ジュゼッペ・ロッシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジュゼッペ・ロッシ Football pictogram.svg
Giuseppe Rossi - RC Celta de Vigo.jpg
セルタ・デ・ビーゴでのロッシ (2017年)
名前
愛称 ペピート[1]
ラテン文字 Giuseppe Rossi
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1987-02-01) 1987年2月1日(35歳)
出身地 ティーネック
身長 173cm
体重 73kg
選手情報
在籍チーム 無所属
ポジション FW (ST, CF)
利き足 左足
ユース
2000-2004 イタリアの旗 パルマ
2004-2006 イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2007 イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド 5 (1)
2006-2007 イングランドの旗 ニューカッスル (loan) 11 (0)
2007 イタリアの旗 パルマ (loan) 19 (9)
2007-2013 スペインの旗 ビジャレアル 136 (54)
2013-2017 イタリアの旗 フィオレンティーナ 33 (16)
2016 スペインの旗 レバンテ (loan) 17 (6)
2016-2017 スペインの旗 セルタ (loan) 18 (4)
2017- 2018 イタリアの旗 ジェノア 9 (1)
2020 アメリカ合衆国の旗 レアル・ソルトレイク 7 (1)
2021-2022 イタリアの旗 S.P.A.L. 14 (3)
代表歴
2003 イタリアの旗 イタリア U-16 5 (3)
2003-2004 イタリアの旗 イタリア U-17 14 (6)
2004-2005 イタリアの旗 イタリア U-18 3 (0)
2006-2008 イタリアの旗 イタリア U-21 16 (5)
2008 イタリアの旗 イタリア U-23 6 (6)
2008-2014 イタリアの旗 イタリア 30 (7)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年12月5日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジュゼッペ・ロッシ(Giuseppe Rossi, 1987年2月1日 - )は、アメリカ合衆国ニュージャージー州ティーネック出身のサッカー選手。ポジションはフォワード。元イタリア代表

1982年にワールドカップを制し、同大会で得点王となり英雄となったパオロ・ロッシと同姓である事、またパオロ・ロッシの愛称であるパブリート (Pablito) と語感が似ている事から、イタリア語名ジュゼッペの愛称系である「ペピート」と呼ばれる[1][2]

経歴[編集]

クラブ[編集]

イタリア人の両親の下にアメリカ・ニュージャージー州で生まれ、サッカーのコーチをしていた父親の影響で4歳の時にサッカーを始めた[3]。イタリアに渡るとパルマFCの下部組織に入団し、ルカ・チガリーニアルトゥーロ・ルポリらとともにアッリエーヴィ・ナツィオナーレ(15・16歳のカテゴリー)で全国制覇した[4]

マンチェスター・U[編集]

2004年に17歳でマンチェスター・ユナイテッドFCへ移籍した。アメリカ育ちであり言語習得の必要がなかったことも理由のひとつだと語っている[5]。11月10日のカーリングカップクリスタル・パレスFC戦で初出場した。移籍初年度の2004-05シーズンはリーグ戦出場なしに終わったが、2005年10月のサンダーランドAFC戦でプレミアリーグデビューし、2005-06シーズンは公式戦10試合に出場して4得点した[5]。しかし層が厚いユナイテッドでは満足な出場機会を得られず、2006-2007シーズンはニューカッスル・ユナイテッドFCへレンタルされた。しかしニューカッスルでも11試合出場無得点と活躍できず、2007年1月に古巣のパルマFCにレンタル移籍した。

初出場となったトリノFC戦では、10試合勝ち星がなかったチームに勝ち点3を与える得点を挙げた[4]クラウディオ・ラニエリ監督が就任したパルマFCではすぐさまポジションを掴み、19試合で9得点を挙げてパルマの降格圏脱出の立役者となる活躍を見せた[3]。2007年3月には新ウェンブリー・スタジアムでのオープニングゲームとしてのU-21イングランド代表対U-21イタリア代表の試合に出場した[4]。2007年6月、U-21欧州選手権に出場した。

ビジャレアルCF[編集]

