ハビエル・アギーレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はアギーレ第二姓(母方の)はオナインディアです。
ハビエル・アギーレ Football pictogram.svg
Javier Aguirre in Moscow.jpg
名前
本名 ハビエル・アギーレ・オナインディア
Javier Aguirre Onaindía
愛称 El Vasco(バスク人[1]
ラテン文字 Javier Aguirre
基本情報
国籍 メキシコの旗 メキシコ
生年月日 (1958-12-01) 1958年12月1日(59歳)
出身地 メキシコシティ
身長 173cm
選手情報
ポジション FW / MF / DF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1979-1980 メキシコの旗 アメリカ 9 (1)
1980-1981 アメリカ合衆国の旗 ロサンゼルス・アズテックス 30 (4)
1981-1984 メキシコの旗 アメリカ 128 (31)
1984-1986 メキシコの旗 アトランテ 31 (3)
1986-1987 スペインの旗 オサスナ 13 (0)
1987-1993 メキシコの旗 グアダラハラ 181 (17)
通算 392 (56)
代表歴
1983-1992 メキシコの旗 メキシコ 59 (14)
監督歴
1995-1996 メキシコの旗 アトランテ
1998-2001 メキシコの旗 パチューカ
2001-2002 メキシコの旗 メキシコ
2002-2006 スペインの旗 オサスナ
2006-2009 スペインの旗 アトレティコ・マドリード
2009-2010 メキシコの旗 メキシコ
2010-2011 スペインの旗 サラゴサ
2011-2014 スペインの旗 エスパニョール
2014-2015 日本の旗 日本
2015-2017 アラブ首長国連邦の旗 アル・ワフダ
2018- エジプトの旗 エジプト
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ハビエル・アギーレ・オナインディア西: Javier Aguirre Onaindía、1958年12月1日 - )は、メキシコメキシコシティ出身の元プロサッカー選手、現サッカー指導者。両親はスペイン・バスクからメキシコへの移民者で、アギーレ自身はバスク系メキシコ人[1]。長男は弁護士、次男はサッカー指導者、三男はサッカー選手である。ハビエル・アギレとも[2]。現在はエジプト代表の監督を務めている。

現役時代のポジションは、フォワードとして選手生活をスタートし、やがてミッドフィールダー、選手生活晩年はディフェンダー(CB)。メキシコ代表選手として1986年ワールドカップ・メキシコ大会に出場した。現役引退後、1994年ワールドカップ・アメリカ大会にアシスタントコーチとして代表に同行し、また代表監督として2002年ワールドカップ・日韓大会2010年ワールドカップ・南アフリカ大会の2大会で指揮を執った。2014年7月から2015年2月まで日本代表監督を務めた。

経歴[編集]

選手としては、所属したクラブで392試合に出場し56得点、メキシコ代表選手として59試合に出場し14得点を記録している。監督としては、メキシコ国内のCFアトランテ、CFパチューカで実績をあげる。メキシコ代表監督としては、2002年ワールドカップの最終予選、10節中5節を終えて1勝3敗1分、勝ち点4の6ヶ国中4位と、本大会への出場が危ぶまれる状況にあった段階で就任し、2001年7月1日に初采配。アルベルト・ガルシア・アスペクアウテモク・ブランコフランシスコ・パレンシアを代表に呼び戻し、残り5節を4勝1分で乗り切って、5勝3敗2分の勝ち点17で11月11日の最終節に本大会出場3位以上を確定させ、母国を救った。本大会でもグループリーグを2勝1分で突破し16強に導いた。大会終了後はスペインのCAオサスナの監督に就任。弱小であった同クラブで2005-06シーズンにはリーガ・エスパニョーラで4位に入り、翌シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得できるまでに強化した。その実績を買われ、翌シーズンからはアトレティコ・マドリードの監督に招聘された。2008年12月、UDアルメリアの監督にウーゴ・サンチェスが就任し、スペイン1部で指揮を取るメキシコ人監督はふたりになった。2009年に入ってから2分3敗と1勝も出来ず、2月3日に解任された[3]

2009年4月、2010年ワールドカップの最終予選において、3節を終えて1勝2敗と再び本大会出場に黄信号が灯り、スヴェン・ゴラン・エリクソン監督は解任され、これを受けて7年ぶりにメキシコ代表監督に就任した。就任後、代表から退いていたブランコを再び呼び戻して主将を命じた。代表は4節を落とし窮地は深まったが、ここから一気に5連勝(最終節は引き分け)し、6勝3敗1分の勝ち点19でチームを2位に押し上げて2010年ワールドカップ出場に導いた。本戦でもフランス代表を撃破して再び16強に進出した。同大会後、メキシコ代表監督を辞任。2010年にはJFAが日本代表監督に打診していたが、家族の事情もあり見送った。

