チェーザレ・プランデッリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チェーザレ・プランデッリ Football pictogram.svg
Cesare Prandelli Euro 2012 vs England.jpg
2012年のプランデッリ
名前
本名 クラウディオ・チェーザレ・プランデッリ
Claudio Cesare Prandelli
ラテン文字 Cesare Prandelli
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1957-08-19) 1957年8月19日(61歳)
出身地 ロンバルディア州ブレシア県
オルツィヌオーヴィ
身長 176cm
体重 72kg
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1974-1978 イタリアの旗 クレモネーゼ 88 (7)
1978-1979 イタリアの旗 アタランタ 27 (3)
1979-1985 イタリアの旗 ユヴェントス 89 (0)
1985-1990 イタリアの旗 アタランタ 119 (7)
通算 323 (17)
監督歴
1990-1997 イタリアの旗 アタランタ (ユース)
1993-1994 イタリアの旗 アタランタ (暫定)
1997-1998 イタリアの旗 レッチェ
1998-2000 イタリアの旗 エラス・ヴェローナ
2000-2001 イタリアの旗 ヴェネツィア
2002-2004 イタリアの旗 パルマ
2004 イタリアの旗 ローマ
2005-2010 イタリアの旗 フィオレンティーナ
2010-2014 イタリアの旗 イタリア
2014 トルコの旗 ガラタサライ
2016 スペインの旗 バレンシア
2017-2018 アラブ首長国連邦の旗 アル・ナスル
2018- イタリアの旗 ジェノア
1. 国内リーグ戦に限る。2014年11月28日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

クラウディオ・チェーザレ・プランデッリClaudio Cesare Prandelli1957年8月19日 - )は、イタリアロンバルディア州ブレシア県オルツィヌオーヴィ出身のサッカー指導者、元サッカー選手。現在はセリエAジェノアCFCの監督を務めている。

人物[編集]

ストライカーの育成に実績がある監督でアルベルト・ジラルディーノアドリアン・ムトゥを覚醒させた人物として知られる。その一方で日本ではパルマ時代に中田英寿と起用法を巡って対立したことで話題を集めたことでも知られている。

来歴[編集]

サッカー選手時代はミッドフィールダーとしてアタランタBCユヴェントスFCなどでプレー。ユヴェントスでは3回のスクデットをはじめ、タイトル獲得に貢献している。1985年には、選手としてヘイゼルの悲劇に遭遇している。引退後、アタランタの下部組織のコーチなどを経て、1998-99シーズンにエラス・ヴェローナの監督に就任。1年でチームをセリエA昇格に導く。続く1999-2000はセリエB降格最有力候補と見られていたが、シーズン後半から快進撃を見せて、最終的に9位という好成績を残した。

その後、ヴェネツィアパルマASローマ(家庭の事情で短期間で辞任)の監督を歴任し、2005-06シーズンにACFフィオレンティーナの監督に就任。辛うじてセリエB降格を免れた前シーズンから一転してリーグ4位の好成績を収め、UEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。しかし、シーズン終盤に発生した八百長疑惑に関わっていたとされ、勝点は30の減点。UEFAチャンピオンズリーグへの出場権を剥奪された。

だが、プランデッリが指揮するフィオレンティーナは翌シーズン、翌々シーズンともチャンピオンズリーグ出場圏を常に争う快進撃を見せ、イタリアでは珍しい長期政権となった。なお、フィオレンティーナではアレッサンドロ・ガンベリーニリッカルド・モントリーヴォマヌエル・パスクアルジャンパオロ・パッツィーニら将来のイタリア代表を担うと目される逸材を短期間で次々に才能開花させた。

2010年5月にワールドカップ南アフリカ大会の大会終了後にマルチェロ・リッピ監督の後任としてイタリア代表の監督に就任することが決定し、イタリアサッカー連盟(FIGC)と4年契約を交わした。

イタリア代表では、ジャンルイジ・ブッフォンアンドレア・ピルロといったベテランを引き続き軸としながらも、マリオ・バロテッリら若手やモントリーヴォ、パッツィーニら自らが育てた中堅を招集し、伝統の堅守だけでなくパスをつないで攻撃も重視するスタイルに転換を図った。EURO2012予選を無敗で1位通過し(8勝2分)、順調な滑り出しをみせる。だが、EURO2012本大会直前には、イタリアサッカー界は八百長問題で大きく揺れ、代表においても捜査を受けたドメニコ・クリシートを外さざるを得なくなるなど影響を受けた。その中でプランデッリはチームをまとめ、低かった前評判を覆し決勝まで導いた。決勝ではスペインに0-4という大敗を喫したが、南アフリカでの惨敗と八百長問題という暗雲を吹き飛ばしたとしてイタリア国内でも評価された[1]

2013年、イタリア代表はFIFAコンフェデレーションズカップ2013に出場し、3位に入る。

ワールドカップブラジル大会予選も無敗で1位通過し(6勝4分)、プランデッリとFIGCはEURO2016本大会まで2年の契約延長に合意していたが、2014 FIFAワールドカップ本大会ではグループリーグで敗退したため代表監督を辞任した[2]

2014-15シーズンからはトルコの強豪クラブであるガラタサライの指揮を執ることが決定[3]。しかし、UEFAチャンピオンズリーグ 2014-15 グループリーグで最下位で敗退したため、11月27日に解任された[4]。 解任されたハビエル・アギーレの後任監督として日本代表監督の要請を受けたが辞退した[5]

2016年9月には、パコ・アジェスタラン監督の後任として、バレンシアの監督に就任。自身初めてリーガ・エスパニョーラで指揮を取ることとなったが、成績不振やクラブとの衝突があり、わずか3ヶ月で監督を辞任した[6]

その5ヶ月後の2017年5月、アラビアン・ガルフ・リーグアル・ナスルの監督に就任[7] 。しかし、開幕から12試合でAFCチャンピオンズリーグ出場圏内との勝点差が8に開くなど成績が上向かず、約半年後の2018年1月に解任された[8]

2018年12月7日、ジェノアCFCの監督に就任したことが発表された[9]

エピソード[編集]

獲得タイトル[編集]

選手時代[編集]

ユヴェントス

監督時代[編集]

エラス・ヴェローナ

監督成績[編集]

2018年12月7日現在
クラブ 就任 退任 記録
試合 勝ち 分け 負け 勝率 %
レッチェ 1997年 1998年 16 3 2 11 018.75
エラス・ヴェローナ 1998年 2000年 59 21 19 19 035.59
ヴェネツィア 2000年 2001年 43 19 12 12 044.19
パルマ 2002年 2004年 83 37 24 22 044.58
ASローマ 2004年 2004年 0 0 0 0 !
フィオレンティーナ 2005年 2010年 241 119 54 68 049.38
イタリア代表 2010年 2014年 56 25 17 14 044.64
ガラタサライSK 2014年 2014年 16 6 3 7 037.50
バレンシアCF 2016年 2016年 10 3 3 4 030.00
アル・ナスルSC 2017年 2018年 19 8 4 7 042.11
ジェノア 2018年12月7日 0 0 0 0 !
合計 543 241 138 164 44.38

脚注[編集]

外部リンク[編集]