ビクトル・フェルナンデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はフェルナンデス第二姓(母方の)はブラウリオです。
ビクトル・フェルナンデス Football pictogram.svg
Victor Fernandez.jpg
名前
本名 ビクトル・フェルナンデス・ブラウリオ
Víctor Fernández Braulio
ラテン文字 Víctor Fernández
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1960-11-28) 1960年11月28日(59歳)
出身地 サラゴサ
ユース
スペインの旗 スタディウム・カサブランカ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
?-? スペインの旗 サリニェーナ
監督歴
1982-1988 スペインの旗 スタディウム・カサブランカ (ユース)
1988-1990 スペインの旗 サラゴサ (アシスタントコーチ)
1990-1991 スペインの旗 サラゴサB
1991-1996 スペインの旗 サラゴサ
1997 スペインの旗 テネリフェ
1998-2002 スペインの旗 セルタ
2002-2004 スペインの旗 ベティス
2004-2005 ポルトガルの旗 ポルト
2006-2008 スペインの旗 サラゴサ
2010 スペインの旗 ベティス
2013 ベルギーの旗 ヘント
2014-2015 スペインの旗 デポルティーボ・ラ・コルーニャ
2018- スペインの旗 サラゴサ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ビクトル・フェルナンデスVíctor Fernández Braulio1960年11月28日- )は、スペインサラゴサ出身のサッカー指導者。攻撃サッカーの信奉者として知られる[1]

経歴[編集]

レアル・サラゴサの下部組織で監督としてのキャリアをスタート。1990年からは6年間にわたってサラゴサのAチームで監督を務め、コパ・デル・レイ準優勝(92-93)、リーガ・エスパニョーラ3位およびコパ・デル・レイ優勝(93-94)、カップウィナーズカップ優勝(94-95)などの実績を残した。その後CDテネリフェを経て1998年セルタ・デ・ビーゴの監督に就任すると、3年連続でリーグ戦で上位に食い込み、コパ・デル・レイ準優勝も果たすなど結果を残す一方で、スペイン人好みの攻撃サッカーを展開し更に評価を高めた[要出典]

その後2002年から指揮を執ったレアル・ベティスでも中位につけるなど結果を残し、2004年にはポルトガルFCポルトの監督に就任。トヨタカップを制覇し同クラブを世界王者に導くも、成績不振で途中解任された。

2006年には古巣のサラゴサに10年ぶりの復帰。同シーズンではパブロ・アイマールアンドレス・ダレッサンドロらを擁し、攻撃的なサッカーを展開した。チャンピオンズリーグ出場権には届かなかったが、6位でシーズンを終えUEFAカップ出場権を獲得した。07-08シーズンは、シーズン前に大型補強をおこなったことが、UEFAカップでは早々に敗退し、国内リーグも低迷した。そして、その責任を取らされる形でシーズン終了前に解任された。

2010年1月、アントニオ・タピアの後任としてベティスに6年ぶりに復帰する。タピアが率いていた序盤の出遅れを挽回して最後まで昇格争いに絡み、2位エルクレスCF・3位レバンテUDと勝ち点71で並んだものの、直接対決の結果で4位に終わり昇格を逃したため契約打ち切りとなった。

その後は南アフリカW杯後に退任した岡田武史の後任としてサッカー日本代表監督の候補にも挙げられたが、実現しなかった。

2015年9月、レアル・マドリードの下部組織のディレクターに就任し[2]、2017年6月まで務めた[3]

2018年12月、サラゴサの監督に復帰した[4]

獲得タイトル[編集]

出典[編集]