アタランタBC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アタランタBC
原語表記 Atalanta Bergamasca Calcio s.p.a.
愛称 Nerazzurri
クラブカラー 青と黒
創設年 1907年
所属リーグ セリエA
ホームタウン ベルガモ
ホームスタジアム アトレティ・アズーリ・ディターリア
収容人数 26,724
代表者 イタリアの旗 アントニオ・ペルカッシ
監督 イタリアの旗 エドアルド・レヤ
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
アタランタの選手たち(1913-14シーズン)

アタランタ・ベルガマスカ・カルチョAtalanta Bergamasca Calcio s.p.a.)は、イタリアベルガモをホームタウンとする、イタリアプロサッカーリーグ(レガ・カルチョ)に加盟するプロサッカークラブ。

USレッチェ同様、毎年のように降格と昇格を繰り返す俗に言うエレベータークラブだが、若手の育成においては、他チームの中心選手も多く輩出している。

歴史[編集]

定評ある選手育成においては、ロベルト・ドナドーニドメニコ・モルフェオら、数々の優秀な選手を輩出している。ビッグクラブで出場機会の少ない有望な若手などの有力な(レンタル)移籍先ともなっている。フィリッポ・インザーギが得点王を獲得し、スターダムへ駆け昇るきっかけとなったクラブでもある。またマルチェロ・リッピチェーザレ・プランデッリフランチェスコ・グイドリンなど優れた指導者を輩出するクラブでもある。1999年から2003年まで、下部組織からチーム作りに携わってきたジョヴァンニ・ヴァヴァッソーリが監督を務めた。2004-05シーズンにアンドレア・マンドルリーニの下でセリエAに昇格したが、同シーズン終了時に降格となった。

2006-07シーズンはセリエA昇格1年目ながら8位に食い込んだ。2007年夏には昇格と残留の立役者であるステファノ・コラントゥオーノ監督がUSチッタ・ディ・パレルモに引き抜かれ、ルイジ・デル・ネーリ監督を招聘した。財政難からDFシモーネ・ロリア、MFジュリオ・ミリアッチョ、FWニコラ・ヴェントラなどの主力選手を手放すこととなったが、司令塔のクリスティアーノ・ドニの引き留めに成功した。最終ラインを高く保ち、ボールを素早くつなぐカウンターで9位に入り、難なく残留を決めた。

2008年夏にはDFモリス・カロッツィエーリやFWアントニオ・ランジェッラなどの主力を売却し、その穴埋めとしてMFハイメ・バルデスやFWクリスティアン・ビエリを移籍金なしで獲得した。さらにMFルカ・チガリーニ、MFアレッシオ・チェルチなど期待の若手も加え、フロントの優秀さを際立たせることとなった。

2008-09シーズンはFWセルジオ・フロッカリがキャリア初の二桁得点を記録し、36歳になったクリスティアーノ・ドニが9得点5アシストの活躍を見せ、11位でシーズンを終えた。

2009年夏にはエースのセルジオ・フロッカリとプレーメーカーのルカ・チガリーニを合わせて約32億円で売却したが、その1/4程度の値段でFWロベルト・アクアフレスカ、MFエドガル・バレットを獲得して穴を埋めた。サンプドリア監督に転身したルイジ・デル・ネーリ監督に代わってアンジェロ・グレグッチ監督が就任したが、前回のセリエA挑戦(2005年、USレッチェ)の際は5試合で解任されているため、手腕を疑問視する声もあった。開幕から不振が続いたため、9月21日にグレグッチ監督を解任し、アントニオ・コンテ監督を招聘した。しかしコンテはチームを立て直すことが出来ず、2010年1月7日に辞任。1月11日、ボルトロ・ムッティが新監督に任命されたものの、18位でセリエB降格となった。

