フアン・ラモン・ロペス・ムニス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フアン・ラモン・ロペス・ムニス Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Juan Ramón López Muñiz
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 1968年11月2日(45歳)
出身地 ヒホン
身長 185cm
選手情報
ポジション DF
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

フアン・ラモン・ロペス・ムニスJuan Ramón López Muñiz, 1968年11月2日 - )は、スペインヒホン出身のサッカー選手、サッカー指導者。

経歴[編集]

2003-04シーズン、ファンデ・ラモスが監督を務めていたマラガCFでアシスタントを務めた。2006年にセグンダ・ディビシオン(2部)のマラガCF監督に就任すると、2007-08シーズンは2位でシーズンを終え、プリメーラ・ディビシオン(1部)昇格を果たした。

2008年夏、マルセリーノ・ガルシア・トラルの後任としてラシン・サンタンデールの監督に就任した。ラシンとの契約は2年であったが、2009年夏に契約解除に両者が合意し、マラガの監督へと復帰した[1]。2009-10シーズン前半戦は2節から14節まで13試合未勝利が続き、降格圏内が定位置だった。一時は12位まで順位を上げたが、3月後半から再び勝ち星に恵まれなくなり、最終節を前に降格圏内の18位に転落した[2]。最終節は相手はそれまでに37戦31勝を挙げていたレアル・マドリードだったが、ホームで1-1の引き分けに持ち込み、降格したレアル・バリャドリードと勝ち点1差の17位で辛くも残留を決めた。シーズン終了後に解任。

所属クラブ[編集]

選手[編集]

指導者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ uefa.com (2009年6月25日). “ムニス氏がマラガの監督に復帰”. 2009年7月9日閲覧。
  2. ^ footballista、ソルメディア、2010年4月7日号