ファビオ・クアリャレッラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ファビオ・クアリャレッラ Football pictogram.svg
Zenit-Torino (7).jpg
トリノ時代のクアリャレッラ (2015年)
名前
愛称 クアッリャ、グアリャベッラ、クアリャゴール、マサニエッロ
ラテン文字 Fabio Quagliarella
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1983-01-31) 1983年1月31日(36歳)
出身地 カステッランマーレ・ディ・スタービア
身長 180cm
体重 79kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 UCサンプドリア
ポジション FW
背番号 27
利き足 右足
ユース
イタリアの旗 グラニャーノ
1993-1995 イタリアの旗 トリノ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999-2005 イタリアの旗 トリノ 39 (7)
2002-2003 イタリアの旗 フィオレンティーナ (loan) 12 (1)
2003-2004 イタリアの旗 キエティ (loan) 43 (19)
2005-2006 イタリアの旗 アスコリ 33 (3)
2006-2007 イタリアの旗 サンプドリア 35 (13)
2007-2009 イタリアの旗 ウディネーゼ 73 (25)
2009-2010 イタリアの旗 ナポリ 34 (11)
2010-2014 イタリアの旗 ユヴェントス 83 (23)
2014-2016 イタリアの旗 トリノ 50 (18)
2016 イタリアの旗 サンプドリア (loan) 16 (3)
2016- イタリアの旗 サンプドリア 92 (36)
代表歴
2000-2001 イタリアの旗 イタリア U-18 8 (1)
2001 イタリアの旗 イタリア U-19 9 (1)
2002-2004 イタリアの旗 イタリア U-20 8 (2)
2004 イタリアの旗 イタリア U-21 2 (1)
2007- イタリアの旗 イタリア 25 (7)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年2月11日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ファビオ・クアリャレッラFabio Quagliarella, 1983年1月31日 - )は、イタリアカステッランマーレ・ディ・スタービア出身のサッカー選手UCサンプドリア所属。イタリア代表。ポジションはフォワード

日本では、翻訳者によってクアリアレッラと表記されることもある。

略歴[編集]

クラブ[編集]

1999年トリノFCにてデビュー。レンタル移籍で当時セリエC2を戦っていたACFフィオレンティーナでのプレー経験もある。2005年にトリノが破産するとその年にウディネーゼ・カルチョへ移籍し、昇格したアスコリに保有権の半分が売却されアスコリにてプレーする。

2006年7月15日UCサンプドリアへ移籍。ワルテル・ノヴェッリーノ監督の下、フランチェスコ・フラーキを欠いて苦しむチームにおいてブレイクし13ゴールをマークして注目を集める。2007年6月21日にウディネーゼへ完全移籍で復帰。アントニオ・ディ・ナターレらと共に攻撃的なサッカーでゴールを量産。2009年6月1日に移籍金1600万ユーロの5年契約でSSCナポリへ移籍。13得点を挙げる活躍を見せたが、1年で退団した。

2010年8月27日ユヴェントスFCへレンタル移籍。ユヴェントスはナポリにレンタル料として450万ユーロを支払い、さらにシーズン終了後に1050万ユーロを支払うことで完全移籍させることが出来る契約となった[1]。開幕からレギュラーとして活躍し17試合で9ゴールと好調を維持するが、2011年1月6日パルマFC戦で右膝前十字靭帯を損傷、残りのシーズンを棒に振り、好調だったチームもしだいに失速して7位に沈んだ[2]。シーズン終了後の6月22日にユヴェントスに完全移籍。その後はアレッサンドロ・マトリミルコ・ヴチニッチカルロス・テベスフェルナンド・ジョレンテといったFWが加入し定位置を失ったものの、一定の出場機会を得た。

2014年7月18日、古巣のトリノFCへ完全移籍[3]。移籍金は300万ユーロ。

2016年2月2日、退団したエデルの後釜として古巣UCサンプドリアへ買取義務付きのレンタルで復帰[4]。2017年8月21日に行われた2017-18シーズン開幕戦のベネヴェント・カルチョ戦で2得点を挙げ好調のままシーズンをスタート。2018年1月21日ACFフィオレンティーナ戦においてハットトリックを達成し[5]、最終的に当時35歳でキャリアハイとなる19得点を叩き出した。

2019年1月26日、セリエAのウディネーゼ戦で2ゴールを決め、セリエA11試合連続得点を達成し、1994-95シーズンにガブリエル・バティストゥータが打ち立てたセリエA連続試合得点記録に並んだ[6]

代表[編集]

イタリア代表では、2007年6月7日に対リトアニア戦で2ゴールを決め快勝したことから、この年の移籍市場では話題を呼んだ。EURO2008のイタリア代表メンバーに招集された。

2010 FIFAワールドカップのメンバーにも選出され、グループリーグ最終節・スロバキア戦では後半1分から交代で出場し、アディショナルタイムに見事なループシュートでゴールを決めたが、チームは2-3で敗れてグループリーグ敗退となりW杯連覇は成らなかった。2019年EURO2020の予選のイタリア代表メンバーに招集された。

所属クラブ[編集]

イタリアの旗 ACFフィオレンティーナ 2002 (loan)
イタリアの旗 キエティ・カルチョ 2003-2004 (loan)
イタリアの旗 UCサンプドリア 2016 (loan)

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ユヴェントス

個人[編集]

  • AIMオスカー・サッカー賞 : 2009

脚注[編集]

外部リンク[編集]