コラントゥオーノ監督が復帰した2010-11シーズンは、セリエBで優勝し1年でセリエA復帰を決めた。2011-12シーズンは2011年8月9日、下部リーグの八百長に関与したとして、勝ち点が6減点され、キャプテンのクリスティアーノ・ドニに3年半の出場停止処分が下された[1]。しかし最初の3試合で勝ち点7を獲得し、ペナルティを早々に帳消しにした。最終的には12位に入り、難なく残留を決めた。八百長スキャンダルの影響でやはり勝ち点減点2からのスタートとなった翌2012-13シーズンも、代表に初招集されたジャコモ・ボナヴェントゥーラの活躍もあり、序盤戦でACミランインテルを撃破。15位で2年連続のA残留を果たした。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

  • セリエB:5回
    • 1939-40, 1958-59, 1983-84, 2005-06, 2010-11

国際タイトル[編集]

なし

過去の成績[編集]

  • 1946-47 セリエA 9位
  • 1947-48 セリエA 5位
  • 1948-49 セリエA 16位
  • 1949-50 セリエA 8位
  • 1950-51 セリエA 12位
  • 1951-52 セリエA 12位
  • 1952-53 セリエA 9位
  • 1953-54 セリエA 10位
  • 1954-55 セリエA 13位
  • 1955-56 セリエA 15位
  • 1956-57 セリエA 15位
  • 1957-58 セリエA 17位 降格
  • 1958-59 セリエB 1位 昇格
  • 1959-60 セリエA 11位
  • 1960-61 セリエA 9位
  • 1961-62 セリエA 6位
  • 1962-63 セリエA 8位
  • 1963-64 セリエA 11位
  • 1964-65 セリエA 11位
  • 1965-66 セリエA 14位
  • 1966-67 セリエA 11位
  • 1967-68 セリエA 13位
  • 1968-69 セリエA 16位 降格
  • 1969-70 セリエB 15位
  • 1970-71 セリエB 2位 昇格
  • 1971-72 セリエA 10位
  • 1972-73 セリエA 14位 降格
  • 1973-74 セリエB 11位
  • 1974-75 セリエB 6位
  • 1975-76 セリエB 10位
  • 1976-77 セリエB 2位 昇格
  • 1977-78 セリエA 9位
  • 1978-79 セリエA 15位 降格
  • 1979-80 セリエB 9位
  • 1980-81 セリエB 18位 降格
  • 1981-82 セリエC1 1位 昇格
  • 1982-83 セリエB 8位
  • 1983-84 セリエB 1位 昇格
  • 1984-85 セリエA 10位
  • 1985-86 セリエA 8位
  • 1986-87 セリエA 15位 降格
  • 1987-88 セリエB 4位 昇格
  • 1988-89 セリエA 6位
  • 1989-90 セリエA 7位
  • 1990-91 セリエA 10位
  • 1991-92 セリエA 11位
  • 1992-93 セリエA 8位
  • 1993-94 セリエA 17位 降格
  • 1994-95 セリエB 4位 昇格
  • 1995-96 セリエA 13位
  • 1996-97 セリエA 10位
  • 1997-98 セリエA 16位 降格
  • 1998-99 セリエB 6位
  • 1999-2000 セリエB 4位 昇格
  • 2000-01 セリエA 7位
  • 2001-02 セリエA 9位
  • 2002-03 セリエA 15位 降格
  • 2003-04 セリエB 5位 セリエAのチーム数増(18→20)のため昇格
  • 2004-05 セリエA 20位 降格
  • 2005-06 セリエB 1位 昇格
  • 2006-07 セリエA 8位
  • 2007-08 セリエA 9位
  • 2008-09 セリエA 11位
  • 2009-10 セリエA 18位 降格
  • 2010-11 セリエB 1位 昇格
  • 2011-12 セリエA 12位
  • 2012-13 セリエA 15位
  • 2013-14 セリエA 11位
  • 2014-15 セリエA 17位

現所属メンバー[編集]

