ヴヤディン・ボシュコヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴヤディン・ボシュコヴ Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Vujadin Boškov
基本情報
国籍 セルビアの旗 セルビア
生年月日 (1931-05-16) 1931年5月16日
出身地 Begeč
没年月日 (2014-04-27) 2014年4月27日(82歳没)
選手情報
ポジション MF
代表歴
1951-1958 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア 57 (0)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ヴヤディン・ボシュコヴVujadin Boškov1931年5月16日 - 2014年4月27日)は、セルビア出身の元サッカー選手、サッカー指導者。

来歴[編集]

選手としてユーゴスラビア代表として1954年1958年のワールドカップに2度出場し、主将なども務めた。

指導者としてはスイスオランダイタリアスペインなどあらゆる国で指揮し華々しい成績を残している。フェイエノールトレアル・マドリードサンプドリアローマナポリなど強豪チームを指揮し、レアル・マドリードでは1979年、1980年、サンプドリア時代には1990年、1991年のリーグ優勝が最大の業績。

特にサンプドリア時代は1992年、現UEFAチャンピオンズリーグの前身であるチャンピオンズカップにおいて、チームを決勝に導いた。 EURO2000ユーゴスラビア代表監督を最後に監督業を引退。ユーゴスラビア全時代を通じて最も成功した監督の一人といわれている。

2014年4月27日死去[1]。82歳没。

所属クラブ[編集]

選手[編集]

監督[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Rマドリードなど率いたボスコフ氏が死去 日刊スポーツ 2014年4月28日