フェルナンド・ガゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フェルナンド・ガゴ Football pictogram.svg
Fernando Gago (Roda de premsa).jpg
名前
本名 フェルナンド・ルベン・ガゴ
Fernando Rubén Gago
愛称 El Pintita (伊達男)
ラテン文字 Fernando GAGO
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1986-04-10) 1986年4月10日(32歳)
出身地 シウダデーラスペイン語版
身長 178cm
体重 72kg
選手情報
在籍チーム アルゼンチンの旗 ボカ・ジュニアーズ
ポジション MF
背番号 5
利き足 右足
ユース
1991-2004 アルゼンチンの旗 ボカ・ジュニアーズ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2007 アルゼンチンの旗 ボカ・ジュニアーズ 69 (1)
2007-2012 スペインの旗 レアル・マドリード 92 (1)
2011-2011 イタリアの旗 ローマ (loan) 30 (1)
2012-2013 スペインの旗 バレンシア 12 (0)
2013 アルゼンチンの旗 ベレス (loan) 4 (0)
2013- アルゼンチンの旗 ボカ・ジュニアーズ 52 (3)
代表歴2
2005  アルゼンチン U-20 15 (0)
2008  アルゼンチン 五輪 9 (0)
2007- アルゼンチンの旗 アルゼンチン 60 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年12月25日現在。
2. 2014年10月14日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

フェルナンド・ルベン・ガゴ(Fernando Rubén Gago, 1986年4月10日 - )は、アルゼンチンブエノスアイレス州出身のサッカー選手アルゼンチン代表ボカ・ジュニアーズ所属。ポジションはミッドフィールダー。なお、ガゴ家はイタリアリグーリア州出身の家系であるため、イタリアのパスポートも有するイタリア系アルゼンチン人である。

クラブ歴[編集]

ボカ・ジュニアーズ[編集]

ボカ・ジュニアーズの下部組織出身で、2004年12月5日のキルメスAC戦 (1-0) でデビューした。また10代であったがチームの中盤で重要な役割を果たし、レアル・マドリード[1]FCバルセロナ[2]などヨーロッパのクラブから注目を浴びた。2006年11月15日、レアル・マドリードのラモン・カルデロン会長は、若手有望株をチームに加えて世代交代を図ることを目的に、リーベル・プレートゴンサロ・イグアインに加えてガゴ獲得の意思を表明した。

レアル・マドリード[編集]

レアル・マドリードでプレーするガゴ

イタリアのACミランからも注目されたが、2006年12月19日、移籍金2040万ユーロをボカ・ジュニアーズに支払うことで移籍が合意に達し、フェルナンド・レドンドホルヘ・バルダーノなどの数々の名手が存在してきた守備的ミッドフィールダーのポジションでプレーすることを期待された[3]。2007年1月7日のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦 (2-0) でリーガ・エスパニョーラデビューしたが[4]、チームの不調に引きずられて能力を発揮できず、ロナウドと途中交代した[5]。デポルティーボ戦の1週間後にエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウで行われたサラゴサ戦 (1-0) ではチームメイト同様に良いプレーを見せた[6]

2007年5月20日のレクレアティーボ・ウェルバ戦 (3-2) は2-2での引き分けが濃厚だったが、後半ロスタイムにガゴがロベルト・カルロスの得点をアシストし、貴重な勝ち点3獲得に貢献した。最終的にレアル・マドリードはFCバルセロナと勝ち点差なし(当該クラブの直接対決結果による)での優勝を決めたため、レクレアティーボ戦の結果は優勝争いに大きく響いた。2006-07シーズンは背番号16を着けていたが、2007年夏にエメルソンが移籍したことで空いた背番号8に変更した。2007-08シーズンはポテンシャルを十分に発揮し、中盤戦以降はマアマドゥ・ディアッラから守備的ミッドフィールダーのポジションを奪い、リーグ戦2連覇の重要な要素となった。2008年1月の移籍期間にはプレミアリーグマンチェスター・シティに移籍間近だったが、クラブ間の合意が得られずに破談となった。