2015年9月1日現在
No. Pos. 選手名
1 セルビアの旗 GK ボリス・ラドゥノヴィッチ
2 イタリアの旗 DF グリエルモ・ステンダルド
4 イタリアの旗 MF ルイジ・ジョルジ
5 イタリアの旗 DF アンドレア・マジエッロ
6 イタリアの旗 DF ジャンパオロ・ベッリーニ主将 Captain sports.svg
7 イタリアの旗 MF マルコ・ダレッサンドロ
8 イタリアの旗 MF ジュリオ・ミリアッチョ
10 アルゼンチンの旗 FW アレハンドロ・ゴメス
11 アルゼンチンの旗 MF マキシミリアーノ・モラレス
15 オランダの旗 MF マルテン・デ・ルーン
17 チリの旗 MF カルロス・カルモナ (Flag of Italy.svg)
18 パラグアイの旗 MF マルセロ・エスティガリビア (Flag of Italy.svg)
19 アルゼンチンの旗 FW ヘルマン・デニス (Flag of Italy.svg)
21 イタリアの旗 MF ルカ・チガリーニ
22 ブラジルの旗 DF ラファエウ・トロイ (Flag of Italy.svg)
23 イタリアの旗 DF エマヌエーレ・スアゲル
No. Pos. 選手名
24 イタリアの旗 DF アンドレア・コンティ
27 スロベニアの旗 MF ヤスミン・クルティッチ
28 イタリアの旗 DF ダヴィデ・ブリーヴィオ
29 イタリアの旗 DF ガブリエル・パレッタ (Flag of Argentina.svg)
30 イタリアの旗 GK ダビデ・バッシ
33 イタリアの旗 DF ニコロ・チェルビン
44 クロアチアの旗 DF アントン・クレシッチ
45 イタリアの旗 FW ガエターノ・モナチェッロ
51 チリの旗 FW マウリシオ・ピニージャ (Flag of Italy.svg)
57 イタリアの旗 GK マルコ・スポルティエッロ
77 イタリアの旗 MF クリスティアン・ライモンディ
85 イタリアの旗 DF ミケーレ・カニーニ
93 セネガルの旗 DF ブカリ・ドラメ (Flag of France.svg)
95 イタリアの旗 MF アルベルト・グロッシ
97 イタリアの旗 FW ティツィアーノ・トゥリッシ

括弧内の国旗はその他の保有国籍を、星印はEU圏外選手を示す。

レンタル移籍[編集]

in
No. Pos. 選手名
29 イタリアの旗 DF ガブリエル・パレッタ (ミラン)
33 イタリアの旗 DF ニコロ・チェルビン (ボローニャ)
out
No. Pos. 選手名
3 イタリアの旗 DF クリスティアーノ・デル・グロッソ (バーリ)
-- イタリアの旗 GK ルカ・ザノッティ (メルフィ)
-- イタリアの旗 DF アルベルト・アルミチ (アスコリ)
-- イタリアの旗 DF ルカ・ミレーシ (アレッツォ)
-- イタリアの旗 DF アレックス・レドルフィ (プロ・ヴェルチェッリ)
-- イタリアの旗 DF マッティア・カルダーラ (チェゼーナ)
-- イタリアの旗 DF マッテオ・コンティーニ (バーリ)
-- フランスの旗 DF プリンス・デジル・グアノ (ボルトン)
No. Pos. 選手名
-- ルーマニアの旗 DF コンスタンティン・ニカ (アヴェッリーノ)
-- イタリアの旗 MF リッカルド・カッツォーラ (リヴォルノ)
-- イタリアの旗 MF ナディル・ミノッティ (コモ)
-- イタリアの旗 FW グイド・マリルンゴ (ヴィルトゥス・ランチャーノ)
-- イタリアの旗 FW ジュゼッペ・デ・ルカ (バーリ)
-- イタリアの旗 FW シモーネ・マニャレッリ (クレモネーゼ)
-- ウルグアイの旗 FW ルベン・ベンタンコート (アレッツォ)
-- ガーナの旗 FW リッチモンド・ボアキエ (ローダ)

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]