2009年にビジャレアルでプレーするロッシ

2007年8月1日、移籍金670万ポンド(約17億円)の6年契約でリーガ・エスパニョーラビジャレアルCFへ完全移籍した。8月26日、リーグデビュー戦となったバレンシアCF戦で得点したが、ロッシはプレミアリーグセリエAのデビュー戦でもそれぞれゴールを挙げている。開幕直後からゴールを量産していたが、11月に右膝半月板を負傷した。復帰してからはニハト・カフヴェチとコンビを組み、前線でのチャンスメークに非凡な才能を見せた。最終的にはリーグ戦27試合出場11ゴールをマークし、リーグ2位と2008-09シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ出場権の獲得に貢献した。

2008-09シーズンは怪我で出遅れたものの、復帰後は得点を積み重ね、2月9日のCDヌマンシア戦では1試合2得点を挙げた[6]。2月終了時点で早くも2007-08シーズンの得点数を抜いたが、3月にはいってからは得点がぴたりと途絶え、結局12点でシーズンを終えた。UEFAチャンピオンズリーグではオールボーBK戦やパナシナイコスFC戦などで計3得点した。2009年7月27日、ACミランの公式サイト上でロッシ獲得が発表され、数秒後にそのニュースは削除された。これはクラッカー(ハッカー)がいたずらで掲載したものだという[7]。2010年2月には、父親の看病のために期限を定めずにアメリカに帰国したが、父親は2月23日に亡くなった。

2011年1月25日、ビジャレアルCFとの契約を2016年6月30日まで延長した[8][9]。同年夏にはFCバルセロナ[10]ユヴェントスFC[11]SSCナポリ[12] などがロッシの獲得に動いたが、結局合意には至らずに残留した。8月25日、UEFAチャンピオンズリーグ本選出場プレーオフのオーデンセBK戦セカンドレグでは2得点を挙げてグループリーグ出場を決めた[13]。2010-11シーズンは最終的に56試合に出場し32ゴールを記録した。

2011年10月26日、レアル・マドリード戦で右膝の前十字靱帯を損傷し、全治6カ月の離脱を強いられることとなった[14]

2012年4月13日に右膝前十字靭帯を再び負傷[15]。手術は成功したものの[16] 6カ月の離脱を余儀なくされ、UEFA EURO 2012本大会の欠場が確定した。

フィオレンティーナ[編集]

2013年1月5日、フィオレンティーナへの移籍が発表された。移籍金は900万ユーロで、条件付きでボーナスがプラスされる[17]。2012-2013シーズンは怪我から復帰した最終節の1試合のみの出場となった。

2013-14シーズンは開幕からレギュラーとして活躍。2013年10月20日に行われた対ユヴェントスFC戦では自身初の公式戦でのハットトリック(3得点)を記録し、チームにとって15年ぶりとなるホームでの宿敵相手の勝利 (4-2) に貢献した[18]。この試合のロッシの採点は地元フィオレンティーナ関連サイトでは全て10点、イタリア全国スポーツ紙のガゼッタ・デロ・スポルトコリエレ・デロ・スポルトの2紙からも9点という破格の点数がつけられた[19][20]。このシーズンは前半戦だけで14得点と得点王争いのトップを走る活躍を見せたが、年が明けた2014年1月5日対リヴォルノ戦でレアンドロ・リナウドからタックルを受け右膝を負傷。一時は現役引退の可能性もささやかれたが、検査の結果、古傷の十字靭帯ではなく内側靭帯の損傷であったことが判明[21]。手術は行わず、2カ月の保存治療を行うことになった[22]

5月3日コッパ・イタリア決勝SSCナポリ戦で復帰。その後のリーグ戦で3試合で2得点。最終的に21試合出場で16得点でチーム得点王、リーグの得点王ランキング7位でシーズンを終えた。

2014-15シーズン開幕前の練習中にまたしてもひざを負傷、このシーズン全ての欠場となった[23]

怪我の影響とニコラ・カリニッチの台頭により出場機会が減ったため、2016年1月25日にレバンテUDへ半年間のレンタルが決定[24]。17試合で6得点を挙げたものの、チームは最下位でセグンダ・ディビシオンへ降格した。

2016年8月28日セルタ・デ・ビーゴへレンタル移籍[25]2017年4月3日UDラス・パルマス戦ではプリメーラ・ディビシオンでイタリア人として3人目となるハットトリックを達成し勝利に貢献した[26]。しかしその6日後に行われたSDエイバル戦で再び靭帯断裂の大怪我を負い戦線を離脱した[27]。シーズン終了後、セルタはレンタル1年延長のオプションがあったが行使せず、さらにレンタル元のフィオレンティーナとの契約も満了となったためフリーエージェントのまま治療を行っている[28]

