ルーカス・アルカラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はアルカラス第二姓(母方の)はゴンサレスです。
ルーカス・アルカラス Football pictogram.svg
Lucas Alcaraz.JPG
名前
本名 ルイス・ルーカス・アルカラス・ゴンサレス
Luis Lucas Alcaraz González
ラテン文字 Lucas Alcaraz
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1967-06-21) 1967年6月21日(50歳)
出身地 グラナダ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1994 スペインの旗 グラナダ
監督歴
1995-1998 スペインの旗 グラナダ
1998 スペインの旗 アルメリア
1999-2000 スペインの旗 ドス・エルマナス
2000-2003 スペインの旗 レクレアティーボ
2003-2005 スペインの旗 ラシン・サンタンデール
2005-2006 スペインの旗 ヘレス
2006-2008 スペインの旗 ムルシア
2008-2009 スペインの旗 レクレアティーボ
2009-2011 スペインの旗 コルドバ
2011-2012 スペインの旗 アルメリア
2012-2013 ギリシャの旗 アリス
2013-2014 スペインの旗 グラナダ
2014-2015 スペインの旗 レバンテ
2016-2017 スペインの旗 グラナダ
2017- アルジェリアの旗サッカーアルジェリア代表
1. 国内リーグ戦に限る。2014年10月22日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ルイス・ルーカス・アルカラス・ゴンサレスLuis Lucas Alcaraz González, 1966年6月21日 - )は、スペイングラナダ出身のサッカー指導者。守備的な戦術を用いる。現在はサッカーアルジェリア代表の監督を務めている。

経歴[編集]

グラナダCFにて監督業をスタート。2001-02シーズン、レクレアティーボ・ウェルバプリメーラ・ディビシオンへ昇格させ、翌シーズンは降格となったが、コパ・デル・レイ準優勝を果たした。2003-04シーズンにラシン・サンタンデール監督に就任、2005年2月に解任されるまで務めた。

2005-06シーズン、セグンダ・ディビシオンヘレスCDを6位に導く。2006-07シーズンはレアル・ムルシアを昇格させた。しかし、翌シーズンは補強の失敗もあり2008年3月に解任となった。2008年11月、プリメーラで低迷するレクレアティーボの監督に復帰するも、最下位での降格となった。2011-12シーズン、UDアルメリア監督に復帰したが、2012年4月に途中解任。2013年1月、グラナダの監督に復帰し、見事残留に導いた。

2014年10月21日、レバンテUDの監督に就任した[1]。アルカラス就任時のレバンテは降格圏の19位に沈んでいたが、チームを立て直し、最終的に14位でチームを残留に導いた。しかし翌2015-2016シーズンは序盤から苦境に陥り、第9節時点でわずか1勝という極度の不振に陥り、第9節のレアル・ソシエダ戦に0-4の大敗を喫した直後の2015年10月25日に解任が発表された[2]

2016年10月4日、パコ・ヘメスを解任したばかりの古巣グラナダCFの監督就任が発表された。グラナダでの指揮は通算3度目。監督就任時からチームは最下位に低迷していたが、就任後の第8節から31節までの24試合で4勝6分14敗という成績で、依然としてチームは降格圏の19位に位置するなどチームの立て直しは叶わず、2017年4月10日に成績不振により解任が発表された[3]

指導経歴[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]