ニコラス・ブルディッソ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ニコラス・ブルディッソ Football pictogram.svg
Nicolás Burdisso - 2011.jpg
アルゼンチン代表でのブルディッソ (2011年)
名前
本名 ニコラス・アンドレス・ブルディッソ
Nicolás Andrés Burdisso
愛称 ニコ
ラテン文字 Nicolas BURDISSO
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1981-04-12) 1981年4月12日(36歳)
出身地 アルトス・デ・チピオンスペイン語版
身長 183cm
体重 81kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 トリノFC
ポジション DF (CB)
背番号 13
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999-2004 アルゼンチンの旗 ボカ・ジュニアーズ 110 (4)
2004-2010 イタリアの旗 インテル・ミラノ 93 (4)
2009-2010 イタリアの旗 ローマ (loan) 33 (2)
2010-2014 イタリアの旗 ローマ 68 (4)
2014-2017 イタリアの旗 ジェノア 78 (0)
2017- イタリアの旗 トリノ
代表歴
2003-2011 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 49 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年10月16日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ニコラス・アンドレス・ブルディッソ(Nicolás Andrés Burdisso, 1981年4月12日 - )は、アルゼンチンコルドバ州アルトス・デ・チピオン出身のサッカー選手セリエAトリノFC所属、ポジションはディフェンダー

経歴[編集]

生い立ち[編集]

1981年4月12日にブルディッソ家の長男として生まれる。父エニオは小学校の校長を務め、母ベアトリスは小学校の教師という家庭環境にあって、幼少年期は学校の旗手を頻繁に務める成績優秀な学生であった[1]。弟のギジェルモもプロのサッカー選手として活躍している。

地元のサッカークラブで競技生活をスタートさせ、周囲からの薦めもあって14歳の時にニューウェルズ・オールドボーイズに入団。やがてニューウェルズは深刻な経済難に陥り、下部組織の寮生活を賄えなくなると、ニコラスは首都に拠点を置くボカ・ジュニアーズに入団した。

ボカ・ジュニアーズ時代[編集]

ボカ入団後は長く試練のときが続き、出場機会を得ることのできない日々が続いた。一方で当時トップチームの監督を務めていたカルロス・ビアンチは入団当初から評価しており、1999年10月に18歳という若さながらトップチームへ昇格させた。

この抜擢の後、ブルディッソは成長を遂げ、19歳で既にチームの主力選手として3冠達成に貢献。ボカでの目覚ましい活躍は、ホセ・ペケルマン率いるU-20アルゼンチン代表入りを促し、地元アルゼンチンで開催されたFIFAワールドユース選手権に出場すると、決勝トーナメント以降に不動のレギュラーに定着し、世界制覇の原動力となった。

この頃から欧州の中堅クラブからオファーが届くようになるが、移籍はしない考えを貫き、2003年1月には初のA代表入りを果たし、同年に自身2度目となるボカでの3冠を達成した。

インテル時代[編集]

2004年7月1日、満を持してインテルナツィオナーレ・ミラノに移籍。しかし、同年に当時1歳の娘アンジェリーナが白血病に冒され、半年間娘の看病に専念することを決意した。2005年9月にアンジェリーナの病気は完治し、ブルディッソ自身もインテルに復帰。半年間実戦から遠ざかっていたが、インテルは代役を探すこともせず早速メンバー入りを果たした。

2006年には「逆転招集」と言われる形で2006年ドイツW杯のアルゼンチン代表メンバーに入り、グループリーグ全3試合に右SBとして出場した(第3戦のオランダ戦で負傷し、ベスト16以降は出番なし)。2007年3月7日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント、バレンシアCF戦後の乱闘騒ぎでは相手DFダビド・ナバーロに鼻を殴られ、骨折する怪我を負った。

ローマ時代[編集]

その後はインテルでは主に控えとしてすごし、2009年8月22日に出場機会を求めASローマレンタル移籍した。ローマでは不調のフィリップ・メクセスに代わりレギュラーとなり、インテルとの優勝争いをしたチームに貢献した。

2010 FIFAワールドカップのアルゼンチン代表メンバーにも選出され、当初は控えだったもののワルテル・サムエルの負傷もありグループリーグ第3戦のギリシャ戦以降は先発出場。アルゼンチンの全5試合に出場しベスト8進出に貢献した。

シーズン終了後にはローマへの完全移籍を希望。金銭面での問題などから難航するも、2010年8月28日に移籍金800万ユーロでの完全移籍が発表された。弟のギジェルモもレンタル移籍での加入が決定しており、これにより2009-10シーズンからは兄弟でローマでプレーすることとなった。

ジェノア時代[編集]

2014 FIFAワールドカップ出場を目指し移籍を志願し、2014年1月23日、ジェノアCFCに移籍した[2]

その他[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ボカ・ジュニアーズ
インテル

代表[編集]

アルゼンチン代表

脚注[編集]

  1. ^ 「ルーツを訪ねて第65回:Nicolas BURDISSO」 『WORLD SOCCER DIGEST No.290』 第15巻第9号、日本スポーツ企画出版社、2009年、78-80頁。雑誌 29891-5/7
  2. ^ ブルディッソのジェノア移籍が決定 Goal、2014年1月24日

外部リンク[編集]