2010年11月18日、レアル・サラゴサの監督に就任[4]。2012年からRCDエスパニョールの監督を務め、2014年5月に退任した。

2014年7月、JFAが日本代表監督に招聘[5]。8月に就任した。

2014年12月には、2011年5月に指揮していたサラゴサのリーガ残留をかけたレバンテUD戦を廻る八百長疑惑で、スペインの検察当局から関与した疑いのあるアンデル・エレーラガビらとともに告発された[6]。2015年1月14日、スペインメディアにより、バレンシアの裁判所が訴追を受理、同年2月には事情聴取が始まるとの報道がなされた[7]。日本代表監督就任後初の国際大会となったアジアカップ2015ではグループステージを無失点で3連勝し首位通過するも、決勝トーナメントでは準々決勝UAE戦でPK戦の末に敗れ、ベスト8で敗退した。八百長に関与した疑いにより、2015年2月3日、日本サッカー協会からサッカー日本代表監督としての契約解除が発表された[8]

2015年6月、UAEアラビアン・ガルフ・リーグのアル・ワフダFCの監督に契約期間1年で就任[9]

その後1年間契約を延長し、2017年6月末に契約満了となり退任した[10]

2018年8月1日サッカーエジプト代表の監督に就任した。

人物・エピソード[編集]

  • 昔は野球をしていたといい、今も趣味にしているとのこと[11]。また、日本で野球と相撲を観戦したいとも述べている[11]
  • 2009年7月9日、メキシコ代表監督として臨んだ2009 CONCACAFゴールドカップパナマ代表と試合をした際に、タッチライン際を走っていた相手MFリカルド・フィリップスに蹴りを入れ、乱闘騒ぎとなった。この試合で退席処分を受け3試合の出場停止処分を科された[12][13][14]

監督成績[編集]

クラブ 就任 退任
試合 得点 失点 得失点 勝率 %
メキシコ代表 2001年7月 2002年7月 32 18 4 10 48 30 +18 056.25
オサスナ 2002年7月 2006年7月 177 66 49 62 206 221 −15 037.29
アトレティコ・マドリード 2006年7月 2009年2月 120 52 33 35 182 139 +43 043.33
メキシコ代表 2009年4月 2010年6月 32 19 7 6 59 23 +36 059.38
レアル・サラゴサ 2010年11月 2011年12月 47 14 10 23 47 72 −25 029.79
エスパニョール 2012年11月 2014年5月 100 36 29 35 136 133 +3 036.00
日本代表 2014年7月 2015年2月 10 7 1 2 18 8 +10 070.00
アル・ワフダ 2015年7月 2017年5月 54 23 17 14 98 67 +31 042.59
エジプト代表 2018年8月1日 0 0 0 0 0 0 +0 !

脚注[編集]

  1. ^ a b ザック監督の後任候補、ハビエル・アギーレとは?フットボールチャンネル 2014年4月3日、2015年1月23日観覧
  2. ^ ザッケローニ監督の後任候補に元メキシコ代表のアギレ氏フランス通信社2014年6月26日、2014年6月26日観覧
  3. ^ uefa.com(2009-2-3) アトレティコがアギーレ監督を解任(2010-11-23閲覧)[リンク切れ]
  4. ^ サラゴサの新監督にアギーレ氏 - ウェイバックマシン(2014年7月29日アーカイブ分) uefa.com(2010-11-18) (2010-11-23閲覧)
  5. ^ SAMURAI BLUE(日本代表) 新監督にハビエル・アギーレ氏を招聘 日本サッカー協会公式サイト 2014年7月24日
  6. ^ アギーレ監督らを八百長疑惑で告発 スペイン検察 - ウェイバックマシン(2015年9月24日アーカイブ分) 朝日新聞 2014-12-16 Ander Herrera, Gabi, Javier Aguirre 'among 41 named in match-fixing case' ESPN FC 2014-12-19 アギーレ八百長疑惑捜査!スペイン検察告発 nikkansports.com 2014-12-19 【八百長事件】ガビ、サラゴサ時代の不正な金銭受領認める。当時の指揮官はアギーレ。日本代表へ影響出る可能性も Yahoo!ニュース 2014-12-19[リンク切れ]
  7. ^ “アギーレ監督への訴追、裁判所受理…スペイン紙”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2015年1月15日). http://www.yomiuri.co.jp/sports/soccer/representative/20150114-OYT1T50154.html 2015年1月15日閲覧。 [リンク切れ]
  8. ^ “日本協会 アギーレ監督の契約解除を発表”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年2月3日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/02/03/kiji/K20150203009745240.html 2015年2月3日閲覧。 
  9. ^ 前日本代表監督のアギーレ氏、UAEのアル・ワフダ新監督に就任 サッカーキング 2015-6-18
  10. ^ 元日本代表監督のアギーレ氏がフリーに。UAE1部クラブとの契約を満了 FOOTBALL CHANNEL 2017-7-4
  11. ^ a b <アギーレ監督>「まずは勝つ」次はハーフナー、香川も呼ぶ (毎日新聞) - Yahoo!ニュース”. Yahoo!JAPAN (2014年9月26日). 2014年9月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月26日閲覧。
  12. ^ Bueno's Views:Kicking The Incident Goal.com 2014-12-20
  13. ^ Mexico's Cup runneth empty Sports Illustrated 2014-12-20
  14. ^ Mexico coach Javier Aguirre suspended after brawl in Panama match The Guardian 2014-12-20