レアル・ソルトレイク[編集]

2020年2月27日、レアル・ソルトレイクと契約した[29]

イタリア代表[編集]

2011年9月6日にイタリア代表としてスロベニア代表戦に臨むロッシ(前列左)

U-17イタリア代表やU-19イタリア代表を経て、U-23イタリア代表でも主力として活躍し、2008年の北京五輪にも出場。チームは準々決勝で敗退し、メダル獲得はならなかったが、自身は4得点を挙げ得点王となった。

2008年10月11日、2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選ブルガリア戦 (0-0) でイタリアA代表デビュー。2009年6月6日の北アイルランドとの親善試合で代表初ゴールを記録[30]。同年のコンフェデレーションズカップのメンバーに選出された。グループリーグ初戦のアメリカ戦 (3-1) では、ミドルシュートで同点ゴールを決め、後半ロスタイムには追加点を決めて逆転勝利に貢献した[31][32]

2011年2月9日に行われたドイツ代表との親善試合では途中出場して同点ゴールを決めた[33]。6月4日、UEFA EURO 2012予選エストニア戦では先制点を決め、さらにシュートを何本も放って勝利に貢献した[34]

ブラジルW杯には2013年の活躍から直前までは代表に入っていたものの2014年初の怪我が影響して本戦メンバーからは外れた[35]

人物[編集]

アメリカ育ちで第一言語は英語だが、イタリア語の教師をしていた両親にイタリア語を教わり[36]、アメリカにいながらイタリア語も習得した。 子どもの頃からジャンフランコ・ゾラのプレーに憧れていた[4]。なお、父親の影響でACミランのファンだったことを公言している[37]

評価[編集]

イタリア代表監督のチェーザレ・プランデッリは「テクニックとスピードを兼ね揃えたモダンな選手で、全ての監督が欲しがるようなFW」であると評価している[38]

個人成績[編集]

クラブでの出場記録[編集]

シーズン クラブ リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 CL・EL 期間通算
出場 得点 アシスト 出場 得点 アシスト 出場 得点 アシスト 出場 得点 アシスト 出場 得点 アシスト
2004-05 マンチェスター・U プレミア 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 0 0
2005-06 5 1 0 2 2 2 3 1 2 2 0 0 12 4 4
2006-07 ニューカッスル・U 11 0 0 0 0 0 2 1 0 13 1 0
2006-07 パルマFC セリエA 19 9 4 0 0 0 1 0 0 20 9 4
2007-08 ビジャレアルCF プリメーラ 27 11 3 5 2 0 5 0 1 37 13 4
2008-09 30 12 7 1 0 0 8 3 1 39 15 8
2009-10 34 10 3 4 2 0 8 5 1 46 17 4
2010-11 36 18 5 5 3 1 15 11 4 56 32 10
2011-12 9 3 0 - - - 5 2 1 14 5 1
通算 プレミア 16 1 0 2 2 2 7 2 2 2 0 0 27 5 4
セリエA 19 9 4 0 0 0 1 0 0 20 9 4
プリメーラ 136 54 18 15 7 1 41 21 8 192 82 27
総通算 171 64 22 17 9 3 7 2 2 44 21 8 239 96 35

代表での得点[編集]

 #  日時 場所 相手 スコア 結果 大会
1. 2009年6月6日 イタリアの旗 ピサ  北アイルランド 1–0 3–0 親善試合
2. 2009年6月15日 南アフリカ共和国の旗 プレトリア  アメリカ合衆国 1–1 1–3 FIFAコンフェデレーションズカップ2009
3. 1–3
4. 2011年2月9日 ドイツの旗 ドルトムント  ドイツ 1–1 1–1 親善試合
5. 2011年3月29日 ウクライナの旗 キエフ  ウクライナ 0–1 0–2 親善試合
6. 2011年6月3日 イタリアの旗 モデナ  エストニア 1–0 3–0 UEFA EURO 2012予選
7. 2013年11月18日 イングランドの旗 ロンドン  ナイジェリア 1–0 2–2 親善試合

タイトル[編集]

クラブ[編集]

