クラウディオ・カニーヒア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • クラウディオ・カニージャ
クラウディオ・カニーヒア Football pictogram.svg
Caniggia atalanta.jpg
名前
本名 クラウディオ・パウル・カニーヒア
Claudio Paul Caniggia
愛称 Hijo del Viento (風の申し子),
El Pájaro (スズメ),
マラドーナの恋人
ラテン文字 Claudio CANIGGIA
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 (1967-01-09) 1967年1月9日(50歳)
出身地 エンデルソンスペイン語版
身長 172cm
体重 67kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1985-1988 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート 53 (8)
1988-1989 イタリアの旗 エラス・ヴェローナ 21 (3)
1989-1992 イタリアの旗 アタランタ 85 (26)
1992-1994 イタリアの旗 ローマ 15 (4)
1994-1995 ポルトガルの旗 ベンフィカ 23 (8)
1995-1999 アルゼンチンの旗 ボカ・ジュニアーズ 74 (32)
1999-2000 イタリアの旗 アタランタ 17 (1)
2000-2001 スコットランドの旗 ダンディー 21 (7)
2001-2003 スコットランドの旗 レンジャーズ 50 (12)
2003-2005 カタールの旗 カタールSC 15 (5)
2012 イングランドの旗 ウェンブリー 0 (0)
通算 360 (107)
代表歴
1987-2002 アルゼンチンの旗 アルゼンチン [1] 50 (16)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

クラウディオ・パウル・カニーヒアスペイン語: Claudio Paul Caniggia, 1967年1月9日 - )は、アルゼンチン出身の元サッカー選手であり、元同国代表。ポジションはフォワード。アルゼンチン代表として、59試合以上に出場した[2]。カニーヒアはFIFAワールドカップに3度出場し、ライバルチームであるCAリーベル・プレートボカ・ジュニアーズの双方でプレーした。フィジカルの強さと高い技術力を兼ね備えたストライカーであり[3]、何よりスピードの速さで知られていた[4][5][6]。サッカー選手としての活動を開始する以前には、地方の競技大会の100メートル走などにも参加していた[7]。彼は高い得点力に加えて[3]、アシストなどチャンスを創出する能力にも優れており、そのためしばしば司令塔センターフォワードなどのポジションでもプレーした[5]。そのスピードから風の申し子との異名もあった[8]

経歴[編集]

クラブ[編集]

1985年に、リーベル・プレートから国内リーグにデビュー。その後、イタリアのヴェローナアタランタでプレー。期待されてローマに移籍したが、コパイタリア準決勝では、ミランを破るゴールを決め[9]、コパイタリア決勝進出に貢献したが、薬物で出場停止もあり活躍出来ず。

1993年、コカインの使用により13ヶ月の出場停止処分を受けた[10]。処分明け後は、ポルトガル強豪のSLベンフィカへ移籍し[10]UEFAチャンピオンズリーグではチームのベスト8入りに貢献した。

その後、代表のチームメイトであるマラドーナと共に、デビューしたリーベル・プレートのライバルチームであるボカ・ジュニアーズへ移籍した。当時、得点後のパフォーマンスで、「マラドーナの恋人」と呼ばれていること[11]に伴ったジョークとして、同僚だったマラドーナとディープキスをした。当時のマラドーナ夫人は激怒し、カニージャが謝罪する事態にまで発展した。

1999年ワールドサッカーが選定した20世紀の偉大なサッカー選手100人で、52位に選出された。

その後は、かつてプレーしたアタランタや、スコットランドのチームなどでプレーした後、2003年にカタールに移籍。2005年を最後に現役を引退した。しかし2012年、イングランド9部リーグ・ウェンブリーFCに選手として加入、現役復帰を果たした。同年、再び現役を引退した。

代表[編集]

代表では1987年にイタリア戦でデビューし、同年母国で行われたコパ・アメリカで活躍。その後、1990年ワールドカップ・イタリア大会での準優勝、1991年コパ・アメリカ優勝時などのメンバーとなっている。ディエゴ・マラドーナと数多くの大会で2トップを組み、「マラドーナの恋人」と呼ばれるほど高い連携を見せた。イタリア大会決勝トーナメント1回戦のブラジル戦では、マラドーナのスルーパスから、W杯で初めてブラジルを破るゴールを挙げている。しかし、準決勝のイタリア戦で不用意なハンドを犯し、累積警告で決勝に出場できなくなった。

1994年ワールドカップ・アメリカ大会のナイジェリア戦で2得点の活躍をしたが、マラドーナが薬物使用で追放処分を受けたこともあり、前述したコカインの摂取歴やマラドーナと仲が良い点から、カニージャにも疑惑の声が挙がった。怪我により3試合の出場に留まったが、「ドーピング検査に引っ掛かるのを恐れて出場しなかったのでは」とも噂された[要出典]

前年後半から調子が良く、いいプレーを見せていた為代表復帰の噂があり、本人も代表復帰に意欲を見せていたが[12]1998年ワールドカップ・フランス大会は代表落ちした。当時の代表監督は、長髪禁止令で物議を醸したダニエル・パサレラであり[13]、その落選も「短髪を拒否した為」とされることが多いが、実際は1996年4月のボリビア戦を最後に、元々代表からは遠ざかっていた。また、後述の「値札張替え事件」も大会直前に起こしている。

その後不遇を託つ時期が続いたが、2001-02シーズンにレンジャーズへ移籍すると、エースとしてチームを優勝に導く活躍を見せた。このことが認められ、2002年2月には久々に代表復帰し親善試合などでプレーした。更にはワールドカップ・日韓大会のメンバーにも選出さた。しかし出場機会がないまま、スウェーデン戦ではベンチから暴言を吐き退場。試合に全く出場しないまま、退席処分を受けるという記録を作った[要出典]

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ rsssfによる統計。
  2. ^ rsssf: Argentina record international footballers
  3. ^ a b Caniggia, Claudio Paul” (Italian). Treccani: Enciclopedia dello Sport. 2015年6月3日閲覧。
  4. ^ IL CANIGGIA RISCOPERTO” (Italian). La Repubblica (1994年5月11日). 2015年6月3日閲覧。
  5. ^ a b Che fine ha fatto? Claudio Caniggia” (Italian). Calcio Mercato (2015年1月31日). 2015年6月3日閲覧。
  6. ^ Baggio Takes Great Strides Toward Soccer Greatness”. The Orlando Sentinel (1994年6月15日). 2015年9月24日閲覧。
  7. ^ Argentina's 'Son of the Wind': Claudio Caniggia”. FIFA. 2015年6月3日閲覧。
  8. ^ マラドーナの恋人”も絶賛 「私もメッシのファンの一人だ-Cartao Amarelo
  9. ^ 10. marzo 1993 Roma-Milan-Calcio.com
  10. ^ a b “Darkness descends on the Stadium of Light”. The Scotsman. (1997年6月22日) 
  11. ^ マラドーナの恋人”も絶賛 「私もメッシのファンの一人だ-Cartao Amarelo
  12. ^ El Grafico誌1997年12月インタビュー
  13. ^ 仲の良いフェルナンド・レドンドも、それを起因としてパサレラと衝突していた。

外部リンク[編集]