ジェンナーロ・ガットゥーゾ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェンナーロ・ガットゥーゾ Football pictogram.svg
Gennaro Gattuso 2008.jpg
現役時代 (ACミラン) のガットゥーゾ (2008年)
名前
本名 ジェンナーロ・イヴァン・ガットゥーゾ
愛称 リーノ、リンギオ、ブレイヴハート
ラテン文字 Gennaro Ivan Gattuso
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1978-01-09) 1978年1月9日(38歳)
出身地 カラブリア州の旗 カラブリア州コゼンツァ県
コリリアーノ・カーラブロ
身長 177cm
体重 77kg
利き足 右足
ユース
1990-1995 イタリアの旗 ペルージャ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1995-1997 イタリアの旗 ペルージャ 10 (0)
1997-1998 スコットランドの旗 レンジャーズ 34 (3)
1998-1999 イタリアの旗 サレルニターナ 33 (1)
1999-2012 イタリアの旗 ミラン 335 (9)
2012-2013 スイスの旗 シオン 27 (1)
代表歴2
1995-1996 イタリアの旗 イタリア U-18 14 (3)
1998-2000 イタリアの旗 イタリア U-21 21 (1)
2000 イタリアの旗 イタリア オリンピック 3 (0)
2000-2010 イタリアの旗 イタリア 73 (1)
監督歴
2013 スイスの旗 シオン (選手兼任)
2013 イタリアの旗 パレルモ
2014-2015 ギリシャの旗 OFIクレタ
2015- イタリアの旗 ピサ
1. 国内リーグ戦に限る。2014年10月21日現在。
2. 2014年10月21日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジェンナーロ・イヴァン・ガットゥーゾGennaro Ivan Gattuso, 1978年1月9日 - )は、イタリア共和国カラブリア州コリリアーノ・カーラブロ出身の元サッカー選手、サッカー指導者。元イタリア代表

経歴[編集]

生い立ち[編集]

イタリア半島の南東に位置するコリリアーノ・カーラブロに生まれる。父親は小さな会社を経営しながらカルチョACミランを愛するという人物で[1]、父親の影響を受けたガットゥーゾは幼い頃からボールを蹴り出し、12歳でカラブリア州のユース代表に選出された[1]。当時から技巧派の選手ではなく、サルバトーレ・バーニが好きだったと語っている[2]

1991年に当時セリエC1に所属していたボローニャから誘いを受けるが、これを断った。すぐさまペルージャからオファーが届き、結果的に故郷を離れてペルージャからプロへ駆け上がるという環境に身を置くことになった。

選手時代[編集]

ACペルージャ時代[編集]

プリマヴェーラではスクデットを獲得し[1]、U-18イタリア代表にも選出された[2]。1995-96シーズンに17歳でセリエBながらプロデビューし、翌シーズンにクラブはセリエAに昇格し、ガットゥーゾも1996年12月22日にセリエAデビューを果たした。

その数カ月後の初春に、彼に人生最大の転機が訪れる。意外にもスコットランドの強豪レンジャーズが、当時、欧州サッカー界で議論を巻き起こしていたボスマン判決を利用する形で、ガットゥーゾの移籍金ゼロでの獲得に乗り出し、(ガットゥーゾ曰く)「現在の30倍近くの年俸を払う」と持ちかけた[1]。当然ペルージャ側に手塩にかけて育てた逸材を手放す考えはなかったが、最後はガットゥーゾの意思一つで移籍が決まった。

レンジャーズFC時代[編集]

移籍証明書の発行が遅れ、グラスゴーに赴いて2カ月間は出場不可であったが、1997-98シーズンからスターティングメンバーに名を列ね、巨躯なスコットランドの選手達に交じり、アイブロックスのピッチを駆け回る小柄なイタリア人は「ライノー(スコットランド人の「リーノ」の発音)」「ブレイヴハート」と呼ばれファンの心を掴んだ。計36試合に出場し7得点を挙げた。1998-99シーズンの途中に、イタリア復帰を突然表明した。当時セリエAに所属していたサレルニターナが獲得に乗り出し、1998年10月に移籍した。

