ADアルコルコン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ADアルコルコン
原語表記 Agrupación Deportiva Alcorcón S.A.D.
愛称 Los Alfareros (陶芸家)
クラブカラー  
 
創設年 1971年
所属リーグ セグンダ・ディビシオン
所属ディビジョン 2部(2021-22
ホームタウン アルコルコン
ホームスタジアム Alcorcón Ontiyent.jpg
サント・ドミンゴ
収容人数 7,000[1]
代表者 スペインの旗 イバン・ブラーボ
監督 スペインの旗 フラン・フェルナンデス
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

アグルパシオン・デポルティーバ・アルコルコンSADAgrupación Deportiva Alcorcón S.A.D.)は、スペインマドリード州アルコルコンに本拠地を置くサッカークラブチーム。2019-20シーズンはリーガ・エスパニョーラセグンダ・ディビシオン(2部)に所属している。

歴史[編集]

1971年7月20日、地元アルコルコンに住む青年にサッカーを教える目的でADアルコルコンが設立された。創設後6シーズンはマドリードの州リーグでプレーしており、1977年に3部にあたるテルセーラ・ディビシオンへと昇格した。翌年の1978年、クラブとしては初めてコパ・デル・レイに出場し、1回戦でセグンダ・ディビシオンに所属していたカルボ・ソテロ (現在のCDプエルトジャーノ)と対戦したが、0-3で敗れた。また、1979年にはU-19チームがU-19全国選手権の決勝に進出し、FCバルセロナのU-19に敗戦したが、準優勝を果たしている。1980年代に入ると、リーグ戦でも上位に定着し始め、コパ・デル・レイにも度々参戦していたことから、次第にクラブの知名度や名前が知られるようになった。

1990-91シーズン、創設以来縁が無かったマドリード州リーグに降格してしまった。降格と同時にクラブの財政は逼迫し、多額の債務を抱えることになった。しかし、1992年に新たに会長に就任したアンヘル・ルビオの手腕やアルコルコン自治体からの手助けもあって経営危機を脱っし、1999-00シーズンには再びテルセーラ・ディビシオンに復帰した。翌シーズンには2シーズン連続となる昇格を決めて史上初めてセグンダ・ディビシオンBへと昇格を果たした。2008-09シーズンにはセグンダBで3位フィニッシュし、セグンダ・ディビシオン昇格プレーオフに出場した。しかし、プレーオフ決勝で古豪レアル・ウニオンに敗れ、セグンダ昇格とはならなかった。

2009-10シーズン、クラブはプリメーラ・ディビシオンでの出場歴がある選手を数人フリーで獲得し、セグンダ昇格への目標をより高めた。リーグ戦では序盤戦から好調を維持し、7月に首位に立つと、リーグ終了までその座を譲ることなく、3部リーグ優勝を果たした。また、このシーズンにはコパ・デル・レイにも出場しており、10月に行われたレアル・マドリードとのホームゲームでは4-0で完勝した。アウェーで行われた第2戦では、0-1で敗戦するも2戦合計4-1でレアル・マドリードに競り勝ち、当時銀河系軍団と呼ばれ、ヨーロッパを代表するようなクラブに3部のクラブが勝利を収めたことで、この出来事はアルコルコナーソ (Alcorconazo)と呼ばれている。

2010-11シーズン、クラブ初のセグンダ挑戦となったこのシーズンは一度も降格圏に足を踏み入れることなく、余裕で残留を決めた。このシーズン以降、セグンダでは中位のポジションを維持し続け、コパ・デル・レイでも2016-17シーズンにベスト8へ進出するなど、安定した成績を収めている。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

なし

過去の成績[編集]

シーズン ディビジョン コパ・デル・レイ
リーグ 順位
2002-03 セグンダB 38 15 11 12 56 47 56 7位 未出場
2003-04 セグンダB 38 12 16 10 34 34 52 10位 1回戦敗退
2004-05 セグンダB 38 13 10 15 56 56 49 11位 未出場
2005-06 セグンダB 38 14 10 14 40 45 52 7位 未出場
2006-07 セグンダB 38 12 12 14 39 40 48 11位 未出場
2007-08 セグンダB 38 13 9 16 38 39 48 14位 未出場
2008-09 セグンダB 38 16 18 4 61 34 66 3位 未出場
2009-10 セグンダB 38 21 10 7 50 30 73 1位 ベスト16
2010-11 セグンダ 42 17 7 18 57 52 58 9位 4回戦敗退
2011-12 セグンダ 42 21 10 11 58 42 73 4位 ベスト16
2012-13 セグンダ 42 21 6 15 57 55 69 5位 3回戦敗退
2013-14 セグンダ 42 16 11 15 46 40 59 9位 ベスト16
2014-15 セグンダ 42 12 18 12 44 49 54 11位 2回戦敗退
2015-16 セグンダ 42 18 10 14 48 44 64 8位 2回戦敗退
2016-17 セグンダ 42 13 11 18 32 43 50 18位 ベスト8
2017-18 セグンダ 42 12 16 14 37 42 52 13位 2回戦敗退
2018-19 セグンダ 42 14 10 18 36 42 52 14位 3回戦敗退
2019-20 セグンダ 42 13 18 11 52 50 57 10位 1回戦敗退
2020-21 セグンダ 42 13 9 20 32 42 48 17位 3回戦敗退
2021-22 セグンダ 42 6 11 25 37 71 29 22位 2回戦敗退

現所属メンバー[編集]

2022年2月2日現在[2][3]

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
2 DF スペイン ラウレ キャプテン
3 DF スペイン ホセ・カルロス
5 MF スペイン ロベルト・オラベ
6 MF スペイン フアンマ・ブラーボ
7 MF スペイン アレックス・ムラ
8 MF スペイン アンデル・ゴロスティディ
9 FW エクアドル ジョエル・バレンシア (Flag of Spain.svg)
10 MF スペイン ウーゴ・フライレ
11 FW ナイジェリア マヌ・アペ
12 MF ウルグアイ ジョバンニ・サルフィーノ (Flag of Spain.svg)
13 GK スペイン クリスティアン・リベロ
14 DF アルゼンチン ニコラス・ゴロシート (Flag of Slovakia.svg)
15 DF スペイン カルロス・エルナンデス
No. Pos. 選手名
16 DF スペイン カルロス・ベルビス
17 DF ベネズエラ ビクトル・ガルシア (Flag of Portugal.svg)
18 FW スペイン シスコ
19 DF スペイン ダビド・フェルナンデス
20 DF スペイン イバン・カレロ
21 DF スペイン ルイス・バルカルセ
22 FW スペイン オスカル・アリバス
23 DF スペイン ダビド・フォルニエス
24 FW スペイン ボルハ・バジェ
25 FW スペイン ホセ・アンヘル
26 MF スペイン アントニオ・モヤーノ
31 GK スペイン チュス・ルイス
35 DF スペイン オスカル・リバス

※括弧内の国旗はその他保有国籍、もしくは市民権、星印はEU圏外選手を示す。

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]