マンチェスター・ユナイテッドFC

個人[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Bearzot: «Sarà Rossi l’uomo chiave» goal.com(2009-7-21)(イタリア語),2013-12-23閲覧
  2. ^ 元イタリア代表監督エンツォ・ベアルツォットは「パオロ・ロッシを思い起こさせる」とジュゼッペ・ロッシを評している
  3. ^ a b イタリア注目の新星ロッシ livedoorスポーツ、2007年5月30日
  4. ^ a b c d 『CALCiO2002』アスペクト、2007年5月号インタビュー
  5. ^ a b 『Number 723』文藝春秋、「流浪のストライカー」
  6. ^ ビジャレアル ロッシの2得点でヌマンシアに勝利 AFP BB News、2009年2月9日
  7. ^ ミランがG・ロッシを獲得!? Goal.com、2009年7月28日
  8. ^ ロッシがビジャレアルと契約更新 Goal.com、2011年1月25日
  9. ^ ビジャレアル、ロッシと2016年まで3年間の契約延長 WOWOWリーガニュース、2011年1月26日
  10. ^ G・ロッシ代理人:「ビジャレアルはバルサのオファーを断った」 Goal.com、2011年6月18日
  11. ^ ユーヴェ、米遠征前にロッシ獲得を狙う Goal.com、2011年7月14日
  12. ^ G・ロッシ:「ナポリの関心はうれしいが…」 Goal.com、2011年8月11日
  13. ^ ビジャレアル 対 オーデンセ ラインアップとデータ Goal.com、2011年8月24日
  14. ^ "Rossi out for six months" ESPN 2011年10月26日
  15. ^ ロッシ再負傷、EURO欠場が確定 UEFA.com 2012年4月13日
  16. ^ G・ロッシの手術が成功 Goal.com 2012年4月22日
  17. ^ G・ロッシのフィオレンティーナ移籍が合意 goal.com 2013年1月5日
  18. ^ ユヴェントスとフィオレンティーナは過去のロベルト・バッジョの移籍を巡る騒動から宿敵とされる
  19. ^ Gazzetta dello Sport: Pepito d’oro calciomercatonews.com(2013-10-21)(イタリア語),2013-10-27閲覧
  20. ^ ROSSI!!! JUVE CHOC covertimes.com(2013-10-21)(イタリア語),2013-10-27閲覧
  21. ^ G・ロッシ、負傷は前十字じん帯にも影響 長期離脱? Goal.com 2014年1月12日
  22. ^ G・ロッシ、手術を免れる W杯出場に希望 - Goal.com 2014年1月29日
  23. ^ G・ロッシ、来季もフィオレンティーナでプレー 代表復帰も目指す - Goal.com 2015年6月6日
  24. ^ サッカー=フィオレンティナのロッシ、レバンテに期限付き移籍 - ロイター 2016年1月26日
  25. ^ スペイン通算99ゴール ジュゼッペ・ロッシ、セルタへレンタル移籍 - サッカーキング 2016年8月28日
  26. ^ リーガのイタリア人で10年ぶりハットトリック! G・ロッシは去就について… - サッカーダイジェストWeb 2017年4月5日
  27. ^ セルタのジュゼッペ・ロッシ、キャリア4度目のじん帯断裂…6〜7カ月の戦線離脱 - Goal.com 2017年4月10日
  28. ^ ひざのケガに泣かされ続けたロッシ、セルタ退団でフリーに…4月にじん帯断裂 - SOCCER KING 2017年7月7日
  29. ^ 1年半フリーのジュゼッペ・ロッシがMLSのソルトレイクシティに加入”. 超ワールドサッカー (2020年2月28日). 2020年2月28日閲覧。
  30. ^ イタリア代表、3-0で北アイルランド代表に勝利 livedoorスポーツ、2009年6月7日
  31. ^ G・ロッシ:「アメリカは固いチームだったけど・・・」 Goal.com、2009年6月16日
  32. ^ 英雄ロッシがセリエAで吠える日。 Numbew Web、2009年6月28日
  33. ^ ドイツ戦でのゴールに満足のG・ロッシ Goal.com、2011年2月10日
  34. ^ イタリア快勝、EURO予選突破に近づく Goal.com、2011年6月4日
  35. ^ イタリア本登録メンバー決定!カッサーノ招集も…G・ロッシ落選 ゲキサカ、2014年6月2日
  36. ^ ロッシ2発!母国アメリカ撃破! スポーツ報知、2009年6月17日
  37. ^ G・ロッシ:「ミランのファンだった」 Goal.com、2009年6月17日
  38. ^ プランデッリ:「イタリアはG・ロッシを信じなかった」 Goal.com、2011年6月5日

外部リンク[編集]