ガットゥーゾ本人は現在でも「あの国のサッカーが俺の性格やプレースタイルに最も合っている」と明言している[2]

ACミラン時代[編集]

セリエAに舞い戻ったが、サレルニターナは最終節でセリエBに降格した。ガットゥーゾ自身は1998-99シーズン終了後にACミランへ移籍した。

2008年12月、カターニア戦で前十字靭帯を損傷し、長期離脱[3]。2009年5月13日のアルバニアとの親善試合で復帰した[4]

2010年、FIFAワールドカップ南アフリカ大会を最後に代表引退する事を表明。しかし本大会でイタリア代表は1敗2分と1勝もできずにグループリーグ敗退、自身も第3戦のスロバキア戦でスタメン出場するが前半終了時にクリスティアン・マッジョと交代しベンチに退いた。

2011年9月、ラツィオ戦で途中交代後、長期離脱。10月に行われた会見で視神経のマヒによるものと発表された。 2012年5月、2011-12シーズン限りでのミラン退団を公表した。

FCシオン時代[編集]

2012年6月、スイス・スーパーリーグFCシオンへ移籍[5]。2013年2月、解任されたビクトル・ムニョスの後任として選手兼任監督に就任したが[6]、5月に解任された[7]

指導者として[編集]

2013年6月、セリエBに降格したパレルモの監督に就任。だが同年9月、わずか6試合で解任された[8]

2014年6月、ギリシャ・スーパーリーグOFIクレタの監督に就任[9]

10月26日、一度は辞任を表明したが[10]、翌日に撤回した[11]。だが12月に給与未払いなどを理由に再び辞任した[12]

2015年8月、イタリア3部ピサの監督に就任

評価[編集]

  • カルロ・アンチェロッティは「私が攻撃的なサッカーを志向できるのは、ひとえに彼のおかげで、彼が汚い仕事をしてくれるから、我々は言ってみればバランスの悪いシステムを採用する事ができる。」と発言している[2]

エピソード[編集]

タイトル[編集]

クラブ

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 金子義仁 『ワールドサッカーすごいヤツ全集 2005~2006』 フットワーク出版、2004年、p.42-45。ISBN 4-87689-509-0
  2. ^ a b c d e 豊福晋「ジェンナーロ・ガットゥーゾ:“リンギオ”の熱き咆哮。」、『Sports Graphic Number 647』第27巻第4号、文藝春秋2006年、 78-81頁、 雑誌 26851-3・2。
  3. ^ uefa.com (2008年12月9日). “ガットゥーゾがひざの負傷で長期離脱へ”. 2009年7月11日閲覧。
  4. ^ Goal.com (2009年5月13日). “ガットゥーゾが親善試合で復帰”. 2009年7月11日閲覧。
  5. ^ Goal.com (2012年6月16日). “ガットゥーゾ、シオン加入が決定”. 2013年3月4日閲覧。
  6. ^ 日刊スポーツ (2013年2月27日). “ガットゥーゾ、スイス1部選手兼監督に”. 2013年3月4日閲覧。
  7. ^ Goal.com (2013年5月14日). “シオン、選手兼監督のガットゥーゾを解任”. 2013年5月14日閲覧。
  8. ^ Goal.com (2013年9月25日). “パレルモがガットゥーゾ解任、後任はイアキーニ”. 2013年10月12日閲覧。
  9. ^ Goal (2014年6月6日). “ガットゥーゾ、ギリシャで監督業再開”. 2014年10月28日閲覧。
  10. ^ Goal (2014年10月27日). “ギリシャで監督のガットゥーゾ、7試合で辞任”. 2014年10月27日閲覧。
  11. ^ Goal (2014年10月28日). “ガットゥーゾ、一転して続投 「団結して再出発」”. 2014年10月28日閲覧。
  12. ^ Goal (2014年12月31日). “ガットゥーゾ、再び辞任”. 2015年1月2日閲覧。
  13. ^ 「LEONARDO:82年のセレソンのように」 『WORLD SOCCER DIGEST No.296』 第15巻第15号、日本スポーツ企画出版社、2009年、59頁。雑誌 29891-8/6。

外部リンク[編集]