USサレルニターナ1919

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
USサレルニターナ1919
原語表記 Unione Sportiva Salernitana 1919 S.r.l.[1]
愛称 I Granata (柘榴)
クラブカラー   柘榴色
創設年 1919年
所属リーグ セリエA
所属ディビジョン 1部
ホームタウン サレルノ
ホームスタジアム Arechi 6 ottobre.jpg
スタディオ・アレキ
収容人数 31,300
監督 イタリアの旗 ステファノ・コラントゥオーノ
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

ウニオーネ・スポルティーヴァ・サレルニターナ1919 (Unione Sportiva Salernitana 1919 S.r.l.) は、イタリアサレルノを本拠地とするサッカークラブである。2021-22シーズンはセリエAに所属している。

歴史[編集]

1997年にデリオ・ロッシが監督に就任すると、41年ぶりとなるセリエAへ昇格。そのセリエAではダビド・ディ・ミケーレマルコ・ディ・ヴァイオジェンナーロ・ガットゥーゾサルヴァトーレ・フレージロベルト・ブレーダなどを擁し強豪クラブを破り番狂わせを演じ続けた。この年のシーズンチケットは前年度の約7倍になる1万5千枚が売られクラブレコードを達成している。

2004-05シーズンはセリエBを22チーム中13位で終えたが、財政難のため翌シーズンはセリエC1に降格させられた。2007-08シーズンはセリエC1・ジローネBで優勝しセリエBへの昇格が決定。

ファンタジスタの呼び声高いペルー人ロベルト・メリーノを獲得し、セリエA復帰を目指して戦った2009-10シーズンではセリエB最下位に沈み、2010-11シーズンからはレガ・プロ・プリマ・ディヴィジオーネでの戦いを余儀なくされる。

2011年にクラブは経営破たん。SSラツィオ会長であるクラウディオ・ロティートがオーナーとなって7月に「サレルノ・カルチョ」としてセリエD(当時5部相当)から再出発することとなった[2]。2011-12シーズンにグループG優勝を果たしてレガ・プロ・セコンダ・ディヴィジオーネへ昇格した。2012年7月にクラブは「USサレルニターナ1919」と改称した。

2020-21シーズンはセリエBで2位となり1998-99シーズン以来23シーズンぶりにセリエA昇格を果たした[3]。 オーナーであるクラウディオ・ロティートセリエAに所属するSSラツィオの会長でもあるため、イタリアサッカー連盟より昇格が取り消される可能性があった。期限内に売却はできなかったが、6カ月以内に所有者を変更することを条件に昇格が認められた[4]

クラブ名の変遷[編集]

  • 1919-1922 USサレルニターナ (Unione Sportiva Salernitana)
  • 1922-1924 SSサレルニターナ (Società Sportiva Salernita)
  • 1924-1925 SSサレルニタナウダクス (Società Sportiva Salernitanaudax)
  • 1925-1927 カンパーニアFBC (Campania Foot-Ball Club)
  • 1927-1943 USサレルニターナ・ファシスタ (Unione Sportiva Salernitana Fascista)
  • 1943-1977 USサレルニターナ
  • 1977-2005 サレルニターナ・スポルト (Salernitana Sport Salerno)
  • 2005-2011 サレルニターナ・カルチョ1919 (Salernitana Calcio 1919)
  • 2011-2012 サレルノ・カルチョ (Salerno Calcio)
  • 2012-0000 USサレルニターナ1919 (Unioe Sportiva Salernitana 1919)

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

過去の成績[編集]

シーズン ディビジョン コッパ・イタリア
リーグ 順位
1997-98 セリエB 38 19 15 4 65 32 72 1位 1回戦敗退
1998-99 セリエA 34 10 8 16 37 51 38 15位 ベスト32
1999-00 セリエB 38 14 10 14 55 61 52 7位 GS敗退
2000-01 セリエB 38 11 10 17 37 42 43 15位 ベスト16
2001-02 セリエB 38 14 11 13 57 59 53 6位 GS敗退
2002-03 セリエB 38 4 11 23 28 63 23 20位 GS敗退
2003-04 セリエB 46 14 13 19 36 53 55 15位 2回戦敗退
2004-05 セリエB 42 12 15 15 50 57 51 13位[5] 2回戦敗退
2005-06 セリエC1 ・ジローネA 34 13 13 8 42 30 52 5位
2006-07 セリエC1 ・ジローネB 34 11 11 12 37 41 44 10位 1回戦敗退
2007-08 セリエC1 ・ジローネB 34 16 14 4 43 25 62 1位
2008-09 セリエB 42 14 9 19 46 56 51 14位 ベスト16
2009-10 セリエB 42 5 8 29 40 80 17 22位 3回戦敗退
2010-11 セリエC1 ・ジローネB 34 17 8 9 49 39 54 3位[6] 1回戦敗退
2011-12 セリエD・ジローネG 34 19 11 4 62 32 68 1位
2012-13 セリエC2・ジローネB 34 20 10 4 59 33 70 1位
2013-14 セリエC1 ・ジローネB 32 12 10 10 44 33 46 9位 1回戦敗退
2014-15 レガプロ ・ジローネC 38 24 8 6 56 31 80 1位 1回戦敗退
2015-16 セリエB 42 9 18 15 48 62 45 18位 4回戦敗退
2016-17 セリエB 42 13 15 14 44 44 54 10位 3回戦敗退
2017-18 セリエB 42 11 18 13 51 58 51 12位 3回戦敗退
2018-19 セリエB 36 10 8 18 41 57 38 15位 3回戦敗退
2019-20 セリエB 38 14 10 14 53 50 52 10位 3回戦敗退
2020-21 セリエB 38 19 12 7 46 34 69 2位 3回戦敗退
2021-22 セリエA

