ガブリエル・パレッタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ガブリエル・パレッタ Football pictogram.svg
名前
本名 ガブリエル・アレハンドロ・パレッタ
Gabriel Alejandro Paletta
ラテン文字 Gabriel PALETTA
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 (1986-02-15) 1986年2月15日(30歳)
出身地 アルゼンチンの旗 ブエノスアイレス州ロングチャンプススペイン語版
身長 191cm
体重 82kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 ACミラン
ポジション DF (CB)
背番号 29
利き足 右足
ユース
2002-2005 アルゼンチンの旗 バンフィエルド
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2006 アルゼンチンの旗 バンフィエルド 42 (5)
2006-2007 イングランドの旗 リヴァプール 3 (0)
2007-2010 アルゼンチンの旗 ボカ・ジュニアーズ 59 (5)
2010-2015 イタリアの旗 パルマ 131 (6)
2015- イタリアの旗 ミラン 23 (1)
2015-2016 イタリアの旗 アタランタ (loan) 23 (1)
代表歴2
2005 アルゼンチンの旗 アルゼンチン U-20 7 (0)
2014- イタリアの旗 イタリア 3 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年10月25日現在。
2. 2016年10月27日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ガブリエル・アレハンドロ・パレッタGabriel Alejandro Paletta, 1986年2月15日 - )は、アルゼンチンブエノスアイレス州出身のサッカー選手。セリエAACミラン所属。ポジションはディフェンダー(センターバック)。

経歴[編集]

2004年にCAバンフィエルドでプロデビュー。2005年には、U-20アルゼンチン代表としてリオネル・メッシセルヒオ・アグエロらとともにFIFAワールドユース選手権優勝に貢献する。

2006年夏、リヴァプールFCへ移籍した。移籍金は300万ユーロ(約4億2000万円)。しかしながら出場機会は少なく、わずか1年間の所属に終わった。2007年、ボカ・ジュニアーズに完全移籍を果たし、アルゼンチンへ復帰。フリオ・セサル・カセレスとコンビを組んでリーグ優勝に貢献した。2008年11月9日、アルセナルFC戦で右膝靭帯を損傷して長期離脱し、2009年5月のCAベレス・サルスフィエルド戦で復帰した。

2010年7月、イタリアパルマFCへ移籍。2012年8月には契約を2017年まで延長した[1]

パルマFCの経営不振もあり、2015年2月にACミランへ移籍[2]。しかし、シニシャ・ミハイロヴィチの監督就任後はチーム内での序列が低くなり、2015年8月、アタランタBCにレンタル移籍が決定[3]。2016シーズン、ミランに復帰した。

代表[編集]

FIFAワールドユース選手権2005で優勝メンバーとなった以降はアルゼンチン代表に招集されることがなかったために、イタリア代表を目指すことを決意。曾祖父がカラブリア州クロトーネ県サヴェッリ出身の移民でイタリア国籍も有していたこと、2010年に移籍したセリエAパルマFCでめざましい成長を遂げたことから、イタリア代表への招集が期待され始めた。

2014年3月、ついにパレッタはチェーザレ・プランデッリイタリア代表監督から初めて招集され、3月5日に行われたスペインとの国際親善試合に先発出場しイタリア代表デビューを果たした。

所属クラブ[編集]

イタリアの旗 アタランタBC 2015-2016 (loan)

脚注[編集]

外部リンク[編集]