キリ・ゴンサレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はゴンサレス第二姓(母方の)はペレトです。
キリ・ゴンサレス Football pictogram.svg
Kily Gonzalez.jpg
名前
本名 クリスティアン・アルベルト・ゴンサレス・ペレト
Cristian Alberto González Peret
愛称 キリ
ラテン文字 Kily GONZÁLEZ
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
スペインの旗 スペイン
生年月日 (1974-08-04) 1974年8月4日(43歳)
出身地 アルゼンチンの旗 ロサリオ
身長 175cm
体重 71kg
選手情報
ポジション MF (LSH)
利き足 左足
ユース
アルゼンチンの旗 ロサリオ・セントラル
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1993-1995 アルゼンチンの旗 ロサリオ・セントラル 51 (7)
1995-1996 アルゼンチンの旗 ボカ・ジュニアーズ 37 (3)
1996-1999 スペインの旗 レアル・サラゴサ 90 (15)
1999-2003 スペインの旗 バレンシア 92 (8)
2003-2006 イタリアの旗 インテル 51 (0)
2006-2009 アルゼンチンの旗 ロサリオ・セントラル 76 (10)
2009-2010 アルゼンチンの旗 サン・ロレンソ 32 (0)
2010-2011 アルゼンチンの旗 ロサリオ・セントラル 17 (2)
通算 446 (45)
代表歴
2004 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 56 (9)
1995-2005 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 五輪 6 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

キリ・ゴンサレス (Kily González) こと、クリスティアン・アルベルト・ゴンサレス・ペレト(Cristian Alberto González Peret, 1974年8月4日 - )は、アルゼンチンロサリオ出身の元同国代表サッカー選手。現役時代のポジションはミッドフィールダー

クラブ歴[編集]

1992年、地元のクラブチームであるCAロサリオ・セントラルでキャリアをスタート、1995年にはアルゼンチンの強豪ボカ・ジュニアーズディエゴ・マラドーナから誘いを受けて移籍。1シーズンのみのプレーとなったが、翌年にはリーガ・エスパニョーラレアル・サラゴサへ移籍した。

1999年にはこの年監督に就任したエクトル・ラウル・クーペルに引き抜かれてバレンシアCFへ移籍。[1]左サイドのポジションで攻守にわたる活躍を見せ、1999-2000、2000-01シーズンのチャンピオンズリーグ準優勝、2001-02シーズンのリーグ制覇にそれぞれ貢献。2003年にクーペルがインテルナツィオナーレ・ミラノの監督に就任すると再び引き抜かれてインテルへ移籍した。しかし、途中出場での出場が多く、インテルでは思ったような出場機会が得られず、2005-06シーズン終了後、古巣であるロサリオ・セントラルに復帰した。2009-10シーズンはCAサン・ロレンソ・デ・アルマグロへ移籍。

アルゼンチン代表経歴[編集]

アルゼンチン代表としては1995年にブラジル代表との試合で代表デビューを果たし[2]、以来代表の中心選手として牽引し、2002年日韓W杯にも出場を果たしたが、グループリーグ敗退を喫した。2004年にはアテネオリンピックにオーバーエイジとして出場し、金メダル獲得に貢献した。[3] 2005年10月に行われたドイツW杯予選を最後に、代表から遠ざかった。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

バレンシア
インテル

代表[編集]

オリンピックアルゼンチン代表

脚注[編集]

外部リンク[編集]