現所属メンバー[編集]

2021年10月14日現在[7]

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
1 GK イタリア ヴィンチェンツォ・フィオリッロ
2 MF セネガル ママドゥ・クリバリ
3 DF イタリア マッテオ・ルッジェーリ
4 DF ポーランド パヴェル・ヤロシニスキ
5 DF アルバニア フレデリク・ヴェセリ (Flag of Switzerland.svg)
6 DF ノルウェー ステファン・ストランドベルグ
7 MF フランス フランク・リベリー
8 MF イタリア アンドレア・スキャヴォーネ
9 FW イタリア フェデリコ・ボナッツォーリ
11 FW ボスニア・ヘルツェゴビナ ミラン・ジュリッチ (Flag of Italy.svg)
12 GK イタリア アントニオ・ルッソ
13 DF イタリア ラムジ・アヤ (Flag of Tunisia.svg)
14 MF イタリア フランチェスコ・ディ・タッキオ キャプテン
15 FW コートジボワール セドリック・ゴンド (Flag of Italy.svg)
No. Pos. 選手名
18 MF マリ共和国 ラサッナ・クリバリ
19 DF イタリア ルカ・ラニエーリ
20 MF キプロス グリゴリス・カスタノス
21 DF イタリア ナディール・ゾルテア
22 MF ナイジェリア ジョエル・オビ (Flag of Italy.svg)
23 DF スロバキア ノルベルト・ギェンベール
24 DF チュニジア ワジディ・ケシュリダ (Flag of France.svg)
25 FW ナイジェリア シミー (Flag of Portugal.svg)
26 DF クロアチア ルカ・ボグダン
28 MF イタリア レオナルド・カペッツィ
31 DF スウェーデン リッカルド・ガリョーロ (Flag of Italy.svg)
33 DF イタリア フィリッポ・デッリ・カッリ
63 FW イタリア エドアルド・ヴェルガーニ
72 GK スロベニア ヴィド・ベレツ

※括弧内の国旗はその他保有国籍、もしくは市民権、星印はEU圏外選手を示す。

ローン移籍[編集]

in

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
2 MF セネガル ママドゥ・クリバリ (ウディネーゼ・カルチョ)
3 DF イタリア マッテオ・ルッジェーリ (アタランタBC)
4 DF ポーランド パヴェル・ヤロシニスキ (ジェノアCFC)
9 FW イタリア フェデリコ・ボナッツォーリ (UCサンプドリア)
19 DF イタリア ルカ・ラニエーリ (ACFフィオレンティーナ)
No. Pos. 選手名
20 MF キプロス グリゴリス・カスタノス (U-23ユヴェントスFC)
21 DF イタリア ナディール・ゾルテア (アタランタBC)
25 FW ナイジェリア シミー (FCクロトーネ)
33 DF イタリア フィリッポ・デッリ・カッリ (U-23ユヴェントスFC)
out

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
-- GK イタリア アレッサンドロ・ミカーイ (レッジーナ1914)
-- DF イタリア ヴァレーリオ・マントヴァーニ (アレッサンドリア)
-- DF イタリア ミルコ・エスポージト (マントヴァFC)
-- DF イタリア ジョアッキーノ・ガレオタフィオーレ (セレーニョ・カルチョ)
-- DF フランス サナシ・シィ (コゼンツァ・カルチョ)
-- MF イタリア ミケーレ・カヴィオン (ブレシア・カルチョ)
-- MF イタリア ルカ・カスティーリャ (モデナFC)
-- MF イタリア ガエターノ・ヴィターレ (セレーニョ・カルチョ)
No. Pos. 選手名
-- MF オランダ レダ・ブールタム (コゼンツァ・カルチョ)
-- MF イタリア エドアルド・イアンノーニ (アンコーナ・マテリカ)
-- FW イタリア ジュゼッペ・フェッラ (パレルモ)
-- FW ノルウェー ユリアン・クリストファーセン (コゼンツァ・カルチョ)
-- FW イタリア フランチェスコ・オルランド (アレッサンドリア)
-- FW イタリア フィリッポ・ダンドレーア (セレーニョ・カルチョ)
-- FW イタリア カルミネ・イアンノーネ (パガネーゼ・カルチョ)

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Societa”. USサレルニターナ1919公式ウェブサイト. 2015年12月24日閲覧。
  2. ^ Alberto Abbate (2011年7月26日). “Lotito, show a Salerno "Torneremo in alto"” (イタリア語). ラ・レプッブリカ. 2020年11月19日閲覧。
  3. ^ サレルニターナ、23年ぶりセリエA昇格が決定もクラブは規定により売却の可能性 - Goal.com、2021年5月11日(2021年6月12日閲覧)
  4. ^ サレルニターナ、セリエA参戦が正式に承認…半年以内のオーナー変更は必須とFIGC会長 - soccer-king.jp、2021年7月8日(2021年7月9日閲覧)
  5. ^ 破産により3部へ降格
  6. ^ 破産により5部へ降格
  7. ^ Prima squadra” (イタリア語). U.S.Salernitana 1919. 2021年10月14日閲覧。

外部リンク[編集]