宅街には乗り入れられなかった[2]

タイトル[編集]

CAペニャロール
デポルティーボ・ラ・コルーニャ
RCDマヨルカ
  • コパ・デル・レイ : 2002-03
RCDエスパニョール
  • コパ・デル・レイ : 2005-06

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ウルグアイにいた頃からのあだ名である
  2. ^ a b “スーペル・デポルが起こした奇跡の記憶”. スポーツナビ. (2008年5月24日). http://archive.sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/0708/spain/text/200805240001-spnavi.html 2010年12月1日閲覧。 
  3. ^ “パンディアーニ、ロスタイムにデポルを敗戦から救う”. livedoorスポーツ. (2004年12月6日). http://news.livedoor.com/article/detail/429867/6 2010年12月1日閲覧。 
  4. ^ “Pandiani”. BDFutbol. http://www.bdfutbol.com/en/j/j2627.html 2010年12月1日閲覧。 
  5. ^ Kendall, Mark (2005年1月19日). “Depor boss blasts Pandiani”. Sky Sports. http://www.skysports.com/story/0,19528,11843_2324255,00.html 2010年12月1日閲覧。 
  6. ^ “Birmingham complete Pandiani loan”. BBC Sport. (2005年2月1日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/b/birmingham_city/4225423.stm 2010年12月1日閲覧。 
  7. ^ “Birmingham 2-1 Southampton”. BBC Sport. (2005年2月2日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/eng_prem/4221115.stm 2010年12月1日閲覧。 
  8. ^ “D・トリスタン、パンディアーニの復帰を支持せず”. livedoorスポーツ. (2005年6月26日). http://sports.livedoor.com/article/detail-961758.html 2010年12月1日閲覧。 
  9. ^ “デポルティーボ、パンディアーニを450万ユーロでバーミンガムに放出”. livedoorスポーツ. (2005年8月2日). http://sports.livedoor.com/article/detail-1023760.html 2010年12月1日閲覧。 
  10. ^ a b “Pandiani completes Espanyol move”. BBC Sport. (2006年1月13日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/b/birmingham_city/4608030.stm 2010年12月1日閲覧。 
  11. ^ “パンディアーニがエスパニョールへ”. UEFA.com. (2006年1月12日). http://jp.uefa.com/uefaeuropaleague/news/newsid=384838.html 2010年12月1日閲覧。 
  12. ^ “Pandiani's goal is victory”. UEFA.com. (2007年5月16日). http://www.uefa.com/uefaeuropaleague/news/newsid=538512.html 2010年12月1日閲覧。 
  13. ^ Kendall, Mark (2007年7月29日). “Osasuna swoop for Rifle”. Sky Sports. http://www.skysports.com/story/0,19528,11827_2621913,00.html 2010年12月1日閲覧。 
  14. ^ “2008-09 Rankings”. Marca. http://www.marca.com/estadisticas/futbol/primera/2008_09/jornada_38/ranking.html 2010年12月1日閲覧。 
  15. ^ “2009-10 Rankings”. Marca. http://www.marca.com/estadisticas/futbol/primera/2009_10/jornada_38/ranking.html 2010年12月1日閲覧。 
  16. ^ “FWパンディアーニ、オサスナに残留”. ロイター. (2010年5月26日). http://jp.reuters.com/article/sportsNews/idJPJAPAN-15511220100526 2010年12月1日閲覧。 
  17. ^ “A・マドリードのジエゴ獲得など、多くのクラブが移籍市場最終日の重要補強に成功”. WOWOWリーガニュース. (2011年9月1日). http://www.wowow.co.jp/sports/liga/news_110901_3.html 2011年9月2日閲覧。 
  18. ^ “親子でプレーが実現? パンディアーニ、息子とともに母国1部クラブに入団”. Qoly.jp. (2013年10月29日). http://qoly.jp/index.php/story/19575-20131029-walter-pandiani 2013年10月29日閲覧。 
  19. ^ “Lausanne-Sport-News-COMMUNIQUE DE PRESSE”. lausanne-sport.ch. オリジナルの2015年7月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150712201008/http://www.lausanne-sport.ch/detailnews.php?id=1068 
  20. ^ Pandiani anuncia su retirada”. Sport (2016年6月16日). 2016年7月30日閲覧。(スペイン語)

外部リンク[編集]