2008年9月17日に行われたチャンピオンズリーグのBATEボリソフ戦で負傷して1ヶ月間離脱したが、10月27日のビルバオ戦 (3-2) で復帰し、勝利を決定づける活躍を見せて称賛された。12月のセビージャ戦 (3-4) でグティが蹴ったフリーキックに頭で合わせ、移籍後初得点となる同点弾を決めたが、最終的にはレナトに決勝点を決められた。2009年1月にラッサナ・ディアッラが加入すると、L・ディアッラとコンビを組むことが多くなり、二人は連携の取れたプレーを見せた。2008-09シーズンはリーグ戦26試合・UEFAチャンピオンズリーグ6試合に出場し、リーグ戦では6アシストを記録した。2009年夏にはファビオ・カンナヴァーロユヴェントスに移籍したため、カンナヴァーロが着けていた背番号5が空いた。ガゴは2008-09シーズンに着けていた背番号8を新加入のカカに快く譲り、アルゼンチン代表で着けているのと同じ背番号5に代わった。

2010年夏にジョゼ・モウリーニョ監督が就任してからは、モウリーニョ監督がシャビ・アロンソサミ・ケディラを重用し、自身は怪我に苦しんだため[7]、出場機会が激減した。

ASローマ[編集]

2011年8月31日、ASローマレンタル移籍[8]。11月20日のUSレッチェ戦ではセリエA初得点も記録した。シーズン終了後にレアル・マドリードは買い取りオプションとして700万ユーロを求めたのに対し、ローマは300万ユーロのオファーしかしなかった。そのため、翌シーズンよりレアル・マドリードに復帰することが決定した[9]

バレンシアCF[編集]

2012年7月19日、バレンシアCFに350万ユーロで移籍する事が決まった。

代表歴[編集]

代表でプレーするガゴ (右)

2005年にはU-20アルゼンチン代表としてオランダで開催されたFIFAワールドユース選手権に出場し、リオネル・メッシらとともに優勝を果たした。2006年にドイツで開催されたFIFAワールドカップの出場メンバーには登録されなかったが、2007年2月7日のフランス戦でアルゼンチンA代表デビューを飾り、同年のコパ・アメリカにも出場した。

2008年の北京オリンピックでは背番号5番を付けてプレーした。2008年11月にディエゴ・マラドーナ監督がアルゼンチンA代表監督に就任してからはレギュラーに定着し、主にハビエル・マスチェラーノとコンビを組んだが、クラブでの出場時間の少なさを理由に2010 FIFAワールドカップ出場メンバーからは漏れた[10]

コパ・アメリカ2011では、グループリーグ初戦ボリビア戦はベンチを温めたものの、第2戦コロンビア戦ではエステバン・カンビアッソに代わって途中出場。その後の2試合は先発出場した。

人物[編集]

すぐに自分の髪の毛を触ることから、ジュニア時代のコーチであったラモン・マドーニにEl Pintita(伊達男)という愛称を付けられた[11]。自身と同じくアルゼンチン出身のフェルナンド・レドンドとは容姿やプレースタイルが比較されることがある[12]

文学と美術を好み、レアル・マドリードに移籍してスペインに降り立った際に最初に訪れたのはプラド美術館であった[11]

同じアルゼンチン出身で自身と比較されることもあるレドンドは「献身的な動きでチームにゆとりをもたらそうとしている。」と評している[12]

2011年7月、テニスプレイヤーのヒセラ・ドゥルコと結婚した[13]。2013年6月に第1子の長男が誕生している[14]

ボカ・ジュニアーズのユース出身で中心選手となり活躍していたが、ライバルクラブであるインデペンディエンテのサポーターである[15]

個人成績[編集]

