クリスティアーノ・ルカレッリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クリスティアーノ・ルカレッリ Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Cristiano Lucarelli
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1975-10-04) 1975年10月4日(41歳)
出身地 リヴォルノ
身長 188cm
体重 83kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
代表歴
2005-2007 イタリアの旗 イタリア 6 (3)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

クリスティアーノ・ルカレッリCristiano Lucarelli1975年10月4日 - )は、イタリアリヴォルノ出身の元同国代表、元サッカー選手。ポジションはフォワード(FW)。サッカー選手のアレッサンドロ・ルカレッリは実弟。

経歴[編集]

1992年、クオイオペッリでデビューを果たし、翌年にはペルージャへ移籍。その後もイタリア国内のクラブを転々とし、1998-1999シーズンにはバレンシアへ自身初の国外移籍を果たすが、12試合、1ゴールと振るわず1シーズンで帰国。レッチェトリノに在籍した。

2003-2004シーズンからは地元のリヴォルノに移籍、チームのセリエA昇格に貢献し、チームのシンボルとなる。2004-2005シーズンには24得点を挙げ、セリエA得点王に輝いた。この活躍が認められてイタリア代表にも招集され、2005年6月8日セルビア・モンテネグロ戦で初出場・初得点をマークした。

リヴォルノには4年間在籍し、チーム史上2番目となる92ゴールを記録した。また06-07シーズンにおいてセリエA通算100ゴールを達成している。2007年移籍金800万ユーロ(約13億5千万円)でシャフタール・ドネツクに移籍。ウクライナでプレーする初のイタリア人となった。

2008年移籍金570万ユーロで(約9億円)でパルマに移籍した。

2009年7月15日、古巣であるリヴォルノへのレンタルでの復帰が発表された。

代表歴[編集]

代表としては1996年五輪メンバーに選出され、同年秋にはUー21代表の試合の中で2試合連続のハットトリックを達成するなど通算14試合10得点と高い決定力を見せた。しかし、当時フル代表攻撃陣の層は厚く、若く安定感に欠けたルカレッリはフル代表に招集される事のないまま調子を落とし、タイミングを逃したまま代表とは無縁の日々を過ごしたが、04-05シーズンリーグ得点王の活躍が認められ2005年上旬北米遠征代表メンバーに選出、前述の通りセルビアモンテネグロ代表戦にて代表初キャップを刻むとこの試合で初得点もマークし存在感を示している。リッピ時代は結果を出しながらも代表とはあまり縁が無かったが、代表監督がかつてリヴォルノで指揮を執ったドナドーニに変わってからは代表に定着している。

所属クラブ[編集]

  • 1992-1993 イタリアの旗 クオイオペッリ:28試合・5得点(セリエD=5部)
  • 1993-1995 イタリアの旗 ペルージャ:7試合・無得点(93-94はC1=3部で2試合、94-95はB=2部で5試合)
  • 1995-1996 イタリアの旗 コセンツァ:32試合・15得点(セリエB)
  • 1996-1997 イタリアの旗 パドヴァ:34試合・14得点(セリエB)
  • 1997-1998 イタリアの旗 アタランタ:26試合・5得点
  • 1998-1999 スペインの旗 バレンシア:12試合・1得点(リーガ・エスパニョーラ)
  • 1999-2001 イタリアの旗 レッチェ:59試合・27得点
  • 2001-2003 イタリアの旗 トリノ:56試合・10得点
  • 2003-2007 イタリアの旗 リヴォルノ:146試合・92得点(03-04はBで41試合・29得点,04-07はAで105試合・63得点)
  • 2007-2008 ウクライナの旗 シャフタール・ドネツク:13試合・6得点(ウクライナ・プレミア・ディビジョン)
  • 2008-2012イタリアの旗 パルマ:45試合・16得点 (2008年はAで16試合・4ゴール、08-09はBで29試合・12得点)

指導歴[編集]

外部リンク[編集]