ルイス・カレーラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はカレーラス第二姓(母方の)はフェレールです。
ルイス・カレーラス Football pictogram.svg
名前
本名 Lluís Carreras Ferrer
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1972-09-24) 1972年9月24日(46歳)
出身地 サン・ポル・ダ・マール
身長 183cm
選手情報
ポジション DF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1988-1990 バルセロナC 1 (0)
1990-1993 バルセロナB 85 (22)
1993 バルセロナ 1 (0)
1993-1994 オビエド 30 (1)
1994-1995 ラシン・サンタンデール 26 (1)
1995-1996 バルセロナ 18 (0)
1996-2001 マヨルカ 94 (8)
2001-2003 アトレティコ・マドリード 36 (2)
2003-2004 ムルシア 15 (0)
2004-2007 アラベス 28 (0)
監督歴
2009-2010 アラベスB
2010-2013 サバデル
2014 マヨルカ
2015-2016 サラゴサ
2017 ジムナスティック
2019- サガン鳥栖
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ルイス・カレーラス・フェレール(Lluís Carreras Ferrer、1972年9月24日- ) は、スペイン出身の元サッカー選手、指導者。現役時代のポジションは左サイドバックJリーグサガン鳥栖監督。

選手経歴[編集]

バルセロナ近郊のサン・ポル・ダ・マールで生まれる。FCバルセロナの下部組織でユース期を過ごし、1993年にトップチームでデビューした。バルセロナでの出場機会は限られたものであったが、その後移籍したマヨルカや、当時2部に所属していたアトレチコ・マドリードでは中心選手として活躍し、2007年のアラベスでのプレーを最後に引退した。

指導者経歴[編集]

現役引退後の2008年よりテルセーラ・ディビシオン(スペイン4部相当)に所属するアラベスのBチームでアシスタントコーチとなり、チームがアラバ県リーグへ降格した2009年より監督に就任した[1]。翌2010年にはセグンダ・ディビシオンB(3部相当)に所属するサバデルの監督に就任。サバデルでは就任1年目でグループ3(東地区リーグ)を優勝し、その後の2シーズンをセグンダ・ディビシオン(2部)で指揮した。

2013年にサバデルでの長期政権を終えたカレーラスは、2014年の古巣マヨルカを皮切りにサラゴサジムナスティックと監督を歴任するが、いずれも短期間でその職を追われている。2017年に2年契約を結んだジムナスティックでは、開幕からわずか5試合、1勝も出来ないまま解任された[2]

2019年よりJ1リーグサガン鳥栖監督に就任[3]。スペイン国外及び1部リーグでの指揮は共に初めてになる。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]