クラブ シーズン 国内リーグ 国内カップ コンチネンタルカップ 通算
出場 得点 アシスト 出場 得点 アシスト 出場 得点 アシスト 出場 得点 アシスト
ボカ・ジュニアーズ 2004-05 15 0 0 0 0 0 0 1 0 16 0 0
2005-06 34 0 3 0 0 0 0 5 0 39 0 3
2006-07 20 1 2 0 0 0 0 6 0 26 1 2
2013-14 19 0 2 0 0 0 0 0 0 19 0 2
2014 10 1 2 0 0 0 5 0 3 15 1 5
2015 14 2 3 3 1 0 6 0 1 19 3 4
2016 9 0 0 1 0 0 4 1 0 14 1 0
通算 119 4 12 4 1 0 27 1 4 144 6 16
レアル・マドリード 2006-07 13 0 1 2 0 0 2 0 0 17 0 1
2007-08 31 0 2 5 0 1 6 0 1 42 0 4
2008-09 26 1 7 1 0 0 6 0 0 33 1 7
2009-10 18 0 1 2 0 0 2 0 0 22 0 1
2010-11 4 0 0 3 0 0 0 0 0 7 0 0
通算 92 1 16 13 0 1 16 0 0 121 1 16
ローマ 2011-12 30 1 3 2 0 0 0 0 0 32 1 3
通算 30 1 3 2 0 0 0 0 0 32 1 3
バレンシア 2012-13 12 0 2 0 0 0 4 0 1 16 0 3
通算 12 0 2 0 0 0 4 0 1 16 0 3
ベレス 2013-14 4 0 1 0 0 0 4 1 1 10 1 2
通算 4 0 1 0 0 0 4 1 2 10 1 2
通算 257 6 29 19 1 1 51 2 7 324 9 37

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ボカ・ジュニアーズ
レアル・マドリード

代表[編集]

U-20アルゼンチン代表
U-23アルゼンチン代表

脚注[編集]

  1. ^ “Gago gaga for Real move”. Sky Sports. (2006年10月4日). http://home.skysports.com/list.aspx?hlid=420029&CPID=23&clid=186&lid=26&title=Gago+gaga+for+Madrid+move [リンク切れ]
  2. ^ “Barca take check on Boca pair”. Sky Sports. (2006年10月4日). http://home.skysports.com/list.aspx?hlid=420169&CPID=23&clid=178&lid=26&title=Barca+take+check+on+Boca+pair [リンク切れ]
  3. ^ “Es Real”. Olé sports newspaper. (2006年12月20日). http://www.ole.com.ar/notas/2006/12/20/01331197.html 
  4. ^ Tactical Formation”. Football-Lineups.com. 2007年1月15日閲覧。
  5. ^ “Deportivo La Coruna 2 0 Madrid, Match Report”. Sky Sports. (2007年1月7日). オリジナル2007年1月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070114175616/http://home.skysports.com/matchreport.aspx?fxid=306162&cpid=23 
  6. ^ “Madrid 1 0 Real Zaragoza, Match Report”. Sky Sports. (2007年1月14日). http://home.skysports.com/matchreport.aspx?fxid=306172&cpid=23 [リンク切れ]
  7. ^ Fernando Gago's Injury Woes Continue As Real Madrid Confirm Further Lay-offGoal.com、2010年11月9日
  8. ^ ローマ、ガゴら4選手を一気に獲得 Goal.com、2011年9月1日
  9. ^ ガゴ、ローマが買い取らずマドリー帰還 Goal.com、2012年6月2日
  10. ^ マラドーナ:「ガゴにだけは申し訳なく思う」livedoor.com、2010年5月14日
  11. ^ a b PLAYER PROFILE 5 GAGO レアル・マドリード公式サイト
  12. ^ a b レドンド「ベッカムは“銀河系”じゃない」livedoor.com、2007年6月8日
  13. ^ レアルMFガゴがテニストップ選手と結婚nikkansports.com、2011年7月29日
  14. ^ Nació Mateo, hijo de Gago y Gisela Dulko
  15. ^ [1]Biografía de Fernando Gago

 をまわと/@?@.dulyA..v.!t

外部リンク[編集]